聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

腎臓内科

腎臓内科のお知らせ

  • 読み込み中

診療内容

慢性腎臓病は国民病です

 現在、日本には約29万人の透析患者さんがいます。これは国民500人に1人が透析患者という計算になりますが、透析患者数は日本だけでなく、世界中で増加の一途をたどっています。慢性的に腎機能が低下している透析予備軍を「慢性腎臓病」と呼びます。
 現在、日本には約1,300万人の慢性腎臓病患者がいると推定されています。これは、成人の約8人に1人にあたる数ですが、こちらも同様に急激に増えています。「慢性腎臓病」はこれだけ頻度の高い国民病であるにもかかわらず、患者さんの大部分は何の症状もないまま、徐々に腎機能が低下していき、末期腎不全へと進行していきます。しかし、「慢性腎臓病」を早期発見・早期治療することによって、病気の進行を抑えることができるのです。

診療内容・特徴

 腎臓内科では、各種糸球体疾患を含めた「慢性腎臓病」、全身疾患と関わる腎臓病、急性腎障害、高血圧、電解質異常、腹膜透析、血液透析、腎移植などを対象に診療を行っています。また、「慢性腎臓病クリニック」では、医師・看護師・栄養士・薬剤師が協働で診療や患者教育にあたるチーム医療を行っております。この専門科の集団であるチーム医療によって、保存期腎不全から腹膜透析、血液透析、腎移植までを一連の流れで診療いたします。

 透析部門も充実しており、血液透析、腹膜透析、血漿交換、急性血液浄化療法などほぼすべての血液浄化療法を行っています。特に残存腎機能を保護する体にやさしい腹膜透析に積極的に取り組んでいます。また、多臓器不全・急性腎障害に対する急性血液浄化療法に対しては集中治療領部門と協働で24時間体制で対応しております。

 また、2011年より腎臓移植を開始しました。米国移植専門医を取得している長浜正彦医師を中心に、泌尿器科など他科との連携を取りながら、保存期腎不全から移植、さらに移植後長期に渡って責任を持って診療にあたります。

在宅血液透析

 在宅血液透析は、自宅で患者さん自身が血液透析をおこなう治療法です。
自宅で十分な透析時間を確保できるため、腎不全の症状(だるさ、貧血、高血圧等)が改善し、週3回の通院透析よりも元気に長生きできるといわれています。
当院腎センターでは条件の合った方から、年に1-2人のペースでトレーニングを行っていく予定です。
2014年には2人の患者さんが在宅血液透析を開始し、腎不全の諸症状が改善しました。
お問い合わせはお気軽に腎センターまでどうぞ。

腎センターについて

特徴は、保存期慢性腎臓病から透析療法まで、腎臓病・関連疾患に関わる全ての方の治療をサポートできることです。
専任の医師・看護師・薬剤師・栄養士がチームで皆様の腎臓病診療にあたらせていただきます。

-腎センターの診療範囲-

  1. 各種腎臓病、水電解質異常の診断と治療
  2. 保存期慢性腎臓病の診療と生活指導
  3. 末期腎不全に対する透析療法(血液透析、腹膜透析)、腎臓移植
  4. 血液浄化療法の専門部門として急性腎不全、多臓器不全、神経免疫疾患、薬物中毒などに対する特殊療法
  5. 入院患者の腎臓病、水電解質異常に関する他科との連携

腎センターのご案内

※腎センターの詳細はこちらです

聖路加国際病院では、慢性腎臓病をチーム医療で診療します。また、内科が中心となった腎臓移植を行うことによって、保存期腎不全から移植後の感染症、血圧・血糖コントロール、循環器疾患などの合併症に対して責任を持って診療にあたります。

対象疾患・得意分野・専門分野

  • 各種糸球体疾患
  • 急性腎障害
  • 慢性腎臓病
  • 高血圧
  • 電解質異常など
  • 血液透析
  • 腹膜透析
  • 腎臓移植
  • 血漿交換
  • 急性血液浄化療法など

