聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

コ・メディカル部

放射線科

放射線科には診断、治療、核医学の3部門があり、それぞれに放射線技師および専門医が配属されています。各科より依頼される放射線検査(一般撮影・消化管造影・特殊検査・CT・MRI・超音波断層)と治療(ライナック・電子線治療・治療計画装置)と核医学検査が行われます。

撮影された画像はすべて放射線専門医によって読影、診断されその報告書は、放射線検査を依頼した科に届けられます。各科の医師はそれぞれの立場でこれを再検討し、放射線科と臨床各科との間では、カンファランスなどを介しての緊密な連携が図られています。放射線治療の適応については治療部門の専門医が決めています。

臨床検査科

臨床検査科には、専任の臨床検査医のほかに、各部門〔一般検査、血液学、生化学、細菌学、血清学、臨床生理、輸血〕にそれぞれ数名の臨床検査技師が配置され、検査を担当しています。技師長及び4名のチ-フにより臨床検査技師の技術指導および業務管理や検査成績の精度管理を行っています。


採血室より: 採血を受けられる患者のみなさまへ(PDFファイル):

PDFファイルをダウンロード

栄養科

栄養科では、入院患者の食事のすべてを管理しています。一般患者食の献立は、栄養のバランスを考慮し、塩分も9g 程度におさえ、絶えず病棟と密接に連絡をとって食事内容をコントロールし、患者の嗜好や希望もできるだけ取り入れるようにしています。

材料は新鮮で良質なものを使用しています。配膳には、冷温蔵配膳車を利用し、食事を温かいもの・冷たいものの温度を保って提供しています。

リハビリテーション科

治療医学の発達による救命率の向上に伴い、リハビリテーションの重要性は益々高まっています。

当院では理学療法(PT)と言語聴覚療法(ST)と作業療法(OT)のサービスを提供しています。これらは単なる機能回復訓練にとどまるだけでなく、そのまま放置すれば被保護者から脱却できない人々を、訓練することによって社会復帰させ、本人の生きがいを取りもどすだけではなく、被保護者を納税者に変えるという社会経済的効果をも担っています。又病院内においても、訓練によって入院日数を大幅に短縮する効果もあげており、医師、看護婦、PT、ST、OT、MSW、訪問看護科等との緊密な連携のもとに、総合的な効果が上げられる様努力しています。

医療社会事業科

本院は1929年(昭和4年)に医療社会事業部(Social Service Department)をもうけました。これが日本におけるメディカルソーシャルワークの始まりです。以後ソーシャルワーカーは社会・心理的な問題のため治療に専念できない患者や家族の相談に乗り問題の解決に協力したり、病気回復の妨げとなったり、病気の誘因と考えられる問題を取り除くため、患者や家族と話し合いを行います。最近は、情報開示と自己決定の問題や、ターミナルの患者の相談にも乗ります。医療に直接関らないが、医師や看護婦の診療に貢献しています。

臨床工学室

臨床工学技士によって医療用機器器材を中心に、廃棄処分までを取り扱い、定期点検はもとより、使用後器材の点検整備、修理改良、試作品の制作等も受け持っています。使用中人工呼吸器の毎日点検と回路交換作業や使用後点検整備。手術室での人工心肺装置の操作。院内各部署で発生する医療用機器のトラブルに対する迅速な対応。毎朝病棟を巡回して情報の収集、状況の把握、故障の早期発見や整備指導。中央管理している貸し出し器材の使用後点検整備。在宅患者用の人工呼吸器保守管理や在宅酸素療法、吸引器等の家族への取扱説明や指導等。職員には医療用機器の取扱説明や勉強会を随時開催しています。

内視鏡検査室

消化器内視鏡診療における内視鏡および関連機器の管理・整備・操作補助と、機器の洗浄・消毒を担当しています。検査スケジュールの作成や検査資料の管理、保存も行ないます。

病理診断科

当院の病理学科は臨床側と極めて緊密な関係をもっており、C.P.C.やTissue Conference (手術材料、生検、細胞診についての病理臨床討議会)を通して、徹底的に病態や病因を追求する機会が与えられています。又、臨床の学会発表などにも協力しています。