聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

呼吸器センター(呼吸器内科・呼吸器外科)

写真:センター長

ご挨拶

 聖路加国際病院呼吸器センターは、経験豊富な多くのスタッフを擁しており、高度な医療機器・設備を駆使して、多種多様な呼吸器疾患の診断・治療を総合的に行っています。同じ病気の患者さんでも、病状は様々です。薬物による内科治療が適しているのか、手術による外科治療が適しているのかを判断するのは、時には専門家でも難しいことがあります。当センターでは、一人の患者さんを中心に、呼吸器内科医、呼吸器外科医、放射線診断医、放射線治療医が診療科を越えて密に連携しているため、患者さんが呼吸器内科に受診しても、呼吸器外科に受診しても等しく、迅速な診断と一貫した治療を受けることができます。

また、看護師、薬剤師、理学療法士、臨床工学技士、ケースワーカーなどの多職種のコメディカル・スタッフとともに連携・協力して、酸素療法や人工呼吸療法など様々な呼吸療法も、患者さん一人ひとりの病状に合わせた、患者さん中心の医療を実践しています。具体的には、入院では多くの合併疾患を持つ高齢の肺がん患者さんに対する、身体に負担の少ない低侵襲手術や術前術後の呼吸リハビリ、様々な原因による間質性肺炎の診断や治療、また外来ではCOPDや気管支喘息に対する吸入指導や呼吸療法、そして肺がん診療においては患者さんの社会生活の継続を大切にした外来化学療法などを積極的に行っています。


さらには院外の医療施設との充実した前方/後方医療連携によって、より早い診断と治療、そして治療後のケアを円滑に進めています。


蝶名林直彦初代呼吸器センター長が、当センター開設時に掲げましたモットー「科学的に真に正しい医療を患者さんとその家族の立場に立って迅速におこなっていくこと」を今後もセンター一丸となって継承していく所存です。

呼吸器センター長 板東 徹

呼吸器外科(手術内容別平均在院日数)

詳しくはこちら

呼吸器外科主要手術別患者数

詳しくはこちら

聖路加国際病院呼吸器センター(東京都中央区)のお知らせ

  • 読み込み中