診療実績

  1. 入院診療・コンサルテーション
    2011年度は合計201名の腎臓内科入院患者の診療を行いました。 他科入院患者に対するコンサルテーションも約200件でした。
  2. 外来診療
    慢性腎疾患の治療と生活指導を主目的に、腎臓内科医・看護師・栄養士が協働で治療、指導にあたる慢性腎臓病クリニックを毎日実施しています。2011年度、外来では初診・再診を合わせて5000人以上の診療にあたりました。
  3. 血液透析・腹膜透析
    2011年度の導入患者は血液透析 40名、腹膜透析 10名です。現在約130名の外来・入院患者の血液透析および 25名の腹膜透析患者の治療を 9名のドクター、23名のナースで行っています。なお、外来維持透析の新規受け入れ枠はなく、当院で血液透析導入となった患者さんは、原則として自宅・職場近隣の透析施設をご紹介させていただき、治療を継続していただいております。
  4. 特殊血液浄化療法
    心臓外科術後、多臓器不全患者に対する持続緩徐式血液透析濾過(CHDF)をはじめとする特殊血液浄化療法の需要が高まっており、2014年度はCE17名とともに合計844件の診療にあたりました。 (内訳はIHD 628回、CRRT39回、白血球除去 101回、血漿交換 50回、エンドトキシン(PMX) 7回、その他 19件)

主な設備・検査

施設認定

  • 日本腎臓学会研修施設
  • 日本透析医学会認定医制度認定施設

トップへ

スタッフ紹介

読み込み中...

トップへ

外来スケジュール表

聖路加腎臓内科では保存期腎不全から血液透析、腹膜透析、腎移植までを一連の流れで管理致します。また、腎臓病クリニックではドクター・ナースを中心に栄養士・薬剤師も加わった集学的医療を行っています。外来受診を依頼する場合は下記へどうぞ。

医療機関からの依頼:医療連携相談室 03-5550-7105

患者さんからの依頼:予約センター 03-5550-7120 (医師からの紹介状が必要です)

腎臓内科外来(本館2階・内科専門外来)

※この表はスクロールします

医師名/曜日
中山 昌明   ◯(午前)      
長浜 正彦        
瀧 史香        
二ツ山 みゆき        
伊藤 雄伍        
孫 楽        
種本 史明        
中島 大輔        
河野 桃子   ◯(午後)      

腎臓病クリニック(旧館3階・腎センター)

※この表はスクロールします

医師名/曜日
中山 昌明 ◯(午前)   ◯(午前)    
長浜 正彦   ◯(午前)      
瀧 史香        
二ツ山 みゆき        
伊藤 雄伍 ◯(午前)        
孫 楽     ◯(午前)    
種本 史明         ◯(午前)
中島 大輔   ◯(午前)      
河野 桃子     ◯(午後)    

腎代替療法選択外来

※この表はスクロールします

医師名/曜日
中山 昌明 ◯(午前)        
丹野 有道        

腹膜透析外来(旧館3階・腎センター)

※この表はスクロールします

医師名/曜日
中山 昌明   ◯(第2週午後)      
丹野 有道        
伊藤 雄伍 ◯(第1週午後)        
孫 楽 ◯(第4週午後)        
種本 史明 ◯(第2週午後)        
中島 大輔   ◯(第1週午後)      
河野 桃子   ◯(第4週午後)      

腎移植外来(旧館3階・腎センター)

※この表はスクロールします

医師名/曜日
長浜 正彦 ◯※     ◯※  

移植後外来:午前 / 移植前外来:午後

※初診:月・木 午後のみ

ADPKD外来

※この表はスクロールします

医師名/曜日
二ツ山 みゆき       ◯(午後)  

バスキュラーアクセス外来(旧館3階・腎センター)

