聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

聖路加国際病院でのお産

出産は本来、自然の営みの中で起きる現象です。とはいえ、「人の命を産みだす」ことは時に命がけの大変な仕事です。医療の介入なく無事に出産を終えられることが大半ですが、中には「薬剤を使う」「帝王切開をする」「麻酔をする」などの医療の介入を要することが生じてきます。一方で、このような処置をすればそれに伴う合併症や副作用も増えることになります。わたし達は、母子にとって安全なお産にするためには、医療の介入が必要か否か、必要な場合にはどのタイミングでどのような方法で行うのが良いのかを考えながらチームで取り組んでいます。

当院で分娩希望の方は、分娩予約が必要です。

当院でお引き受けできる妊婦さんは、当院での分娩を予定している方に限ります。この場合、当院での継続した妊婦健診、あるいは提携しているクリニックで妊婦健診を受けていただきます。遅くても妊娠20週までには受診して、分娩予約をしてください。ご自宅が遠方で里帰り出産をご希望のかたは、近隣のクリニックで妊婦健診をお受けいただき、34週ごろからは当院を受診していただくことになります。(ただし、この里帰りの場合も初期に受診していただくことが必要です)
また、東京都の地域周産期母子医療センターに指定されており、ハイリスク妊婦さんについては病状により適宜お受けしております。

妊婦健診

曜日毎の外来担当医制をとっています。

産婦人科医師による、きめ細かな健診を行います。パンフレットも多数ご用意しておりますので、不安なことや心配なことは外来受診時にお気軽にご相談ください。また、総合病院のメリットを生かし、合併症のある妊婦さんや精神的フォローアップの必要な方は、他科と連携し診療を行います。

助産師外来

医師と共同で健診を行いながら、妊娠中の相談や生活指導を行います。産前・産後の体づくりと不安を解消します。

多彩なクラス

当院では少人数制のクラスを開催しています。週数に応じた指導を行う「ママクラス」(当院独自の母親学級)、多胎の妊婦さんのための「マルチキッズクラス」、立ち会い出産希望のご夫婦のための「両親学級」、新しい家族を迎える準備のための「赤ちゃんがやってくる」(ご兄弟向けクラス)や、「おじい様・おばあ様クラス」をご用意していますので、生活スタイルに合わせてご活用ください。さらに当院でご出産されたお母様と赤ちゃんの同窓会「ラッコの会」もあります。

併設されている聖路加助産院 マタニティケアホームでも、産前・産後の方のためへのヨガやマッサージなど、多彩なクラスをご用意しております。 詳しくはこちら

胎児超音波外来

お腹の中の赤ちゃんの状態をできるだけ正確に把握するために、ご希望の方にはスクリーニング超音波検査を行います。赤ちゃんが生まれる前、あるいは生まれてすぐの治療を必要とする病気がないかどうかをみることを目的としています。妊婦健診時の一般超音波検査で、より詳しい検査が必要とされた場合にも、受診をお勧めすることがあります。

出生前検査

遺伝診療部と提携し、カウンセリングを含めたトータルケアを行います。 詳しくはこちら

検査によって、受けられる週数に制限があります。出生前検査をご検討されている方は、早めにご相談ください。
妊娠16週を過ぎると対応が難しくなることがあります。

当院での分娩管理

当院は産科医療保障制度に加入しています。

自然分娩を基調とし、年間1000件以上の分娩を行っています。L.D.R.(分娩室)を完備し、陣痛開始から出産そして産後まで同一のお部屋で過ごしていただくので、移動する必要がありません。快適で納得のいくお産をしていただけますよう目指しています。また、異常事態にもスピーディーに24時間対応可能な設備と医療技術を備えています。東京都の地域周産期母子医療センターに指定されており、ハイリスクの方も積極的にお受けし、先端医療による安全確実なケアに力を入れております。当院の帝王切開率は約30%です。
医学的に必要な妊婦さんには硬膜外麻酔による和痛分娩を取り入れております。詳しい適応については外来担当医とご相談ください。

病棟のお部屋

2種類のタイプをご用意しております。

全室個室で、トイレ・シャワー付きです。ライフスタイルに合わせ24時間面会可能です。
※ただしご家族の方のご宿泊はご遠慮させていただきます。

入院中のケア

助産師による母乳育児の指導、赤ちゃんとのゆっくりした時間を過ごすための母子同室、退院前の沐浴指導など、産科医・新生児科医・助産師によるきめ細かなケアを行います。また、自然分娩(経腟分娩)の方は産後2日目に疲労回復のために助産師によるアロママッサージなどのケアも取り入れております。

新生児室、NICU(新生児集中治療室)

当院はNICUを完備し、早産や合併症のある赤ちゃんの受け入れを積極的に行います。新生児科医による24時間体制の母子のケアにあたります。
産科病棟およびNICU病棟の事情により、当院でお引き受けできないこともあります。

産褥オプショナルステイ

当院でご出産された正常分娩の方は、当院での産褥ケアと産科クリニックでの産褥ケアをお選びいただけます。 詳しくはこちら

※産褥オプショナルステイは、2017年3月末日をもちまして受入れを終了することになりました。

産褥健診

退院から約1ヶ月後にお母さんの産後健診を行います。産後の体調や育児の不安を外来担当医または助産師と相談します。必要に応じて他科との連携もしています。

母乳相談

妊娠・産褥を通じて、母乳育児に関する相談を助産師がお受けし、長期にわたりきめ細かく行っています。断乳・卒乳の相談もお引き受けします。

産褥ショートステイ

身体の疲労が取れない、産後養生の仕方がわからない、母乳で育てたいと思っているけれどうまくいかない、沐浴など赤ちゃんのお世話に不安がある・・・等の悩みに、入院生活の中で医師と助産師が専門的支援を行います。 詳しくはこちら

乳幼児健診

当院でご出生されたお子さんは、Well Baby Clinic(ウェルベビークリニック)にて3歳まで継続的な健診を行います。詳しくは小児科HPをご覧ください。 詳しくはこちら