聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

乳腺外科

乳腺外科のお知らせ

  • 読み込み中

ブレストセンターについて
~“安心感”を与える存在であり続けるために~

聖路加国際病院ブレストセンター開設以来、故日野原重明先生から贈られた「慈しみの心にみちたブレストセンターを一同の協力で実現しよう」という言葉を胸に「絆(チーム)医療」の実践に努めてまいりました。

当院では、患者さんを中心にブレストセンターを通じて、乳腺外科、腫瘍内科、放射線科、女性総合診療部、遺伝診療センター、形成外科、緩和ケア科、精神科をはじめとする様々な診療科スタッフとチーム医療を実践しています。我々チームにとって、たくさんの患者さんの悩みに寄り添うこと、その経験をより多く共有し、日本の乳がん治療、また世界の乳がん治療に貢献することは大きな使命と考えています。

ブレストセンターの特徴

  • 1.総合病院である強みを生かした「妊娠期乳癌」の治療、研究
  • 2.認定遺伝カウンセラー、遺伝専門看護師を中心とした、遺伝診療センターとの連携から生まれる、「遺伝性乳癌卵巣がん症候群」の治療、研究
  • 3.AYA世代と言われる若年者乳癌の患者さんに対し、若年者ならではの悩みに対応できる「AYAサバイバーシップセンター」との連携
  • 4.病気を乗り越える患者さんが直面する、仕事や経済的な問題、整容性に関する問題など、サバイバーシップの問題を解決する糸口を見つけるための活動、研究
  • 5.ハイボリュームセンターとして豊富な診療データを生かし、またバイオバンクを利用した研究を行い、患者さんの治療の向上に還元すること

聖路加国際病院ならではのホスピタリティにあふれた環境作りを大切にし、他の医療機関、また地域のクリニックとの連携を深め、緊密なコミュニケーションをとることが大切と考えています。

また、皆様が安心して受診できる存在であるブレストセンターの使命と文化を継承し、手術と研究のクオリティを高め、優秀な人材を育て送り出すことを目標としています。「がん」と診断され、ご不安な気持ちになっているすべての患者さん、そしてそれを支える方々のお力になれることが我々チームの使命と思っています。

いつでもご相談頂ける、信頼される、安心感持って頂けるチームを目指し、これからも精進してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

乳腺外科部長 吉田 敦

診療内容

診療内容・特徴

ブレストセンターでは、質の高いエビデンスを元に、標準医療ガイドラインに沿った治療をベースにしながら、患者さんに寄り添って、最善・最良の医療の提供を目指しています。

その目標に向けて、様々な部署と定期的にカンファレンスを行いチーム体制で診療にあたっています。また、総合病院という特色を生かし、併発疾患を抱えた患者さんの受け入れも積極的に行っています。

治療を受けられる方へ

患者さん向け冊子「乳がんの治療を受けられる方へ」をダウンロードいただけます。

乳がんの治療を受けられる方へ

BRCA遺伝子検査を考えられている方へ遺伝性のがんや検査について動画で紹介しています。

BRCA遺伝子検査を考えられている方へ

受診される方は、下記より問診票をダウンロードしてあらかじめ記入してご持参ください。

ブレストセンター問診票(日本語)
ブレストセンター問診票(英語)Breast Surgery Medical Questionnaire

ご予約の流れ

まず、当院の受診を希望される方は、下記の①~④のどの項目に該当するかご確認の上お電話ください。


①すでに乳がん(悪性腫瘍)と診断されている方

当院宛の紹介状をご準備の上、予約センターにお電話ください。

聖路加国際病院予約センター
03-5550-7120

(平日 8:30〜17:00)

診察当日にご準備いただくもの

  • 当院宛の紹介状
  • 診断を行った画像のCD-R(医療機関から提供がある場合)
  • 組織検査を行った場合は検査の結果・プレパラート(医療機関から提供がある場合)

②検診などで「要精査」を指摘され、乳がんでないかどうか精査を希望される方、また、自覚症状(しこりや乳頭分泌など)があり診察を希望される方

診療の混雑状況によっては、ご予約から受診まで約1か月程度お待ちいただく場合があります。提携クリニックを含め、より早いご受診をお勧めしております。

提携クリニック:聖路加メディローカス・桜新町濱岡ブレストクリニック・mammaria tsukiji(マンマリア ツキジ)の受診をお勧めしております。確定診断の後、当院での診療をご希望する場合は、お受け入れ可能です。


③乳房の良性疾患(線維腺腫、葉状腫瘍など)と診断されており、切除を含めた相談をしたい方

当院宛の紹介状をご準備の上、予約センターにお電話ください。

聖路加国際病院予約センター
03-5550-7120

(平日 8:30〜17:00)

診察当日にご準備いただくもの

  • 当院宛の紹介状
  • 診断を行った画像のCD-R(医療機関から提供がある場合)
  • 組織検査を行った場合は検査の結果・プレパラート(医療機関から提供がある場合)

④すでに他院での治療が始まっている方

まずは「がん相談支援室」にご相談ください。看護師が対応します。

がん相談支援室

TEL 03-5550-7098

(平日 9:00~16:30)

対象症例・得意分野・専門分野

  • 乳癌検診の二次精査
  • 乳房腫瘤の良悪性鑑別診断(穿刺吸引細胞診、針生検、マンモトーム生検)
  • 早期乳癌の治療(乳房温存手術、センチネルリンパ節生検、乳房切除術、乳房再建)
  • 進行乳癌に対する術前化学療法
  • 再発乳癌の治療(外来化学療法、ペインコントロールなどにおける緩和医療チームとの連携)
  • 家族性乳癌カウンセリング(遺伝診療センター、女性総合診療部と連携)
  • 臨床試験、臨床治験などへの積極的な参加による先端医療の提供

当院における診療の流れ

当院では、医師とともに、看護師や薬剤師、他科のスタッフがチームを組み、それぞれの立場から乳がん患者さんのケアにあたっています。

初診

  • 問診
  • 視診
  • 触診
  • 超音波検査
  • マンモグラフィ
  • 細胞診
  • 組織診(コア針生検、バコラ生検、マンモトーム生検)

乳がんと診断

  • 治療法の説明
  • 治療に必要な検査は外来で行います
  • 家族歴のある方は、遺伝子カウンセリングを行います(遺伝子検査 → 術式の決定)
  • MRI
  • 超音波検査( CT / PET - CT、骨シンチ )

術前化学療法(外来)

術前内分泌療法(外来)

(3〜6ヶ月)

術前麻酔科診察(全身麻酔の場合)

手術療法(入院が主体)

  • 乳房部分切除術
  • 乳房切除術
  • 乳房再建術
  • センチネルリンパ節生検
  • 腋窩郭清

入院は手術前日です(当日のこともあります)
ドレーンがない場合には約4日間の入院
ドレーンが入った場合は抜去した翌日に退院可能(4~10日程度)

摘出した乳がん組織の検査

  • 腫瘍の大きさ
  • ホルモン受容体
  • HER2受容体
  • 核グレード
  • 腋窩リンパ節転移の有無
  • (多重遺伝子診断法)

追加切除術 
または
乳房切除術
+ / - 再建術

術後化学療法(外来)

(3〜6ヶ月)

放射線療法(外来)

(3~6週間・平日毎日 )
1日約5分

内分泌療法(外来)

(5〜10年)
症状が安定したら連携クリニック・紹介元クリニックでフォローアップ

AYAサバイバーシップセンター

AYA世代(15-39歳)患者さんが抱える身体的、精神的、社会的な悩みや相談を、病気の診断時から治療後にかけてサポートすることを目的としたセンターです。
AYA世代の方に積極的に利用していただくことで、患者さんにより充実した医療を提供するとともに、患者さんの自立性を高め、社会生活の維持を支援することを目的として設立されました。

「AYAサバイバーシップセンター」の詳細はこちら

診療実績

2022年
総手術数 1022
乳がん手術数 831(788症例・両側同時43例)
一期的乳房再建 109(94症例)
良性腫瘤切除 50
35歳未満手術(乳がん) 29(25症例・両側同時4例)

Tokyo女子けんこう部(東京都福祉保健局保健政策部健康推進課)

東京都が発信する、女性が健康な生活や女性特有の病気について手軽に知ることができるポータルサイト「TOKYO#女子けんこう部」では、幅広い年代の女性へ向けた情報発信を行われています。

トップへ

スタッフ紹介

読み込み中...

