聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

産科クリニックの初診を受診する前に【利用者相談会】への参加が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。

産科クリニックへのお問い合わせはこちら

写真:産科クリニック

ご挨拶

女性はみな産む力をもち、赤ちゃんも生まれてくる力をもっています。からだに眠っているその力を最大限に引き出すことができるのは、産む女性本人です。
自分の持つその力を信じ、自ら最大限に引き出すための努力(妊娠中の身体づくり・養生など)をし、他の誰でもない自分のお産を成し遂げようとする人を歓迎します。
人の温かさを、緑・光・風を感じる心地の良い環境で、あなたとあなたの家族らしいマタニティライフが送れるようにお手伝いします。

聖路加産科クリニックはこのような場所を目指します

  • 「みんなが笑顔でいられる場所」
  • 「いつでも立ち寄りたくなる温かなほっとできる家のような場所」
  • 「日々の生活のひとコマになる場所」
  • 「お産をとおして家族が家族となっていく過程を見守っていく場所」
  • 「人間のもっている『やさしさ』や『あたたかさ』、『つらさ』や『しょうがないこと』を受け止め・考え・サポートし、ともに、歩んでいく場所」
  • 「妊婦さん、赤ちゃんとその家族、スタッフがいて、みんなが自分を出せて、認めあえる場所」
  • そして、「いのちを最優先で守り、新しい命の誕生を迎える場所」

施設の特徴

助産師がチームで継続的に支える、自然分娩に特化したクリニックです

写真:受付

助産師が中心となってケアと運営を行い、必要時には適切な医療をいたします。
助産師が4〜6人で一つのチームを形成し、一人ひとりの妊婦さんに担当チームがつきます。
妊婦健診から出産、産後まで継続的にお手伝いします

当クリニックにおかかりの間(妊婦健診・出産・産後含む)、母児に異常が発生し、高次の医療が必要な場合は、聖路加国際病院がバックアップいたします。尚、希望により緊急性の低い妊娠期の転院(予定日超過・骨盤位など)に関しては他の医療機関をご紹介することもできます。

当院では必要な医療は行いますが、施設の特徴上、帝王切開術・薬剤による分娩誘発・麻酔を使った分娩は行うことができません。

助産師とは

助産師は、合併症がなく、正常に経過する妊娠・出産・産後の女性やその家族のケアの担い手です。妊娠・出産は本来病気ではありません。正常に経過できるように生活を整えるお手伝いをいたします。また、経過を通じて異常と正常の判断を行い、必要なときには医師と協力します。

自然分娩とは

自然(ナチュラル)とは、ありのままでいること、自分自身を取り戻すこと、生理的な身体の機能をうまく利用すること。 お産の時、自分がどうなるかは想像がつかないかもしれないけど、きっと新たな発見があるはず。怖い辛い気持ちも。だから私たち助産師がそばにいます。その怖さ辛さ痛みが少しでも軽くなるように。

お産は、新しい命の誕生とともに女性にとってありのままの自分をみつめる、自分自身を取り戻す過程であると思います。

受診までのステップ

当クリニックの受診をお考えの方は、まず利用者相談会にご参加頂きます。

詳しい内容は利用者相談会のページをご覧下さい。

スタッフ紹介

  • 所長:

    林 良宣(産科医)

  • 副所長:

    山中 美智子(産科医)
    堀内 成子(助産師)

  • 小児科医(非常勤):

    草川 功、平田 倫生、島袋 林秀

  • 助産師:

    19名

  • 医事課:

    3名

林 良宣
林 良宣

山中美智子
山中 美智子

堀内成子
堀内 成子

スタッフの思い

妊娠・出産という限られた時間だけではなく、その後の家族の健康で楽しい生活に繋がっていく、そんなお手伝いをしたい。クリニックを利用する全ての方から、たくさんのことを学び吸収し、クリニックが懐の深く味のある家のようになっていければいい。出産をかけがえのない経験と思えることで、その後に続く子育てが楽しくなるように関わりたい。安心を与えられるそんな存在になりたい。

費用

妊婦健診では、東京都の妊婦健康診査受診票が使えます。入院・分娩費用は個室料金込みで63万円からとなっています。出産育児一時金の直接支払制度が利用できます。
なお、当クリニックは産科医療補償制度に加入していますので、出産をされる方は全員加入していただきます。また、妊娠中もしくは分娩経過中に他の医療機関に搬送になった場合は、搬送先施設の分娩費用がかかります。

交通案内

地下鉄

  • 東京メトロ日比谷線築地駅下車(3、4番出口)徒歩7分
  • 東京メトロ有楽町線新富町駅下車(6番出口)徒歩8分

バス

  • 東15番ー東京駅八重洲口 深川車庫行
  • 聖路加国際病院前下車

交通案内のページへ

お問い合わせ

  • 住所:

    〒104-0044 東京都中央区明石町1-24

  • 電話番号:

    03-5550-7177(代表)

  • お問合せ:

    birthclinic@luke.ac.jp

取材等の申し込みは聖路加国際大学広報室へ

聖路加国際大学との共同事業です

写真:オブジェ

最新の助産研究に基づいた女性に優しいケアを目指して、新しい命の誕生を家族でむかえるあたたかい時間となるよう支援いたします。
また、将来助産師になる学生や開業を希望する助産師の研修を受け入れています。当院助産師と共にケアに携わることがあります。ぜひ、ご理解とご協力をお願いします。

『エビデンスに基づいた医療と助産』
英語ではEvidence Based Medicine(EBM) といい、この「エビデンス」は、研究や実験の結果をもとにした「科学的根拠」のことを意味します。
このエビデンスシリーズでは研究論文をもとに解説し、これらの最新の研究結果は、聖路加産科クリニックのケアの基盤になっています。
私たちはエビデンスレベルの高い研究の結果をもとに皆様に助産ケアを提供します。

1.妊婦に対して助産師が行うケアは、どのような効果があるのでしょうか?

PDFファイルをダウンロード

2.妊娠中からの会陰マッサージは、会陰裂傷を減らすのでしょうか?

PDFファイルをダウンロード

3.ベビーマッサージには、どのような効果があるのでしょうか?

PDFファイルをダウンロード

4.会陰裂傷の痛みに対して、冷やすことは効果があるのでしょうか?

PDFファイルをダウンロード

5.見逃さないで!お腹の冷え -手足の冷えとお腹の冷えの関係-

PDFファイルをダウンロード

6.冷え症とお産 -冷え症だと、お産に影響があるの?-

PDFファイルをダウンロード

7.妊娠中からバランスボールエクササイズを行うことは、出産時の痛みを減らすのでしょうか?

PDFファイルをダウンロード

聖路加産科クリニックからのお知らせ

  • 読み込み中