聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

眼科

眼科のお知らせ

  • 読み込み中

医長 永井 紀博

読み込み中...
永井 紀博
  • 主な経歴

    1998年 慶應義塾大学医学部卒業、眼科学教室入局

    2000年 済生会神奈川県病院 医員

    2001年 けいゆう病院 医員

    2002年 慶應義塾大学医学部眼科学教室 助手 網膜硝子体フェロー

    2004年 慶應義塾大学医学部発生分化生物学教室 共同研究員

    2006年 慶應義塾大学医学部網膜細胞生物学研究室 研究員

    2007年 ジョンズホプキンス大学ウィルマー眼科学研究所 ポスドク

    2008年 ロンドン大学眼科学研究所 ポスドク

    2011年 慶應義塾大学医学部 眼科学教室 助教

    2016年 慶應義塾大学医学部 眼科学教室 専任講師

    2020年 永寿総合病院眼科部長、慶應義塾大学非常勤講師

    2021年 聖路加国際病院 眼科医長

  • 専門領域

    黄斑、眼科一般

  • 所属学会

    日本眼科学会

    日本網膜硝子体学会

    炎症・再生医学会

    日本抗加齢医学会

  • 認定資格

    日本眼科学会 眼科専門医

    PDT認定医

    臨床研修指導医

    医学博士

  • 自己PR

    2021年7月より聖路加国際病院眼科に赴任しました。これまで慶應義塾大学医学部眼科学教室にて加齢黄斑変性を中心とした網膜疾患の臨床と臨床研究、基礎研究を行ってまいりました。

    臨床研究では黄斑色素密度や加齢黄斑変性に対する抗VEGF治療における脈絡膜の動態、糖尿病黄斑浮腫の網膜内構造の画像成績などの研究を行いました。基礎研究ではレニン・アンジオテンシン系の加齢黄斑変性や糖尿病網膜症などの網膜病態に対する役割、加齢黄斑変性の動物モデルの解析、また黄斑色素や脂質の加齢黄斑変性の病態への関与などを解析していまいりました。これらの研究の成果が患者さんの診断や治療に役立つようにということを心掛けて、研究を行ってまいりました。

    網膜疾患には様々な病型がありますが、臨床所見の特徴を理解し、様々な画像解析を活用して多面的に解析することで鑑別が得られます。光干渉断層計、蛍光眼底造影検査、眼底自発蛍光、光干渉断層血管撮影など様々な画像診断を用いて網膜・脈絡膜病変を解析することで、より正確な診断を心掛けます。また疾患の予防や良好な視機能維持には早期診断や予防に役立つバイオマーカーの確立、日常生活の改善などが役立つため、これらの研究もすすめてまいります。よりよい視機能のために診断、治療、研究につとめていきたいと思います。

  • 主な業績

    [英文論文]

