聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

乳腺外科

乳腺外科のお知らせ

  • 読み込み中

診療内容・特徴

ブレストセンターでは、質の高いエビデンスを元に、標準医療ガイドラインに沿った治療をベースにしながら、患者さんに寄り添って、最善・最良の医療の提供を目指しています。

その目標に向けて、様々な部署と定期的にカンファレンスを行いチーム体制で診療にあたっています。また、総合病院という特色を生かし、併発疾患を抱えた患者さんの受け入れも積極的に行っています。

ブレストセンターの詳しい診療内容については、こちらをご覧ください。

対象症例・得意分野・専門分野

  • 乳癌検診の二次精査
  • 乳房腫瘤の良悪性鑑別診断(穿刺吸引細胞診、針生検、マンモトーム生検)
  • 早期乳癌の治療(乳房温存手術、センチネルリンパ節生検、乳房切除術、乳房再建)
  • 進行乳癌に対する術前化学療法
  • 再発乳癌の治療(外来化学療法、ペインコントロールなどにおける緩和医療チームとの連携)
  • 家族性乳癌カウンセリング(遺伝診療部、女性総合診療部と連携)
  • 臨床試験、臨床治験などへの積極的な参加による先端医療の提供
  • 米国M.D.アンダーソン癌センターとの姉妹病院提携を通じたセカンドオピニオンの実施

診療実績

術式 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
総乳房手術 845 1047 1072 1150
乳がん手術 800 888 942 928
一期的乳房再建術 210 238 259 232
良性腫瘤切除術 45 71 54 59
35歳未満手術 49 41 54 48

トップへ

読み込み中...

トップへ

医師名/曜日
山内 英子          
林 直輝          
吉田 敦        
竹井 淳子          
角田 博子     AM      
岩平 佳子       PM    
濱岡 剛 ※1          
榎戸 克年 PM          
中村 清吾 AM          
南村 真紀          
松田 直子          
梶浦 由香          
深津 裕美          
越智 友洋        

