聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

小児科

小児科のお知らせ

  • 読み込み中

診療内容・特徴

小児科には、白血病をはじめとする血液疾患やその他の小児がんの子供が通院する「血液腫瘍外来」、当院のNICUを退院した子供たちの中で、特に慎重な経過観察が必要な子供が通院する「フォローアップ・発達外来」、学校に行けない、食事が進まないなどの子供が通院する「思春期外来」、 知能・運動・言葉の遅れなどの運動障害やけいれん性疾患のような行動情緒障害などの子供が通院する「小児神経外来」の4つの専門外来があります。

通常の一般外来や救急外来への対応のほか、中央区医師会と連携して19時から22時の夕方診療も行っています。

また、乳幼児の健康な生活と発達を支援するためのWell Baby Clinic(ウェルベビークリニック)乳幼児健診 があります。

対象症例・得意分野・専門分野

  • 血液疾患
  • 腫瘍
  • 新生児疾患
  • 呼吸器疾患
  • アレルギー
  • 神経・筋疾患
  • 精神疾患(精神・行動異常)
  • 心身症
  • 腎・泌尿器疾患
  • 生殖器疾患
  • 循環器疾患
  • 遺伝疾患・染色体異常・先天奇形
  • 栄養障害・代謝性疾患・消化器
  • 先天代謝異常・内分泌疾患
  • 免疫異常
  • 膠原病
  • リウマチ性疾患
  • 感染症

診療実績

年間患者数(延べ数) 2014年度(2014年4月~2015年3月)実績

  • 外来:

    42,238人

  • 入院 一般小児:

    実数 831人

  • 平均在院日数:

    9.2日

  • 新生児出生数:

    1,386人

  • NICU/GCU入院数:

    182人

  • 極低出生体重児、超低出生体重児:

    22人

  • 新生児小児外科疾患:

    235人

主な設備・検査

  • X線検査
  • ECG
  • 脳波
  • ABR
  • CT
  • MRI
  • 心エコー
  • 腹部エコー
  • 各種シンチグラフィー
  • 気管支鏡
  • 膀胱造影
  • 腎生検
  • 各種内分泌負荷試験
  • 骨密度
  • 腰椎穿刺
  • 骨髄穿刺
  • 骨髄生検
  • 発達検査
  • 知能検査
  • 性格検査 等

トップへ

読み込み中...

トップへ

小児科外来(受付時間 平日 8:30〜11:00)

 
医師名/曜日
草川 功
真部 淳
平田 倫生
稲井 郁子
長谷川 大輔
平林 真介
細谷 要介
島袋 林秀
梅原 直
東 飛鳥
松井 俊大
瀬谷 恵
代田 惇朗

備考:(1)~(4)は週数を表しています。

小児科専門クリニック(PM予約のみ)

曜日
血液
(移植外来)
真部細谷(要)
平林長谷川
神経 萩原
(月1回不定期)
横山(月3回)
フォローアップ 草川中川 草川長沖 平田島袋
思春期 小澤
小児皮膚科
小児内分泌 伊藤(第3) 長沖
膠原病
/アレルギー
山口

スタッフの詳細情報は名前をクリックしてください。

※対象年齢は、10〜20代前半になります。

トップへ

  • 日付
  • お知らせ
  • 2015年3月10日

    【お知らせ】第1回 聖路加国際病院・日本科学未来館連携プログラムを2015年3月28日(土)に開催します。詳細はこちらを参照下さい。

  • 2015年1月

    【公開シンポジウム】「小児がん治療の現在」を 2015年2月11日(水・祝)開催いたします。詳しくはこちらを参照下さい。

  • 2013年11月

    【公開シンポジウム】「がんになっても暮らしやすい社会をめざして -働く世代と子供のサポート-」を 2013年12月21日(土)開催いたします。詳しくはこちらを参照下さい。