    1. Asato T*、Nagai N*、Suzuki M、Uchida A、Kurihara T、Ban N、Minami S、Shinoda H、Tsubota K、Ozawa Y. (* equally contributed). Closure of macular hole secondary to ischemic hemi-central retinal vein occlusion by retinal photocoagulation and topical anti-inflammatory treatment. Lasers Med Sci. 2021 Mar、36(2):469-471.
    2. Nagai N、Kawashima H、Toda E、Homma K、Osada H、Guzman NA、Shibata S、Uchiyama Y、Okano H、Tsubota K、Ozawa Y. Renin-angiotensin system impairs macrophage lipid metabolism to promote age-related macular degeneration in mouse models. Commun Biol. 2020 Dec 9;3(1):767. doi: 10.1038/s42003-020-01483-2.
    3. Nagai N、Suzuki M、Uchida A、Kurihara T、Ban N、Minami S、Shinoda H、Tsubota K、Ozawa Y. Area and Number of Intraretinal Cystoid Spaces Predict the Visual Outcome after Ranibizumab Monotherapy in Diabetic Macular Edema. The J. Clin. Med. 2020;9(5):1391.
    4. Nagai N、Minami S、Suzuki M、Shinoda H、Kurihara T、Sonobe H、Watanabe K、Uchida A、Ban N、Tsubota K、Ozawa Y. Macular Pigment Optical Density and Photoreceptor Outer Segment Length as Predisease Biomarkers for Age-Related Macular Degeneration J. Clin. Med. 2020;9(5):1347.
    5. Nagai N、Asato T、Minami S、Suzuki M、Shinoda H、Kurihara T、Sonobe H、 Watanabe K、 Uchida A、 Ban N、 Tsubota K、 Ozawa Y. Correlation between Macular Pigment Optical Density and Neural Thickness and Volume of the Retina. Nutrients 2020;12(4):888.
    6. Akino K*、Nagai N*、Watanabe K、Ban N、Kurihara T、Uchida A、Shinoda H、Tsubota K、Ozawa Y. (* equally contributed) Risk of newly developing visual field defect and neurodegeneration after pars plana vitrectomy for idiopathic epiretinal membrane. Br J Ophthalmol. 2020.
    7. Nagai N、Ayaki M、Yanagawa T、Hattori A、Negishi K、Mori T、Nakamura TJ、Tsubota K. Suppression of Blue Light at Night Ameliorates Metabolic Abnormalities by Controlling Circadian Rhythms. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2019;60(12):3786-3793.
    8. Nagai N、Suzuki M、Minami S、Kurihara T、Kamoshita M、Sonobe H、Watanabe K、Uchida A、Shinoda H、Tsubota K、Ozawa Y. Dynamic changes in choroidal conditions during anti-vascular endothelial growth factor therapy in polypoidal choroidal vasculopathy. Sci Rep. 2019 ;9(1):11389.
    9. Nagai N、Ibuki M、Shinoda H、Kameyama K、Tsubota K、Ozawa Y. Maculopapular rash after intravitreal injection of an anti-vascular endothelial growth factor、aflibercept、for treating age-related macular degeneration: A case report. Medicine (Baltimore). 2017; 96(21): e6995
    10. Non-responsiveness to intravitreal aflibercept treatment in neovascular age-related macular degeneration: implications of serous pigment epithelial detachment. Nagai N、 Suzuki M、 Uchida A、 Kurihara T、 Kamoshita M、 Minami S、 Shinoda H、 Tsubota K、 Ozawa Y. Sci Rep. 2016;6:29619.
    11. Nagai N、Ohta Y、Izumi-Nagai K、Shinoda H、Tsubota K、Ozawa Y. Sneddon's syndrome with optic disc macroaneurysm and macular edema successfully treated with subtenon steroid injection. Acta Ophthalmol. 2016 Sep;94(6):e517-9
    12. Nagai N、Ju M、Izumi-Nagai K、Robbie SJ、Bainbridge JW、Gale DC、Pierre E、Krauss AH、Adamson P、Shima DT、Ng YS. Novel CCR3 antagonists are effective mono- and combination inhibitors of choroidal neovascular growth and vascular permeability. Am J Pathol. 2015;185(9) :2534–2549.
    13. Nagai N、Izumi-Nagai K、Suzuki M、Shinoda H、Koto T、Uchida A、Mochimaru H、Tomita Y、Miyake S、Kobayashi S、Sasaki M、Tsubota K、Ozawa Y. Association of Macular Pigment Optical Density (MPOD) with serum concentration of oxidized low-density lipoprotein (oxidized LDL) in Healthy Adults.Retina. 2015;35(4):820-826.
