聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

人間ドック科

人間ドック科のお知らせ

  • 読み込み中

診療内容・特徴

人間ドック

院内広報誌「明るい窓」1958年6月版より

聖路加国際病院の人間ドックは、当時の内科医長だった日野原重明理事長が「人間ドックが疾病の早期発見・早期治療に有用であり、生活習慣の改善指導を行うことで疾病の予防に寄与する」と予防医療の重要性を唱え、1954年(昭和29年)に民間病院として最初に開設されました。

この伝統に基づいて、現在は2日間・3日間・1週間の宿泊ドックがあります。 なお、日帰りドックについては当院の附属クリニックである予防医療センターにて行っております。

  • 宿泊ドックの特徴は、
    1. 各科の専門医による専門的診察、精密な検査がおこなわれること
    2. 高血圧症、高脂血症、肥満症、糖尿病などの生活習慣病の早期発見、適切な生活指導による予防に力を入れていること
    3. 疾患が発見されたらすぐ専門医を紹介し、迅速に治療が開始できること
    4. 脳ドック、肺ドックのオプションを行っていること
    5. 入院したら主治医が付き、他のスタッフと共に協力し、受診者が安心、快適に健診が受けられるようにサポートしていること
  • など様々です。

人間ドック科では、疾病を発見して専門医に紹介するだけでなく、ドックをご利用頂いた方からの様々なご相談にも応じ、生活習慣の予防や疾病の早期発見に努めております。

トップへ

読み込み中...

トップへ

医師名/曜日
河津 晶子     AM    
  • 宿泊ドック受診者を対象とし完全予約制をとっております。
  • 受診希望の方は聖路加国際病院ドック事務室までお問合せください。
  • 電話 03-5550-7081 (8:30~17:00 土・日・祝日を除く)

トップへ

  • 日付
  • お知らせ
  • 2011年3月

    GOETHE(ゲーテ)幻冬舎にて、当院人間ドックが紹介されました。

トップへ

メディア掲載情報

年で絞り込む

件中   件を表示
  • 日付 メディア・タイトル・概要 氏名

トップへ