聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

皮膚科

皮膚科のお知らせ

  • 読み込み中

皮膚がん

日本では、皮膚がんの患者数は30年前の約7倍、皮膚がんによる死亡者数は約2倍に増えています。

当院では皮膚がんの診断にダーモスコピーを早期診断に活用し、必要に応じて皮膚生検を実施しております。

簡便な外科的治療については皮膚科で行い、複雑な外科的治療を要する場合は、形成外科に手術を依頼し、迅速かつ整容的問題についても配慮しております。
簡便な手術では日帰り手術を、複雑な手術については入院の上、手術を行います。

皮膚科 手術・皮膚生検件数

2018年度 659件(手術室:153件 皮膚科外来:126件 皮膚生検:380件)
2017年度 796件(手術室:216件 皮膚科外来:200件 皮膚生検:380件)

基底細胞がん

皮膚がんの中で最も頻度の高いものです

好発部位 顔面など露光部
治療 外科的切除
診断の流れ 皮膚科受診,ダーモスコピー検査
皮膚生検 ⇒ 手術
治療待ち日数 1~3週(治療方針が確定してから治療開始までの日数)
皮膚科症例数 新規診断 39件、通院患者 83件(2018年)

有棘細胞がん

光線角化症などの前がん状態から進展することが多いです。

好発部位 顔面など露光部
治療 外科的切除(センチネルリンパ節生検・リンパ節郭清)
術後補助療法(放射線治療、化学療法)
診断の流れ 皮膚科受診,ダーモスコピー検査
皮膚生検 ⇒ 手術、術後補助療法
治療待ち日数 1~3週(治療方針が確定してから治療開始までの日数)
皮膚科症例数 新規診断 13件、通院患者 44件(2018年)
光線角化症
ボーエン病
有棘細胞癌

悪性黒色腫

手足の多い早期発見が重要な皮膚がんです。

好発部位 四肢末端または顔面など露光部
治療 外科的切除+センチネルリンパ節生検(リンパ節郭清)
術後補助療法(分子標的薬やチェックポイント阻害薬)
診断の流れ 皮膚科受診・ダーモスコピー検査
⇒(皮膚生検)
⇒手術,術後補助療法
⇒切除不能または遠隔転移に対する治療
治療待ち日数 1~2週(治療方針が確定してから治療開始までの日数)
皮膚科症例数 新規診断 14件、通院患者 41件(2018年)

乳房外Paget病

股や陰部,腋窩に多い皮膚がんです。

好発部位 鼡径部、外陰部、腋窩
治療 外科的切除+センチネルリンパ節生検(リンパ節郭清)、化学療法
診断の流れ 皮膚科受診・ダーモスコピー検査(マッピング皮膚生検)⇒手術
治療待ち日数 1~2週(治療方針が確定してから治療開始までの日数)
皮膚科症例数 新規診断 5件、通院患者 12件(2018年)
乳房外Paget病 乳房外Paget病

トップへ