専門研修

整形外科

特色・概要

整形外科専門研修プログラム(PDF)

整形外科専門研修のご案内(PDF)

聖路加国際病院整形外科専門研修プログラムでは、整形外科疾患に適切に対応できる基本的な知識と、診断・治療技術を習得し、4年間の整形外科研修の後に整形外科専門医取得を目標としています。豊富な手術症例を専攻医が主体的に経験することにより、実践力と自信を身につけることができます。

  • 〇市中病院として都内に数少ない「基幹病院」のうちの1つです。
  • 〇指導医が豊富で教育体制が充実しています。
  • 〇症例・手技を多く経験し、治療に主体的に関わることができます。

聖路加国際病院を基幹病院とし、高度先進医療施設である東京大学医学部附属病院、徳島大学病院、がん治療に特化した高度専門病院であるがん研有明病院、地域医療支援病院である徳島県吉野川医療センターを連携施設に加えたバランスのとれた病院群から構成されています。

年間1000件を超える手術を行っており、専攻医は必要症例数をはるかに超える手術を上級医の指導のもと執刀できます。専攻医は救命救急センターや他診療科からのファーストコールとして日々対応することにより、様々な整形外科外傷・疾患を経験し、そしてこれらの外傷・疾患を上級医の指導のもと自ら執刀します。

整形外科全般について一定のレベルに達したときには、整形外科の中でも興味のある専門分野をさらに深く研修する意欲ができてきます。当科では、大きく上肢・下肢・脊椎の診療グループに分かれています。これらのグループを順に回ることで、より専門性の高い知識・考え方・治療プランを学ぶことが可能であり、レベルの高い一人前の整形外科医への道が開けます。

募集要項(PDF)

統括責任者よりメッセージ

研修が終わる頃にはその人がなるべき整形外科医像を自ら確立できるようなプログラムです。
決して楽な研修先ではありませんが、いま目の前に与えられた環境でベストを尽くし、自分の可能性を切り拓こうとする医師の応募を期待しています。

取得可能な専門医資格

  • 日本整形外科学会認定専門医

診療についての特徴

当科では、骨軟部悪性腫瘍を除いて、整形外科におけるほぼすべての分野の症例を経験することができます。

指導医による包括的かつ奥行きのある指導のもと、科学的根拠に基づいた観点で、現在利用できる最良の治療である標準治療を医師のみならず、看護師、理学療法士、薬剤師などのコメディカルでも理解できるような方針で行っています。専攻医には日常的に他診療科やコメディカルと協働して診療を行うことが求められます。定期的なカンファレンスや回診で情報共有し、専攻医が主体的に診療を行います。

専攻医が行うべき診療業務には、手術、病棟業務、外来業務があります。整形外科医としての素養を身につける近道は若い時に多くの症例を経験することです。専攻医1年目から積極的に手術に入っていただきます。助手として手術の流れを学びながら、救命救急センターや他診療科からのファーストコールとして対応した骨折症例は、上級医の指導のもと自ら執刀します。大腿骨近位部骨折、橈骨遠位端骨折などから経験していきます。

病棟では担当医として周術期管理を行います。整形外科の患者は小児から高齢者まで幅広く、手術の種類や症例により管理方法もリハビリテーションも多岐にわたります。運動器を扱う整形外科におけるリハビリテーションは極めて重要であり、ギプス法や装具療法と並行して後療法の進め方を習得します。

当科では、大きく上肢・下肢・脊椎の診療グループに分かれています。整形外科全般にわたり、診断、治療における問題解決能力と臨床的技能を身につけることを基本としますが、これらのグループを順に回り、専門性の高い知識・考え方・治療プランを同時に学びます。日常的に高いレベルの医療を経験することにより、将来のサブスペシャリティも想像できます。

臨床を主体としながらも、臨床研究、学会発表にも積極的に参加します。毎週の抄読会に加え、月1回のリサーチミーティングでは、最新の知識を吸収し、日常診療における疑問の解決や意見の交換も行います。専攻医は1年目に与えられたテーマを研修中に論文発表します。指導を受けながらも研究を自ら実践することで、最新の知識を蓄え、論理的思考を築くことは臨床にも大いに役立ちます。

ページトップへ戻る