聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

病理診断科

病理診断科のお知らせ

  • 読み込み中

診療内容

診療内容・特徴

病理診断(病理検査)は患者さんの組織や細胞を採取して調べる検査で、組織診断、細胞診断と、死因を解明するための病理解剖があります。

よい診療を行うためには、正確、迅速で適切な病理診断が必要とされます。適切な診断のために、臨床病理検討会(CPC)をはじめとした臨床科とのカンファレンスや検討、また院外コンサルテーションが行われています。

診療実績

剖検(院内剖検)は年間約30例、組織診は15000~17000、細胞診は30000~33000、術中迅速診は800~1000例程度行っています。

主な設備・検査

  • 病理解剖室
  • 組織切り出し室
  • マクロデジタルカメラ
  • 自動固定包埋機
  • 自動染色機・封入機
  • 自動免疫染色機
  • 凍結切片薄切機
  • プレパラート印字プリンター
  • 尿細胞診検体処理機
  • 光学顕微鏡
  • 蛍光顕微鏡
  • ミクロデジタルカメラ
  • カンファレンス・ディスカッションモニター
  • 電子顕微鏡
  • 超低温冷蔵庫
  • バイオクリーンベンチ
  • 臓器・標本収納室
  • 癌規約入力システム

1. 病理診断(病理検査)について

病理検査は患者さんの組織や細胞を採取して調べる検査で,組織診断と細胞診断,および死因を解明するために行われる病理解剖(剖検)があります。病理診断は最終診断となることも多く,治療方針の決定や治療効果の判定などに不可欠です。よい診療を行うためには,よい病理診断が求められます。

2. よい病理診断を行うために

  1. 正確で迅速,適切であることがよい病理診断です。
    • (a) 病理検査の過程を分析して,より迅速な診断を目指し 1),治療方針の早急な決定や入院日数短縮に役立てています。
    • (b) 適切な病理診断のために,臨床科との合同カンファレンスが行われています.根拠に基づいた診断のために免疫染色などを積極的に施行しています。2)
    • (c) より専門性の高い病理診断が必要な場合には院外の専門機関へのコンサルテーション(セカンドオピニオン依頼)が行われます。
  2. 病理診断はデータベース化されています.腫瘍のデータは,院内の医療情報管理センターにて,病院のクォリティ指標の一つである「がん登録」に記録されます。
  3. 聖路加国際病院附属クリニック・予防医療センターで実施される病理検査は当科で診断されています。

3. 病理解剖について

病理解剖は亡くなられた方の死因や病気の成り立ちを明らかにするために行われます。

解剖では各種臓器が採取され,肉眼的および顕微鏡的な検査により病理診断が行われます。

採取された臓器は一定期間保存され,荼毘に付されます。

臓器の一部は顕微鏡的検査のための標本として半永久的に保存されます。

病理解剖診断は日本病理学会が発行する日本病理解剖輯報(しゅうほう)に登録されます。亡くなられた方の個人情報は登録されません。病理解剖の内容は医学的に貴重な情報であり,結果を以後の医療に役立てることも大切です。

解剖例は全例,臨床病理カンファレンス(clinicopathological conference, CPC 3))で検討されます。CPCでは臨床的な疑問点,画像診断,病理診断が示された後,総合的な検討および疾患に関連したレクチャーが行われます。

  • 1) Quality indicator [医療の質]を測る vol 2, 2008
  • 2) 病理と臨床,2008, 26, No.6, 630-631
  • 3) 病理と臨床,2007, 25, No.9, 938-939

トップへ

スタッフ紹介

読み込み中...

トップへ

外来スケジュール表

トップへ

トピックス

  • 日付
  • お知らせ
  • 現在、お知らせはありません。

トップへ

メディア掲載情報

著書

※この表はスクロールします

発行年 出版社 書籍名 氏名
2018年 文光堂 細胞診と針生検の違い、一冊でわかる乳腺疾患 鹿股 直樹(分担)
2017年 医学書院 Tubulocystic renal cell carcinoma、泌尿器病理診断トレーニング 鹿股 直樹(分担)
2016年 中山書店 乳頭状腎細胞癌、癌診療指針のための病理診断プラクティス、腎・尿路/男性生殖器腫瘍 鹿股 直樹(分担)
2016年 文光堂 葉状腫瘍、腫瘍病理鑑別診断アトラス、乳癌、第2版 鹿股 直樹(分担)
2015年 金原出版 アポクリン癌(他)、細胞診ガイドライン2、乳腺・皮膚・軟部骨、2015年版 乳腺/皮膚/軟部骨 鹿股 直樹(分担)
2013年 文光堂 乳頭状腎細胞癌、腫瘍病理鑑別診断アトラス、腎癌 鹿股 直樹(分担)
2013年 金原出版 センチネルリンパ節術中迅速診断のピットホ-ル、これからの乳癌診療、2013-2014 鹿股 直樹(分担)
2011年 学際企画株式会社 遺伝子プロファイルからみた乳癌の亜分類、モノグラフ、病気の分子形態学 鹿股 直樹(分担)
2011年 中山書店 腺症、癌診療指針のための病理診断プラクティス、乳癌 鹿股 直樹(分担)
2010年 文光堂 微小浸潤・偽浸潤の判定、乳癌―腫瘍病理鑑別診断アトラス 鹿股 直樹(分担)
2010年 篠原出版社 免疫染色、非浸潤性乳管癌のすべて 鹿股 直樹(分担)
2010年 医学書院 乳腺領域、アトラス細胞診と病理診断 鹿股 直樹(分担)

