聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

消化器・一般外科

消化器・一般外科のお知らせ

  • 読み込み中

肝疾患

対象疾患

肝細胞癌、転移性肝癌、肝内胆管癌、巨大肝のう胞、肝内結石など

手術

肝細胞癌や転移性肝癌

腫瘍の大きさ、場所、個数、肝機能に応じて、右または左三区域切除術、右または左肝切除術、区域切除術、亜区域切除術、部分切除術などから、最も適した術式を選択します。また、腹腔鏡手術も積極的に行っております。

肝細胞癌肝細胞癌

肝内胆管癌

胆管浸潤やリンパ節転移を伴うことが多く、上記の手術術式選択に加え、肝外胆管合併切除術やリンパ節郭清を行います。

肝内胆管癌

巨大肝のう胞

腹腔鏡手術によりのう胞の開窓術(のう胞壁を切除して、のう胞内に液体が貯留しないようにすること)を行っています。

巨大肝のう胞

肝内結石

萎縮した肝臓と狭窄部の胆管を切除し、さらに肝内の結石を除去いたします。

担当スタッフ

海道 利実

肝細胞癌や転移性肝癌、肝内胆管癌などの、多くの肝疾患の手術を行っています。肝移植の経験も豊富です。どうぞお気軽にご相談ください。

聖路加国際病院で受けられる肝臓外科治療の特徴

当院には外科医だけでなく、内科医も麻酔科医も一流の専門家が揃っています。患者さんにとって最適な医療を提供できるよう、専門家が個々の患者さんに寄り添って治療法を提案・実施しています。
また、看護師・栄養士・理学療法士・言語聴覚士・ソーシャルワーカーなどの専門家も、入院・手術の前から、入院中・退院後も一丸となって療養生活をサポートしています。

 

年齢・心臓病など他の病気のために「手術・治療が実施できない」と言われた方であっても、当院では可能な場合もあります。
まずはお気軽にご相談下さい。

トップへ