聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

緩和ケア科

緩和ケア科のお知らせ

  • 読み込み中

診療内容・特徴

緩和ケアとは、がんなどの病気から来る患者さんとご家族の身体的、精神的つらさを緩和する医療です。患者さんの生命・生活の質を大切にして、少しでもご自分らしい日々を送ることができるように、患者さんとご家族を支援します。

対象症例・得意分野・専門分野

緩和ケア外来

外来で患者さんとご家族のさまざまなつらさを緩和します。がんの治療と並行して、苦痛を和らげるお手伝いもいたします。
診療時間は平日の午前で予約制となっています。
当院通院中の方で,受診をご希望される場合は、担当医師または看護師にご相談ください。

緩和ケアチーム

一般病棟に入院中でも、苦痛が強い場合には主治医あるいは担当医からの紹介をもとに緩和ケアチームのスタッフ(緩和ケア科医師、がん看護専門看護師、薬剤師)が病室を訪問し、対応いたします。
治療方針は病棟の主治医が決定しますが、症状緩和についての相談に応じ、助言をさせていただきます。
当院入院中の方で,緩和ケアチームの対応をご希望される方は、担当医師または看護師にご相談ください。

緩和ケア病棟

がんそのものを治すことがむずかしい状況にある患者さんのための入院施設です。 がんに対する直接的な治療(抗がん剤治療、放射線治療、手術など)、おからだの負担になるような処置・検査、単なる延命のための措置や蘇生術などは基本的に行いませんが、患者さんの負担とならない、支えとなる治療は相談の上、行います。
痛みや苦しみ、悩みをできる限り和らげ、少しでもご自分らしい日々を送ることができるよう支援いたします。
症状が安定した場合は在宅療養をお勧めします。退院後は緩和ケア外来に通院したり、訪問看護ステーションや地域のクリニックと協力して在宅ケアを受けることができます。

診療実績

  項目 2012年度 2013年度 2014年度
病棟 入院患者数 236名 240名 209名
院内他科からの転入 64名 82名 82名
平均在院日数 26.5日 26.1日 29.6日
外来 初診患者数 399名 459名 395名
院内他科からの紹介 91名 141名 119名
延患者総数 1,436名 1,876名 1,622名
緩和ケアチームへの
コンサルテーション
入院コンサルテーション 227名 294名 234名

受診の手続き

当院ですでに診療を受けている患者さんは主治医にご相談ください。
当院以外の医療機関をご利用中の患者さんは外来の予約をお取り下さい。

  • 外来診療は、完全予約制です。
  • 入院については外来で担当医師が面談の上、決定いたします。

外来予約の取り方

  • 医療社会事業科のソーシャルワーカーが受診および予約の相談を承ります。
  • 月~金曜日の10:00~15:00の間に電話でご相談ください。
  • 直通TEL:03-5550-7031

外来受診の流れ

病院へお電話ください。(医療社会事業科へ)

ソーシャルワーカーが患者さんの現状をお聞きした上で緩和ケア科外来の予約、当院緩和ケア科についての簡単なご説明をいたします。

本館1階新患受付にて手続きをしてください

お手続きには主治医の診療情報提供書が必要です。

予約した日時に1号館2階緩和ケア科(形成外科)受付へお越しください。

受付にて当院の診察券・診療情報提供書・参考となる画像などをお出しください。

緩和ケア科医師、看護師による面談・診察。

必要に応じて入院の申し込み。

あるいは在宅での療養の継続。(この場合は、次回の外来の予約)

希望される方には、医師の診察・面談後、病棟内をご案内いたします。

ご本人の受診が困難な場合

患者さんご自身がいらっしゃるのが望ましいですが、患者さんの病状を良くご理解された近親者の方だけでもかまいません。

受診の際に必要なもの

  • 現在かかっている主治医の診療情報提供書が必ず必要になります。できれば、画像など参考になる資料もお持ち下さい。
  • 患者さんが受診される場合は保険診療となりますので、保険証をご持参ください。

なお、患者さんが他院入院中に当科を受診される場合、あるいは近親者の方のみが来院される(患者さんが受診されない)場合は自費診療(面談料5000円)となります。

まだ、入院する程の病状ではない場合

外来での症状コントロールの相談だけでも、かまいません。
在宅で療養するための相談も受け付けています。

入院が決定した場合

入院当日の手続きに必要なもの、入院時のお持ち物については、こちらにお問い合わせください。

看護師との面談のみを希望する場合

現在かかっている主治医に診療情報提供書を依頼する前に、当院の緩和ケアについての説明を希望する場合は、緩和ケア外来担当のがん看護専門看護師と面談することができます。

