聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

免疫・細胞治療科

免疫・細胞治療科のお知らせ

  • 読み込み中

診療内容・特徴

免疫・細胞治療科は、がんの免疫治療を担当する専門科として新しく開設された診療科で、次のような診療と相談外来(セカンドオピニオン外来)を担当しています。

  1. がんに対する免疫療法を実施します。
    近年、様々な種類のがんに対して、がん免疫療法の有効性が科学的に証明されています。当科では最新の知見に基づいたがん免疫療法を実施します。
     なお、がんの一連の治療の流れの中では、免疫療法のみならず、手術、放射線治療、抗がん剤や分子標的薬による治療、緩和治療を、がんのタイプや進行度、患者さんの病状に応じて使い分け、適切な順序と組み合わせで実施していくことが重要です。そうすることで最良の治療効果が得られます。当科では、関係各科と連携をとりながら、個々の患者さんの一連の治療の流れのなかでがん免疫療法による治療が適切かどうかの医学的判断を行います。そのうえで、患者さんのご希望や価値観を尊重し治療を実施します。
  2. がん免疫療法による副作用の治療を行います。
    がん免疫療法は、従来の抗がん剤と比較し、程度の重い副作用の頻度が少ないとされています。しかしながら、最新の免疫治療では、患者さん自身の免疫が活性化されるという効果の裏返しで、過剰な免疫反応による副作用が出現することがあり、時に重篤化しうるため十分な注意が必要です。副作用は全身のどの臓器にも出現する可能性があるため、がん免疫療法による副作用の治療のためには、がん治療の専門家に加えて、あらゆる臓器の専門家、自己免疫疾患を始めとする各種疾患の専門家の力が必要になります。聖路加国際病院は、総合病院として全ての臓器について専門医が常駐しており、様々な副作用に迅速に対応できる体制が整っています。他の病院で免疫治療を受けて副作用が出現した患者さんが、当院で副作用の治療を受けるケースもあります。
  3. がん免疫療法についての相談外来(セカンドオピニオン外来)を行います。
    がん免疫療法の情報はテレビや本、インターネットなどにあふれています。その情報の質はまさに玉石混交で患者さんからは戸惑いの声が聞かれるのが現状です。また、がん免疫療法は最新の治療であるがゆえに、医師によっても意見が分かれることがあります。私達はがん免疫療法の専門家として科学的なデータに基づいた客観的な説明を行います。そのうえで、患者さんのご希望や価値観を尊重し、それぞれの患者さんにとって最善の治療が何であるかをお互いに相談しながら決めていけるよう心掛けています。

対象疾患・得意分野・専門分野

個別に対応いたしますので、ご相談ください。

受診について

当院では、がん免疫療法による治療が適切と考えられる医学的基準を定めています。
まずは、がん免疫療法による治療が適切であるかどうかを話し合うために相談外来(セカンドオピニオン外来)を受診されることをおすすめしています。

セカンドオピニオンのページへ

現在の主治医の先生からの紹介状が必要となります。
そのうえで、当科での診療を希望されるかたは初診外来を受診して頂くことになります。

トップへ

医師名/曜日
平家 勇司         PM

セカンドオピニオン外来

医師名/曜日
平家 勇司 PM          
多田 耕平       PM  

トップへ

  • 日付
  • お知らせ
  • 2014年11月

    免疫・細胞治療科を開設しました。

トップへ

メディア掲載情報

年で絞り込む

件中   件を表示
  • 日付 メディア・タイトル・概要 氏名

トップへ