論文情報

※この表はスクロールします

日付 雑誌名 論題 発表者
2020年 BMC Cancer. 2020;20(1):944 Targeted next-generation sequencing assays using triplet samples of normal breast tissue, primary breast cancer, and recurrent/metastatic lesions. Akahane T, Kanomata N, Harada O, Yamashita T, Kurebayashi J, Tanimoto A, Moriya T.
2020年 Histopathology. 2020;77(3):471-480. Automated assessment of Ki-67 in breast cancer: the utility of digital image analysis using virtual triple staining and whole slide imaging. Hida AI, Omanovic D, Pedersen L, Oshiro Y, Ogura T, Nomura T, Kurebayashi J, Kanomata N, Moriya T.
2020年 Breast Cancer. 2020;27(3):415-25. Anti-cell growth and anti-cancer stem cell activity of the CDK4/6 inhibitor palbociclib in breast cancer cells. Kishino E., Ogata R., Saitoh W., Koike Y., Ohta Y., Kanomata N., Kurebayashi J.
2020年 Med Mol Morphol. 2020;53(1):15-20. Multiplex PCR analysis of apocrine lesions shows frequent PI3K-AKT pathway mutations in both benign and malignant apocrine breast tumors. Kanomata N., Yamaguchi R., Kurebayashi J., Moriya T.
2019年 Eur J Radiol. 2019;121:108704. Comparison of PI-RADS version 2 and PI-RADS version 2.1 for the detection of transition zone prostate cancer Tamada T., Kido A., Takeuchi M., Yamamoto A., Miyaji Y., Kanomata N., Sone T.
2019年 Magn Reson Med Sci. 2019;18(4):301-3. Early Experience with MRI-ultrasound Fusion-guided Prostate Biopsy in Japanese Men with Elevated PSA Levels. Tamada T., Miyaji Y., Kanomata N., Kido A., Yamamoto A., Sone T.
2019年 Jpn J Radiol. 2019;37(2):154-64. Multidimensional analysis of clinicopathological characteristics of false-negative clinically significant prostate cancers on multiparametric MRI of the prostate in Japanese men. Kido A., Tamada T., Kanomata N., Yamamoto A., Miyaji Y., Nagai A., Sone T.
2019年 Med Mol Morphol. 2019;52(2):106-13. Phosphorylated HER3 and FITC-labeled trastuzumab immunohistochemistry in patients with HER2-positive breast cancer treated with adjuvant trastuzumab. Kanomata N., Kurebayashi J., Moriya T.
2019年 BMC Cancer. 2019;19(1):76. CD1d- and PJA2-related immune microenvironment differs between invasive breast carcinomas with and without a micropapillary feature. Kanomata N., Kurebayashi J., Koike Y., Yamaguchi R., Moriya T.
2018年 AME Case Rep. 2018;2:43. Deciduoid type malignant pleural mesothelioma: a case report. Okita R., Nojima Y., Saisho S., Shimizu K., Shirai R., Kanomata N., Oka M., Nakata M.
2018年 Breast Cancer. 2018;25(6):759-67. Comprehensive immunohistochemical analyses on expression levels of hedgehog signaling molecules in breast cancers. Kurebayashi J., Kanomata N., Koike Y., Ohta Y., Saitoh W., Kishino E.
2017年 Tohoku J Exp Med. 2017;243(2):107-14. Vasohibin-1 Is a Poor Prognostic Factor of Ovarian Carcinoma. Sano R., Kanomata N., Suzuki S., Shimoya K., Sato Y., Moriya T., Shiota M.
