聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

お産トップ

2017年4月からの聖路加国際病院のお産について

「出産は本来、自然の営みの中で起きる現象です。とはいえ、「人の命を産みだす」ことは時に命がけの大変な仕事です。医療の介入なく無事に出産を終えられることが大半ですが、中には「薬剤を使う」「帝王切開をする」「麻酔をする」などの医療の介入を要することが生じてきます。一方で、このような処置をすればそれに伴う合併症や副作用も増えることになります。わたし達は、母子にとって安全なお産にするためには、医療の介入が必要か否か、必要な場合にはどのタイミングでどのような方法で行うのが良いのかを考えながらチームで取り組んでいます。」

2017年4月「聖路加産科クリニック」は助産所へ運営形態を変更し、名称も「聖路加助産院 マタニティケアホーム」となりました。

「聖路加助産院 マタニティケアホーム」では、妊娠中の管理は助産師が主体となり、妊娠中の体調を整えて心の準備もしながら、お母さんの「産む力」をできるだけ引き出せるようなきめ細やかな管理を聖路加国際病院の医師と共同で行います。
分娩はより安全・安心な出産環境を整えるため、「聖路加国際病院」で行います。
順調に出産を終えた後は「聖路加助産院 マタニティケアホーム」へ戻り、産後の生活や育児に「産後マタニティケア」を実施します(詳細は、こちらの聖路加助産院 マタニティケアホームのページをご覧ください)。

聖路加助産院 マタニティケアホームで行っているショートステイは、他院で分娩された方も利用可能です。

東京都の地域周産期母子医療センターにも指定されている「聖路加国際病院」では引き続き正常な妊娠・出産はもちろん、高年妊娠、不妊治療による妊娠、多胎、合併症(高血圧、糖尿病、甲状腺疾患などの内分泌疾患、先天性心疾患を含めた循環器疾患、悪性腫瘍、腎臓病、てんかん等)のある妊婦さんの出産にも専門各科と共に対応します。
小さく生まれる赤ちゃんや治療が必要な赤ちゃんにはNICUがあります。必要時には新生児医療や小児外科を専門にした医師が治療にあたります。
麻酔科医も常駐しているので、緊急手術への対応も可能です。