専門研修

泌尿器科

特色・概要

聖路加国際病院泌尿器科専門研修プログラムは、都心の診療拠点病院である聖路加国際病院、がん治療に特化した高度専門病院であるがん研究会有明病院、地域医療を担う地方中核病院の国保旭中央病院、小規模病院ながら地域に根ざした泌尿器専門性の高い医療を提供する東京腎泌尿器センター大和病院という異なる特色と使命を有するバランスのとれた病院群から構成されています。更に地域医療研修の重要性を鑑み、上記病院群での研修に加えて、療養型病床、各種老人保健施設を併設する九十九里ホーム病院での地域医療研修が含まれています。泌尿器科専門医に必要な知識や技能の高いレベルでの習得と同時に、地域医療との連携や他の専門医への紹介・転送の判断も的確に行える総合的な能力を身につけることができるよう配慮しました。また学術的な涵養を目的とした大学院進学コース、専門研修後により高い臨床実施能力の獲得を目指すクリニカルフェローコースを選択することが可能で、将来どのような道も選択できるような人材の育成を目指します。
研修するすべての病院が多数の症例を有し、またロボット支援手術を実施しており、今後の大きな診療の柱になるロボット支援手術について豊富な研修を積むことが可能です。

統括責任者よりメッセージ

本プログラムは、基幹施設である聖路加国際病院において高度な医療に携わり本邦の標準治療や先進的な医療を経験し学ぶとともに、地域医療を担う連携病院での研修を経て東京都並びに近県の医療事情を理解し、将来は泌尿器科専門医として日本全国あらゆる地域の医療を支えうる人材の育成を行うという理念に基づいています。特に地域医療を立て直すことが現在の日本の医療の火急の課題となっていることを鑑み、とりわけ地域医療の研修は重要と考えています。そのため、地域医療の研修には、地域基幹病院として地域で完結する幅広い医療を提供する総合病院における研修の中に、地域の在宅訪問診療や老人保健施設を併設した慢性期医療を担う関連病院における地域医療研修も含まれています。また、泌尿器科におけるサブスペシャリティー領域(がん専門治療・ロボット支援手術)の研修も重要な柱であると考えています。専門性の高いがん専門の研修施設とも研修施設群を構成する事で、都心部と地方、地域医療と専門医療の両面へ配慮されたバランスの良い泌尿器科専門医の育成プログラムとなっています。

取得可能な専門医資格

  • 泌尿器科専門医

診療についての特徴

聖路加国際病院泌尿器科は、いわゆる米国型の泌尿器科の診療スタイルを取っています。すなわち、泌尿器科は主に外科治療(手術)を提供し、化学療法は腫瘍内科と定期的なカンファレンスを行い密接に連携していますが、化学療法自体は腫瘍内科で行っています。泌尿器科医として必要な化学療法の知識や経験は、連携施設における研修中あるいは希望者には腫瘍内科をローテーションしていただくことで習得可能です。
当科では、特にロボット支援手術、前立腺肥大症のレーザー手術において豊富な診療実績があり、多くの大学病院、がん専門病院、一般病院において、治療の立ち上げに協力してきました。
また、ガイドラインを遵守し国際的に標準とされる診療を提供するだけでなく、問題点を抽出し、新しいエビデンスの構築も目指して診療するように心がけています。

  • ダビンチ手術(術者コンソールの様子)

  • ダビンチ手術(助手の様子)

  • 腹腔鏡下手術

  • 開腹手術

ページトップへ戻る