聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

泌尿器科

泌尿器科のお知らせ

  • 読み込み中

腹圧性尿失禁

腹圧性尿失禁について

妊娠中や出産後の急な咳・くしゃみで思わず漏れてしまった経験がある方は多いのではないでしょうか。女性の尿が漏れてしまう(尿失禁)は主に3つのタイプに分類されます。

  • ① 腹圧性尿失禁:咳やくしゃみなど腹圧をかけた時の失禁
  • ② 切迫性尿失禁:急な尿意があり、排尿までに起こる失禁
  • ③ 混合性尿失禁:腹圧性と切迫性の両方を併発

その中でも腹圧性尿失禁は最も多く、40歳の女性の40%が一度は経験するといわれております。腹圧性尿失禁は尿道を締めている骨盤底筋がゆるむことが原因で起こると考えられています。

腹圧性尿失禁の治療

骨盤底筋運動

骨盤の緩んだ筋肉をもう一度鍛える目的で行う体操です。
お尻を緩めたり締めたりする運動を1日10回5~10セット、できれば3か月間続けましょう。

減量:食事療法・運動療法

腹圧性尿失禁をはじめて経験する時期は妊娠・出産のときですが、しばらくすると治ります。しかし多くの場合は、40歳を過ぎたころから再び失禁を起こすようになります。このような時には自分の「体重」を見直してみましょう。5年以内に体重が増えているかたは要注意です。適正な体重から大きく外れている方はまずは減量から始めると効果的です。

適正体重の計算方法

適正体重(Kg)=身長(m)×身長(m)×22

(例:153㎝の方であれば、1.53×1.53×22=51.5Kgが理想体重となります)

テープを使った尿失禁手術(TVT手術・TOT手術)

腹圧性尿失禁に悩んでおられる方には、まずは骨盤底筋運動と減量を試していただきますが、続けられない方や3か月続けても効果が出ないという方は大勢おられます。その場合は尿道スリング手術(TVT手術 TOT手術)をお勧めさせていただきます。15~20分程度の手術ですので体への負担が少なく、傷も数mm程度で行うことができます。
1995年頃より開始されたTVT手術はこれまでに100万人以上に施行され、術後7年にて治癒率81.3% 改善率16.3%という優れた成績が報告されております。ただしテープを通すときに腸や膀胱、血管などの大切な組織を刺してしまうことがあるため、改良された術式がTOT手術(Transobturator tape)です。どちらを選択するかは十分な検査を行って決定いたします。

TVT手術とTOT手術の比較

  TVT手術 TOT手術
手術時間 20分~30分 15~20分
お勧めのかた 重症の尿失禁
2回目の手術
軽症の尿失禁
お勧めしないかた 下腹部の手術をされたことがある方 重症の尿失禁

トップへ