教育体制

研修内容

毎月1回開催している集合研修では、事例検討やシミュレーション学習を通して、実践に活用できる知識や技術を体系的に学びます。

プログラム 時期 主な内容
オリエンテーション 4月第1週 看護部オリエンテーション
マナー研修
看護技術演習
宿泊研修
専門職業人としての基本的姿勢と態度 4月~1月 看護者の倫理綱領と業務基準
コミュニケーションの基本
看護場面における倫理
患者・家族の心理とサポート
患者の周りの安全管理 4月~7月 安全で確実な与薬
ライン・チューブ管理
転倒・転落予防
酸素流量計、酸素ボンベの取扱い
輸液ポンプ・シリンジポンプの取扱い
基盤となるスキル 4月~11月 栄養管理の基本
安全な食事介助
スキン・褥瘡・排泄ケア
疼痛マネジメント
高齢者のケア
看取りのケア
急性期看護に必要なアセスメントと技術 9月~11月 血液検査データの見方
輸液療法基本
輸血療法
ケアに活かす薬の知識
酸素療法と呼吸ケア
心電図の基本
周術期のケア
他部署研修 2月 配属部署では経験できないことを、他部署での見学や経験を通して看護の実際を学ぶ
ページトップへ戻る