2017年 Cancer Sci. 2017;108(5):918-30. Anti-cancer stem cell activity of a hedgehog inhibitor GANT61 in estrogen receptor-positive breast cancer cells. Kurebayashi J., Koike Y., Ohta Y., Saitoh W., Yamashita T., Kanomata N., Moriya T.
2017年 Breast Cancer. 2017;24(5):683-93. Anti-cell growth and anti-cancer stem cell activities of the non-canonical hedgehog inhibitor GANT61 in triple-negative breast cancer cells. Koike Y., Ohta Y., Saitoh W., Yamashita T., Kanomata N., Moriya T., Kurebayashi J.
2017年 Radiol Med. 2017;122(3):228-38. Incremental value of high b value diffusion-weighted magnetic resonance imaging at 3-T for prediction of extracapsular extension in patients with prostate cancer: preliminary experience. Kido A., Tamada T., Sone T., Kanomata N., Miyaji Y., Yamamoto A., Ito K.
2017年 PLoS One. 2017;12(5):e0177439. Preparation of a novel antiserum to aromatase with high affinity and specificity: Its clinicopathological significance on breast cancer tissue. Kanomata N., Matsuura S., Nomura T., Kurebayashi J., Mori T., Kitawaki J., Moriya T.
2017年 川崎医学会誌. 2017;43(1):1-7. センチネルリンパ節生検を施行した腋窩リンパ節微小転移乳癌症例の検討. 山本 裕, 紅林 淳一, 三上 剛司, 岸野 瑛美, 菅原 汐織, 小倉 一恵, 山本 正利, 齋藤 亙, 太田 裕介, 小池 良和, 山下 哲正, 野村 長久, 田中 克浩, 鹿股 直樹, 森谷 卓也.
2017年 日本臨床. 2017;75(増刊3 乳癌学):242-6. 【乳癌学-最新の診断と治療-】 乳癌の症候と検査、診断 乳癌の病理診断 Ki-67. 森谷 卓也, 鹿股 直樹, 稲吉 貴絵.
2017年 HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY. 2017;24(1):23-6. 【ホルモンに関係する女性のがん:乳がんのすべて】 乳がん診断における細胞診と組織診の問題点. 森谷 卓也, 稲吉 貴絵, 鹿股 直樹.
2017年 病理と臨床. 2017;35(6):561-6. CPC解説(第95回) 自然崩壊型腫瘍崩壊症候群をきたした食道癌症例の一剖検例. 鹿股 直樹, 佐貫 史明, 稲吉 貴絵, 依光 大祐, 森谷 卓也.
2017年 日本臨床 2017;75(増刊6 新腎・泌尿器癌(上)):203-6. 【新腎・泌尿器癌(上)-基礎・臨床研究の進歩-】 腎癌 腎癌の検査・診断 腎癌の診断 病理診断 腎腫瘍の病理組織学的分類. 鹿股 直樹.
2016年 Cytopathology. 2016;27(6):465-71. Usefulness of immunocytochemistry using a Breast Marker antibody cocktail targeting P63/cytokeratin7/18/cytokeratin5/14 for fine needle aspiration of the breast: a retrospective cohort study of 139 cases. Tanaka S., Kanomata N., Teramura K., Wakita K., Kunihisa T., Yano Y., Moriya T., Hayashi Y.
2016年 J Magn Reson Imaging. 2016;44(3):584-93. Value of preoperative 3T multiparametric MRI for surgical margin status in patients with prostate cancer. Tamada T., Sone T., Kanomata N., Miyaji Y., Kido A., Jo Y., Yamamoto A., Ito K.
2016年 Eur Radiol. 2016;26(3):646-55. Pancreatic adenocarcinomas without secondary signs on multiphasic multidetector CT: association with clinical and histopathologic features. Tamada T., Ito K., Kanomata N., Sone T., Kanki A., Higaki A., Hayashida M., Yamamoto A.
2016年 Breast Cancer. 2016;23(1):92-100. Assessment of the Ki67 labeling index: a Japanese validation ring study. Niikura N., Sakatani T., Arima N., Ohi Y., Honma N., Kanomata N., Yoshida K., Kadoya T., Tamaki K., Kumaki N., Iwamoto T., Sugie T., Moriya T.