※1 濱岡先生 月~土(午前のみ)(木曜を除く)桜新町濱岡ブレストクリニックにて診療

スタッフの詳細情報は名前をクリックしてください。

トップへ

  • 日付
  • お知らせ

トップへ

メディア掲載情報

年で絞り込む

件中   件を表示
  • 日付 メディア・タイトル・概要 氏名

論文情報

日付 雑誌名 論題 発表者
2017 Breast Cancer  Breast reconstruction and postmastectomy radiotherapy: complications by type and timing and other problems in radiation oncology. Sekiguchi K, Kawamori J, Yamauchi H
2017 Cancer Science A randomized phase II study of nab-paclitaxel as first-line chemotherapy in patients with HER2-negative metastatic breast cance Tamura K, Inoue K, Masuda N,Takao S,Kashiwaba M,Tokuda Y,Iwata H,Yamamoto N, Aogi K, Saeki T, Nakayama T,Sato N,Toyama T, Ishida T, Arioka H,Saito M,Ohno S,Yamauchi H,Yamada K,Watanabe J, Ishiguro H, Fujiwara Y
2017 Breast Cancer, 25(1);43-49 Change in sonographic brightness can predict pathological response of triple-negative breast cancer to neoadjuvant chemotherapy Matsuda N, Kida K,Ohde S, Suzuki  K, Yamauchi H, Nakamura S, Tsunoda H,
2017 Current Therapy, 35(9);873-6 医療経済の視点を踏まえた乳癌ゲノム医療. 35(9);873-6 中川千鶴子、山内英子.
2017 Clinical Breast Cancer Month 2017 (in press)  Discrepancies Between Pathological Tumor Responses and Estimations of Complete Response by Magnetic Resonance Imaging After Neoadjuvant Chemotherapy Differ by Breast Cancer Subtype.  Namura M,Tsunoda H,Yagata H,Hayashi N,Yoshida A,Morishita E,Takei J,Suzuki K,Yamauchi H
2017 Breast Cancer Cost-effectiveness of surveillance and prevention strategies in BRCA 1/2 mutation carriers Yamauchi H, Nakagawa C, Kobayashi M, Kobayashi Y, Mano T, Nakamura S, Arai M.
2017 Breast Cancer Research and Treatment. BMI change and abdominal circumference are risk factorsfor breast cancer, even in Asian women Suzuki Y,Tsunoda H,Kimura T,Yamauchi H
2017 Clin Breast Cancer. The Prognostic Effect of Changes in Tumor Stage and Nodal Status After Neoadjuvant Chemotherapy in Each Primary Breast Cancer Subtype. Hayashi N, Takahashi Y, Matsuda N, Tsunoda H, Yoshida A, Suzuki K, Nakamura S, Yamauchi H.
2017 Clin Breast Cancer.  Discrepancies Between Pathological Tumor Responses and Estimations of Complete Response by Magnetic Resonance Imaging After Neoadjuvant Chemotherapy Differ by Breast Cancer Subtype. Namura M, Tsunoda H, Yagata H, Hayashi N, Yoshida A, Morishita E, Takei J, Suzuki K, Yamauchi H.
2017 J Surg Oncol. Change in HER2 status after neoadjuvant chemotherapy and the prognostic impact in patients with primary breast cancer Yoshida A, Hayashi N, Suzuki K, Takimoto M, Nakamura S, Yamauchi H.
2017 J. Int J Clin Oncol Management for Hereditary breast and ovarian cancer syndrome Yamauchi, H. & Takei, J.
2016 Clinical Journal of Oncology Nursing, 20(1) Patients’ Perspectives on Creating a Personal Safety Net During Chemotherapy. Komatsu H, Yagasaki K,Yamauchi H, Yamauchi T
2016 EJSO - European Journal of Surgical Oncology (in press) Prognosis after mastectomy versus repeat lumpectomy inpatients with ipsilateral breast cancer recurrence: Apropensity score analysis Yoshida A, Takahashi O,Okumura Y, Arima N, Nakatsukasa K, Tanabe M, Shien T, Masuda N, Tanaka S, Komoike Y, Taguchi T, Iwase T, Nishimura R, Inaji H, Yamauchi H, Ishitobi M.  
2016 乳癌の臨床, 31(4);271-7 日本の乳癌診療における社会経済的考察 中川千鶴子、山内英子、中村清吾