    14. Nagai N、Lundh von Leithner P、Izumi-Nagai K、Hosking B、Chang B、Hurd R、Adamson P、Adamis AP、Foxton RH、Ng YS、Shima DT. Spontaneous CNV in a novel mutant mouse is associated with early VEGF-A-driven angiogenesis and late-stage focal edema、neural cell loss、and dysfunction. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2014;55(6):3709-3719.
    15. Nagai N、Kubota S、Tsubota K、Ozawa Y. Resveratrol prevents the development of choroidal neovascularization by modulating AMP-activated protein kinase in macrophages and other cell types. J Nutr Biochem. 2014;25(11):1218-1225.
    16. Nagai N、Thimmulappa RK、Cano M、Fujihara M、Izumi-Nagai K、Kong X、Sporn MB、Kensler TW、Biswal S、Handa JT. Nrf2 is a critical modulator of the innate immune response in a model of uveitis. Free Radic Biol Med. 2009;47(3):300-306.
    17. Nagai N、Klimava A、Lee WH、Izumi-Nagai K、Handa JT. CTGF is increased in basal deposits and regulates matrix production through the ERK (p42/p44mapk) MAPK and the p38 MAPK signaling pathways. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2009;50(4):1903-1910.
    18. Nagai N、Izumi-Nagai K、Oike Y、Koto T、Satofuka S、Ozawa Y、Yamashiro K、Inoue M、Tsubota K、Umezawa K、Ishida S. Suppression of diabetes-induced retinal inflammation by blocking the angiotensin II type 1 receptor or its downstream nuclear factor-kappaB pathway. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2007;48(9):4342-4350.
    19. Izumi-Nagai K *、Nagai N *、Ohgami K、Satofuka S、Ozawa Y、Tsubota K、Ohno S、Oike Y、Ishida S. (* equally contributed). Inhibition of choroidal neovascularization with an anti-inflammatory carotenoid astaxanthin. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2008;49(4):1679-1685.
    20. Izumi-Nagai K*、Nagai N *、Ohgami K、Satofuka S、Ozawa Y、Tsubota K、Umezawa K、Ohno S、Oike Y、Ishida S.(* equally contributed). Macular pigment lutein is antiinflammatory in preventing choroidal neovascularization. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2007 ;27(12):2555-2562.
    21. Izumi-Nagai K*、Nagai N *、Ozawa Y、Mihara M、Ohsugi Y、Kurihara T、Koto T、Satofuka S、Inoue M、Tsubota K、Okano H、Oike Y、Ishida S. (* equally contributed). Interleukin-6 receptor-mediated activation of signal transducer and activator of transcription-3 (STAT3) promotes choroidal neovascularization. Am J Pathol. 2007;170(6):2149-2158.
    22. Nagai N、Ishida S、Shinoda K、Imamura Y、Noda K、Inoue M. Surgical effects and complications of indocyanine green-assisted internal limiting membrane peeling for idiopathic macular hole.Acta Ophthalmol Scand. 2007;85(8):883-889.
    23. Nagai N、Oike Y、Izumi-Nagai K、Koto T、Satofuka S、Shinoda H、Noda K、Ozawa Y、Inoue M、Tsubota K、Ishida S. Suppression of choroidal neovascularization by inhibiting angiotensin-converting enzyme: minimal role of bradykinin. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2007;48(5):2321-2316.
    24. Nagai N、Oike Y、Izumi-Nagai K、Urano T、Kubota Y、Noda K、Ozawa Y、Inoue M、Tsubota K、Suda T、Ishida S. Angiotensin II type 1 receptor-mediated inflammation is required for choroidal neovascularization. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2006;26(10):2252-2259.
    25. Nagai N、Oike Y、Noda K、Urano T、Kubota Y、Ozawa Y、Shinoda H、Koto T、Shinoda K、Inoue M、Tsubota K、Yamashiro K、Suda T、Ishida S. Suppression of ocular inflammation in endotoxin-induced uveitis by blocking the angiotensin II type 1 receptor. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2005;46(8):2925-31.
    26. Nagai N、Noda K、Urano T、Kubota Y、Shinoda H、Koto T、Shinoda K、Inoue M、Shiomi T、Ikeda E、Tsubota K、Suda T、Oike Y、Ishida S. Selective suppression of pathologic、but not physiologic、 retinal neovascularization by blocking the angiotensin II type 1 receptor. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2005;46(3):1078-1084.