2016年 J Clin Pathol. 2016;69(10):890-8. Two progressive pathways of microinvasive carcinoma: low-grade luminal pathway and high-grade HER2 pathway based on high tumour-infiltrating lymphocytes. Morita M., Yamaguchi R., Tanaka M., Tse G. M., Yamaguchi M., Otsuka H., Kanomata N., Minami S., Eguchi S., Yano H.
2016年 Cancer Med. 2016;5(7):1607-18.> CD8(+) tumor-infiltrating lymphocytes contribute to spontaneous "healing" in HER2-positive ductal carcinoma in situ. Morita M., Yamaguchi R., Tanaka M., Tse G. M., Yamaguchi M., Kanomata N., Naito Y., Akiba J., Hattori S., Minami S., Eguchi S., Yano H.
2016年 Breast Cancer. 2016;23(3):425-36. Antitumor and anticancer stem cell activities of eribulin mesylate and antiestrogens in breast cancer cells. Kurebayashi J., Kanomata N., Yamashita T., Shimo T., Moriya T.
2016年 癌と化学療法. 2016;43(3):290-3. 【ゲノム異常と病理診断】 乳癌のゲノム異常と病理組織像. 森谷 卓也, 鈴木 聡一郎, 鹿股 直樹.
2016年 外科. 2016;78(7):690-4. 【非浸潤性乳管癌(DCIS)の診断と治療】 乳腺非浸潤癌の病理. 森谷 卓也, 稲吉 貴絵, 鹿股 直樹.
2016年 臨床婦人科産科. 2016;70(8):686-90. 【婦人科悪性腫瘍規約改訂のポイントと対応-「何が」「なぜ」「どのように」変わったのか】 子宮頸部病変 WHO 2014年 子宮頸部病変の改訂のポイント. 森谷 卓也, 稲吉 貴絵, 鹿股 直樹.
2015年 Histopathology. 2015;66(4):565-76. Management of breast papillary lesions diagnosed in ultrasound-guided vacuum-assisted and core needle biopsies. Yamaguchi R., Tanaka M., Tse G. M., Yamaguchi M., Terasaki H., Hirai Y., Nonaka Y., Morita M., Yokoyama T., Kanomata N., Naito Y., Akiba J., Yano H.
2015年 J Dermatol Case Rep. 2015;9(2):52-4. Photoletter to the editor: Pigmented dermatofibrosarcoma protuberans in a 4-year-old girl and ultrasonographic findings. Tanaka R., Inagawa K., Kanomata N., Hata J., Fujimoto W.
2015年 Breast Cancer. 2015;22(3):292-9. Prognostic value of phosphorylated HER2 in HER2-positive breast cancer patients treated with adjuvant trastuzumab. Kurebayashi J., Kanomata N., Yamashita T., Shimo T., Mizutoh A., Moriya T., Sonoo H.
2015年 日本臨床細胞学会雑誌. 2015;54(2):170-1. 乳腺細胞診検体におけるCK5/14+p63+CK7/18カクテル抗体による多重染色の基礎的検討. 米 亮祐, 鹿股 直樹, 福屋 美奈子, 鐵原 拓雄, 森谷 卓也.
2015年 岡山県臨床細胞学会誌. 2015;34:18-21. 回腸に発生した子宮内膜症の1例. 福屋 美奈子, 鐵原 拓雄, 菅野 豊子, 米 亮祐, 小林 江利, 小林 博久, 定平 吉都, 鹿股 直樹.
2015年 病理と臨床. 2015;33(11):1193-8. 【穿刺吸引細胞診の見方と診断そして最新の知見-細胞像と組織像を対比して-】 乳腺 良性/境界病変. 森谷 卓也, 福屋 美奈子, 米 亮佑, 長嶋 真紀, 鹿股 直樹.
2014年 PLoS One. 2014;9(5):e96619. High b value (2,000 s/mm2) diffusion-weighted magnetic resonance imaging in prostate cancer at 3 Tesla: comparison with 1,000 s/mm2 for tumor conspicuity and discrimination of aggressiveness. Tamada T., Kanomata N., Sone T., Jo Y., Miyaji Y., Higashi H., Yamamoto A., Ito K.
2014年 Breast Cancer. 2014;21(1):75-85. Antitumor and anticancer stem cell activity of a poly ADP-ribose polymerase inhibitor olaparib in breast cancer cells. Shimo T., Kurebayashi J., Kanomata N., Yamashita T., Kozuka Y., Moriya T., Sonoo H.
2014年 Breast Cancer. 2014;21(2):214-22. Marked lymphovascular invasion, progesterone receptor negativity, and high Ki67 labeling index predict poor outcome in breast cancer patients treated with endocrine therapy alone. Kurebayashi J., Kanomata N., Shimo T., Yamashita T., Aogi K., Nishimura R., Shimizu C., Tsuda H., Moriya T., Sonoo H.