  • 手続きは受診の場合と同様となります。
  • 入院あるいは通院を希望する場合は、改めて緩和ケア科医師の診察・面談を予約していただきます。

緩和ケア病棟の特徴

  • 医療スタッフは患者さんの状況に合わせて訪室します。治療や処置は可能な範囲で患者さんのご希望を取り入れるようにいたします。
  • 訪問や付き添いの制限はありません。患者さんのご希望に合わせます。ご家族が付き添いや宿泊を希望される場合は、簡易ベッドを貸し出します
  • 患者さんが愛用していた物や嗜好品、差し入れなどの持ち込みは自由ですが、管理上の責任は負いかねます。ペットの持ち込みについては、スタッフにご相談ください。病室・病院内での喫煙は防災上許可できません。
  • 患者さんの外出・外泊については、医師または看護師にご相談ください。なお、外出・外泊を希望される場合は、所定の用紙による届け出をお願いいたします。
  • 病棟内の設備はご自由に利用することができます。
    • 多目的室にはピアノ、CDや本の貸し出しがあります。
    • 事前にお知らせ頂ければ、ご家族での団らんやパーティーにもご利用いただけます。
    • 洗髪コーナーでは洗髪や理髪ができます。理髪は予約が必要ですので看護師にお申し込みください。
    • 患者さん用のキッチン、冷蔵庫、電子レンジなどもありますのでご利用ください。
    • 病棟用キッチンには給湯機・製氷機のほかに、かき氷機などの用意があります。
    • 備え付け以外に物品の持ち込みを希望される場合は、スタッフにご相談ください。安全管理上お断りすることもあります。なお、持ち込まれた物品に関しての責任は一切負いかねます。
  • 催し物として、チャプレン(牧師)とのお話の会:毎週月曜14:00~、ホームコンサート:毎週金曜14:00~のほか、お誕生日会、季節の行事などが随時ありますので、掲示をご覧ください。
  • 日祭日を除き日中2~3名のボランティアが、お花の水替えやタオルの交換、ティータイムの準備のほか、患者さんの散歩の付き添い・買い物・マッサージなどをいたしますので、お声をかけてください。

医療スタッフ

緩和医療専門の主治医、担当医、ナースマネジャー、アシスタントナースマネジャー、看護師、看護補助者、薬剤師、ボランティアが中心となり、その他に必要の応じて精神科医、心療内科医、精神ケアの専門看護師、チャプレン(牧師)、ソーシャルワーカー、音楽療法士、栄養士、理学療法士、訪問看護師などがチームとなって、患者さんとご家族を支援いたします。相談がある場合はお声をかけてください。

施設の概要

  • 病室は全23床で、有差額個室が10床、無差額室が13床です。
  • 無差額室はシャワー・トイレ付個室が6床、トイレ付個室が1床、シャワー・トイレ共用準個室が6床です。
  • その他の設備として、エレベータバス、談話室、患者さん用キッチン、面談室、家族控え室、洗髪コーナー、音楽療法室などがあります。

施設概要

病室の利用

  • ご希望以外の病室に入られた場合は、空床ができしだいご希望の病室に移動できるようにいたします。
  • 症状が安定した場合はできるだけ在宅で療養されることをお勧めします。
  • 原則として長期の入院は出来ません。症状が安定した状態での入院継続を希望される場合は、転院をお願いすることがあります。

入退院について

  • 入院および退院についてはご本人・ご家族、医療スタッフで話し合い、理解と同意のもとに決定します。
  • 退院後は緩和ケア外来で診療を継続することも出来ます。
  • また、当院や地域の訪問看護ステーション、開業医と協力して在宅ケアを受けることもできます。

トップへ

読み込み中...

トップへ

医師名/曜日
林 章敏    
長 美鈴        
松田 洋祐        
当番医           10:00~12:30
齊藤 恵理香        

スタッフの詳細情報は名前をクリックしてください。

トップへ

  • 日付
  • お知らせ
  • 現在、お知らせはありません。

トップへ

メディア掲載情報

年で絞り込む

件中   件を表示
  • 日付 メディア・タイトル・概要 氏名

関連著書

心に残る最期のとき—がんを生き抜いた3500人とのスピリチュアルコミュニケーション

心に残る最期のとき—がんを生き抜いた3500人とのスピリチュアルコミュニケーション

価格:¥1,260

林 章敏

あうん 2010年

がん性疼痛ケア完全ガイド

がん性疼痛ケア完全ガイド

価格:¥3,570

林章敏、中村めぐみ、高橋美賀子

照林社 2010年

がん治療にかかわるすべての方に必ず役立つ。緩和ケアの知識・技術を網羅した決定版。

論文情報

日付 雑誌名 論題 発表者
2010年1月発行 Nursing Today 変わるがん治療と診療報酬(特集・がん治療は最期まで緩和ケアは早期から) 林 章敏
2010年発行 消化器肝胆膵ケア 自分自身を大切にしてこそ、患者さんを大切にすることができる 林 章敏
2010年発行 臨床精神医学 緩和ケアとチーム医療 林 章敏
2010年発行 漢方と診療 緩和ケアに漢方を 林 章敏
2010年発行 胆と膵 膵・胆道がんにおける緩和医療の現況と展望 緩和ケア医からみた膵・胆道癌緩和医療 林 章敏
2010年発行 ナーシング・トゥデイ がん治療は最期まで 緩和ケアは早期から 変わるがん治療と診療報酬 林 章敏

トップへ