聖路加国際病院看護師採用サイト

理事長からのメッセージ

私は聖路加国際病院の理事長を約15年間務めて来ました。その間にこの病院を国際的な、そして最も整備された総合病院とするためには何を第一の目標にすべきかを考えて来ました。

その間、私は、看護はサイエンスに基づいたアートであるという標語を掲げて来ました。

毎年、全国の看護大学・短期大学・専門学校の卒業生が本院に採用されていますが、これからも広く日本各地から、たくさんの卒業生が応募されることを望んでいます。

新採用されたナースの皆さんが、互いに解け合って、本当の看護とは何であるか、知識と技術とスピリットが一体となったナーシングを皆さんで作り上げてほしいと思います。

聖路加国際病院の看護部は、個々の学習を支援するキャリア開発ラダーを作っています。 全国各地からの皆さんのご応募を心から歓迎します。

日野原 重明

明治44年10月
山口県生まれ
昭和12年
京都大学医学部卒業
昭和17年
京都大学大学院(医学)修了
昭和26年
米国エモリー大学に一年間留学
そののち、聖路加国際病院内科医長、
同病院院長代理、院長を歴任

看護師採用サイトサイトマップ