聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

泌尿器科

泌尿器科のお知らせ

  • 読み込み中

過活動膀胱

過活動膀胱について

(日本泌尿器科学会 ホームページより)

「急にトイレに行きたくなる」、「トイレに行くまでに間に合わない」といった悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。これらは「過活動膀胱(かかつどうぼうこう)」という病気の可能性があります。日本排尿機能学会の調査によると、40歳以上の10人に1人、810万人もの方が過活動膀胱の可能性があるとされています。年齢とともに増加するので、歳のせいとあきらめておられる方も多いと思いますが、適切な治療をすることで改善しますので是非ご相談ください。

過活動膀胱の診断について

過活動膀胱は4つの質問で診断することができます。

  • ① 朝起きた時から夜寝る時までに、何回くらい尿をしましたか?
  • ② 夜寝てから朝起きるまでに、何回くらい尿をするために起きましたか?
  • ③ 急に尿がしたくなり、がまんが難しいことがありましたか?
  • ④ 急に尿がしたくなり、がまんできずに尿 をもらすことがありましたか?

ご自分が過活動膀胱かもしれないと思ったときは、泌尿器科専門医を受診して4つの質問に答えていただき、次の治療へと進みます。

過活動膀胱の治療

① 膀胱訓練+水分制限

過活動膀胱の治療と聞くとすぐに「薬」とおっしゃる方もおられます。しかし1日1回程度の症状であった場合には、薬を飲まなくても改善できることがあります。できれば3時間トイレを我慢することが目標です。初めは2時間トイレを我慢することも難しいかもしれません。でも15分ずつ我慢する習慣をつけることで2~3ヶ月すると3時間トイレを我慢することができるようになってきます。これが「膀胱訓練」です。
また心臓の病気や脳梗塞などで病院から水分をとるように言われている方は、3時間トイレが我慢できるようになるまでは水分を制限することをお勧めします。
水分を制限して3時間我慢しようとすると漏れてしまう場合にはお薬を飲んでいただきます。

② 抗コリン剤(製剤名 バップフォー ポラキス デトルシトール ウリトス ステーブラ ベシケア トビエース ネオキシテープなど)

これらは抗コリン剤と言われるもので、膀胱の筋肉の緊張をゆるめるお薬です。体から水分が分泌されないようにするため、服用することでトイレに行かなくなりますが、涙や唾液がでなくなることによる目・口の渇き、便秘が副作用として多くみられます。

③ 選択的β3アドレナリン受容体作動薬(製剤名 ベタニス ベオーバ など)

抗コリン剤と同じく膀胱を緩める作用がありますが、作用機序がやや異なります。そのため目・口の渇きや便秘などの副作用は抗コリン剤より少ないとされています。

④ 仙骨神経刺激療法

お尻の骨(仙骨)へ電極を埋め込みことで過活動膀胱を改善する治療方法です。2014年から便失禁に対する治療として保険適応となり、2017年より尿失禁にも適応が拡大されました。特に便失禁にも困っている方にお勧めです。

④ ボツリヌストキシン膀胱壁内注入療法

2020年4月より保険適応となった一番新しい治療方法です。
筋肉の緊張をゆるめるお薬を直接膀胱に注射する治療です。膀胱をカメラでみながら細い針より膀胱の排尿筋へ注射します。1回の注射で6~12ヶ月効果がありますので、その間は薬を服用する必要がありません。飲み薬が効かない、薬の治療は効果があるけれど副作用で続けられない方にお勧めの方法です。ただ稀に排尿できなくなる方がおられますので、しばらくの期間は自分で1日3~4回導尿をしていただける方が対象となります。

トップへ