聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

乳がん

乳腺外科のご案内

診療・セカンドオピニオンの担当医

山内 英子

林 直輝

吉田 敦

腫瘍内科

ブレストセンターのご案内

ブレストセンターの2014年の目標は「つ・な・ぐ――継承と拡張」
まさに今がんと診断され、飛行困難となった傷ついた蝶を支えるため、皆がつながり、聖路加ブレストセンターの愛を社会につなぐこと、です。その目標を“Ring”という言葉にこめ、ブレストセンターでは以下の6つの“リング”プログラムを展開しています。

1)若年性乳がん患者さんのためのサポートグループ Pink Ring

若年性乳がん患者のサポートコミュニティ Pink Ring Extend

◆ひとりで悩まないで。ここには同じ気持の仲間がいます◆

若年性乳がん(35歳以下で発症した乳がん)の患者さんは、妊孕性の問題や、結婚、就労、育児などサバイバーシップに関する多くの悩みを抱えています。こうした若年性特有の様々な悩みを語り合う場として、また若年性乳がんに関する正しい情報提供を行うことを目的として、幅広い活動を行っています。

2)専門医による乳がん女性ためのこころのサポートプログラム Smile Ring

担当: 精神腫瘍科 保坂 隆

◆本音で語れる仲間。ひとりじゃない心強さ◆

家族や友人などからの支えはソーシャルサポートといいますが、同じ病気の患者同士が支え合うことも力強いソーシャルサポートになります。グループで悩みを分かち合い、解決方法を一緒に考え、そして一緒に笑い合う――そんな心強い活動を行っています。

  • 対象:すべての乳がん女性の方(当院以外でも構いません)
  • 費用:保険診療で1時間半でほぼ1400円(現行の診療報酬)
  • 申込み:当院リエゾンセンターの精神腫瘍科の外来を初診してください
3)乳がんの治療と仕事を両立する女性のためのグループ 就労 Ring

◆乳がんの治療をしながら働くことについて、一緒に考えてみませんか◆

乳がんの患者さんが仕事を通して経験する様々な問題について、グループでの学習や話し合い、また、参加者の経験を共有しながら検討します。参加者一人一人が、ご自身にとって適切な対処や、「ワークバランス」を見出していく場になることを目指します。

がんの治療をしながら働くことについて、一緒に考えてみませんか?

就労リングは、グループでの学習や話し合いを通して、あなたの「治療と仕事の両立」をサポートします。がん患者さんが、仕事を通して経験する様々な問題について、グループでの学習や話し合い、また、参加者の経験を共有しながら検討します。参加者1人1人が、ご自身にとって適切な対処や、「ライフワークバランス」を見出していく場となることを目指します。グループには、看護師、ソーシャルワーカー、社労士なども参加し、問題解決を支援します。

  • 対象者:がん患者(がんの種類、病期などは問いません)。他施設の方もご参加可能です。
  • 内容:自分の就労上の問題、休職中の過ごし方、再就職について、労働法など。
  • 参加費用:無料
  • 日時:1回/2ケ月(偶数月に開催) 18:30〜19:30
  • 場所:聖路加国際病院 2階 さわやか学習センター
4)女性がん患者の治療に伴う外見変化に対するSocial Beauty Care Beauty Ring

◆「Beauty」には「ココロ」と「カラダ」を元気にする力があります◆

治療のために見た目の変化(髪・肌・眉・爪)が気になっているという方が、同じ立場の仲間と一緒に「Beauty」を学べるプログラムです。それぞれの美容のプロが、個々の悩みに応じた解決策を伝授します。

5)化学療法を受ける方へのヨガ療法を用いたリフレッシュプログラム リフレ Ring

◆心身をリフレッシュし、活力を得てよりよい生活を送りましょう◆

化学療法を受けることで、ときに記憶力・思考力・集中力の低下などの症状を体験する方がいらっしゃいます。当プログラムでは、ヨガとグループによる話し合いを組み合わせることで、これらの症状の改善を目指します。

6)乳がん女性のための運動と栄養指導、および気持ちの持ち方によるシェイプアッププログラム シェイプアップ Ring

◆治療仲間や専門家とともに、楽しくシェイプアップしましょう◆

乳がん患者さんは、適切なカロリー摂取と適度な運動によって肥満を避けることが大切だということが明らかになっています。当プログラムでは、実際に運動を行い、栄養指導を受けることで体重減少と副作用の軽減を目指します。

その他の取組み

スマイルパーティー

患者さんも大切な「チーム」の一員。日頃の苦労は忘れ、皆で楽しく集いましょう◆

毎年秋に、患者さんと医療者がともに診療の場をはなれ、互いの心を伝え合い交流することを目的とする交流会を開催しています。「スマイルパーティー」には、毎年300名前後の患者さんが参加され、スタッフ紹介、コンサート、治療に役立つ品のブース展示&体験コーナーの開催、スタッフとのお茶会等で交流を深めています。

聖路加サマースクール

若年性乳がん体験患者コミュニティ

がんになっても暮らしやすい社会を目指して

大切な方ががんになった方へ

がん患者さんを支えるご家族や周りの方も、どのように向き合い、どのように支えるか悩むことが多くあります。一緒に話したり、考えてみませんか

  • 対象:患者さんのご家族およびご友人
  • 内容:がん患者さんを知り、向き合い方、情報や暮らしの支援についての学習会
  • 日時:1回/年 (秋頃開催)

がんと共にゆったり生きる

がんと診断された方々が、ご自身の病気や対処法についてよく知り、ゆとりを持って日々を過ごせるようになることを願って、当院では「がんと共にゆったり生きる」と題したプログラムを開催しています。このプログラムは、医療者による知識の提供だけでなく、同じような状況にある人が集まることで、気持ちや情報を分かち合えることが特徴です。また、プログラムを終了した方々には、若葉の会・クリスマスの集いのご案内もしています。スタッフ一同、ご参加をお待ちしています。

がんになった方への支援プログラム 『がんと共にゆったり生きる』

乳がん女性のためのサポートプログラム

このプログラムは“自分の歩調を大切に”-Living at Your Own Pace-を合言葉に、乳がん女性が、主体的・効果的に、治療を継続し、治療を受けながら充実した生活が送れるように、個々の体験を語り合う場です。

  • 対象:乳がん女性 病気や治療内容は問いません。原則としてご本人のみの参加ですが、学習会はご友人も参加可能です。
  • 内容:個々の体験を分かち合うためのグループでの話し合い。看護師などもグループに加わります。
    年2回、専門職(医師、看護師など)を招き、学習会を行います。
  • 参加費:500円
  • 日時:月1回 土曜日 13:00〜14:30
  • 場所:聖路加国際大学または2号館
  • 申込み:事前にファクシミリまたは電子メールでお申込みください。
    「乳がんサポートプログラム」希望と書き、「氏名」「連絡先(住所・電話番号・FAX/Eメール等)「希望日」をご記入ください。