聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

AYAがんサバイバーシップセンター

AYAがんサバイバーシップセンターのお知らせ

  • 読み込み中

東京都委託事業「AYA世代がん相談情報センター」
AYAなんでも相談

令和3年度より、東京都委託事業として「AYA世代がん相談情報センター」を開設しました。この窓口では、AYA世代がん患者さん向けにさまざまな相談情報の提供を行います。また、医療者向けの勉強会や、AYA世代のがん患者さん同士が交流できるイベント等も開催予定です。
イベントについてはイベントのページを参照ください。

Tokyo AYA Can ネットワークTokyo AYA Can ネットワーク

子どもがいらっしゃる患者さんへ チャイルド・サポートのご案内

「病気のこと、子どもに伝えたほうがいいの?」
「子どもに何て言おう?」
「子どもの様子が心配・・・」
よろしければ、お聞かせください。

ご家族の闘病は子どもにとっても大きな出来事です。
当院では大切なご家族の一員として子どもたちが安心して毎日を過ごせるよう
チャイルド・サポートを行っています。

『チャイルド・サポート』チームの紹介

「チャイルド・サポート・チーム」は、小児科医師を中心に、こころの専門家である臨床心理士、子どもが入院した時や家族が病気になった時に子どものストレスへの対処を手助けするチャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)がひとつのチームとなって活動しています。
当院のチャイルド・サポート・チームは、2011年4月より日本の病院の中では先駆けて活動を始め、現在に至っています。また、相談件数は年々増加しています。(2020年度:330件)

どんなサポートができるの?

【患者さんご自身へのサポート】

子どもに関する様々なご相談にお応えすることで、子育てしながらの闘病生活のストレスを少しでも減らすことができるようにお手伝いができればと考えています。

  • 子どもの成長・発達に合わせた病気の伝え方、闘病中の子どもへの関わり方を一緒に考えます。
  • ご家族のニーズに応じて、必要なサポートへの橋渡しをお手伝いします。
    Ex.)
    「病気のことを話したら、子どもを怖がらせてしまうのではないか?」
    「学校の先生には話したほうがいい?」
    「話したらお友達に言ってしまわないか?」
心理士 金

【子どもへのサポート】

年齢に応じた遊びや会話を通し、子どもがどのように今を感じ、理解しているかを見極め、それをもとに、ご家族が子どもとどのように過ごすことができるか、などを一緒に考えます。

  • 初めて面会に来る時の心の準備のサポート
    Ex.)
    病院ツアーやぬいぐるみ、人形、模型などを使って伝えたい状況の説明
  • 遊びや対話をとおして感情表出を促し、ストレスの軽減をはかる
    Ex.)
    ビーズ作り、おりがみ、紙粘土をしながら・・・
  • 家族には話しにくい話や相談にのる 
    Ex.)
    子どもからの直接のご連絡もお受けしています。
CLS 三浦・直正

就学支援

当病院では入院治療中であっても学習活動を中断させることの無いように支援を行っています。小学1年生から高校3年生までを対象に、東京都立墨東特別支援学校の訪問授業が受けられます。一人ひとりの体調や治療スケジュールに合わせて、院内にある「つばさ教室」や病室において学習することができます。入院中は治療や検査、リハビリ等の時間の制約がありますが、子どもたちにとって訪問授業を受けることは学習の継続だけではなく、心の安定につながるという大きな意味をもっています。

当病院は墨東特別支援学校とともに入院時から元の学校と十分に連携しながら全力で支援していきます。例えば、退院時には元の学校での生活が安心して送れるように退院時カンファレンスを開いています。この会議には元の学校の先生方、主治医、担当した病棟看護師、訪問担当の先生方、ご本人と保護者が参加します。元の学校に戻るにあたり、ご本人や保護者が不安に思っていることや退院後の生活などについて話し合われ、元の学校へのスムーズな移行を目的としています。また特に高校生については履修科目や単位の認定、進路選択のことについて、もとの学校と相談、連携しながら進めていきます。

訪問授業を受ける場合は手続き(小中学校と高等学校は異なる)が必要となりますので、まずは当病院の医療社会事業課へご連絡ください。

『チャイルド・サポートチーム』へのご相談・ご質問は

外来・病棟スタッフ、がん相談支援センター(相談員 橋本看護師)にお声をおかけください。

活動日:
平日9時から17時
面談予約は…
e-mail: cs@luke.ac.jp (なお、メールでの相談は受け付けておりません)
または 電話 : 病院代表 03-3541-5151
『チャイルド・サポート』をお呼び出しください。

定期勉強会の開催

当センターでは、医療従事者を対象に定期的に勉強会を開催します。

勉強会のテーマ

  • がん治療
  • 長期フォローアップ
  • がん・生殖
  • 緩和ケア
  • 就労・就学支援
  • 家族ケア
  • アピアランス支援
  • 栄養・食事・運動 など

トップへ