※この表はスクロールします

医師名/曜日
二ツ山 みゆき     ◯第2、4週午後  

スタッフの詳細情報は名前をクリックしてください。

トップへ

メディア掲載情報

講演・学会発表情報

※この表はスクロールします

日付 講演・学会名 論題 発表者 ※括弧内院外共同演者
2018年6-7月 第63回 日本透析医学会学術集会・総会 教育講演:最新の腹膜透析管理「腹膜透析の管理~安定した治療を継続するためのポイント~」 中山昌明
2018年6-7月 第63回 日本透析医学会学術集会・総会 シンポジウム:改訂腹膜透析ガイドラインの目指すもの「被のう性腹膜硬化症回避のための中止条件」 (川西秀樹)中山昌明
2018年6-7月 第63回 日本透析医学会学術集会・総会 ワークショップ:腹膜透析研究の進歩と将来「中性透析液と腹膜病理(肉眼所見)」 丹野有道
2018年6-7月 第63回 日本透析医学会学術集会・総会 ワークショップ:腹膜透析研究の進歩と将来「極細内視鏡の開発 ~PDカテーテルから腹腔内をのぞく」 (濱田千江子)中山昌明、丹野有道(宮田敏男)
2018年6-7月 第63回 日本透析医学会学術集会・総会 ワークショップ:腹膜透析研究の進歩と将来「新しい透析液の開発:低ナトリウム(Na)透析液・水素(H2)腹膜透析液」 中山昌明
2018年6-7月 第63回 日本透析医学会学術集会・総会 ランチョンセミナー:エビデンスに基づく次世代透析~電解水透析療法~「電解水透析の多施設研究と基本機序」 中山昌明
2018年6-7月 第63回 日本透析医学会学術集会・総会 口演 腹膜透析/Eps・その他合併症「腹膜透析歴29年の腹腔内所見」 (古谷麻衣子、松尾七重、大庭梨菜、丸山之雄)丹野有道(大城戸一郎、横山啓太郎、横尾隆)
2018年6-7月 第63回 日本透析医学会学術集会・総会 口演 その他合併症「血液透析による末梢白血球の酸化的障害~感染症と心血管病発症の危険因子~」 (福士太郎、山本多恵、宮崎真理子)中山昌明
2018年6-7月 第63回 日本透析医学会学術集会・総会 口演 腹膜透析/腹膜細胞・透析液・腹膜機能「腹膜透析排液中バイオマーカー値の経時推移」 丹野有道(寺嶋理沙、松尾七重、丸山之雄、大城戸一郎、横尾隆)
2018年6-7月 第63回 日本透析医学会学術集会・総会 口演 腹膜透析/至適透析・併用・残腎機能「多施設前向き観察研究によるPD+HD併用療法の有用性の検討」 (丸山之雄、横山啓太郎)中山昌明(樋口千恵子、佐中孔、田中仁英、酒井謙、前波輝彦、菅野義彦、細谷幸司、竜崎崇和、櫻田勉、古賀祥嗣、細谷龍男)
2018年6-7月 第63回 日本透析医学会学術集会・総会 口演 腹膜透析/その他2「腹膜透析導入時における下剤内服の有無と腹膜透析継続期間との関連性の検討」 (本多祐、松尾七重、丸山之雄、中尾正嗣)丹野有道(大城戸一郎、横山啓太郎、横尾隆)
2018年6-7月 第63回 日本透析医学会学術集会・総会 口演 PAD2「PD患者においてCAVIは血管石灰化をよく反映する」 (松尾七重、本多祐、古谷麻衣子、丸山之雄)丹野有道(大城戸一郎、横山啓太郎、横尾隆)
2018年6-7月 第63回 日本透析医学会学術集会・総会 ポスタープログラム 腹膜透析/腹膜機能・透析液「重炭酸含有中性腹膜透析液における排液中MMP-2/VEGF-A/CCL18の検討」 (古谷麻衣子、松尾七重、本多祐、丸山之雄)丹野有道(大城戸一郎、池田雅人、横山啓太郎、横尾隆)
2018年6月 第61回 日本腎臓学会学術集会 教育講演(よくわかるシリーズ)「水・Na管理」 長浜正彦
2018年6月 第61回 日本腎臓学会学術集会 「重症低ナトリウム血症患者における尿中ナトリウム濃度の診断的価値と関連する因子の検討」 孫楽
2018年3月 第8回 日本腎臓リハビリテーション学術集会 腎臓リハビリテーションの進歩と普及 -CKD患者のトータルケア- よくわかるシリーズ2(YW2)腎代替療法とその選択 中山昌明
2017年11月 The 51th American Society of Nephrology Novel haemodialysis (HD) treatment employing molecular hydrogen (H2)-enriched dialysis solution improves prognosis of chronic dialysis patients: A prospective observational study. Nakayama M

