聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

放射線腫瘍科

放射線腫瘍科のお知らせ

  • 読み込み中

特徴・特色

医師はすべて日本放射線学会治療専門医かつがん治療認定医であり、頭頸部腫瘍から小児腫瘍に至るまで幅広い悪性腫瘍を扱っています。

2015年のリニューアルに伴い高精度放射線治療装置を導入・整備いたしました。これにより標準治療から高精度放射線治療まで様々な治療が可能になりました。

放射線腫瘍科では専門性の高い知識と技術を有する診療放射線技師、医学物理士および看護師、看護助手、受付といった様々な職種が連携してチーム医療を実践しています。医師は日本放射線学会の治療専門医であり、診療放射線技師は放射線治療の品質管理者のもと質の高い治療を提供することを心がけています。放射線治療専従の医学物理士により品質保証および管理を行っております。看護師は放射線治療に特化し、専門知識によるケアだけでなく心理的なサポートも行っております。
放射線治療は全身の様々な腫瘍に対して有用性を示す知見が示されており、手術、抗がん剤と並ぶがん治療の重要な治療法になります。乳がん治療の症例数は全国的にみても有数(年間500件程度)で、豊富な経験を有します。乳房全体に均一に線量が投与されるように、Field in Field(FiF)テクニックを使用した治療を行っています。心臓への照射のリスクがある左乳がんに対しては、深吸気息止め照射(DIBH※1)の提案も行っています。また、前立腺がんに対しては強度変調放射線治療(IMRT※2)や密封小線源永久挿入治療などの複雑な手技を行っています。比較的小さな肺癌に対しては定位放射線治療(SBRT※3)も外来ベースで実施しています。

当科では、看護師だけでなく、実際の放射線治療を行う診療放射線技師にも女性スタッフを多く配置しております。
毎日訪れる患者さんのために、少しでも安心して、快適に放射線治療が受けられるよう取り組んでおります。

※1:Deep Inspiration Breath Hold
※2:Intensity Modulated Radiation Therapy
※3:Stereotactic Body Radiation Therapy

放射線腫瘍科の看護師の役割についてはこちらをご覧ください

対象疾患・得意分野・専門分野

をはじめとする、悪性腫瘍全般に対して治療を行っております。
主な疾患も合わせてご覧ください。

がん診療連携拠点病院

当院は地域がん診療連携拠点病院として認定されています。
詳しくはがん診療連携拠点病院としての取り組みをご参照ください。

日本放射線腫瘍学会認定施設

当院は日本放射線腫瘍学会の認定施設(安全かつ高精度の放射線治療を行う上で、定められた基準を満たす施設のこと)としての認定を受けています。

認定資格等

  • 放射線治療専門医
  • がん治療認定医
  • 医学物理士
  • がん放射線療法看護認定看護師
  • 放射線治療専門放射線技師
  • 放射線治療品質管理士

治療開始までの流れ

1. 放射線腫瘍科での診察

医師による診察を行います。治療の内容(目的、治療方法、副作用等)について説明します。

2. 治療計画用CT

治療のための照射方向や範囲を決めるためのCTを撮影します。毎回同じ姿勢を保つことができるよう患者さん専用の固定具を作成したり、補助具を選択したりします。
また、位置決めのために体に専用マジックで印を書きます。

3. 治療開始

治療は平日の週5日同じ時間に行います。
治療時間は照射方法によって15分から1時間程度になります。原則として休日・祝日はお休みになります。予定等でご都合がつかない場合はご相談ください、調整いたします。

4. 治療中・後の診察

治療中は週1回の放射線腫瘍医による診察と、看護師・放射線技師による患者さんの体調の確認や問診を行います。
治療終了後も経過観察を行うため定期的な診察を行います。

治療実績

治療装置

  • リニアック1室

    ・Clinac iX (Varian社製)
     - On Board Imager (OBI)
     - 体幹部イメージガイドポジショニングシステム:ExacTracシステム(Brain Lab社製)

  • リニアック2室

    ・Clinac 21EX (Varian社製)