トップへ

外来スケジュール表

※この表はスクロールします

 
医師名/曜日
吉田 敦      
竹井 淳子      
喜多 久美子      
角田 博子
(放射線)
    AM    
梶浦 由香 AM      
名倉 直美
(乳房再建)
    隔週 PM  
越智 友洋      
笠原 里紗      
木村 優里      
沼田 亜希子      
非常勤医
岩平 佳子
(乳房再建)
      PM  
尹 玲花         ◯(不定期)
濱岡 剛        
松田 直子        

当科では、診療を行う際にチーム制を用いています。
初診時や再診時に主治医以外の担当医が、主治医とともに診察をさせて頂くことがあります。ご了承ください。

スタッフの詳細情報は名前をクリックしてください。

トップへ

連携クリニック

mammaria tsukiji (マンマリア ツキジ)

院長:尹玲花
女性スタッフによる乳腺専門クリニック 築地駅すぐ

私は聖路加国際病院で乳腺診療に約10年間携わり、たくさんの患者さまと諸先輩方に乳腺の専門家へと育てていただきました。
女性のお役に立ちたいと外科医を志し、2017年4月念願だった女性のためのクリニックを開設する運びとなりました。
かねてから、患者さまに『寄り添う』ことをキーワードに診療にはげんでまいりました。
悩みを抱える女性の側に寄り添えるようなクリニック作りをしてまいります。
スタッフ一同、皆様が笑顔になって頂けるように努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。(院長 尹 玲花)

当院は聖路加国際病院のパートナーズクリニックです

必要時には聖路加国際病院での検査や診療へスムーズにおつなぎいたします。また、聖路加国際病院での診療を受けられていた方は、これまでの診療内容をすべて引き継ぎますので、どうぞご安心下さい。

女性のための上質空間

診察や検診で訪れる方が、リラックスしながらも、上質な『特別感』を感じて頂ける空間作りを目指しています。落ち着いたインテリアと清潔な空間で皆様をお待ちしています。

ブレストクリニック築地

ブレストクリニック築地

院長:猿丸修平
聖路加国際病院よりすぐ

一人でも多くの女性が、乳がん術後の不安から解放されるように

乳がん術後のホルモン療法は、5年にも及ぶ長期の治療です。そのため、患者さまは長期、頻回の通院に耐えなければなりません。また、病院側も外来診療が混雑の一途をたどるという問題点を抱えることになります。
この問題を解決するための新しい試みとして、術後のホルモン療法、フォローアップを専門とするクリニックを2008年5月に立ち上げました。聖路加国際病院から徒歩1分のところにあります。聖路加国際病院ブレストセンターとの連携クリニックとして、同病院で手術を受けた患者さまのみを受け入れる完全予約制のクリニックです。

頻回の通院が苦にならないよう、待ち時間が生じないように工夫しています。必要な際には、直ちに隣の聖路加国際病院で検査が受けられるようなシステムになっています。乳がん術後の患者さまにとってのユートピア、オアシスとなるよう日々、努力しております(院長 猿丸 修平)。

<ブレストセンターとの連携チーム医療における役割>

  • 聖路加国際病院での手術、化学療法、放射線療法などを終えられた患者さまに対して、術後診察と、ホルモン療法剤の処方などを行っています
  • 術後経過に異常が生じた場合には、直ちに聖路加国際病院で診療が受けられるように連携をとっています

桜新町濱岡ブレストクリニック

桜新町濱岡ブレストクリニック

院長:濱岡 剛
東急田園都市線 桜新町駅よりすぐ

乳がんの早期発見、早期治療を目指して

聖路加国際病院との連携も順調に行っており、質の高い乳がん治療と共に、患者様が快適に暮らしていくお手伝いを行って行きます。
どうぞ宜しくお願いいたします(院長 濱岡 剛)。

イーク丸の内

院長: 野口 由紀子
JR東京駅 丸の内南口  徒歩約3分

イーク丸の内は女性のためのクリニックです

イークは、すべての女性の人生とライフスタイルを守るために、全人的な統合医療と心のこもったサービスを融合させます。

  1. すべての疾患の早期発見を実現するために、精度の高い検診と的確な結果報告を行います
  2. 患者様に穏やかな気持ちで受診をして頂くために、患者様視点のサービスを提供します
  3. 患者様を早期治療に導くために、迅速で丁寧な医療連携を行います

どうぞよろしくお願いいたします。

ブレストサージャリークリニック

ブレストサージャリークリニック

院長:岩平 佳子
*乳房再建 形成外科 都営浅草線泉岳寺駅A1出口より徒歩1分

一人でも多くの患者さんが、明るく前向きな人生を歩めるように

乳房再建はただ膨らんでいればいい、作ればいいというものではなく、より自然により対称的に再建することが目標です。なるべく体の負担を少なく、スポーツや趣味に支障がないようにするためには人工物再建が適しています。

しかし人工物は既製品の中から選択しますので、全く同じにはなりません。温泉に行って、隣の人に「あれっ?」と思われない程度と考えてください。それでもブラジャーにパットを詰める煩わしさから解放され、乳輪乳頭もきれいにできて、お風呂のたびに自分が乳がんであったことを思い出すこともなくなると再建した多くの患者さんは喜んでくださっています。

ブレストサージャリークリニックの特徴は、個々に合った質の高い乳房再建を行うことに加え、お待たせしないこと、土日祝日にも手術、外来をしていること、担当ナースがカウンセリングを行うことです。また抗がん剤やホルモン剤の副作用による肌荒れ、しみなどに美容皮膚科も専門医が対応、治療しています。

<ブレストセンターとの連携>

  • 毎週木曜日午後にブレストセンターで診察を行っています。
  • ブレストセンターのサマースクールの講師をしています。
  • ブレストセンターの先生方も週何回かクリニックに手伝いにいらしてくださり、一緒に患者さんを診察したり、手術を行ったりしています。
  • 双方の休診日に互いに対応できるように連携を取り合っています。

トップへ

論文・書籍・メディア

お知らせ

土田寧恵医師、近藤早希子医師が日本乳癌学会の「2022 JBCS Young Investigator Grant for SABCS」を受賞しました。

土田寧恵医師:受賞演題「Clinical utility of twenty-five gene-expression profiling using LAMP method in early stage breast cancer」

近藤早希子医師:受賞演題「Impact of BRCA1/2 pathogenic variants on ipsilateral breast tumor recurrence and prognosis following breast-conserving surgery」

※ 日本乳癌学会による同賞は、乳癌診療に携わる若手乳腺専門医が、海外に向けた積極的な研究成果の発信や国際交流を深めることを目的とし、San Antonio Breast Cancer Symposiumの発表者を対象にGrantを授与しています。

竹原侑里医師が日本乳癌学会の「2021 JBCS Young Investigator Grant for SABCS」を受賞しました。

受賞演題「Radiation induced angiosarcoma of the breast: Chemotherapy for radiation induced angiosarcoma of the breast - An individual participant data meta-analysis of Japanese population」

抄録

※ 日本乳癌学会による同賞は、乳癌診療に携わる若手乳腺専門医が、海外に向けた積極的な研究成果の発信や国際交流を深めることを目的とし、San Antonio Breast Cancer Symposiumの発表者を対象にGrantを授与しています。

第27回日本遺伝性腫瘍学会学術集会で、喜多久美子医師の演題「聖路加国際病院におけるリスク低減乳房切除術の現状と課題」(演題番号:RT1-5、OPA-9)が優秀演題に選出されました。

第27回日本遺伝性腫瘍学会学術集会

2021ASCO(米国腫瘍学会)で、土田寧恵医師、林直輝医師らが中心になり、"A validated model to predict low recurrence risk distinguished by 21-gene recurrence score in hormone receptor-positive invasive breast cancer patients."の学会発表をいたしました。

2021 ASCO Anual Meeting
A validated model to predict low recurrence risk distinguished by 21-gene recurrence score in hormone receptor-positive invasive breast cancer patients.

