聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

ヘルニアセンター

ヘルニアセンターのお知らせ

  • 読み込み中

受診方法

腹壁瘢痕ヘルニア(ふくへきはんこんヘルニア)とはなんですか?

ヘルニアとは臓器などが本来あるべき位置から脱出または突出した状態を意味します。
おなかの手術のキズあと(瘢痕:はんこん)は傷がない部分と比べると弱く、この部分から内臓が皮膚の下に脱出する病気です。おなかの表面がふくらんで見えることがおおく、ちからを入れるとふくらみが大きくなります。日本では年間に1万人弱のかたが手術を受けています。

腹壁瘢痕ヘルニアはなぜ起きるのですか?

がんなどの手術でおなかを切った傷口(手術創)は、手術の終わりにしっかりと縫い合わせます。
しかしながら肥満、喫煙、緊急手術、手術後に傷が膿んだ、傷の治りに影響するほど栄養状態がよくない、もともと持っている病気や服用している薬の影響など何らかの理由で傷がうまく治らない場合があります。
うまく治らない、つまりおなかの筋肉のまわりについている筋膜・腱膜部分が離れてしまうと、すきまがあき、そのあなからおなかの中の内臓が皮膚の下に脱出するヘルニアが発生します。およそ開腹手術の11~20%に発生するといわれています。

腹壁瘢痕ヘルニアは自然に治ったりすることはありますか?

自然に治ったりすることはありません。現時点では手術以外に治す方法はありません。

手術を受けないとどうなりますか?

ヘルニアのふくらみは、多くの場合、おなかの力を抜いたりすることで自然に元にもどります。立ったりおなかに力を入れるとふくらみます。
でっぱったまま元にもどらなくなることもあり、その状態を嵌頓(かんとん)と呼びます。
嵌頓は危険な状態で、通常緊急手術が必要です。腸管の血流障害や壊死を伴った場合、命に係わることがあります。
手術の受けないと決めたあと4~5年のあいだに約13~33%の患者さんが以下のような様々な理由で手術をうけるといわれています。

  • 痛みを伴うようになった
  • でっぱる大きさが大きくなった
  • 見た目が気になるようになった
  • 手術を受けたくなった
  • 緊急手術が必要になった

緊急手術を受ける割合は1.7~7.7%といわれています。

どのような治療方法がありますか?

【1.自身の組織を利用して治療する方法】

自分自身の組織を利用し、弱くなった部分を縫いよせる治療方法です。
利点は自分自身の組織を使用するために人工物と比較して感染に強いことです。
欠点は弱くなった周辺の組織を利用するために、再発がほかの方法に比べて圧倒的に高いことです。
現在は特殊な状況で行われることが多く、古典的な方法といえます。

【2.人工物(メッシュ)を利用して治療する方法】

人体に埋め込んでも問題がないとされている素材で作られたメッシュを使い、弱くなった部分を補強する治療方法です。
これまで受けてきた治療の内容、ヘルニアの発生部位や大きさ、全身状態などを総合的に判断して適切な術式を提示し、患者様と相談の上決定いたします。

手術成績について

一般に再発率は3.2~10%以上といわれています。
当院では2004年から150件以上の経験・実績があり、術後再発は0.7%です。
2014年からは腹腔鏡を用いた手術も行っており、こちらの術後再発は0例です。
切開法のヘルニア手術の技術認定制度は日本には存在しません。腹腔鏡を用いたヘルニア手術の技術認定取得者は2017年7月時点で全国にわずか66名しかおらず、そのうちの2名が常勤スタッフとして腹腔鏡手術を担当します。

トップへ