2016 Oncotarget  Identification of frequent somatic mutations in inflammatory breast cancer Naoko Matsuda, Bora Lim, Ying Wang, Savitri Krishnamurthy, Wendy Woodward, Ricardo Alvarez, Anthony Lucci, Vincent Valero, James Reuben, Funda Meric-Bernstam, Naoto Ueno.
2016 Jpn J Clin Oncol,46(99);879-882 Evaluation of oral care to prevent oral mucositis in estrogen receptor-positive metastatic breast cancer patients treated with everolimus (Oral Care-BC): randomized controlled phase III trial. Niikura N, Ota Y, Hayashi N, Naito M, Kashiwabara K, Watanabe K, Yamashita T, Mukai H, Umeda M.
2016 Springerplus, 10(5);579 The optimal reconstruction size of nipple-areola complex following breast implant in breast cancer patients Nagura-Inomata N, Iwahira Y, Hayashi N, Komiya T, Takahashi O.
2016 J Cancer Bone metastasis-related signaling pathways in breast cancers stratified by estrogen receptor status  Naoki Hayashi, MD, PhD,1 Takayuki Iwamoto, MD, PhD,1 Yuan Qi, PhD, 2 Naoki Niikura, MD, PhD,1 Libero Santarpia, MD, 1, 9 Hideko Yamauchi, MD, 3 Seigo Nakamura, MD, PhD,4 Gabriel N. Hortobagyi, MD,1 Lajos Pusztai, MD,1 W. Fraser Symmans, MD, 9 and Naoto T. Ueno, MD, PhD,*1
2015年 Cancer Board Square 1(1);58-61 2020年から「乳がん」を考える 山内英子
2015年 Breast Cancer 22;462-8 Prevalence and differentiation of hereditary breast and ovarian cancers in Japan Nakamura S, Takahashi M, Tozaki M, Nakamura T, Nomizu T, Miki Y, Murakami Y, Aoki D, Iwase T, Nishimura S, Yamauchi H, Ohusumi S, Baba S, Shimizu T
2015年 日本乳癌検診学会誌 第24巻3号;362-8 ステレオガイド下吸引式組織生検で組織診断された異型病変の特徴とその対応 角田博子、森下恵美子、関根憲、矢形寛、南村真紀、山内英子、楊陽、阿部江利子、鈴木高祐
2015年 腫瘍内科 第16巻3号;211-8 家族性乳がんの頻度・診断と治療 竹井淳子、山内英子
2015年 臨床外科 第70巻 9号;1074-7 術後サーベランスの考え方と再発時の治療戦略 乳癌 吉田敦、山内英子
2015年 産科と婦人科 6号(35);627-31 妊娠期・授乳期のHBOCへの対応 北川瞳、秋谷文、塩田恭子、山中美智子、山内英子
2015年 乳癌の臨床 第30巻 第2号;155-160 異型を伴う閉塞性腺症と診断され10年間変化なく経過観察している石灰化症例の1例 関根憲、角田博子、本田聡、森下恵美子、山内英子、矢形寛、鈴木高祐
2015年 pNF-H. AGING, Epub 7(5) A piece of the ‘chemobrain’ puzzle Natori A, Ogata T, Yamauchi H
2015年 Cancer Board of the Breast 1(1);53-6 遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC) 山内英子
2015年 乳癌の臨床 30(1); 57-61 ステレオガイド下マンモトーム™生検時に留置したマイクロマーク™が皮内へ遊走した1症例 山中可南子、矢形寛、山内英子、鈴木高祐、角田博子
2015年 腫瘍内科 15(3);273-278 BRCAness乳がんに対するPARP阻害剤の補助療法試験-遺伝カウンセリングが必要な治験とは- 身崎 昌美、山内英子
2015年 Clinical Cancer Research, 2015 Mar 15;21(6):1348-52 Epub Potential Role of pNF-H,a Biomarker of Axonal Damage in the Central Nervous System, as a Predictive Marker of Chemotherapy-Induced Congnitive Impairment Natori A, Ogata T, Sumitani M, Kogure T, Yamauchi T, Yamauchi H
2015年 Pathol Int. Feb 2015; 65(2):81-8. doi: 10.1111/pin.12248. Epub The significance of combined CK5/6 and p63 immunohistochemistry in predicting the risks of subsequent carcinoma development in intraductal papilloma of the breast Yang Y, Suzuki K, Abe E, Li C, Uno M, Akiyama F, Yamauchi H, Kikuchi M, Ohde S, Deshpande G, Shibahara Y, Nakamura Y, Sasano H
2015年 Anticancer Res ; 35(1):379-83 Differential impact of fosaprepitant on infusion site adverse events between cisplatin- and anthracycline-based chemotherapy regimens Fuji T, Nishimura N, Urayama K Y, Kanai H, Ishimaru H, Kawano J, Takahashi O, Yamauchi H, Yamauchi T

