聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

婦人科がん

女性総合診療部のご案内

女性総合診療部では、癌を上手に治す、対応を早く、誠実に、わかりやすく、を目標に診療をおこなっています。
具体的には、症例によっては、手術を待っている時間を無駄にしないために手術前化学療法をおこないます。それにより病変が小さくなり手術がやりやすくなることも期待できます。詳しくはこちら。また早期の子宮体癌に関しては、ダビンチや腹腔鏡による手術もおこなっています。
手術が必要だと明らかな方に対しては、初診の時に手術日を決定します。そのことにより可及的速やかに手術を行うことと、患者さんのスケジュール調整に役立っているのではないかと考えています。
化学療法は、ほとんどの方は外来通院で行っています。このように患者さんの生活や仕事を考え、患者さんの視点に立って癌治療を進めていける様に心がけています。

診療・セカンドオピニオンの担当医

樋田 一英

塩田 恭子

腫瘍内科