聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

形成外科

形成外科のお知らせ

  • 読み込み中

診療内容・特徴

形成外科は、「機能回復」と「社会生活の質の向上」を目指す専門外科で、全身のあらゆる部位の異常や形態の変化を治療します。

組織の異常、変形や欠損などの疾患を治療の対象とするマイクロサージェリーによる「再建外科」と、患者さん自身が大変気にしている形状を治療対象とする「美容外科」を両立させているのが特徴です。 QOL(生活の質)を高めるための診療科です。保険診療が主体ですが、内容によっては自費診療になる場合があります。

当院形成外科では、相談に来られた患者さんの話をよく聞き、いくつかの方法を提示した上で患者さんと共に治療法を選択しております。また、当院では形成外科専門医が他の診療科と協力して診療にあたりますので、他の診療科にお罹りの患者さんでも安心して受診いただけます。

私たちには生まれつきであったり、生活していく中のさまざまな出来事(事故や加齢、悪性腫瘍など)の結果として、外観的な変形が生じてしまったりすることがあります。

それは直接的に命にかかわるるようではないにしても、『見た目』の問題だけではなく、機能的な問題や心の問題にも発展したり、影響したりもします。形成外科は、「機能回復」と「社会生活の質の向上」を目的とする専門外科で、脳や、肺、心臓といった特定の臓器の病気を扱う診療科ではなく、全身のあらゆる部位の異常や形態の変化を治療します。形成外科には大きく二つの分野があります。

「再建外科」

組織の異常、変形や欠損などの「疾患」を治療対象とします。

「美容外科」

ご自身が大変気にしている形状を治療対象とします。

この2つの分野に明確な境界はありません。顔面などは形がそのまま社会的な機能をになっているからです。日常生活を気持ちよく送れるように、自分という人間が好きになれるように、毎日を前向きに生活していくための手助けをする科−それが形成外科と考えております。

対象症例・得意分野・専門分野

  1. 先天異常:口唇、口蓋裂、手足の先天異常、その他
  2. 再建外科:外傷や手術による組織欠損、変形の治療
  3. 手の外科:外傷性切断、骨折、腱損傷など
  4. 母斑・血管腫・良性腫瘍
  5. 顔面外傷
  6. 瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド
  7. 褥瘡・難治性潰瘍
  8. 熱傷
  9. 美容外科:シワ、タルミの改善、瞼、鼻などの美容手術

診療実績

2014年手術件数

術式 入院 外来 合計
Ⅰ.外傷 45 20 65
熱傷・凍傷・化学損傷・電撃傷の手術例 - - -
顔面軟部組織損傷 5 5 10
顔面骨折 27 2 29
頭部・頸部・体幹の外傷 - - -
上肢の外傷 11 13 24
下肢の外傷 2 - 2
外傷後の組織欠損(2次再建) - - -
Ⅱ.先天異常 32 16 48
唇裂・口蓋裂 2 2 4
頭蓋・顎・顔面の先天異常 11 12 23
頸部の先天異常 - 1 1
四肢の先天異常 15 - 15
体幹(その他)の先天異常 4 1 5
Ⅲ.腫瘍 125 305 430
良性腫瘍(レーザー治療を除く) 81 289 370
悪性腫瘍 29 12 41
腫瘍の続発症 - 1 1
腫瘍切除後の組織欠損(一次再建) 13 - 13
腫瘍切除後の組織欠損(二次再建) 2 3 5
Ⅳ.瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド 18 43 61
Ⅴ. 難治性潰瘍 16 4 20
褥瘡 2 - 2
その他の潰瘍 14 4 18
Ⅵ. 炎症・変性疾患 59 41 100
Ⅶ.美容(手術) 16 34 50
Ⅷ.その他 5 1 6
Extra. レーザー治療 24 245 269
良性腫瘍でのレーザー治療例 24 235 259
美容処置でのレーザー治療例 - 10 10
大分類計 340 709 1,049

トップへ

読み込み中...

トップへ

医師名/曜日
大竹 尚之        
松井 瑞子        
唐橋 一孝        
田中 早苗          
梁 太一        
クレ カツヒロ          
神田 憲吾        
金﨑 茉耶        

スタッフの詳細情報は名前をクリックしてください。

トップへ

  • 日付
  • お知らせ
  • 現在、お知らせはありません。

トップへ

メディア掲載情報

年で絞り込む

件中   件を表示
  • 日付 メディア・タイトル・概要 氏名

書籍情報

心療内科ケーススタディ—プライマリケアにおける心身医療

見開きナットク!フットケア実践Q A

松井瑞子、衛藤光、西裕太郎、金児玉青

全日本病院出版会 2010年3月

トップへ