2014年 Hum Pathol. 2014;45(2):431. TP53 mutations of intestinal metaplasia. Kanomata N., Ochiai A.
2014年 Acta Med Okayama. 2014;68(4):219-33. Renal distribution of Vasohibin-1 in patients with chronic kidney disease. Hinamoto N., Maeshima Y., Saito D., Yamasaki H., Tanabe K., Nasu T., Watatani H., Ujike H., Kinomura M., Sugiyama H., Sonoda H., Kanomata N., Sato Y., Makino H.
2014年 日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌. 2014;31(2):154-7. 血清CA19-9異常高値にて発見された甲状腺乳頭癌の1例. 藤井 清香, 田中 克浩, 太田 裕介, 小池 良和, 山下 哲正, 下 登志朗, 水藤 晶子, 山本 裕, 椎木 滋雄, 紅林 淳一, 園尾 博司, 鹿股 直樹, 森谷 卓也.
2014年 日本臨床外科学会雑誌. 2014;75(11):2982-5. 骨・軟骨成分と癌成分を伴う悪性葉状腫瘍の1例. 藤井 清香, 椎木 滋雄, 園尾 博司, 鹿股 直樹, 森谷 卓也.
2014年 岡山県臨床細胞学会誌. 2014;33:19-22. 悪性リンパ腫と鑑別困難であった乳房内リンパ節の1例. 小林 江利, 荒木 豊子, 米 亮祐, 鐵原 拓雄, 秋山 隆, 鹿股 直樹, 森谷 卓也.
2014年 乳癌の臨床. 2014;29(4):369-73. センチネルリンパ節生検を施行した男性乳癌の1例. 山下 哲正, 紅林 淳一, 齋藤 亙, 小池 良和, 太田 裕介, 下 登志朗, 山本 裕浩, 田中 克浩, 鹿股 直樹, 森谷 卓也.
2014年 臨床検査. 2014;58(6):685-92. 【液状化検体細胞診(LBC)にはどんなメリットがあるか】 乳腺穿刺吸引細胞診における従来法とLBC法の細胞の見方 利点ならびに問題点について. 畠 榮, 福屋 美奈子, 鹿股 直樹, 森谷 卓也.
2014年 日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌. 2014;31(2):154-7. 血清CA19-9異常高値にて発見された甲状腺乳頭癌の1例. 藤井 清香, 田中 克浩, 太田 裕介, 小池 良和, 山下 哲正, 下 登志朗, 水藤 晶子, 山本 裕, 椎木 滋雄, 紅林 淳一, 園尾 博司, 鹿股 直樹, 森谷 卓也.
2014年 検査と技術. 2014;42(10):952-4. 【超音波×病理 対比アトラス】 (2章)乳腺 乳頭腺管癌 30歳代女性. 森谷 卓也, 鹿股 直樹, 中島 一毅.
2014年 臨床病理. 2014;62(6):560-7. 腫瘍病理診断のup to date 乳癌. < 森谷 卓也, 鹿股 直樹.
2014年 コンセンサス癌治療. 2014;13(3):148-52. 【乳癌の疫学・検診・診断2014〜2016】 ER、PgR、HER2、Ki-67の評価. 森谷 卓也, 鹿股 直樹.
2014年 臨床泌尿器科. 2014;68(13):991-4. 知っていると役立つ泌尿器病理 症例:40代・男性. 鹿股 直樹, 森谷 卓也.
2013年 J Clin Pathol. 2013;66(7):613-9. Vasohibin-1 is a new predictor of disease-free survival in operated patients with renal cell carcinoma. Kanomata N., Sato Y., Miyaji Y., Nagai A., Moriya T.
2013年 Med Mol Morphol. 2013;46(4):193-7. Simultaneous demonstration of gelatinolytic activity, morphology, and immunohistochemical reaction using zymography film. Kanomata N., Hasebe T., Moriya T., Ochiai A.
2013年 日本臨床細胞学会雑誌. 2013;52(1):32-5. 腎原発MALTリンパ腫の1例. 成富 真理, 畠 榮, 福屋 美奈子, 鐵原 拓雄, 鹿股 直樹, 小塚 祐司, 森谷 卓也, 定平 吉都.
2013年 日本臨床細胞学会岡山支部会誌. 2013;32:21-5. 10歳代後半に発生した尿膜管癌の1例. 小林 江利, 荒木 豊子, 米 亮祐, 鐵原 拓雄, 畠 榮, 伊禮 功, 鹿股 直樹, 森谷 卓也.
2013年 病理と臨床. 2013;31(10):1076-82. 【乳腺腫瘍up to date:WHO分類改訂の要点II】 良悪性鑑別のポイント 乳頭状病変 乳管内乳頭状病変. 森谷 卓也, 鹿股 直樹.
2013年 臨床泌尿器科. 2013;67(1):3-6. 知っていると役立つ泌尿器病理 症例:60代・女性. 鹿股 直樹, 森谷 卓也.
2013年 腎臓. 2013;36(2):128-33. 慢性腎臓病・血液透析患者におけるVasohibinファミリー分子の臨床的意義についての検討. 山崎 浩子, 前島 洋平, 雛元 紀和, 斎藤 大輔, 園田 光, 佐藤 靖史, 鹿股 直樹, 槇野 博史.
2013年 川崎医学会誌. 2013;39(3):65-79. エストロゲン受容体陽性乳癌細胞における抗エストロゲン薬とmTOR阻害薬エベロリムスの細胞増殖及び癌幹細胞制御に対する効果. 山下 哲正, 紅林 淳一, 鹿股 直樹, 下 登志朗, 森谷 卓也, 園尾 博司.