  • CT室

    ・放射線治療専用CT:LightSpeed RT16(GE社製)

  • 全身照射用寝台

    ・TBIベッド
    1時間程度かかる白血病の放射線治療の間、少しでも楽に感じていただけるようにDVDプレイヤーを備え、寝ながらでも見ることができるモニターを設置しています。

  • ・前立腺小線源治療装置 VariSeed(Varian社製)
    ・放射線治療計画装置
     :Pinnacle3 (Philips社製)7台
     :RayStation (RaySearch社製)3台
    ・呼吸同期システム:Real-Time Positioning Management System; RPM System(Varian社製)

受診案内

当院で受診を希望される方

聖路加国際病院では、事前予約制を導入しております。
当院での受診を希望の方は原則、他院からの診療情報提供書(紹介状)が必要となります。
紹介状をご持参の方はお手元にご用意の上で予約センター(電話03-5550-7120)にご連絡ください。
※他院等で「がん」の確定診断がされており、治療目的で受診を希望される場合は、予約時にお申し付けください。

詳しくは外来受診案内をご参照ください。

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンとは、「患者さんが現在治療されている病院での診断や治療方針について、他の病院の医師に意見を聞く」ということです。
聖路加国際病院のセカンドオピニオン相談は、現在他院で受けて診断や治療方針に関してご意見を申し上げることを目的としています。そして必ず元の医療機関にお戻りいただきます。そのため、当院での治療や検査、入院をご希望される場合でも、相談後に元の医療機関にお戻りいただき、改めて当院での治療を希望する旨の紹介状を医師に書いていただくことになります。

放射線腫瘍科では、放射線治療の対象となる疾患全般においてセカンドオピニオンを行っております。

ご利用方法等の詳しい内容はセカンドオピニオンをご参照ください。

看護師の役割

問診

準備中

ケアについて

準備中

放射線治療品質管理室

放射線治療品質管理室の取り組み

放射線腫瘍科内に放射線治療品質管理室を設けており、常勤の医学物理士が在籍しております。
日々の治療を安全に安心して行うために、患者さんに照射される放射線量が計画通りであるか確認を行ったり、放射線治療装置が正しく動作しているか点検を行ったりしています。

治療プランの検証

治療計画用コンピュータで計算された患者さんに照射される放射線量が、放射線治療装置から正しく照射されているか測定機器を用いて検証を行っております。

放射線治療装置の管理

放射線治療装置を安全に使用するため、様々な項目において定期的な品質管理を医学物理士と診療放射線技師が行っております。

放射線治療品質管理小委員会

放射線治療に携わる様々な職種(医師、診療放射線技師、医学物理士、看護師、総務課)が参加し、高精度な放射線治療を安全に実施するための治療体制の整備、品質の担保および精度向上を目的として会議を開催しております。
その取り組みの1つに、放射線治療装置から出力される放射線量を外部機関による第三者評価によって精度を担保しています。

トップへ

読み込み中...

トップへ

医師名/曜日
河守 次郎    
板澤 朋子    

スタッフの詳細情報は名前をクリックしてください。

トップへ

  • 日付
  • お知らせ
  • 現在、お知らせはありません。

トップへ

メディア掲載情報

年で絞り込む

件中   件を表示
  • 日付 メディア・タイトル・概要 氏名

論文情報

日付 雑誌名 論題 発表者
2012年1月 Journal of Applied Clinical Medical Physics Investigation of the feasibility of a simple method for verifying the mothon of a binary multileaf collimator synchrinized with the rotation of the gantry for helical tomotherapy Naoki Nakamura
2012年1月 Japanese Journal of Clinical Oncology Patterns of Practice in Intensity-modulated Radiation Therapy and Image-guided Radiation Therapy for Prostate Cancer in Japan Naoki Nakamura
2010年 Leuk Lymphoma. Late relapse of extranodal natural killer/T cell lymphoma, nasal type, after more than ten years. Ishida F, Shikama N1) et al.

トップへ