    [和文論文]

    1. 永井紀博. 高脂肪食が加齢黄斑変性を助長するわけ:あたらしい眼科 38巻5号 (29-36)、2021年
    2. 永井紀博. 白点網膜症候群:Retina medicine 9巻1号 Page44-49、2020年
    3. 永井紀博. 加齢黄斑変性の予防:眼科グラフィック 7巻6号 Page662-670、2018年
    4. 永井紀博. 加齢黄斑変性に対して10年視力維持をめざす抗VEGF療法:あたらしい眼科 34巻1号 Page85-86、2017年
    5. 永井紀博. 糖尿病網膜症の抗脂質治療(フィブラート系製剤):Retina medicine 6巻1号 Page22-26、2017年
    6. 永井紀博. 糖尿病網膜症と炎症:別冊Bio Clinica: 慢性炎症と疾患 4巻3号 Page60-64、2015年
    7. 永井紀博、野田航介、小沢洋子. 動物モデルを用いた研究と画像 網膜新生血管モデル:臨床眼科68巻11号 Page372-374、2014年
    8. 永井紀博、坪田一男. ホウレンソウ・ケール等に含まれるルテインの加齢黄斑変性、ドライアイに対する作用:内分泌・糖尿病・代謝内科 36巻4号 Page276-281、2013年
    9. 永井紀博、石田 晋. 加齢黄斑変性の分子病態:あたらしい眼科 25巻9号 Page1197-1203、2008年
    10. 永井紀博、永井香奈子. 眼によいサプリメント:Pharma Medica 26巻9号 Page43-46、2008年
    11. 永井紀博、石田晋. 加齢のサイエンスと抗加齢医学 循環・組織レニン-アンジオテンシン系:眼科プラクティス 22巻 Page177-181、2008年
    12. 永井紀博、里深信吾、石田晋. 眼科領域におけるレニン・アンジオテンシン系の動向:ホルモンと臨床 55巻1号 Page33-40、2007年
    13. 永井紀博、石田晋. 網膜血管新生とサイトカイン:日本の眼科 77巻1号 Page39-40、2006年
    14. 永井紀博、今村裕、野田航介、石田晋、井上真、小口芳久. 瘢痕期未熟児網膜症に対するトリアムシノロン併用硝子体手術:眼科手術18巻1号 Page97-100、2005年
    15. 永井紀博、木村至、大出尚郎、篠田啓、北和典、真島行彦、小口芳久. Multifocal Visual Evoked Potentialsによる両眼加算の解析:日本眼科紀要 55巻9号 Page711-714、2004年
    16. 永井紀博、谷野富彦、木村至、大竹雄一郎、宮田博、真島行彦. 眼圧日内変動の著しく大きな開放隅角緑内障の1例:あたらしい眼科 20巻7号 Page1023-1026、2003年
    17. 永井紀博、篠田啓、木村至、北村静章、井上真、真島行彦. 血液透析による後極部網膜の血流変化:日本眼科紀要 52巻7号 Page557-560、2001年
    18. 永井紀博、山田昌和、真島行彦. 角膜病変の表記のための系統的なチャート 角膜チャート:日本眼科紀要 52巻4号 Page269-273、2001年
    19. 永井紀博、大竹雄一郎、西山隆恒、谷野富彦、山田昌和、真島行彦. 角膜移植後の緑内障に対する線維柱帯切除術、経強膜毛様体光凝固術の成績:日本眼科紀要 51巻10号 Page943-948、2000年
    20. 永井紀博、大出尚郎、別院泰樹、松倉修司、気賀沢一輝、真島行彦、小口芳久. ジギタリス中毒で可逆性の高度視力低下をきたした2例:日本眼科学会雑誌105巻1号 Page24-30、2001年