聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

リハビリセンター

リハビリセンターのお知らせ

  • 読み込み中

診療内容

骨折や靱帯損傷などの外傷(けが)、脳出血などの脳血管疾患や悪性腫瘍(がん)の手術後や発症後など様々な障害を持つ人の機能回復、能力向上、社会復帰を目的として専門技術による医学的支援を行っています。リハビリテーションの専門職である理学療法士(Physiotherapist)、作業療法士(Occupational Therapist)、言語聴覚士(Speech-Language-Hearing Therapist)などから構成されるリハビリテーション・チームで治療にあたっています。

ご挨拶

写真:センター長

医療におけるリハビリテーションの重要性は年々高まっており、人間の身体(からだ)に関連する様々な領域の学問の発展とともに、疾患別リハビリテーション、先進的な技術の導入により、これまで難しいと思われていた障害の機能回復やスポーツなどにおける安全かつ早期の復帰も可能としています。

聖路加国際病院リハビリテーションセンターでは、入院治療が必要な方を対象とした急性期リハビリテーションを中心に行っており、その多くは、骨折や靱帯損傷などの外傷(けが)、脳出血などの脳血管疾患や悪性腫瘍(がん)の手術後や発症後早期の方々です。早期の自宅復帰、社会・職場復帰が可能な方もいますが、継続したリハビリテーションを必要とする方も多いため、地域とも連携しながら、外来リハビリテーションや訪問リハビリテーションも行っています。

リハビリテーションを必要とする方は、疾患(病気)や外傷(けが)だけでなく、その背景にある日常生活や職業によってもニーズは異なります。リハビリテーションのゴールは多種多様です。そのため、当センターでは、部分的な身体機能の改善といった局所的な問題だけでなく、精神的、社会的な課題を含めたアプローチも重要視しています。理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)だけでなく、医師、看護師、その他のコメディカル、院内外の関係する職種の方と協働して、機能回復、能力向上、そして社会復帰に向けたリハビリテーションサービスを提供しています。

リハビリテーションセンター長 北村 信人

写真:マネージャー

当センターでは新人から20年以上のベテランまで各世代を満遍なく揃え、スタッフの教育や働きやすい職場作りを軸に、笑顔とやる気が溢れる、質の高いリハビリテーション(以下リハビリ)の提供を心がけています。

また、当院が3次救急の総合病院という特色から、小児〜若年層〜超高齢者まで、多様な疾患を抱えた方へのリハビリに対応するため、疾患別のチーム体制をとり、各分野の最新のエビデンスや技術を提供できるように日々研鑽に励んでいます。

今後は急性期医療(入院期)におけるリハビリの充実を図ると共に、地域医療における地域包括ケアシステムの構築のため、回復期リハビリや介護保険リハビリを提供する施設との連携を深め、皆様が住み慣れた地域で安心して暮らせる環境作りにも寄与していきたいと考えています。

リハビリテーション科マネジャー 岡村 大介

主な対象疾患

整形外科疾患

  • 骨折:上肢の骨折(上腕骨、前腕骨、手・手指骨)、下肢の骨折(大腿骨、脛骨、足・足関節)、脊椎・骨盤骨折など
  • 脊椎変性疾患(椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症など)
  • 人工関節置換術後(肩、肘、股、膝など)
  • スポーツ外傷(膝靱帯損傷、半月板・軟骨損傷、肩関節脱臼など)

整形外科

脳血管・神経変性疾患

  • 脳出血(くも膜下出血、硬膜外血種、など)
  • 脳梗塞
  • 脳腫瘍
  • パーキンソン病
  • 多発性硬化症

脳神経外科

神経内科

循環器疾患

  • 心筋梗塞・狭心症
  • 心不全
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 心臓血管外科術後

心血管センター

呼吸器疾患

  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 肺炎
  • 肺癌
  • 呼吸器外科術後

呼吸器センター

廃用症候群

  • その他の病気やケガなどの治療のため、長期間にわたって安静状態を継続することにより、身体能力の大幅な低下や精神状態に悪影響をもたらす状態

チーム医療

院内の各診療科と密な連携を取りながらより良い診療を行うために、定期的にカンファレンスを行い、回診に参加しています。

  • カンファレンス:整形外科・神経内科・脳神経外科・内科・循環器内科・心臓血管外科、緩和ケア
  • 回診:整形外科・脳神経外科・心臓血管外科・呼吸療法ケアチーム・NST委員会・摂食嚥下ケア検討会、排尿ケアチーム