論文情報

※この表はスクロールします

日付 雑誌名 論題 発表者
2023 Breast Cancer.
2023 Jun 1.
Radiation-induced angiosarcoma of the breast: individual participant meta-analysis of Japanese population Yuri Takehara, Naoko Matsuda, Daiki Kobayashi, Atsushi Yoshida, Junko Takei, Naoki Kanomata, Hiroko Tsunoda, Hideko Yamauchi,Naoki Hayashi
2023 Breast Cancer.
2023 May;30(3):354-363.
Epub 2023 Jan 3.
Prognostic effect of subsequent childbirth after the diagnosis of breast cancer using propensity score matching analysis Tomohiro Ochi, Atsushi Yoshida, Osamu Takahashi, Yuka Kajiura, Junko Takei, Naoki Hayashi, Hiroyuki Takei, Hideko Yamauchi
2023 Breast Cancer.
30(2):302-308.
Epub 2022 Dec 17.
Physicians' perception about the impact of breast reconstruction on patient prognosis: a survey in Japan Rena Yamakado, Makoto Ishitobi, Naoto Kondo, Chikako Yamauchi, Shinsuke Sasada, Hiroko Nogi, Miho Saiga, Akiko Ogiya, Kazutaka Narui, Hirohito Seki, Naomi Nagura, Ayaka Shimo, Teruhisa Sakurai, Naoki Niikura, Hiroki Mori, Tadahiko Shien; Collaborative Study Group of Scientific Research of the Japanese Breast Cancer Society
2023 Ann Surg Oncol.
30(3):1678-1686.
Epub 2022 Nov 13.
Classification of Local Recurrence After Nipple-Sparing Mastectomy Based on Location: The Features of Nipple-Areolar Recurrence Differ from Those of Other Local Recurrences Ayu Yamaguchi, Makoto Ishitobi, Naomi Nagura, Ayaka Shimo, Hirohito Seki, Akiko Ogiya, Teruhisa Sakurai, Yukiko Seto, Chiya Oshiro, Shinsuke Sasada, Michiko Kato, Takahiko Kawate, Naoto Kondo, Kazutaka Narui, Tsuyoshi Nakagawa, Hiroko Nogi, Chikako Yamauchi, Koichiro Tsugawa, Yuka Kajiura, Tadahiko Shien
2023 Environmental Science and Pollution Research
Feb;30(10):25953-25958.
Epub 2022 Nov 9.
An association between mammographic breast density and fine particulate matter among postmenopausal women Rina Kotake, Hideko Yamauchi, Takeshi Kimura, Hiroko Tsunoda, Mihye Lee
2023 J Med Ultrason (2001). 2023 Jan;50(1):97-101.
Epub 2022 Oct 18.
Why is the depth/width ratio of a typical fibroadenoma small in breast ultrasonography? Kana Suga, Hiroko Tsunoda, Sho Fukui, Ken Oba, Kazuyo Yagishita, Yasuyuki Kurihara
2023 Oncoplastic Breast Surgery
8(1): 22-27.
乳房再建術後12年で発症した乳房インプラント関連未分化⼤細胞型リンパ腫の1例 竹原侑里、吉田敦、名倉直美、岩平佳子、八木下和代、角田博子、鹿股直樹、山内英子
2022 Clin Breast Cancer. 2022 Aug;22(6):560-566.
Epub 2022 Apr 22.
Relationship Between Breast Density, Breast Cancer Subtypes, and Prognosis Daisuke Yamada, Sachiko Ohde, Yuka Kajiura, Kazuyo Yagishita, Fumi Nozaki, Koyu Suzuki, Naoki Kanomata, Hideko Yamauchi, Hiroko Tsunoda
2022 Breast Cancer.
29(6):978-984.
Epub 2022 Jul 13.
Association between mammographic breast composition and breast cancer risk among Japanese women: a retrospective cohort study Toshifumi Namba, Naoko Matsuda, Mahbubur Rahman, Naoki Kanomata, Hideko Yamauchi, Hiroko Tsunoda
2022 BMC Womens Health.
2022 May 26;22(1):194.
Impact of childbirth history on dense breast in mammographic screening: a cross-sectional study Tomohiro Ochi, Hiroko Tsunoda, Hideko Yamauchi & Osamu Takahashi
2022 Oncoplastic Breast Surgery
7(4):108-114.
リスク低減乳房切除手術を含む乳房再建治療への患者意思決定支援 名倉直美、竹井淳子、吉田敦、林直輝、松井瑞子、山内英子
2022 創傷
13(4):167-173.
人工物による乳房再建術後の手術部位感染対策 名倉直美、吉田敦、松井瑞子、山内英子
2022 日本乳癌検診学会誌
31(2):171-176.
HBOC未発症変異保持者の乳がん検診とサポート体制 MG/USの位置付けを考える 竹井淳子、喜多久美子、角田博子、山内英子
2022 乳癌の臨床(
37(4):309-314.
マンモグラフィにおけるクーパー靱帯内石灰化の良悪性についての検討 中山可南子、角田博子、野嵜史、林直輝、吉田敦、竹井淳子、鈴木高祐、山内英子
2022 日本臨床外科学会雑誌
83(8):1417-1421.
右乳房部に生じた胸壁原発脱分化型脂肪肉腫の1例 沼田亜希子、越智友洋、吉田敦、林直輝、野嵜史、角田博子、山内英子
2022 PEPARS
183:30-38.
【乳房再建マニュアル-根治性、整容性、安全性に必要な治療戦略-】基礎編 HBOC患者の乳がん治療と乳房再建 名倉直美、喜多久美子、山内英子
2021 Breast Cancer.
28(4):896-903.
Epub 2021 Feb 18.
Clinicopathological predictors of postoperative upstaging to invasive ductal carcinoma (IDC) in patients preoperatively diagnosed with ductal carcinoma in situ (DCIS): a multi-institutional retrospective cohort study. Tanaka K, Masuda N, Hayashi N, Sagara Y, Hara F, Kadoya T, Matsui A, Miyazaki C, Shien T, Tokunaga E, Hayashi T, Niikura N, Maeda S, Komoike Y, Bando H, Kanbayashi C, Iwata H.
2021 Breast Cancer.
28(4):838-847.
Epub 2021 Feb 9.
Accuracy of morphologic change measurements by ultrasound in predicting pathological response to neoadjuvant chemotherapy in triple-negative and HER2-positive breast cancer. Ochi T, Tsunoda H, Matsuda N, Nozaki F, Suzuki K, Takei H, Yamauchi H.
2021 Ann Transl Med.
9(7):535.
Oral care and oral assessment guide in breast cancer patients receiving everolimus and exemestane: subanalysis of a randomized controlled trial (Oral Care-BC). Umeda M, Ota Y, Kashiwabara K, Hayashi N, Naito M, Yamashita T, Mukai H, Nakatsukasa K, Amemiya T, Watanabe KI, Hata H, Kikawa Y, Taniike N, Yamanaka T, Mitsunaga S, Nakagami K, Adachi M, Kondo N, Shibuya Y, Niikura N
2021 BMC Cancer.
21(1):34.
Secondary endpoints analysis in patients with estrogen receptor-positive metastatic breast cancer treated with everolimus and exemestane enrolled in Oral Care-BC. Nakatsukasa K, Niikura N, Kashiwabara K, Amemiya T, Watanabe KI, Hata H, Kikawa Y, Taniike N, Yamanaka T, Mitsunaga S, Nakagami K, Adachi M, Kondo N, Shibuya Y, Hayashi N, Naito M, Yamashita T, Umeda M, Mukai H, Ota Y.
2021 Clin Breast Cancer.
2021 Jan 6:S1526-8209(21)00003-3.
Online ahead of print.
Long-Term Oncologic Safety of Nipple-Sparing Mastectomy With Immediate Reconstruction. Yamashita Y, Tsunoda H, Nagura N, Kajiura Y, Yoshida A, Takei J, Suzuki K, Watanabe T, Iwahira Y, Yamauchi H, Hayashi N.
2021 Breast Cancer.
28(4):985-986.