2012年 Hum Pathol. 2012;43(10):1688-94. Tumor-infiltrating lymphocytes are important pathologic predictors for neoadjuvant chemotherapy in patients with breast cancer. Yamaguchi R., Tanaka M., Yano A., Tse G. M., Yamaguchi M., Koura K., Kanomata N., Kawaguchi A., Akiba J., Naito Y., Ohshima K., Yano H.
2012年 Mol Cancer Res. 2012;10(9):1135-46. Vasohibin-2 expressed in human serous ovarian adenocarcinoma accelerates tumor growth by promoting angiogenesis. Takahashi Y., Koyanagi T., Suzuki Y., Saga Y., Kanomata N., Moriya T., Suzuki M., Sato Y.
2012年 Hum Pathol. 2012;43(8):1344. Neuroendocrine and mucinous differentiation in signet ring cell carcinoma of the stomach: evidence for a common cell of origin in composite tumors. Kanomata N.
2012年 診断病理. 2012;29(2):136-41. Rossete-forming glioneuronal tumorの1例. 藤原 英世, 濱崎 周次, 鹿股 直樹, 松崎 和仁, 西村 広健, 伊禮 功, 秋山 隆, 定平 吉都.
2012年 癌と化学療法. 2012;39(10):1579-81. 肺転移巣においてGrowing Teratoma Syndromeを呈した精巣原発胚細胞腫瘍の1例. 山岸 智子, 清水 克彦, 中田 昌男, 宮地 禎幸, 永井 敦, 鹿股 直樹, 森谷 卓也.
2012年 Gastroenterological Endoscopy. 2012;54(8):2219-24. リンパ節転移を来たした径1cm未満の胃神経内分泌腫瘍の1例. 今村 祐志, 村尾 高久, 松本 啓志, 垂水 研一, 眞部 紀明, 山下 直人, 鹿股 直樹, 秋山 隆, 畠 二郎, 春間 賢.
2012年 日本臨床細胞学会岡山支部会誌. 2012;31:29-33. 左前胸部皮下腫瘤の穿刺吸引細胞診で診断が困難であった軟骨肉腫の一例. 荒木 豊子, 鹿股 直樹, 福屋 美奈子, 鐵原 拓雄, 畠 榮, 秋山 隆, 濱崎 周次, 定平 吉都.
2012年 産科と婦人科. 2012;79(2):125-30. 【子宮体癌の生物学的特性から診断・治療まで】 子宮体癌の病理診断に関する最近のトピックス. 森谷 卓也, 鹿股 直樹.
2012年 日本臨床. 2012;70(増刊7 乳癌):385-90. 【乳癌(第2版)-基礎と臨床の最新研究動向-】 乳癌の検査・診断 乳癌の病理検査・診断 乳癌の病理レポートの基本と切除標本の取扱い. 森谷 卓也, 鹿股 直樹.
2011年 Lung Cancer. 2011;73(1):89-95. Significance of microscopic invasion into hilar peribronchovascular soft tissue in resection specimens of primary non-small cell lung cancer. Sakai Y., Ohbayashi C., Kanomata N., Kajimoto K., Sakuma T., Maniwa Y., Nishio W., Tauchi S., Uchino K., Yoshimura M., Hyogo Cancer Center - Kobe University Hospital Lung Cancer Research Group.
2011年 Med Mol Morphol. 2011;44(2):111-5. Immunohistochemical application of S100A1 in renal oncocytoma, oncocytic papillary renal cell carcinoma, and two variants of chromophobe renal cell carcinoma. Kuroda N., Kanomata N., Yamaguchi T., Imamura Y., Ohe C., Sakaida N., Hes O., Michal M., Shuin T., Lee G. H.
2011年 Jpn J Clin Oncol. 2011;41(6):739-46. The cell cycle profile test is a prognostic indicator for breast cancer patients treated with postoperative 5-fluorouracil-based chemotherapy. Kurebayashi J., Kanomata N., Kozuka Y., Moriya T., Kikukawa N., Kawasaki Y., Harada S., Tamura S., Nakayama S., Ishihara H., Noguchi S., Sonoo H.
2011年 J Clin Pathol. 2011;64(7):578-86. Clinicopathological significance of Y416Src and Y527Src expression in breast cancer. Kanomata N., Kurebayashi J., Kozuka Y., Sonoo H., Moriya T.
2011年 Pathol Int. 2011;61(9):551. Prostatic intraepithelial pagetoid histiocyte: a potential diagnostic pitfall. Kanomata N., Kozuka Y., Moriya T.
