聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

手術支援ロボット ダヴィンチ(da Vinci)

お知らせ

  • 読み込み中

当院で「ダヴィンチ」を使用する手術は以下の通りです。

  1. 泌尿器科:前立腺摘出術(前立腺がん手術)・腎部分切除術(腎腫瘍手術)・膀胱全摘術(膀胱がん手術)
  2. 消化器・一般外科:大腸がん手術・胃がん手術・食道がん手術・胆のう疾患手術

 

手術支援ロボット「ダヴィンチ」とは?-ダヴィンチは治療の可能性を広げます-

ダヴィンチはアメリカで開発された最新鋭の内視鏡手術支援ロボットです。
身体への負担が少なく、患者さんに優しい低侵襲性の手術を実現します。

da_Vinci  da_Vinci

聖路加国際病院では、ダヴィンチの中でも、米国Intuitive Surgical社製の最新鋭のダヴィンチ「da Vinci Xi Surgical System」(ダヴィンチ Xi )を導入しています。従来のダヴィンチに比べ、 より高画質な 3次元立体画像(3D-HD画像)を搭載、より柔軟、広範囲で繊細な鉗子の動きの実現により、手術の更なる正確性、安全性、低侵襲性の向上が期待されます。

    

【ダヴィンチ手術のメリット】

より小さい傷口、入院期間も短く

従来の外科手術ではメスを使って開腹することが一般的でした。そのため術後も大きな手術痕が残ってしまいます。しかし、ダヴィンチを使用する手術では腹部に鉗子を挿入する小さな穴を4~5ヶ所開けるだけです。手術痕はほとんど目立ちません。
腹部を大きく開かないため、手術による出血も少なくすることができ、術後に感染症を起こすリスクを減らすことができます。また、傷口が小さくなることで、痛みが少なく、回復も早く進んでいくため、入院期間を短縮し元の生活への早い復帰を可能とします。

より安全に

従来の腹腔鏡下手術では2次元の画像が映し出されていましたが、ダヴィンチでは高画質な3次元立体画像が操作する医師のモニタに映し出されます。奥行きを読み取って鉗子を動かすことができるため、より大きな可動域を確保することができ、より正確かつ安全に手術を行うことが可能になりました。 また、独自の手ブレ防止機能により、スムースかつ安定的で精緻な手術操作をすることができるようになりました。

より多彩な手術を可能に

ダヴィンチは従来の腹腔鏡手術に比べ、人間の手の動きを正確に再現します。さらに、ロボットにしかできない動き(関節の360度回転など)が加わることで、開腹手術では困難であった手術を可能にします。

トップへ

最新鋭の「ダヴィンチXi」の仕組み

最新鋭の「ダヴィンチXi」は、大きく分けて3つの機械で構成されます。

structure

①Patient Cart(ペイシェントカート)

医師の手の動きを正確かつ繊細に再現して、手術を行うのがPatient Cartです。Patient Cartの鉗子には人間のように関節があり、腹腔鏡下手術では不可能だった「手」のような動きを再現できます。ロボットを用いた手術=オートメーション手術というイメージがありますが、「ダヴィンチXi」は医師の手の動きを再現し、手術を支援するロボットであり、手術操作は医師が行います。

②Surgeon Console(サージョンコンソール)

医師がPatient Cartの鉗子を操作する機械です。拡大された高解像度3次元立体画像を見ながら、両手で「ダヴィンチXi」を操作します。画像が3次元化されたことにより、従来の腹腔鏡下手術と違って奥行きを読み取って鉗子を動かすことができるようになり、より正確かつ安全に手術を行うことが可能になりました。

③Vision Cart(ビジョンカート)

ダヴィンチXi」を操作している医師以外のスタッフは、Vision Cartのモニタを見ながら手術をサポートします。患者さんの全身管理は麻酔科医が担当し、鉗子の状態などの状況は他のスタッフが把握して術者に伝達します。

トップへ

ダヴィンチによる手術の費用

手術支援ロボット「ダヴィンチ 」を使用した手術のうち、前立腺がんの全摘出手術は保険適用です。

手術・入院費に保険が適用され、患者さんのご負担が3割の場合はおおよそ450,000円の見込みです。但し、高額療養費制度をご利用の場合、所得に応じ最終的なご負担額は以下の通りとなります。

  • 70歳未満の方…約92,000円~160,000円
  • 70歳以上の方…約44,400円~ 92,000円
  • (上記費用に部屋代は含まれていません)

費用についてご不明な点がありましたら、診療科担当医までお問い合わせください。

※「ダヴィンチ 」を使用する予定であっても、医師の判断で開腹手術・腹腔鏡下手術へ変更となった場合は、その日から健康保険が適用されます。

トップへ

担当医のコメント

泌尿器科 服部 一紀 医師
当院にダビンチ(手術支援ロボット)が導入されて4年半が経過しました。
泌尿器科では、前立腺全摘術、腎部分切除術を中心にこれまで500件以上のロボット支援手術を実施してまいりました。
このたび最新機種のダヴィンチXiを導入しました。
ロボットアームの細径化など様々な改良が図られ、より幅広い術式への対応が可能となりました。また、2016年4月より、ロボット支援腎部分切除術が健康保険の適用となりました。より多くの方にロボット支援手術の良さを経験していただけます。

消化器・一般外科 大東 誠司 医師
消化器外科では2011年12月よりロボット支援下手術を開始し、既に80例を超す症例を経験しています。
さらに2016年からは最新鋭のダヴィンチXiが導入され、今まで以上に精度の高い手術が可能になっています。
より多くの皆様に最先端の医療を提供すべく、日々研鑽を重ねる所存です。その鮮明な画像と自由度の高い鉗子操作で、今まで以上に繊細で安全な手術が提供できると確信しております。

トップへ

ダヴィンチの実績と今後の展望

2000年に「ダヴィンチ」が登場して以降、世界中で導入が進んできました。2014年には世界各国で600,000件弱の手術が「ダヴィンチ」を用いて行われました。 日本では、2014年までの国内累積症例数は約10,000件となりました。導入している病院が増えており、今後も手術件数の増加が見込まれます。 また海外からの「ダヴィンチ 」の安全性に関する報告では、「ダヴィンチ 」の誤作動による医療過誤や何らかの不利益を被ったという報告はされておりません。

2016年8月、泌尿器科はダヴィンチによる前立腺の手術で500症例に達し、記念に盾をいただきました。

500record

聖路加国際病院は、2011年8月に「ダヴィンチ」を導入し、2016年1月に最新鋭の「ダヴィンチXi」を導入しました。最先端の技術を用いて安全性を確保しつつ、繊細な手術操作を可能にして「手術の質」の向上に寄与します。
海外では、泌尿器科における前立腺や腎臓の手術、消化器一般外科における大腸の手術など多くの手術が「ダヴィンチ」を用いて行われるようになっています。

当院は、今後も積極的に診療実績を増やし、日本一の「ダヴィンチ」手術の実績、そして技術を誇れるような病院を目指してまいります。

「ダヴィンチ」を用いた手術にご興味のある方は、各診療科の担当医までご相談ください。


トップへ