聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

「医師の働き方改革」に関するお願い

2024年4月より、医師の負担軽減や長時間労働の短縮に向けた「医師の働き方改革」に関する法律が施行されます。すべての医療機関が医師の働き方改革への取組みを求められており、当院でも医師の業務負担を減らし、健康でやりがいをもって働き続けることができる環境やしくみを整備しています。より良い医療の提供、持続可能な医療提供体制の維持のため、以下の取組について、患者さんやご家族の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

病状や治療等の説明時間に関するお願い

患者さんやご家族へのご説明や相談対応などは、原則として、平日の下記時間内でお願いします。

平日 午前8時30分~午後5時00分
*ただし、緊急時ややむを得ない場合はこの限りではありません。

また土日・祝日・夜間は、当直·当番医が主治医に変わって対応します。
主治医と連携しながら適切な診療を行いますのでご協力をお願いします。

救急受診に関するお願い

当院は高度医療、救急医療を担う病院です。救命救急センターとして、救急診療は緊急性の高い重症患者さんを優先します。緊急性がない場合には、可能な限り平日の診療時間内に受診してください。

タスク・シフト/シェアの実施

医師が行っている業務のうち、医師以外の医療関係職種が実施可能な業務については、厚生労働省が特に指定する業務を中心に、他職種(看護師、臨床検査技師、理学療法士、医療事務作業補助者等)が担うことがあります。

厚生労働省「医師の働き方改革」.jp
https://iryou-ishi-hatarakikata.mhlw.go.jp/realize/