2011年 Diagn Cytopathol. 2011;39(3):177-80. Cytologic appearance of myospherulosis of the breast diagnosed by fine-needle aspirates: a clinical, cytological and immunocytochemical study of 23 cases. Hata S., Kanomata N., Kozuka Y., Fukuya M., Kobayashi T. K., Ohno E., Moriya T.
2011年 福山医学. 2011(18):21-30. 医療における細胞診の役割. 畠 榮, 福屋 美奈子, 鹿股 直樹.
2011年 検査と技術. 2011;39(9):671. 乳腺乳頭腺管癌. 森谷 卓也, 鹿股 直樹, 中島 一毅.
2011年 日本婦人科病理学会誌. 2011;2(1):2-5. 子宮内膜の病理 子宮内膜増殖症・類内膜腺癌との鑑別を要する子宮内膜病変の病理. 森谷 卓也, 鹿股 直樹, 小塚 祐司, 森谷 鈴子, 藤原 潔.
2011年 診断病理. 2011;28(2):79-89. 非浸潤性乳管癌および乳管内病変の病理診断 最近の話題も含めて. 森谷 卓也, 鹿股 直樹, 小塚 祐司.
2011年 化学療法の領域. 2011;27(2):274-9. 【ヒトパピローマウイルス感染症の基礎と臨床】 HPV感染によって発生する子宮頸がん以外の疾患. 鹿股 直樹, 小塚 祐司, 森谷 卓也.
2011年 日本医事新報. 2011(4542):56-7. 乳癌の石灰化病巣の発生機序. 紅林 淳一, 鹿股 直樹.
2011年 乳癌の臨床. 2011;26(2):161-74. 【乳腺の細胞診と針生検の現状と問題点(2)】 乳腺針生検における病理診断の現状と問題点 乳腺針生検診断講習会の結果から. 原田 大, 土屋 眞一, 秋山 太, 森谷 卓也, 増田 しのぶ, 津田 均, 堀井 理絵, 前田 一郎, 山口 倫, 小塚 祐司, 鹿股 直樹, 乳腺病理診断研究会.
2010年 Neurol Med Chir (Tokyo). 2010;50(8):689-93. Brain metastasis of undifferentiated sarcoma and response to temozolomide treatment. Case report. Tanaka H., Sasayama T., Nishihara M., Arai A., Kawamura A., Kanomata N., Itoh T., Kohmura E.
2010年 Kobe J Med Sci. 2010;55(6):E122-31. Signet-ring cell carcinoma of the stomach metastasizing to renal cell carcinoma: a case report and review of the literature. Sakai Y., Kanomata N., Itami H., Kajimoto K., Sakuma T., Ohbayashi C.
2010年 Med Mol Morphol. 2010;43(2):67-73. Molecular morphological approach to the pathological study of development and advancement of human breast cancer. Moriya T., Kanomata N., Kozuka Y., Hirakawa H., Kimijima I., Kimura M., Watanabe M., Sasano H., Ishida T., Ohuchi N., Kurebayashi J., Sonoo H.
2010年 Cytopathology. 2010;21(3):157-60. Significance of collagenous and mucinous spherulosis in breast cytology specimens. Hata S., Kanomata N., Kozuka Y., Fukuya M., Ohno E., Moriya T.
2010年 臨床透析. 2010;26(8):1137-44. 片側胸水貯留を認めた維持透析患者の1例. 堀家 英之, 小林 伸哉, 藤本 壮八, 十倉 健彦, 駒井 則夫, 黒瀬 浩史, 宮下 修行, 鹿股 直樹, 秋山 隆, 佐々木 環, 柏原 直樹.
2010年 日本臨床細胞学会岡山支部会誌. 2010;29:29-30. 縦隔内異所性甲状腺腫4例の細胞学的検討. 米 亮祐, 福屋 美奈子, 荒木 豊子, 成富 真理, 岩知道 伸久, 鐵原 拓雄, 畠 榮, 伊禮 功, 濱崎 周次, 定平 吉都, 鹿股 直樹.
2010年 日本臨床細胞学会岡山支部会誌. 2010;29:17-9. 当院におけるベセスダ準拠子宮頸部細胞診報告様式(医会分類)導入前後の比較検討 検体不適正、異型扁平上皮細胞について. 福屋 美奈子, 畠 榮, 鐵原 拓雄, 小林 博久, 成富 真理, 今野 和治, 米 亮祐, 荒木 豊子, 濱崎 周次, 定平 吉都, 鹿股 直樹, 森谷 卓也.
2010年 内分泌外科. 2010;27(3):208-13. 甲状腺原発神経内分泌癌(小細胞癌)の1例. 太田 裕介, 田中 克浩, 斉藤 亙, 下 登志朗, 山本 裕, 紅林 淳一, 園尾 博司, 鹿股 直樹, 森谷 卓也.
2010年 日本臨床細胞学会岡山支部会誌. 2010;29:24-6. 尿管カテーテル尿中にみられる大型集塊および渦巻様構造の検討. 成富 真理, 畠 榮, 福屋 美奈子, 小林 博久, 鐵原 拓雄, 鹿股 直樹.
2010年 内分泌外科. 2010;27(3):220-3. 甲状腺びまん性硬化型乳頭癌の1例. 下 登志朗, 田中 克浩, 齋藤 亙, 太田 裕介, 山本 裕, 紅林 淳一, 鹿股 直樹, 園尾 博司.
2010年 検査と技術. 2010;38(1):42-5. Laboratory Practice 病理 前立腺癌に有用な免疫組織化学染色. 小塚 祐司, 鹿股 直樹, 森谷 卓也.
2010年 産婦人科の実際. 2010;59(4):575-81. 【子宮頸癌予防 検診と予防ワクチンをめぐって】 HPV感染によって発生する子宮頸癌以外の疾患. 鹿股 直樹, 中村 隆文, 森谷 卓也.
2010年 日本臨床. 2010;68(増刊4 腎・泌尿器癌):457-63. 【腎・泌尿器癌 基礎・臨床研究のアップデート】 精巣癌 基礎研究 精巣癌の病理分類. 鹿股 直樹.