Correction to: The Japanese Breast Cancer Society Clinical Practice Guidelines for systemic treatment of breast cancer, 2018 edition. Shimoi T, Nagai SE, Yoshinami T, Takahashi M, Arioka H, Ishihara M, Kikawa Y, Koizumi K, Kondo N, Sagara Y, Takada M, Takano T, Tsurutani J, Naito Y, Nakamura R, Hattori M, Hara F, Hayashi N, Mizuno T, Miyashita M, Yamashita N, Yamanaka T, Saji S, Iwata H, Toyama T.
2021 Breast Cancer.
28(2):247-253.
Epub 2021 Feb 20.
Recommendations for the management of breast cancer patients during the COVID-19 pandemic from the Japan Breast Cancer Society. Kawate T, Yoshida A, Sugae S, Asaga S, Kaise H, Saji S, Yamauchi C, Miyoshi Y, Yamauchi H, Ishikawa T
2021 Ultrasound Med Biol
47(3):370-375.
Epub 2020 Nov 28.
Evaluation of Axillary Lymph Nodes in Breast Cancer Patients with Atopic Dermatitis. Yamashita Y, Tsunoda H, Nozaki F, Suzuki K, Yamauchi H.
2021 Ann Surg Oncol.
28(5):2545-2552.
Epub 2020 Oct 6.
Risk Factors for Ipsilateral Breast Tumor Recurrence in Triple-Negative or HER2-Positive Breast Cancer Patients Who Achieve a Pathologic Complete Response After Neoadjuvant Chemotherapy. Ishitobi M, Matsuda N, Tazo M, Nakayama S, Tokui R, Ogawa T, Yoshida A, Kojima Y, Kuwayama T, Nakayama T, Yamauchi H, Nakamura S, Tsugawa K, Hayashi N.
2020 BMC Palliative Care Validation of the Japanese version of the Barriers Questionnaire II in cancer pain management: a ross-sectional study Sakakibara N, Komatsu H,Takahashi M,Yamauchi H, Yamauchi T, A Z Doorenbos
2020 癌と化学療法 がん診療の現場からの働き方改革 山内英子
2020 癌と化学療法 一つになる医療へ―乳がん患者への切れ目ない医療― 尹玲花、山内英子
2020 Breast Cancer Research and Treatment Long‑term survival analysis of addition of carboplatin to neoadjuvant chemotherapy in HER2‑negative breast cancer Iwase M, Ando M, Aogi K, Aruga T, Inoue K, Shimomura A, Tokunaga E, Masuda N, Yamauchi H, Yamashita T, Iwata H
2020 Breast Cancer Breast reconstruction after risk-reducing mastectomy in BRCA mutation carriers Nagura N, Hayashi N, Takei J, Yoshida A, Ochi T, Iwahira Y, Yamauchi H
2019 家族性腫瘍 遺伝性乳がん卵巣がんにおける家系員の遺伝学的検査受検率および背景因子に関する分析-日本HBOCコンソーシアム登録事業における試験登録データより- 大川恵、横山士郎、渡邊知映、金井久子、青木美紀子、竹井淳子、吉田敦、山内英子(日本HBOCコンソーシアム登録委員会)
2019 Breast Cancer Res Treat A population-based recurrence risk management study of patients with pT1 node-negative HER2+ breast cancer: a National Clinical Database study Kubo M, Kawai M, Kumamaru H, Miyata H, Tamura K, Yoshida M, Ogo E, Nagahashi M, Asaga S, Kojima Y, Kadoya T, Aogi K, Niikura N, Miyashita M, Iijima K, Hayashi N, Yamamoto Y, Imoto S, Jinno H
2019 Breast Cancer Effects of a structured group intervention on obesity among breast cancer survivors Suzuki H, Seki A, Hosaka T, Matsumoto N, Tomita M, Takahashi M, Yamauchi H
2019 ESMO open Factors associated with treatment delay in women with primary breast cancer who were referred to reproductive specialists Kitano A, Shimizu C, Yamauchi H, Akitani F, Shiota K, Miyoshi Y, Ohde S
2019 Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy [Genetic Approach of Breast Cancer] Takei J, Yamauchi H
2019 Asia-Pacific journal of oncology nursing Falls and Functional Impairments in Breast Cancer Patients with Chemotherapy-Induced Peripheral Neuropathy Komatsu H, Yagasaki K, Komatsu Y, Yamauchi H, Yamauchi T, Shimokawa T, Doorenbos AZ
2019 Breast cancer Developing a checksheet for breast cancer patients receiving endocrine therapy-examining reliability and validity Iioka Y, Iwata T, Yamauchi H
2019 Breast Cancer Current conditions and issues of physicians and working conditions at institutions accredited by the Japanese Breast Cancer Society Kawase K, Yamashita H, Iwase H, Akashi-Tanaka S, Iijima K, Ishida T, Takeishi Y, Tanaka F, Doihara H, Nakano S, Yamauchi H, Masuda S
2019 European Journal of Cancer Predictive and prognostic value of stromal tumour-infiltrating lymphocytes before and after neoadjuvant therapy in triple negative and HER2-positive breast cancer Tomohiro Ochi, Giampaolo Bianchini, Michiko Ando, Fumi Nozaki, Daiki Kobayashi, Carmen Criscitiello, Giuseppe Curigliano, Takayuki Iwamoto, Naoki Niikura, Hiroyuki Takei, Atsushi Yoshida, Junko Takei, Koyu Suzuki, Hideko Yamauchi, Naoki Hayashi
2019 日本超音波医学会誌 エラストグラフィで乳癌を疑った濃縮嚢胞の1例 吉田泰子、角田博子、塚本徳子、向井理枝、剱さおり、森下恵美子、喜多久美子、山内英子、野嵜史、鈴木高祐
2019 Progress in Medicine 医療従事者の働き方改革の展望 山内英子
2019 医師・コメディカルのためのメディカルフィットネス 乳がん 山内英子
2019 内科 乳がんの遺伝子と予防手術 越智友洋、山内英子
2019 手術 術前化学療法後CR症例に対する手術省略のエビデンスはどこまで進んだか 林直輝、山内英子
2019 乳癌の臨床 乳輪部に発生した非浸潤性乳管癌が、術後7年で高度腋窩リンパ節転移再発をきたした1例 越智友洋、角田博子、遠藤芙美、利川千絵、野嵜史、鈴木高祐、山内英子
2019 Breast Cancer Symptoms and QOL in breast cancer patients receiving hormone therapy in Japan Yukiko Iioka, Takako Iwata, Hideko Yamauchi
2019 がん分子標的治療 がんのgermlineの変異と予防切除 山下祐司、吉田敦、山内英子
2019 J Jpn Surg Assoc Complete Response to Trastuzumab and Pertuzumab in Combination with Chemotherapy in HER2-positive Metastatic Breast Cancer—Case Series— Yasue TSUCHIDA, Naoki HAYASHI, Chie TOSHIKAWA, Yuji YAMASHITA, Koyu SUZUKI, and Hideko YAMAUCHI
2019 Ann Surg Oncol Role of Postmastectomy Radiotherapy After Neoadjuvant Chemotherapy in Breast Cancer Patients: A Study from the Japanese Breast Cancer Registry Miyashita M, Niikura N, Kumamaru H, Miyata H, Iwamoto T, Kawai M, Anan K, Hayashi N, Aogi K, Ishida T, Masuoka H, Iijima K, Masuda S, Tsugawa K, Kinoshita T, Tsuda H, Nakamura S, Tokuda Y
2019 Clin Breast Cancer The Loss of Lymph Node Metastases After Neoadjuvant Chemotherapy in Patients With Cytology-proven Axillary Node-positive Primary Breast Cancer Namura M, Tsunoda H, Kobayashi D, Enokido K, Yoshida A, Watanabe T, Suzuki K, Nakamura S, Yamauchi H, Hayashi N