研究会・勉強会発表情報

日付 研究会・勉強会名 発表者
2018年6月 APSN/JSN Continuing Medical Education(CME) Course 2018 Electrolyte disorder(lecture)Masahiko Nagahama
2018年6月 APSN/JSN Continuing Medical Education(CME) Course 2018 Electrolyte disorder(case-based discussion)Raku Son

論文・総説情報

日付 雑誌名 論題 発表者
2018 Sci Rep. Jan 10;8(1):254. Novel haemodialysis (HD) treatment employing molecular hydrogen (H2)-enriched dialysis solution improves prognosis of chronic dialysis patients: A prospective observational study. Nakayama M, Itami N, Suzuki H, Hamada H, Yamamoto R, Tsunoda K, Osaka N, Nakano H, Maruyama Y, Kabayama S, Nakazawa R, Miyazaki M, Ito S.
2018 Contrib Nephrol.196:162-170. Translational Research of Peritoneal Dialysis Solution with Dissolved Molecular Hydrogen. Nakayama M, Watanabe K, Hayashi Y, Terawaki H, Zhu WJ, Kabayama S, Ito S.
2018 Clin Exp Nephrol. 2018 Apr;22(2):377-387. Decline in estimated glomerular filtration rate is associated with risk of end-stage renal disease in type 2 diabetes with macroalbuminuria: an observational study from JDNCS. Shimizu M, Furuichi K, Toyama T, Funamoto T, Kitajima S, Hara A, Ogawa D, Koya D, Ikeda K, Koshino Y, Kurokawa Y, Abe H, Mori K, Nakayama M, Konishi Y, Samejima KI, Matsui M, Yamauchi H, Gohda T, Fukami K, Nagata D, Yamazaki H, Yuzawa Y, Suzuki Y, Fujimoto S, Maruyama S, Kato S, Naito T, Yoshimura K, Yokoyama H, Wada T; Research Group of Diabetic Nephropathy, the Ministry of Health, Labour, and Welfare of Japan and Japan Agency for Medical Research and Development.
2018 Clin Exp Nephrol. Apr;22(2):328-336. Diabetes mellitus as a cause or comorbidity of chronic kidney disease and its outcomes: the Gonryo study. Iwai T, Miyazaki M, Yamada G, Nakayama M, Yamamoto T, Satoh M, Sato H, Ito S.
2018年6月 臨牀透析6月増刊号
34巻7号
P267-269
透析医療と合併症 キュア&ケアガイドブック (小児透析)CQ63 思春期の透析患者への対応はどのように行いますか? 小松康宏
2018年6月 臨牀透析6月増刊号
34巻7号
P27-30
透析医療と合併症 キュア&ケアガイドブック (腹膜透析)CQ5 腹膜透析の導入はどのように行いますか? 宮内隆政、中山昌明
2018年6月 medicina
55巻7号
P1036-1039
ナトリウム異常症 低ナトリウム血症と尿ナトリウム濃度 孫楽、長浜正彦
2018年6月 medicina
55巻7号
P1030-1035
ナトリウム異常症 ナトリウム異常症の基本 伊藤雄吾
2018年6月 medicina
55巻7号
特集「ここさえ分かれば」輸液・水・電解質 長浜正彦/編集
2018年5月 臨牀透析
34巻5号
透析患者の体力と認知力を考える――患者と家族が満足するキュアとケア 中山昌明/編集