トップへ

メディア掲載情報

年で絞り込む

件中   件を表示
  • 日付 メディア・タイトル・概要 氏名

論文情報

日付 雑誌名 論題 発表者
2011年発行 Int J Hematol. 2011;93:192-8. Acute lymphoblastic leukemia and Down syndrome: the collaborative study of the Tokyo Children's Cancer Study Group and the Kyushu Yamaguchi Children's Cancer Study Group. Goto H, Inukai T, Inoue H, Ogawa C, Fukushima T, Yabe M, Kikuchi A, Koike K, Fukushima K, Isoyama K, Saito T, Ohara A, Hanada R, Iwamoto J, Hotta N, Nagatoshi Y, Okamura J, Tsuchida M.
2011年発行 Pediatr Int. 2011 ;53:694-700 Intellectual development after treatment in children with acute leukemia and brain tumor.  Watanabe S, Azami Y, Ozawa M, Kamiya T, Hasegawa D, Ogawa C, Ishida Y, Hosoya R, Kizu J, Manabe A.
2011年発行 臨床血液 2011;52:406-415 Phase I study of nelarabine in patients with relapsed or refractory T-ALL/T-LBL. Horibe K, Takimoto T, Yokozawa T, Makimoto A, Kobayashi Y, Ogawa C, Ohno R, Koh N, Katsura K, Tobinai K. 
2011年発行 Blood Y: CBL mutation in familial platelet disorder with propensity toaute myeloid leukemia (FPD/AML) patient in a Japanese pedigree with RUNX1 Mutation. Shiba N, Hasegawa D, Park M-j, Murata C, Matsubara A, Ogawa C, Yagasaki H, Manabe A, Arakawa H, Ogawa S, Hayashi Y
2010年2月発行 小児看護 クラシックミニよ!ボクの相棒よ!
(子育てウォーサオー―平田家の品格 13)
平田倫生
2010年1月発行 地域医療 小児がんの子ども・両親を支えるには多職種からなるチームが同じ立場で(市民公開講座・あったかな医療をつくろう―子ども・おとな・高齢者の命を大切にする医療) 細谷亮太
2010年発行 小児科診療2010; 73: 1319-1326 小児白血病・リンパ腫診療のアップデート】 病態と治療 再発急性リンパ性白血病(解説/特集) 小川千登世
2010年発行 日小血会誌 小児不応性血球減少症:2010年における最新の知見 長谷川大輔, 真部淳
2010年発行 Blood Mutations of E3 ubiquitin ligase Cbl family members but not TET2 mutations are pathogenic in juvenile myelomonocytic leukemia. Muramatsu H, Makishima H, Jankowska AM, Cazzolli H, O´Keefe C, Yoshida N, Xu Y, Nishio N, Hama A, Yagasaki H, Takahashi Y, Kato K, Manabe A1), Kojima S, Maciejewski JP
2010年発行 Leukemia. Long-term results of Tokyo Children´s Cancer Study Group trials for childhood acute lymphoblastic leukemia, 1984-1999
2010年 Int J Hematol. 2010;92:535-7. Bullous exudative retinal detachment due to infiltration of leukemic cells in a child with acute lymphoblastic leukemia. Yoshida K, Hasegawa D, Takusagawa A, Kato I, Ogawa C, Echizen N, Ohkoshi K, Yamaguchi T, Hosoya R, Manabe A. 
2010年発行 小児科診療 骨髄異形成症候群 真部淳
2010年発行 小児科臨床 白血病の分子標的療法 真部淳
2010年発行 日本小児血液学会雑誌 L-asparaginase治療の問題点と対策 小川千登世
2010年発行 日本医事新報 小児がんサバイバーのメンタルヘルス 小澤美和
2010年発行 日本小児科学会雑誌114:665-675 小児がん経験者の晩期合併症およびQOLの実態に関する横断的調査研究第1報 石田也寸志, 本田美里, 上別府圭子, 大園秀一, 岩井艶子, 掛江直子, 坂本なほ子, 岡村純, 浅見恵子, 稲田浩子, 前田尚子, 堀部敬三
2010年発行 日本小児科学会雑誌114:676-686 小児がん経験者の晩期合併症およびQOLの実態に関する横断的調査研究 第2報 石田也寸志, 大園秀一, 本田美里, 浅見恵子, 前田尚子, 岡村純, 稲田浩子, 上別府圭子, 岩井艶子, 坂本なほ子, 掛江直子, 堀部敬三
2010年発行 Impact of stem cell transplantation. Int J Hematol 91:865-876 Late effects and quality of life of childhood cancer survivors: part 1 Ishida Y, Honda M, Ozono S, Okamura J, Asami K, Maeda N, Sakamoto N, Inada H, Iwai T, Kamibeppu K, Kakee N, Horibe K
2010年発行 Late effects and quality of life of childhood cancer survivors: Part 2 Impact of radiotherapy. Int J Hematol(Epub) Ishida Y, Sakamoto N, Kamibeppu K, Kakee N, Iwai T, Ozono S, Maeda N, Okamura J, Asami K, Inada H, Honda M, Horibe K
2010年発行 Bone Marrow Transplant 45:901-906 Improved outcome of refractory Langerhans cell histiocytosis in children with hematopoietic stem cell transplantation in Japan Kudo K, Ohga S, Morimoto A, Ishida Y, Suzuki N, Hasegawa D, Nagatoshi Y, Kato S, Ishii E
2010年発行 Pediatr Blood Cancer 54:98-102 Nationwide survey of single-system single site Langerhans cell histiocytosis in Japan Morimoto A, Ishida Y, Suzuki N, Ohga S, Shioda Y, Okimoto Y, Kudo K, Ishii E
2010年発行 Pediatr Blood Cancer 54:299-306 Hematopoietic stem cell transplantation for familial hemophagocytic lymphohistiocytosis and Epstein-Barr virus-associated hemophagocytic lymphohistiocytosis in Japan Ohga S, Kudo K, Ishii E, Honjo S, Morimoto A, Osugi Y, Sawada A, Inoue M, Tabuchi K, Suzuki N, Ishida Y, Imashuku S, Kato S, Hara T
2010年発行 J Cancer Surviv(Epub) Mental health among young adult survivors of childhood cancer and their siblings including posttraumatic growth  
2010年発行 学術動向 2010(4):51-57 長期的な小児がん患者ケアのあり方—長期フォローアップの重要性 石田也寸志
2009年発行 a nationwide survey in Japan 155:235-238 e231 Characteristics of hemophagocytic lymphohistiocytosis in neonates Suzuki N, Morimoto A, Ohga S, Kudo K, Ishida Y, Ishii E
2009年発行 Int J Hematol. 2009;90:347-52. The ex vivo production of ammonia predicts L-asparaginase biological activity in children with acute lymphoblastic leukemia.  Watanabe S, Miyake K, Ogawa C, Matsumoto H, Yoshida K, Hirabayashi S, Hasegawa D, Inoue T, Kizu J, Machida R, Ohara A, Hosoya R, Manabe A. 

トップへ