学会・講演情報

学会・講演会名 論題 発表者
2017.6.2, Chicago USA, BMI change and abdominal girth as risk factors of breast cancer. Effect of a combined diet plus exercise intervention on weight loss, physical fitness, and cancer-related fatigue among Japanese women with breast cancer. Okumatsu K, Tsujimoto T, Seki A, Yamauchi T, Yamauchi H, Tanaka K.
2017.6.2, Chicago USA, BMI change and abdominal girth as risk factors of breast cancer. Cost-effectiveness of surveillance and prevention strategies in BRCA 1/2 mutation carriers.  Yamauchi H, Nakagawa C, Kobayashi M, Kobayashi Y, Mano T, Nakamura S, Arai M
2017 Li-Fraumeni 症候群サーベイランス構築の取り組み 竹井淳子
2016.12.16, Tx, USA, San Antonio Breast cancer symposium Clinicopathological predictors for low recurrence risk distinguished by 21-gene recurrence score in estrogen receptor-positive invasive breast cancer patient Tsuchida, Y, Hayashi, N, Omata, F, Yamauchi, H. 
2016.11.24, 東京, 日本臨床外科学会総会 当院で施行しているリスク低減乳房切除術の実際と問題点(ワークショップ) 吉田 敦
2016.6.16, 東京, 日本乳癌学会総会 治療とお金と人生プランを考えるサバイバーシッププログラム
『おさいふりんぐ』活動の報告と今後の課題
橋本久美子、山内 英子
2016.6.16, 日本乳癌学会総会 乳癌術後のホルモン療法患者への減量指導 松元 紀子1、北川 瞳2、岩間 達子1、山内 英子2
2016.6.3,Chicago USA, 2016 ASCO Annual Meeting, Phase II study of panitumumab, nab-paclitaxel, and carboplatin followed by FEC neoadjuvant chemotherapy for patients with primary HER-2 negative inflammatory breast cancer Matsuda N, Krishnamurthy S, Willey JS, Xiaoping W, Lim B, Parker CA, Wood AL, Alvarez RH, Booser DJ, Murray JL, Arun BK, Brewster A, Reuben JM, Woodward W, Lucci A, DeSnyder SM, Tripathy D, Valero V, Ueno NT. 
2016.6.3,Chicago USA, 2016 ASCO Annual Meeting Prognostic impact of pre- and postoperative chemotherapy in various breast cancer subtypes considering nodal status. Naoki Hayashi, Madoka Iwase, Atsushi Yoshida, Yuko Takahashi, Junko Takei, Koyu Suzuki, Seigo Nakamura, Hideko Yamauch
2015年12月
San Antonio Breast cancer symposium
CD44v as a potential predictive biomarker for pathologic complete response in primary HER2+ breast cancer: utility of adaptive response biopsy in preoperative therapy Yamauchi T, Imamura C, Yamauchi H, Jinno H, Takahashi M, Kitagawa Y, Nakamura S, Lim B, Krishnamurthy S, Reuben M, Lidu , Tripathy D, Zujewski J, Chen H,Takebe N, Saya H, Ueno N
2015年12月
San Antonio Breast cancer symposium
Effect of a structured group intervention on obesity in breast cancer survivors Kitagawa H, Hosaka T, Takeda N, Matsumoto N, Tomita M, Takahashi M, Yamauchi H
2015年12月
San Antonio Breast cancer symposium
Association between rim enhancement on magnetic resonance imaging and response of chemo therapy Motonari T, Yoshida A, Tsunoda H, Hayashi N, Yagata H, Yamauchi H
2015年11月
第77回日本臨床外科学会総会
女性外科医の感性と順応性をいかして 山内英子
2015年10月
第39回日本死の臨床研究会年次大会
患者就労支援-自分らしく、いきるを支えるために 山内英子
2015年9月
第3回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
巨大乳腺過誤腫に対し、腫瘤摘出術と乳房縮小術を同時に施行した一例 和田朝香、名倉直美、吉田敦、林直輝、竹井淳子、岩平佳子、山内英子
2015年9月
第3回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
センチネルリンパ節転移偽陰性患者に対する人工乳房再建 林直輝、吉田敦、名倉直美、河守次郎、竹井淳子、岩平佳子、山内英子
2015年9月
第3回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
温存乳房内再発に対する術式選択~照射後乳房に対する全摘後人工物による再建の選択肢~ 吉田敦、名倉直美、竹井淳子、林直輝、山内英子、岩平佳子
2015年7月
第23回日本乳癌学会学術総会
がん薬物療法を受ける女性患者の外見変化に対する看護支援プログラム介入がもたらす効果について 大畑美里、金井久子、細川恵子、山内英子、北野敦子、玉井奈緒、池田真理
2015年7月
第23回日本乳癌学会学術総会
妊娠期乳癌 ~チーム治療の実践と経過~ 北川瞳、林直輝、吉田敦、秋谷文、塩田恭子、山中美智子、矢形寛、山内英子
2015年7月
第23回日本乳癌学会学術総会
エキスパンダーを用いた人工乳房再建時の感染リスク因子の検討 吉田敦、猪股直美、尹玲花、竹井淳子、岩平佳子、磯村智子、林直輝、矢形寛、中村清吾、山内英子
2015年2月
Seoul International Symposium of Surgical Oncology 2015
Hereditary Breast and Ovarian Cancer Syndrome(HBOC)-Support for One's Medical Choice Yamauchi H
2015年1月
第4回日本がんリハビリテーション研究会
がんサバイバーシップとリハビリテーション 山内英子

