聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

泌尿器科

泌尿器科のお知らせ

  • 読み込み中

間質性膀胱炎

間質性膀胱炎の特徴的な症状は、「尿がたまった時に痛みが出る」というものです。膀胱の痛みというと急性膀胱炎と考えられてしまうためについ見逃されていることが多い病気です。長い時間をかけて症状が進行するため、「精神的なもの、年齢が原因」と言われて悩んでいる方がとても多い病気です。

原因

間質性膀胱炎の原因は明らかになっておりません。多くの仮設がある中で有力なものが、膀胱の粘膜を構成しているグリコサアミノグリカンという物質が欠損し、尿がたまった時に痛みを感じるという説です。
診断は麻酔をかけた状態で、膀胱に水を入れて膨らまして膀胱の状態を観察して行います。間質性膀胱炎の方は膀胱粘膜が裂ける(ハンナー潰瘍)や粘膜の出血(点状出血)が観察されます。
膀胱水圧拡張術は診断と治療を兼ねており、半数以上の方は拡張後に症状が軽くなります。ただしその効果は数ヶ月~1年ほどでなくなることがありますので、何回も拡張を繰り返すことがあります。

トップへ