教育

当センターでは、患者さんの健康と暮らしを支えることができる医療人の育成にも努めています。

  • プリセプターシップ:入職当初から3ヵ月間、基本的な業務の流れについて1対1で指導しています
  • 新人ローテーション:1年目から2年目にかけて各疾患群のチームに所属し、広く知識と経験を積めるように指導しています
  • 臨床実習教育:実習生受け入れ 5養成校 計6名(PT5名、OT0名、ST1名) 2018年度実績

トップへ

療法内容

理学療法

運動器

私たちのチームでは変形性関節症や脊柱管狭窄症や腱板断裂などの変性疾患、および骨折などの外傷の術後、その他骨や関節・筋肉等に関する疾患をお持ちの方々にリハビリを提供しています。また、当院では2017年よりスポーツ総合医療センターを開設、週1回アスレティックトレーナーによるトレーニング指導も実施しており、膝前十字靭帯損傷や肩関節脱臼などスポーツ外傷術後の競技復帰にも力を入れています。その他、院内・院外主催の市民講座での講演、広報誌「St. Luke’s」や院内イベントでのエクササイズ紹介といった健康増進・転倒予防にも取り組んでいます。

  • 入院中のリハビリでは平行棒などを利用して安全に進めています

  • 外来のリハビリではスポーツ動作の指導も実施しています

  • 安全にスポーツ復帰するために機器を用いた筋力測定も実施しています

外来リハビリ

月~金 13:00~16:00 
※要予約(希望される方は医師からの指示が必要です)

Youtube動画紹介

脳血管

脳血管部門では脳卒中・脊髄障害・神経難病などの脳脊髄疾患を対象に理学療法を提供しております。超急性期病院としての役割を果たすべく、発症直後から早期介入をしております。臥床による廃用症候群を防ぐため、多職種と連携しながら早期離床を図り、長下肢装具等を使用して積極的な歩行練習を実施しております。

  • ベッドサイドでの離床場面

  • 発症後早期から長下肢装具を使用して起立・歩行練習を実施

  • 介助量が多い場合には複数人で実施しております

内部障害

私たちは主に心不全や心筋梗塞、心臓血管術後などの心臓リハビリテーションと、慢性閉塞性肺疾患や肺炎、呼吸器外科術後などの呼吸リハビリテーションを行っています。当院は心臓リハビリテーション・呼吸リハビリテーションの認定施設であり、入院中に身体機能や体力を落とさないことはもちろんのこと、退院してからも継続してリハビリを続けられるよう、生活習慣の改善や運動習慣の獲得、再発予防に努めています。

心臓リハビリ指導士や呼吸療法認定士の資格をもつPTを中心に、研究や学会発表などにも力を入れています。

  • 心臓血管術後、1日目から運動を開始し、2~3日後には歩行が出来るようになります

  • 当院では心臓リハビリ外来も行っており、運動習慣の獲得、再発予防に努めています

  • 呼吸器疾患を持つ方の呼吸法指導や呼吸アシストなど症状に応じた個別対応をしています

外来心臓リハビリテーション

月~金 13:30~14:30 15:00~16:00 
※要予約(希望される方は医師からの指示が必要です)

作業療法

病気や怪我により、当たり前にできていた作業を行うことができなくなったとき、私たち作業療法士は患者さん一人一人の必要な作業をお聞きし、生活の再構築を目指します。

主な対象疾患は、脳血管疾患、運動器疾患、内部障害疾患ですが、せん妄のある患者さんへの院内デイケアプログラム、終末期・緩和ケア期にある患者さんへの緩和的リハビリテーション、橈骨遠位端骨折後をはじめとした手外科のリハビリテーション、心肺停止蘇生後脳症を発症した患者さんの社会復帰のためのリハビリテーションも行っています。看護師・言語聴覚療法士と協力し中央区の高次脳機能障害者支援事業にも取り組んでいます。

  • パソコン操作の練習(復職支援)

  • 手工芸の練習(趣味活動の再開支援)

  • 院内デイケアプログラムの一部(塗り絵)

言語聴覚療法

言語聴覚療法では、主として失語症、構音障害、高次脳機能障害、摂食・嚥下障害、小児の構音障害、言語発達遅滞等の治療も行っております。 疾患別には脳血管障害によるものと、その他内科系疾患・外科系疾患後の廃用症候群、がんによるものに大別されます。患者数は年間1000名近く、内訳は3-4割が脳血管障害、1割ががん、その他が廃用症候群となっています。

患者様の全身状態に合わせ主治医の指示のもと当日または翌日から介入しております。また人工呼吸器を装着していたり気管切開のある患者様にも、超急性期からの介入を目指しています。

ここ数年は、脳外科術前後や交通外傷、心肺蘇生後の低酸素脳症による失語症や高次脳機能障害の評価・訓練等を積極的に行っています。また、地域との連携を図り中央区高次脳機能障害者支援事業にも取り組んでいます。