関連著書

遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)診療の手引き 2017年版

遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)診療の手引き 2017年版

「わが国における遺伝性乳癌卵巣癌の臨床遺伝学的特徴の解明と遺伝子情 報を用いた生命予後の改善に関する研究」班 (編集), 竹井淳子

金原出版(2017/10/27)

乳がん薬物療法副作用マネジメント プロのコツ

乳がん薬物療法副作用マネジメント プロのコツ

増田 慎三 (編集), 林 直輝, 山内英子

メジカルビュー社(2017/9/11)

実践! 遺伝性乳がん・卵巣がん診療ハンドブック: HBOC管理とがん予防のためのネクストステップ (女性ヘルスケアpractice 2)

実践! 遺伝性乳がん・卵巣がん診療ハンドブック: HBOC管理とがん予防のためのネクストステップ (女性ヘルスケアpractice 2)

山内 英子 (編集)

メディカ出版 (2017/8/4)

外科レジデントマニュアル第4版

外科レジデントマニュアル第4版

松藤凡、山内英子、岸田明博、鈴木高祐

医学書院(2017/7/17)

がんの理学療法

がんの理学療法

井上順一朗 神津 玲 (252-6)

三輪書店(2017/5/19)

マンガでわかる乳がん (主婦の友実用No.1シリーズ)

マンガでわかる乳がん (主婦の友実用No.1シリーズ)

山内 英子 (監修)

主婦の友社 (2017/3/10)

心臓外科診療にみる医学留学へのパスポート (シリーズ日米医学交流)

心臓外科診療にみる医学留学へのパスポート (シリーズ日米医学交流)

価格:¥1,944

津久井 宏行 (著)、山内英子(著)、山内照夫(著)

はる書房  (2015/10/30)

あなたらしく生きる

あなたらしく生きる

価格:¥1,080

山内英子(著)

日本キリスト教団出版局 (2015/9/25)

実践 がんサバイバーシップ 患者の人生を共に考えるがん医療をめざして

実践 がんサバイバーシップ 患者の人生を共に考えるがん医療をめざして

価格:¥3,500

日野原 重明(監修) 山内英子 松岡 順治 (著)

医学書院 (2014/4)

乳がんって遺伝するの? 遺伝性乳がん 卵巣がんのすべて

乳がんって遺伝するの? 遺伝性乳がん 卵巣がんのすべて

価格:¥1,200

山内英子 吉野美紀子 (著)

主婦の友社 2013年9月

がん化学療法看護テキストブック

よくわかる最新医学 乳がん

価格:¥1,365

山内英子 (著)

主婦の友社 2012年11月

乳がん診療 聖路加スタイル 最高のチーム医療をめざして

乳がん診療 聖路加スタイル 最高のチーム医療をめざして

価格:¥3,360

山内英子(監修)、北野敦子 (編集)

中外医学社 2012年6月

遺伝性乳がん・卵巣がんの基礎と臨床

遺伝性乳がん・卵巣がんの基礎と臨床

価格:¥4,200

中村清吾 (編集)

篠原出版新社 2012年6月

がん化学療法看護テキストブック

がん化学療法看護テキストブック

価格:¥3,990

小松 浩子 (編集), 畠 清彦 (編集)

真興交易医書出版部 2010年7月

乳癌診療ポケットガイド

乳癌診療ポケットガイド

価格:¥3,888

聖路加国際病院ブレストセンター・オンコロジーセンター(編集)

医学書院 2014年7月

乳癌診療に携わるすべてのプロフェッショナル必携の書。患者中心のチーム医療を実践するために。(第2版)

乳癌薬物療法ポケットブック

乳癌薬物療法ポケットブック

価格:¥1,995

中村清吾 監修/中野絵里子 編著

中外医学社 2010年6月

がん外来化学療法マニュアル

がん外来化学療法マニュアル

価格:¥3,675

国立がんセンター中央病院通院治療センター (編集)

南江堂 2009年7月

怖さを知って使いこなす向精神薬—処方のDo & Don't

怖さを知って使いこなす向精神薬—処方のDo & Don't

価格:¥5,250

朝田 隆 (編集), 川西 洋一 (編集)

メジカルビュー社  2009年5月

トップへ