2011年 Gastrointestinal Endoscopy Endoscopic band ligation (EBL) for colonic diverticular hemorrhage Naoki Ishii, Takeshi Setoyama, Gautam A Deshpande, Fumio Omata, Michitaka Matsuda, Shoko Suzuki, Masayo Uemura, Yusuke iizuka, Katsuyuki Fukuda, Koyu Suzuki, Yoshiyuki Fujita
2011年 Hepatogastroenterology Effects of carbon dioxide insufflation in esophageal endoscopic submucosal dissection Masayo Uemura, Naoki Ishii, Toshiyuki Itoh, Koyu Suzuki, Yoshiyuki Fujita
2011年 Surgical Endoscopy Endoscopic submucosal dissection (ESD) for gastrointestinal carcinoid tumors Shoko Suzuki, Naoki Ishii, Masayo Uemura, Gautam A. Deshpande, Michitaka Matsuda, Yusuke Iizuka, Katsuyuki Fukuda, Koyu Suzuki, Yoshiyuki Fujita
2011年 Clinical Journal of Gastroenterology Salvage endoscopic submucosal dissection for recurrent esophageal squamous-cell carcinoma after definitive chemoradiotherapy Naoki Ishii, Koyu Suzuki and Yoshiyuki Fujita
2010年 Hepatogastroenterology Endoscopic resection after endoscopic hemostasis for hemorrhagic gastric cancer. Shino Uchida, Naoki Ishii, Shoko Suzuki, Masayo Uemura, Koyu Suzuki and Yoshiyuki Fujita
2010年 Clinical Journal of Gastroenterology Superficial tumors involving terminal ileum treated by endoscopic submucosal dissection Naoki Ishii • Takeshi Setoyama • Michitaka Matsuda •Shoko Suzuki • Masayo Uemura • Yusuke Iizuka • Katsuyuki Fukuda • Koyu Suzuki • Yoshiyuki Fujita
2010年9月 Surgical Endoscopy Endoscopic submucosal dissection witrh a combination of small-cariber-tip transparent hood and flex knife for superficial esophageal neoplasia. Is it safe for elderly patients? Naoki Ishii, Shino Uchida, Toshiyuki Itoh, Noriyuki Horiki, Michitaka Matsuda, Takeshi Setoyama, Shoko Suzuki, Masayo Uemura, Yusuke Iizuka, Katsuyuki Fukuda, Koyu Suzuki, Yoshiyuki Fujita
2010年8月 Surgical Endoscopy Endoscopic submucosal dissection witrh a combination of small-cariber-tip transparent hood and flex knife for large superficial colorectal neoplasia including ileocecal lesion. Naoki Ishii, Toshiyuki Itoh, Noriyuki Horiki, Michitaka Matsuda, Takeshi Setoyama, Shoko Suzuki, Masayo Uemura, Yusuke Iizuka, Katsuyuki Fukuda, Koyu Suzuki, Yoshiyuki Fujita
2010年6月 Surgical Endoscopy Endoscopic submucosal dissection and preoperative assessment with endoscopic ultrasonography for the treatment of rectal carcinoid tumors. Naoki Ishii, Noriyuki Horiki, Toshiyuki Itoh, Masataka Maruyama, Michitaka Matsuda, Takeshi Setoyama, Shoko Suzuki, Shino Uchida, Masayo Uemura, Yusuke Iizuka, Katsuyuki Fukuda, Koyu Suzuki, Yoshiyuki Fujita
2010年 日本消化器外科学会雑誌 極めてまれな大腸原発悪性筋線維芽細胞性腫瘍の1例 濱中洋平, 鈴木高祐, 西尾剛毅, 小野寺久
2010年 臨床放射線 Birt-Hogg-Dubé症候群の胸部CT所見 村石懐1), 負門克典1), 松迫正樹1), 齋田幸久1), 尾辻瑞人2), 大多和正樹2), 鈴木高祐3), 瀬山邦明4)
2010年 日本超音波医学会 非浸潤性乳管癌におけるエラストグラフィ所見についての検討 河内伸江、角田博子、小野田結、菊池真理、刈田映子、松岡由紀、本田聡1)、矢形寛2)、鈴木高祐3)、齋田 幸久1)

年で絞り込む

件中   件を表示
  • 日付 メディア・タイトル・概要 氏名

トップへ