学会・講演情報(一部抜粋)

※この表はスクロールします

学会・講演会名 論題 発表者
2023年12月5日~12月9日
SABCS 2023
A long-term follow-up of patients who interrupted endocrine therapy to become pregnant following breast cancer surgery 喜多久美子
2023年12月5日~12月9日
SABCS 2023
Comparison of Outcomes and Prognosis between BRCA Pathogenic Variant Carriers Undergoing Breast-Conserving Surgery versus Mastectomy for breast cancer 喜多久美子
2023年12月5日~12月9日
SABCS 2023
The Safety of Breast Reconstruction: The Impact of Breast Reconstruction Surgery on Postoperative Adjuvant Therapy for Breast Cancer Kumiko Kida, Junko Takei, Misato Suzuki, Megumi Okawa, Sakurako Kazama, Sakiko Kondo, Michiko Yamanaka, Atsushi Yoshida
2023年12月2日~12月2日
日本乳癌学会関東地方会
妊娠後期に胸壁転移が急速増大し準緊急帝王切開を要した転移性妊娠期乳癌の一例 近藤 怜子、鮫島 一基 、栗林 完 、吉満 工平 、松尾 洋一郎 、石神 純也 、 豊島 里志 、山内 英子 、新田 吉陽
2023年11月25日~11月25日
日本乳癌学会近畿地方会
乳がん診療に携わる医師を対象とした若手グループ(MIRAY1)の取り組みに関して 近藤 怜子、北野 敦子、橋本 淳、扇田 信、秋谷 文、塩田 恭子、喜多 久美子、竹井 淳子、吉田 敦
2023年11月24日~11月25日
日本乳癌検診学会学術総会
教育講演2「HBOCに対するサーベイランスのポイント」臨床医の立場から 沼田 亜希子、竹井 淳子、名倉 直美、喜多 久美子、鈴木 美慧、大川 恵、金井 久子、松井 瑞子、吉田 敦
2023年11月24日~11月25日
日本乳癌検診学会学術総会
ブレスト・アウェアネス −当院の医療従事者における認知度と説明リーフレットの理解度調査− 岩朝 勤、森田 翠、田根 香織、三木 万由子、金本 佑子、橋爪 咲奈、中村 暁、川口 駿、藤岡 沙江、増田 紘子、伊藤 亜樹、立花 和之進、伏見 淳、木村 優里、笹 総一郎、林 早、井口 雅史、増田 慎三、戸井 雅和
2023年11月24日~11月25日
日本乳癌検診学会学術総会
Shared Decision MakingにおけるオンコタイプDX乳がん再発スコア®プログラムの活用 Naomi Nagura
2023年11月20日~12月20日
聖ルカ・アカデミア
乳房再建術が乳癌治療に与える影響と乳癌の予後に関する検討 名倉 直美、吉田 敦
2023月11月18日
オンコロジーセミナー
遺伝性乳癌診療の実際 名倉 直美
2023年11月16日~11月18日
日本臨床外科学会
乳癌術前化学療法としてPembrolizumabを投与中に多岐にわたる免疫関連有害事象のマネ ジメントに難渋した症例 名倉 直美、松井 瑞子、菅野 百合、安村 和則、白夏林、恩田 洋平、吉田 敦
2023年11月16日~11月18日
日本臨床外科学会
乳腺境界悪性葉状腫瘍内に発生した非浸潤性乳管癌の1例 名倉 直美
2023年10月28日
SNNS研究会学術集会
Shared Decision MakingにおけるオンコタイプDX乳がん再発スコア®プログラムの活用 名倉 直美、松井 瑞子、菅野 百合
2023年10月19日~10月20日
日本形成外科学会基礎学術集会
スムーズタイプのエキスパンダー/ブレスト・インプラントを用いた乳房再建のポイント 名倉 直美、松井 瑞子、吉田 敦、竹井 淳子、喜多 久美子、山内 英子
2023年9月21日~9月22日
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
当院におけるHBOC保険収載後の乳房再建の状況について 喜多 久美子
2023年9月21日~9月22日
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
乳房インプラント選択における患者の思いと医療者の思い 川端 明日香
2023年9月21日~9月22日
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
乳房再建手術および術後合併症が乳癌術後補助療法へ及ぼす影響 加治 つくし、黒瀬 絢子、大久保 雄一郎、石黒 清介、池部 大、鈴木、瞳
2023年8月25日~8月26日
乳癌最新情報カンファレンス
当院でのリスク低減乳房切除術、NSM施行時の工夫について 吉田 敦
2023年4月26日~4月28日
日本形成外科学会総会
アクアフィリング豊胸術後の合併症に対して手術を要した12例 竹井 淳子
2023年4月26日~4月28日
日本形成外科学会総会
リコール後に認可されたシリコンブレストインプラント挿入後の照射例の検討 竹原 侑里、角田 博子
2023年3月10日~3月11日
九州外科学会
多発骨転移と胃転移を伴ったまれな乳腺浸潤性小葉癌の 1 例 Risa Kasahara, Atsuko Kitano, Fumi Akitani, Kyoko Shiota, Kumiko Kida, Junko Takei, Atsushi Yoshida
2023年6月29日~7月1日
第31回日本乳癌学会学術総会
乳癌治療後に妊娠・出産を希望した内分泌治療中断症例の長期フォローアップ結果 笠原里紗、北野敦子、喜多久美子、竹井淳子、吉田敦、秋谷文、塩田恭子、山内英子
2023年6月29日~7月1日
第31回日本乳癌学会学術総会
HER2-low乳癌におけるRT-PCRを用いたHER2発現量と予後との関連 仲川三江子、林直輝、土田寧恵、千島隆司、河手敬彦、渕上ひろみ、三好康雄、坂井威彦、小谷はるる、近藤直人、水野万里、新倉直樹
2023年6月29日~7月1日
第31回日本乳癌学会学術総会
患者アンケート調査からみる術式選択時のShared Decision Makingと患者満足度 鈴木瞳、上田暢子 、松村聡子 、可知茉莉江 、佐藤史哉、 加治つくし 、大久保雄一郎 、石黒清介
2023年6月29日~7月1日
第31回日本乳癌学会学術総会
当院における乳癌術後早期再発症例の検討 大久保雄一郎、佐藤史哉、加治つくし、鈴木瞳、石黒清介
2023年6月29日~7月1日
第31回日本乳癌学会学術総会
乳房用リング型超音波診断装置による乳房画像診断の経験 大庭建 、角田博子 、八木下和代 、尹玲花 、竹井淳子 、 山内英子 、鹿股直樹
2023年6月29日~7月1日
第31回日本乳癌学会学術総会
Beyond BRCA 時代におけるチーム医療の在り方と現状 喜多久美子、竹井淳子、鈴木美慧 、大川恵 、金井久子 、 吉田敦、塩田恭子、秋谷文、山中美智子、 山内英子
2023年6月29日~7月1日
第31回日本乳癌学会学術総会
AIを用いた50歳以上のER陽性HER2陰性原発乳癌患者におけ る高度腋窩リンパ節転移の治療前予測モデル構築 佐藤史哉、鈴木瞳 、加治つくし 、大久保雄一郎 、石黒清介
2023年6月29日~7月1日
第31回日本乳癌学会学術総会
働き方改革に向けた当院の取り組み 吉田敦、喜多久美子、竹井淳子、山内英子
2023年6月29日~7月1日
第31回日本乳癌学会学術総会
一次乳房再建術後局所再発乳癌の予後 ―日本乳癌学会班研究(枝園班)― 関大仁、荻谷朗子、名倉直美 、志茂彩華 、成井一隆 、 笹田伸介 、石飛真人 、野木裕子 、近藤直人 、櫻井照久 、 山内智香子 、森弘樹 、雜賀美穂 、新倉直樹、枝園忠彦
2023年6月29日~7月1日
第31回日本乳癌学会学術総会
術前後の化学療法を併用した一次乳房再建は外科的腫瘍学的危険因子ではない―日本乳癌学会班研究(枝園班) 野木裕子、荻谷朗子、志茂彩華、名倉直美、関大仁、成井一隆、櫻井照久、雜賀美穂、近藤直人、笹田伸介、石飛真人、山内智香、森弘樹、枝園忠彦
2023年6月29日~7月1日
第31回日本乳癌学会学術総会
遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)診断後の心理的・身体的変化の評価 原田成美、赤間孝典、恵美純子、鈴木美慧、坂東裕子、綿貫瑠璃奈、金澤麻衣子、河合賢朗
2023年6月29日~7月1日
第31回日本乳癌学会学術総会
Clinical utility of twenty-five gene-expression profiling using LAMP method in early stage breast cancer 土田寧恵、上田隆晶、長竹由佳 、道行悟 、服部未来 、 佐藤正樹 、富田憲弘 、鹿股直樹 、山内英子
2023年6月29日~7月1日
第31回日本乳癌学会学術総会
Impact of BRCA1/2 pathogenic variants on ipsilateral breast tumor recurrence and prognosis following breast-conserving surgery 近藤早希子 、喜多久美子、鈴木美慧 、深野智華 、吉田敦、 林直輝 、竹井淳子、山中美智子、山内英子
2023年6月29日~7月1日
第31回日本乳癌学会学術総会
乳癌リスク評価の現状と展望 髙田正泰 、山内英子 、石田孝宣 、片岡正子 、植松孝悦 、 稲荷均 、喜多久美子 、鈴木美慧
2023年6月29日~7月1日
第31回日本乳癌学会学術総会
HBOCリスク低減乳房切除術選択時の説明内容、Shared Decision Makingと意思決定の葛藤および後悔の関連 鈴木美慧 、大坂和可子 、大川恵、金井久子、喜多久美子、 竹井淳子、林直樹 、吉田敦、山中美智子、山内英子
2023年6月29日~7月1日
第31回日本乳癌学会学術総会
乳がんホルモン治療における患者参加型医療連携サポートシス テム開発と薬剤師の関わり 高山慎司 、田中裕子 、笠原里紗 、土田寧恵 、尹玲花 、 山内英子 、中村清吾、林直輝
2023年6月29日~7月1日
第31回日本乳癌学会学術総会
当院における妊娠期乳癌患者の診療実態に関する報告 北野敦子 、喜多久美子 、吉田敦 、竹井淳子 、秋谷文、 塩田恭子 、山内英子
2023年6月29日~7月1日
第31回日本乳癌学会学術総会