 2014年 3月 PLoS One.10;9(3):e9106 The total urine protein-to-creatinine ratio can predict the presence of microalbuminuria. Yamamoto K, Yamamoto H, Yoshida K, Niwa K, Nishi Y, Mizuno A, Kuwabara M, Asano T, Sakoda K, Niinuma H, Nakahara F, Takeda K, Shindoh C, Komatsu Y.
2011年 Tohoku J Exp Med. 225(3):195-202 Establishment of a method to detect microalbuminuria by measuring the total urinary protein-to-creatinine ratio in diabetic patients. Yamamoto K, Komatsu Y, Yamamoto H, Izumo H, Sanoyama K, Monden M, Takeda K, Nakahara F, Yoshida K.
2011年1月21日 International Journal of Cardiology
Vol146 No2 P295-296発行
Renal outcome of contrast-induced nephropathy after coronary angiography in patients with chronic Kidney disease. Nomura S, Taki F, Tamagaki K
2010年7月 臨床透析
26巻8号
P1111-1118
【我が国の透析医療の明日をどう拓くか】スタッフの育成、教育と連携 透析医療の人材育成 眞部俊
2010年4月1日 ナース専科 系統臓器別 検査早わかりファイル 第19回 腎尿路系 3)腎超音波検査,尿路造影(排泄性,逆行性) 眞部俊
2010年3月 Diabetes Res Clin Pract Vital sign triage to rule out diabetic ketoacidosis and non-ketotic hyperosmolar syndrome in hyperglycemic patients Tokuda Y, Omata F1), Tsugawa Y 2), Maesako K, Momutura K, Stein GH, Cook EF
2010年3月 ナース専科 系統臓器別検査早わかりファイル 第18回 腎・尿路系 2)尿検査 猪原 拓
2010年2月1日 ナース専科 系統臓器別 検査早わかりフィイル 第17回 腎尿路系 1)腎生検 盛真弓
2010年 臨床透析 透析室における看護師の人材育成IIIキャリア開発ラダー導入の実際(2)聖路加国際病院 看護実践を「臨床的知識」に発展させる評価システム 加曽利良子
2010年 EB NURSING 病棟でもできる質測定とチーム活動の実際 中島由賀、加曽利良子
2009年9月29日 BMC Infectious Diseases
Vol9 P161
Infective endocarditis caused by Salmonella enteritidis in a dialysis patient: a case report and literature review. Tsugawa Y, Futatsuyama M, Furukawa K
2009年7月 綜合臨床
59巻6号
P1439-1443
診療の実際 造影剤腎症 盛真弓、小松康宏
2009年 日本急性期血液浄化学会雑誌
1巻1号
P124-130
メシル酸ナファモスタットを使用した持続的血液浄化療法における至適ACT値の検証 井上芳博、土橋弥生、大坂守明、津川友介、瀧史香、小松康宏
2009年 日本急性期血液浄化学会雑誌
1巻1号
 P102-106
ICUにおける急性腎障害患者の至適栄養管理 瀧史香、津川友介、小松康宏
2009年 日本透析医会雑誌
24巻2号
P244-252
透析導入時の治療法選択における説明のありかた チーム医療による慢性疾患ケアの観点から 小松康宏、加曽利良子

メディア掲載情報

年で絞り込む

件中   件を表示
  • 日付 メディア・タイトル・概要 氏名

書籍情報

シチュエーションで学ぶ 輸液レッスン

シチュエーションで学ぶ 輸液レッスン

価格:¥3,456

小松康宏、西崎祐史、津川友介

メジカルビュー社 (2015/3/30)

腎臓病にならない、負けない生き方

腎臓病にならない、負けない生き方 (日本屈指の名医が教える「健康に生きる」シリーズ)

価格:¥1,404

小松康宏

サンマーク出版 (2015/3/23)

心療内科ケーススタディ—プライマリケアにおける心身医療

今日から実践!くすりの基本と処方のDo-Don’t 改訂2版

価格:¥4,725

福井次矢、岡田 定、小松康宏、後藤一美

メジカルビュー社 2010年3月

トップへ