聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

理念・運営の基本方針

創設と理念

本院は1901年(明治34年)米国聖公会の宣教医師である
ルドルフ・トイスラー博士によって創設されました。

トイスラー博士は25歳で来日、診療所を開設し病院に発展させましたが、関東大震災でその建物は消失してしまいました。
しかし卓越したアイディアと実践力を駆使して再建に努力し、1933年(昭和8年)本格的な病院が再建され、1936年に財団法人聖路加国際メディカル・センターが設立されました。

太平洋戦争の戦火は免れましたが、 戦後、米軍病院として11年間接収され、その間は近隣の建物で診療を継続しました。

返還後も新しい知識技術を積極的に学び実践し、1992年(平成4年)21世紀にむけて、全人医療をめざす画期的な機能をもつ新病院を建築して5月に移転しました。
創立以来の目標は、キリスト教精神の下に、患者中心の医療と看護を行うことにあります。

特に診療業務、看護並びにその他の診療補助業務、事務部門との有機的統合をはかり、病院として組織医療の実をあげることに最大の努力をしています。

聖路加国際病院の理念

  This hospital is a living organism
designed to demonstrate
in convincing terms
the transmuting power of Christian love
when applied
in relief of human suffering.
                                       Rudolf B.Teusler(1933)

キリスト教の愛の心が
人の悩みを救うために働けば
苦しみは消えて
その人は生まれ変わったようになる
この偉大な愛の力を
だれもがすぐわかるように
計画されてできた生きた有機体がこの病院である
                        ルドルフ・B・トイスラー(1933)

運営の基本方針

  1. 「患者との協働医療」を実現するため、患者の価値観に配慮した医療を行う。
  2. 医療の質を高めるため、「根拠に基づいた医療」を実践する。
  3. 全人的医療を行うため、全職員の専門性を結集する。
  4. 地域住民の医療・介護・保健・福祉に貢献するため、地域の医療者・施設と連携する。
  5. 国内外の医療の発展に資するため、優れた医療人を育成する。
  6. 医療の発展に寄与するため、現場に根ざした研究を行う。
  7. 国際病院としての役割を果たすため、海外からの患者の受け入れ態勢を整える。
  8. 上記7項目を実現し継続するため、健全な病院経営を行う。

受診される皆様の権利

聖路加国際病院は、当院を受診される皆様が以下の権利を有することを確認し、尊重します。

  1. 人間としての尊厳をもって医療を受ける権利
  2. 最善の医療を受ける権利
  3. 自らの心身の状況に関わる情報を得る権利
  4. 医療サービスの内容と予測される結果について説明を受ける権利
  5. 他の医療者の意見(セカンドオピニオン)を求める権利
  6. 十分な情報を得た上で、自己の自由な意思に基づいて医療を受け、あるいは拒否する権利
  7. 研究や教育への参加を拒否する権利
  8. プライバシーが保たれる権利
  9. 医療費とその公的援助に関する情報を受ける権利

受診される皆様に守っていただく事

  1. 心身の状況とその他の必要事項について、詳しく正確にお伝えください。
  2. 検査や治療の内容を十分理解し、合意の上でお受けください。
    理解・合意できない場合は、その旨をはっきりお伝えください。
  3. 病院内で大声を出したり、器物破損行為があった場合は、状況に応じて院外に出ていただきます。
  4. 飲酒等、他の方々に迷惑のかかる行為があった場合は、状況により診療をお断りします。
  5. 病院は敷地内禁煙となっております。喫煙はご遠慮ください。
  6. 携帯電話の使用を制限している場所では、使用をご遠慮ください。
  7. 暴力をふるったり、暴言やセクシャルハラスメント、ストーカー行為があった場合は、診療をお断りします
  8. 入院中は、多額の現金や貴重品を持ち込まないようにお願いします。
    やむを得ない場合は、金庫をご利用ください。
  9. 医療費の支払請求を受けたときは、速やかにお支払いください。