画像診断を用いた腫瘍浸潤リンパ球の診断予測への応用 木村優里、舛本法生 、明石定子 、福井佳与 、恵美純子 、 野間翠 、永田彩 、島宏彰 、奥野敏隆 、亀井義明 、 村上朱里、中村卓、中野正吾 、有廣光司
2023年6月29日~7月1日
第31回日本乳癌学会学術総会
BRCA1/2学的検査の保険適応拡大に対応したチームでの取り組み 竹井淳子、喜多久美子、吉田敦、大川恵、 鈴木美慧 、金井久子、秋谷文、塩田恭子、 山中美智子、山内英子
2023年5月13日~14日
第50回日本乳腺甲状腺超音波医学会
TILsの超音波画像に関する研究部会企画 TILs乳癌の超音波画像と病理像 木村優里、舛本法生、野間翠、加納昭子、福井佳与、島宏彰、村上朱里、永田彩、奥野敏隆
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
BRCA陽性乳癌の治療について理解する 山内照夫(パネリスト)
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
乳癌画像検査、どこまで必要で、何が不要か? 林直輝(パネリスト)
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
遺伝性乳がん診療の現状と今後取り組むべき課題 山内英子(座長)、大川恵(パネリスト)
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
乳癌個別化検診に向けて~検診の功罪~ 角田博子 (座長)
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
明日から役立つ遺伝 大川恵(司会、講師)
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
シェアして解決、その悩み 山内英子(司会)
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
ホルモン療法の副作用マネージメント ~現場での具体的な対応~ 金井久子(パネリスト)
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
遺伝性乳癌卵巣癌症候群(Hereditary Breast and Ovarian Cancer Syndrome:HBOC):韓国と日本の現状と課題 山内英子(座長)、竹井淳子(演者)
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
日本における乳癌治療による経済的負担への意識に関する研究 大野真司、岩谷胤生、北野敦子、桜井なおみ、田辺裕子、山内智香子、五十嵐中、久芳さやか、原文堅、佐伯澄人
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
日本乳癌学会誌「検診カテゴリーと診断カテゴリーに基づく乳がん検診精検報告書作成マニュアル」のPros(良い点)and Cons(改善点) 角田博子(乳がん検診精検報告書作成マニュアルのCons(改善点))
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
NCD乳癌登録を用いた非浸潤性乳管癌に対する外科治療および乳房温存術後の補助療法に影響する因子の検討 四元大輔、隈丸拓、宮田裕章、新倉直樹、神林智寿子、岩田広治、津田均、山本豊、青儀健二郎、久保真、田村研治、林直輝、宮下穣、角舎学行、神野浩光、佐治重衡、戸井雅和、井本滋、相良安昭
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
乳がん患者の心身を支える医療の立場からの就労支援-社会につなぐ7つのサバイバーシッププログラムの実践 橋本久美子、金井久子、山内英子
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
当院と聖路加国際病院間での術後フォローアップ患者の病診連携 尹玲花、山内英子
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
HBOC診療の臨床環境の変化に伴うトリプルネガティブ乳癌の遺伝学的検査実施状況 笠原里紗、竹井淳子、鈴木美慧、吉田敦、林直輝、山内英子
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
当院における小児・思春期における乳房腫瘤の検討 亀岡泰幸、松田直子、竹井淳子、吉田敦、山内英子、林直輝
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
「定期的な」検診受診によって進行乳癌を減らすことができるのか? 松本綾希子、笠原善郎、角田博子、鈴木昭彦、植松孝悦
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
インプラント挿入後長期経過中にBIA-ALCLと鑑別を要した異物肉芽腫の2症例 竹原侑里、吉田敦、林直輝、竹井淳子、喜多久美子、角田博子、八木下和代、鈴木髙祐、鹿股直樹、野嵜史、岩平佳子、中村清吾、山内英子
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
硬化性腺症を背景に発症する非浸潤性乳管癌の臨床病理学的特徴 吉田敦 、角田博子、林直輝 、梶浦由香、竹井淳子 、八木下和代 、野嵜史、鹿股直樹、鈴木高祐、山内英子
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
乳がん術後補助化学療法中の爪障害とその影響 逢阪美里、善家由香理、新井達、金井久子、細川恵子、山内照夫、山内英子
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
乳がん患者における過活動膀胱とホルモン治療との関連 金井久子、奥松功基、固武利奈、立花夏子、細川恵子、山内英子
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
乳癌における化学療法誘発性認知機能障害(ケモブレイン)と脳MRIによる脳容積変化についての検討 喜多久美子、住谷昌彦、固武利奈、下川敏夫、山内英子、山内照夫
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
センチネルリンパ節生検マクロ転移陽性乳癌例での腋窩郭清省略例に対する術後照射の検討 河守次郎、板澤朋子、柏山史穂、中島直美、秋本裕義、山内英子、関口建次
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
診断(画像検査) 角田博子
2020年10月10日
第28回日本乳癌学会学術総会
共催セミナー
HBOC保険診療からのmulti gene panel活用 山内英子(演者)
2020年10月10日
第28回日本乳癌学会学術総会
共催セミナー
HR陽性・進行再発乳癌の一次内分泌療法 林直輝(座長)
2020年10月14日
第28回日本乳癌学会学術総会
ポスターツアー
専門分野:外科治療 林直輝
2020年10月14日
第28回日本乳癌学会学術総会
ポスターツアー
硬化性腺症を背景に発症する非浸潤性乳管癌の臨床病理学的特徴 吉田敦
2020年10月14日
第28回日本乳癌学会学術総会
ポスターツアー
乳がん術後補助化学療法中の爪障害とその影響 逢阪美里
2020年10月15日
第28回日本乳癌学会学術総会
ポスターツアー
当院における小児・思春期における乳房腫瘤の検討 亀岡泰幸
2020年10月15日
第28回日本乳癌学会学術総会
ポスターツアー
専門分野:メディカルスタッフ 大川恵
2020年10月15日
第28回日本乳癌学会学術総会
ポスターツアー
HBOC診療の臨床環境の変化に伴うトリプルネガティブ乳癌の遺伝学的検査実施状況 笠原里紗
2020年10月15日
第28回日本乳癌学会学術総会
ポスターツアー
乳がん患者における過活動膀胱とホルモン治療との関連 金井久子
2020年10月15日
第28回日本乳癌学会学術総会
ポスターツアー
乳癌における化学療法誘発性認知機能障害(ケモブレイン)と脳MRIによる脳容積変化についての検討 喜多久美子
2020年10月15日
第28回日本乳癌学会学術総会
ポスターツアー
硬化性腺症を背景に発症する非浸潤性乳管癌の臨床病理学的特徴 吉田敦
2020年5月
ASCO Annual Meeting.
Can sentinel node biopsy after neoadjuvant systemic therapy be safely omitted in selected patient with Early Breast Cancer? Atsushi Yoshida, Yasuyuki Kojima, Mizuho Tazo, Naoko Matsuda, Koichiro Tsugawa, Hideko Yamauchi, Seigo Nakamura, Naoki Hayashi
2019年12月
San Antonio Breast cancer symposium
Validation of Prognostic Stage and Anatomic Stage in the American Joint Committee on Cancer 8th Edition for Inflammatory Breast Cancer Kumiko Kida, Kenneth R. Hess, Bora Lim, Toshiaki Iwase, Sudpreeda Chainitikun, Maryanne E. Sapon, Vicente Valero, Anthony Lucci, Carisa Le-Petross, Wendy A. Woodward, Savitri Krishnamurthy, Gabriel N. Hortobagyi, Debu Tripathy, Naoto T. Ueno
2019年12月
San Antonio Breast cancer symposium
Risk factors of ipsilateral breast tumor recurrence in primary breast cancer patients who achieved pathological complete response after neoadjuvant chemotherapy Matsuda N, Hayashi N, Tokui R, Nakayama T, Yamauchi H, Ishitobi M
2019年12月
日本乳癌学会関東地方会