  • 経口摂取の再開を目指し早期から嚥下訓練を開始しております

  • 失語症訓練・高次脳機能訓練場面

  • 構音訓練場面

訪問リハビリ

当法人には訪問看護ステーションがあり、リハビリテーション科からは理学療法士や作業療法士が一日当たり2名、訪問リハビリに従事しています。訪問リハビリは、対象となる方やそのご家族がその人らしく安心して過ごせるように、生活場面に即した支援を行えることが特徴です。対象は中央区在住の方で、主治医の指示のもと、身体機能の低下や病院からの退院直後で生活に不安のある方、また進行性の難病や末期がんなどで在宅での緩和ケアを望まれる方など、訪問看護師と連携をとりながら幅広く対応しています。また、必要に応じて住宅改修の助言や福祉用具の評価・選定も行っています。

  • 自宅環境での動作の確認

  • 小児の方の動作の練習

  • 福祉用具
    在宅酸素療法を行っている方の外出支援(階段昇降機の利用)

トップへ

診療の様子・施設のご案内

診療の様子・施設のご案内

  • 5階リハビリ室

  • 平行棒を使用した歩行練習場面

  • 自宅退院・社会復帰に向けて
    階段昇降の練習も行います

  • 自転車を用いた有酸素運動も行えます

  • 自覚症状を確認しながら
    トレッドミルでの有酸素運動場面

  • 振動装置で全身のリラクゼーションや
    筋力トレーニングが行えます

  • スポーツ復帰前に筋力測定をしている場面

  • 作業療法全体風景:生活動作を練習するためのスペース、
    運動療法や作業活動用品を備えてあります

  • サンディングボード:肩関節の可動性を高め、
    腹筋・背筋・腕などの筋力向上を図ります

  • 家事動作(洗濯)練習

  • 家事動作(食器洗い)練習

  • 言語聴覚療法室には検査用具や課題を揃えております。
    集中した環境下で高次脳機能や失語症の検査・訓練を実施しております。

  • 歩行補助具も各自揃っています

  • 上肢・下肢ともに筋力訓練用のマシンがあります

  • ホットパックで患部を温めたりもできます

  • バランスの練習用の器具も各種あります

トップへ

学会発表

学会発表

※この表はスクロールします

学会・講演会名 論題 発表者
第40回日本造血細胞移植学会総会 「当院の造血幹細胞移植患者に対するリハビリテーションの現状と課題~看護師への質問紙調査による検討~」 PT荒田雄人
第23回日本心臓リハビリテーション学術集会 「成人先天性心疾患に対するレジスタンストレーニングの効果」 PT岡村大介
第52回日本理学療法学術大会 「胸腔鏡下肺切除術周術期患者における身体活動量の推移と予測因子」 PT髙橋佑太
第4回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会関東支部学術集会 「間質性肺炎増悪期におけるハイフローネーザルカニュラ使用下での早期リハビリテーションの現状:ケースシリーズ研究」 PT髙橋佑太
第27回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 「間質性肺炎増悪期におけるハイフローネーザルカニュラ使用下リハビリテーションの現状」 PT髙橋佑太
The 27th European Respiratory Society International Congress 「Daily Physical Activity as an Outcome Measure for Pulmonary Rehabilitation in Patients Undergoing Thoracoscopic Lung Cancer Surgery」 PT髙橋佑太

書籍

※この表はスクロールします

タイトル・概要 氏名
基礎知識,評価の仕方,コミュニケーション 失語症へのアプローチ 第4回 看護師が知っておきたい失語症患者とのコミュニケーション ST泉谷聡子
理学療法ジャーナルVol.51No.5 「歩行の安全性にかかわる環境支援」 PT岡村大介
がんリハビリテーション心理学.医歯薬出版株式会社.2017 OT小貫早希
OT野口麻礼
ST泉谷聡子

雑誌

※この表はスクロールします

雑誌名・巻・頁 タイトル・概要 氏名
呼吸器ジャーナル.2017年65巻2号 若手医師のための呼吸器診療スキルアップ-苦手意識を克服しよう 治療 呼吸リハビリテーション. PT髙橋佑太

原著論文

※この表はスクロールします

タイトル・概要 氏名
胸腔鏡下肺切除術後患者における身体活動量の推移とその関連因子.理学療法学.2018年45巻1号 PT髙橋佑太

講演

※この表はスクロールします

タイトル・概要 氏名
東京都理学療法士協会中央区支部研修会パート1「呼吸・循環器疾患がある方への運動処方の基礎知識」 PT岡村大介
東京都理学療法士協会区中央部・区南部・島しょブロック学術集会「循環器疾患における理学療法の進め方」 PT岡村大介

トップへ