聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

がん診療連携拠点病院としての取り組み

聖路加国際病院のがん診療は、PDCAサイクルによる評価・改善を行っています。

PDCAサイクルとは・・・
Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)の4段階を繰り返すことによって、がん診療の質・安全等の継続的な改善を図ります。

当院は、下記のPDCAに取り組んでいます。

  1. 口腔ケアの推進
    がん患者さんの、お口の中のケアを充実させます。
  2. 苦痛のスクリーニングの実施
    がん患者さんの身体的痛み、気持ちのつらさ、日常生活の支障等のスクリーニング実施体制を構築します。
  3. 広報活動の強化
    がんに関わるあらゆる情報(治療、がん相談、がんに関する勉強会など)について、患者さん・ご家族にわかりやすく情報提供します。