聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

リハビリテーション科

リハビリテーション科のご案内

対象疾患

  • 整形外科疾患:大腿骨頸部骨折や下腿骨折・上肢の骨折・脊椎疾患・手の外科・スポーツリハビリなど
  • 脳血管疾患:脳卒中・脳外科・神経疾患・内科疾患における廃用症候群など
  • 循環器疾患:心筋梗塞・狭心症・心不全・閉塞性動脈硬化症・心臓血管外科術後など
  • 呼吸器疾患:慢性閉塞性肺疾患・肺炎・肺がんなど

チーム医療

  • カンファレンス:整形外科・神経内科・脳神経外科・内科・循環器内科・心臓血管外科
  • 回診:整形外科・脳神経外科・心臓血管外科・呼吸療法ケアチーム・NST委員会・摂食嚥下ケア検討会

教育

  • プリセプターシップ:入職当初から2か月間、基本的な業務の流れについて1対1で指導しています
  • 新人ローテーション:1年目から2年目にかけて各疾患群のチームに所属し、広く知識と経験を積めるように指導しています
  • 臨床実習教育(理学療法部門):実習生受け入れ 7養成校 計8名(2010年度実績)

実績(2010年度)

    【学会発表】
  • 第16回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 ポスター ST田中春奈
  • 第46回日本理学療法学術大会 口述 PT小島肇
  • 第20回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 ポスター PT小島肇
  • 第16回心臓リハビリテーション学会 ポスター PT馬淵美也子
  • 第25回心臓血管外科ウィンターセミナー 口述 PT馬淵美也子
  • 第11回日本クリニカルパス学会 ポスター PT岡村大介
  • 【論 文】
  • 理学療法 27 PT柳田俊次

理学療法(PT)

    理学療法では心大血管・脳血管・運動器・呼吸器リハビリテーションの4疾患群にグループが分けられ、14名の理学療法士(PT)がそれぞれの疾患の患者さんの治療に携わっています。心臓リハビリ指導士の資格を持つPTと呼吸療法認定士の資格を持つPTが中心に、心大血管リハビリ・呼吸器リハビリの理学療法を専門的に実施しています。脳血管リハビリでは脳梗塞・脳出血、脳神経外科術後を中心に、内科や外科の各疾患における廃用症候群、中枢神経障害および難病患者を対象に経験のあるPTが中心となってリハビリを行っています。また、脳卒中に関しては、他院との連携パスを作成し、急性期から回復期へのスムーズな連携を心掛けています。運動器リハビリにおいては、整形外科・形成外科の患者さんを対象に治療しており、shoulder surgery and sports medicineではスポーツ障害のリハビリ、足底挿入板の作製を専門的に行うことを目指しています。また訪問看護ステーションには3名のPTが派遣され、ステーションのスタッフとの連携を深めて、在宅リハビリを行っています。


理学療法(PT)訓練の様子

写真:理学療法(PT)の訓練様子 写真:理学療法(PT)の訓練様子 写真:理学療法(PT)の訓練様子

<写真左から・・・歩行訓練の様子、治療台での訓練の様子、訪問リハビリの様子>


理学療法(PT)スタッフ

PTスタッフ

各疾患グループにおいて研鑽を深め、患者さんの基本動作・ADL向上獲得に向けて、専門性を追求していきたいと考えています。

作業療法(OT)

    2006年4月当院に作業療法部門が開設されました。現在4名の作業療法士が勤務しております。作業療法とは、『身体または精神に障害のあるもの、またはそれが予測されるものに対し、その主体的な活動の獲得を図るため、諸機能の回復、維持及び開発を促す作業活動を用いて治療・指導・援助を行うこと』と定義されています。
    当院の作業療法部門の主な対象疾患としては、整形外科の上肢(肘や手)機能障害や、脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患があげられます。その他、神経難病、外科的術後・内科疾患進行による廃用症候群、小児疾患、緩和ケアなど幅広く関わっております。


作業療法(OT)訓練の様子

写真:作業療法(OT)の訓練様子 写真:作業療法(OT)の訓練様子 写真:作業療法(OT)の訓練様子

<写真左から・・・食事動作訓練の様子、積み木を使った上肢機能訓練の様子、家事動作訓練の様子>


当院は急性期病院であり、発症後入院して1〜2週間程度の早期に他の病院へ転院あるいは自宅へ退院される方が多く、私たちが患者さんに関わる時間は限られています。カンファレンスなどで医療チームと連携し、その限られた時間を有効に使うことができるよう日々奮闘しております。
作業療法の特徴としては、食事・更衣・排泄などの日常生活を想定した訓練、さらに仕事復帰を目指す患者さんにはその仕事内容から必要な能力を獲得できるような内容の訓練を提供することなどがあげられます。


作業療法(OT)スタッフ

OTスタッフ

患者さんの失われた機能の改善だけに目を向けるのではなく、残った機能を活用し新たな能力を効果的に引き出すという面にもアプローチし、社会的不利の回復を目指しQOL(生活の質)向上の一翼を担えるようにしたいと思っております。

言語聴覚療法(ST)

    言語聴覚療法では、主として失語症、構音障害、高次脳機能障害、摂食・嚥下障害に対する治療を行っています。その他、小児の構音障害、言語発達遅滞等の治療も行っております。現在、常勤ST 3人と非常勤ST 1人が勤務しております。
    疾患別には脳血管障害によるものと、その他内科系疾患・外科系疾患後の廃用症候群によるものに大別されます。患者数は年間800名を超え、内訳は3-4割が脳血管障害、その他が廃用症候群となっています。
    従来の失語症や構音障害のリハビリテーションに加え、最近の傾向としては、高次脳機能障害の訓練に多く取り組んでいます。脳外科医師と連携し、CASや水頭症の術前後の高次脳機能評価や、心肺蘇生後の低酸素脳症や交通外傷による高次脳機能障害の評価・訓練などを積極的に行っています。


言語聴覚療法(ST)訓練の様子

写真:言語聴覚療法(ST)の訓練様子 写真:言語聴覚療法(ST)の訓練様子 写真:言語聴覚療法(ST)の訓練様子

<写真左から・・・コミュニケーション訓練の様子、構音訓練の様子、摂食・嚥下訓練の様子>


言語療法療法(ST)スタッフ

STスタッフ

摂食・嚥下訓練の依頼はここ数年で急増しており、早期にSTが介入し、NSTと連携を取りながら、摂食・嚥下訓練に力をそそいでいます。
摂食・嚥下検討委員会に参加し、病棟向けに嚥下に関する勉強会などを開催しています。

  • 場 所:

    本館 5階 心・血管センター隣