乳癌温存療法後に発症したデスモイド型線維腫症の1例 笠原里紗、吉田敦、沼田亜希子、松田直子、尹玲花、竹井淳子、林直輝、角田博子、伊豆麻未、鹿股直樹、鈴木高祐、山内英子
2019年11月
日本マイクロサージャリー学会学術集会
Proactiveな治療へのパラダイムシフト―再建の進歩とともに 山内英子
2019年10月
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
当院におけるリスク低減乳房切除後の乳房再建 名倉直美、岩平佳子、竹井淳子、吉田敦、林直輝、松井瑞子、山内英子
2019年10月
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
遺伝性乳がんに対するリスク低減手術の取り組みについて 竹井淳子、吉田敦、林直輝、山内英子
2019年10月
日本美容外科学会総会
アクアフィリング豊胸術後に授乳を契機に感染をきたした3例 名倉直美、松井瑞子、山内英子
2019年8月
World Congress of Surgery WCS 2019
SPECIAL CONSIDERATIONS IN ADJUVANT TREATMENT IN PREMENOPAUSAL WOMEN 山内英子
2019年8月
関東産婦人科乳腺医学会
妊娠期乳がん~ふたつの命を守るために~ 山内英子
2019年7月
臨床薬学研究会
チームで寄り添う尊いいのち~妊娠期乳がん、乳がんの個別化治療へのチーム医療 山内英子
2019年7月
日本在宅医療連合学会大会
ひとつになる医療へ~乳がん患者への切れめない医療~ 山内英子
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
乳がんチーム医療における看護師による患者の潜在的問題の拾いあげ 金井久子、細川恵子、黒柳貴子、大川恵、岩田多加子、橋本久美子、山内英子
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
arboplatin併用術前化学療法の長期予後の検討 岩瀬まどか、安藤正志、青儀健二郎、有賀智之、井上賢一、下村昭彦、徳永えり子、増田慎三、山内英子、山下年成、岩田広治
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
治療医と会社(産業医)チームで取り組む乳がん患者の仕事と治療の両立支援~相談支援センターの役割~. 橋本久美子、金井久子、山内英子
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
照射歴のある温存乳房内再発に対する乳房切除術後人工乳房再建TE挿入中の経過 名倉直美、林直輝、吉田敦、竹井淳子、松井瑞子、岩平佳子、山内英子
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
妊娠関連乳癌(PABC)171例における妊娠期乳癌と出産後授乳期乳癌の比較と長期治療成績 片岡明美、阿部朋未、武田美鈴、植弘奈津恵、佐伯澄人、森園英智、伊藤良則、上野貴之、大野真司、山内英子
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
トリプルネガティブ乳癌における術前化学療法抵抗性に関する因子と予後の検討 村田友美、木村武志、竹井淳子、吉田敦、山内英子、林直輝
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
日本人女性の乳房構成と乳癌罹患リスクの関連 難波俊文、松田直子、角田博子、マハブブール ラーマン、林直輝、吉田敦、竹井淳子、山内英子
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
HBOCから何を学ぶべきか 山内英子
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
トリプルネガティブ乳癌、HER2陽性乳癌における術前化学療法後の超音波検査によるpCR評価について 越智友洋、角田博子、松田直子、野嵜史、鈴木高祐、山内英子
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
術前化学療法施行閉経前リンパ節転移陽性ER陽性HER2陰性乳癌における晩期再発のリスク因子 文亜也子、越智友洋、梶浦由香、竹井淳子、吉田敦、三好康雄、山内英子、林直輝
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
妊娠期乳癌の診療体制に関するアンケート調査 坂東裕子、山内英子、片岡明美、玉城研太朗、小林真理子、田村宣子、川野純子、深津裕美、北野敦子、塩田恭子
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
乳房温存術後寡分割照射に伴う放射線皮膚炎に対する、保湿剤塗布によるQOL改善 河守次郎、板澤朋子、福島祥子、伊藤亮子、羽賀千織、山内英子、関口建次
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
妊娠期乳がん体験者の心理的影響に関するインタビュー 小林真理子、深津裕美、山内英子、坂東裕子、片岡明美、玉城研太朗、田村宣子
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
乳癌における化学療法による神経系合併症(ケモブレインと末梢神経障害)についての検討 喜多久美子、山内英子、住谷昌彦、名取亜希奈、固武利奈、矢崎秀、橋本淳、緒方徹、下川敏雄、山内照夫
2019年7月 日本乳癌学会学術学会 班研究研究成果報告 妊娠期乳がんーふたつの命を守るためにー 山内英子
2019年7月
日本創傷外科学会総会学術集会
人工物による乳房再建術後の手術部位感染対策 名倉直美、松井瑞子、吉田敦、林直輝、竹井淳子、山内英子
2019年6月
日本家族性腫瘍学会
医療経済の観点からPRMを再考する 山内英子
2019年5月
日本形成外科学会総会・学術集会
授乳期乳腺炎を契機にアクアフィリング®による豊胸術後感染をきたした3例 名倉直美、松井瑞子、山内英子
2019年5月
日本形成外科学会総会・学術集会
当院におけるリスク低減乳房切除術後の乳房再建 名倉直美、岩平佳子、松井瑞子、林直輝、吉田敦、竹井淳子、山内英子
2019年4月
Global Breast Cancer Conference 2019
In Whom, When and How Do We Provide Risk Reduction Surgery? Hideko Yamauchi
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
BRCA1/2変異陽性乳がん患者に対する適切なマネージメント―リスク低減乳房切除術の意義を含め― 吉田敦
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
外科専攻医のためのドライボックスを用いた内視鏡手術トレーニングプログラム 鈴木研裕、宮坂清之、嶋田元、砂川宏樹、三隅寛恭、山内英子、板東徹、岸田明博、松藤凡
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
女性外科医の妊娠出産の現状と問題点、改善点は何か 川瀬和美、野村恭子、田口智章、野村幸世、明石定子、小川朋子、柴崎郁子、島田光男、竹下惠美子、冨澤康子、花崎和弘、葉梨智子、山内英子、山下啓子、中村清吾
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
乳癌ゲノム医療の進歩と共に患者に寄り添うために 竹井淳子、大川恵、鈴木美慧、山中美智子、山内英子
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
総合病院における働き方改革―外科修練と勤務体制―. 松藤凡、三隅寛恭、板東徹、山内英子、砂川宏樹、鈴木研裕、岸田明博
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
外科労働環境に関する医学科学生の意識調査からみた今後の働き方改革のあり方 吉田枝里、山内英子、袴田健一
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
Less invasive surgery for primary tumor and axillary lymph node after neoadjuvant chemotherapy 林直輝、越智友洋、山内英子、中村清吾
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
Predictive and prognostic value of tumor-infiltrating lymphocytes before and after neoadjuvant therapy in triple negative and HER2-positive breast cancer 越智友洋、林直輝、野嵜史、鈴木高祐、山内英子
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
当院におけるリスク低減乳房切除の現状と課題について 吉田敦、利川千絵、竹井淳子、大川恵、鈴木美慧、山内英子
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
一般市中病院における新外科専門医制度の現状と課題 板東徹、松藤凡、岸田明博、山内英子、三隅寛恭、砂川宏樹、嶋田元、鈴木研裕
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
The Japanese Breast Cancer Society QI committee striving to improve the quality of medical care through NCD breast cancer registration 日本乳癌学会QI委員会におけるNCD乳癌登録による医療の質の改善の試み Ide Y, Watanabe C, Masuoka H, YoshidaA, Sasaki M, Yotsumoto D, Otani S, Kataoka A, Nakamura S, Imoto S, Yamauchi H
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
ロールモデルを意識して 山内英子、鈴木研裕、岸田明博、坂東徹、三隅寛恭、砂川宏樹、嶋田元、松藤凡

書籍

乳がん検診を科学する

金原出版株式会社(2023/11/24)

角田 博子、竹井 淳子 他

乳腺外科の要点と盲点 第3版

(監修)戸井雅和(編集)石田孝宣、上野貴之
「乳房切除」吉田敦、山内英子(152-154)、「下胸筋神経・血管の温存」吉田敦、山内英子(210-211)、「胸壁再発・皮膚再発」木村優里、角舎学行(273-275)

文光堂(2023/6/26)

ISBN 978-4-8306-2346-2

遺伝性乳がん・卵巣がんを知ろう!みんなのためのガイドブック 2022年版

金原出版株式会社(2022)

山内英子、喜多久美子 他

乳腺腫瘍学(第4版)
「遺伝性乳癌」

金原出版株式会社(2022)

竹井淳子

Hereditary Breast and Ovarian Cancer
「Risk-Reducing Mastectomy (RRM)」(169-182)

Springer(2021)

Rina Kotake, Yasue Tsuchida, Kumiko Kida,  Hideko Yamauchi

遺伝性乳癌卵巣癌(HBOC)診療ガイドライン

Springer(2021)

山内英子、竹井淳子

知っておきたい乳房の画像診断
「非浸潤性小葉癌 総論」(220-225)

秀潤社(2021)

竹井淳子、山内英子

事例で考えよう!HBOCカウンセリングの進め方
「<分担執筆>第2章事例1 乳がん家族歴のある乳がん患者の事例」(25-35)

医学と看護社(2020)

深野智華

内科 特集 検査値を読む2020
「腫瘍関連検査」(1063-1069)

南江社(2020)

喜多久美子

 

乳がん (よくわかるがん治療)

山内英子

主婦の友社(2020/10/28)

ISBN:9784074432172

聖路加国際病院 乳がん術後の心と体をまもるダイエット 再発予防と体力アップのために

山内英子(監修)

女子栄養大学出版部(2020/4)

ISBN:9784789519205

医師・コメディカルのためのメディカルフィットネス
「乳がん」(146-149)

社会保険研究所(2019)

山内英子

健康華齢のためのスマートライフ
「健康づくり教室に参加した乳がん患者からの反響」(48-51)

サンライフ企画(2019)

田中喜代次、奥松功基、山内英子

医師のためのアンガーマネジメント
「子育てを通じて学んだ「タイムアウト」」(120-122)

日本医事新報社(2019)

山内英子

病態・治療論[13]産科婦人科疾患
「乳腺疾患」(81-91)

南江堂(2019)

山内英子、南村真紀

基礎から学ぶ遺伝看護学 「継承性」と「多様性」の看護学
「ゲノム医療と看護」

羊土社(2019)

大川恵

乳がん治療をのりきる生活・食事・お金

山内英子(監修)

主婦の友社(2019)

ISBN:9784074393978

遺伝/ゲノム看護
「がん遺伝看護」

医歯薬出版(2018)

大川恵

乳がんのことがよくわかる本

講談社(2018)

山内英子(監修)

妊娠期乳がん診療ハンドブック
「<編集・分担執筆>妊娠期がんの診断」(54-59)

南山堂(2018)

山内英子

 

薬剤師のための疾患別薬物療法Ⅰ
「乳がん<執筆協力>」(18-29)

南江堂(2018)

高山慎司、山内英子

 

婦人科腫瘍遺伝カウンセリングマニュアル
「リスク低減外科手術(RRM)」(102-105)

中外医学社(2018)

山内英子、吉田敦

メディア掲載情報

年で絞り込む

件中   件を表示
  • 日付 メディア・タイトル・概要 氏名