聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

救急部

救急部のお知らせ

  • 読み込み中

診療内容・特徴

聖路加国際病院 救急部のご紹介

救急部の詳細はこちらをご覧ください。

(1) 都内有数の大規模ER型救命救急センター

・都内26箇所ある救命救急センターの1つ
・約20年にわたり1次~3次の“断らないER”を実践(応需率≧90%)
・救急車・外来患者を全て救急部にて診療 (小児、産婦患者を除く)

(2) 20年間かけて整備された最適なER環境

・潤沢な各専門医によるバックアップ体制
・内科、外科など風通しの良い診療協力体勢
・専門性の高いDiscussionを緊張感を持って行うことで日々切磋琢磨

(3) 成長のためには、学びと実践あるのみ

・後期1年目4月から、外来のDecision makingを実践
・後期1年目6月から、上級医のバックアップのもと当直責任者
・「専門医になるまでに一人前に」

(4) 良きER診療のため、良き集中治療を

・救急部集中治療室 計20床 (ICU 8床 HCU12床 オープンICU)
・心肺停止蘇生後、多発外傷、薬物中毒、敗血症/ARDSなど、救急部による集中治療管理を行います
・主治医、後期研修医、初期研修医によるチーム診療体制です

(5) “最短”研修で、2つの専門医資格を取得

・日本救急医学会 救急科専門施設(指導医施設)
・日本集中治療医学会 集中治療専門医研修施設

その他、各科とのカンファレンスや勉強会を随時開催しております。 また、希望者は東京DMATや日本DMATの一員として災害時診療が可能です。

診療実績

2015年度 救急車、総患者数は都内No.1

  • 救急車受け入れ数

    11,262台 (3次救急1,019台)

  • 診療患者数

    計46,193名 (外来患者数 34,931名)

トップへ

読み込み中...

トップへ

  • 現在、お知らせはありません。

  • トップへ

    メディア掲載情報

    年で絞り込む

    件中   件を表示
    • 日付 メディア・タイトル・概要 氏名

    関連著書(分担執筆含む)

    発行年 出版社 書籍名 氏名
    2014年 南山堂 知らなきゃ損する!Doctor's pearl 宮道亮輔
    2014年 照林社 急変対応のABCD 体位変換時の気管切開チューブ誤抜去。再挿入を試みるが、挿入できず… 宮道亮輔
    2014年 照林社 急変対応のABCD 嘔気・嘔吐がある患者さんが突然けいれん!モニターを見たらVfが… 宮道亮輔
    2014年 照林社 急変対応のABCD 心電図アラームがよく鳴る患者さん。いつもの電極外れかと思ったら… 宮道亮輔
    2014年 照林社 急変対応のABCD 夜間ポータブルトイレでの排泄時、一時的に意識消失! 宮道亮輔
    2014年 文光堂 救急・当直で使える外科的処置のコツ 〜感染を防ぐ!(創傷処置に対する基本Part3)〜抗菌薬の使用と予防接種 宮道亮輔
    2014年 文光堂 救急・当直で使える外科的処置のコツ あっ!咬まれた!Part1〜イヌ、ネコ、ヒト編〜 宮道亮輔
    2014年 学研メディカル秀潤社 ビジュアルプラクティス ライン管理 中心静脈・動脈穿刺 宮道亮輔
    2014年 照林社 急変対応のABCD 望月俊明
    2014年

    医歯薬出版

    デビッドソン内科学 9章中毒-化学物質と農薬〜刺咬症 望月俊明
    2014年 医歯薬出版 デビットソン内科学 大谷典生
    2014年 医学書院 今日の治療方針 大谷典生
    2013年 学研 ビジュアルプラクティス:気管挿管 大谷典生
    2013年 学研メディカル秀潤社 ビジュアルプラクティス 人工呼吸管理 モード設定とウィーニング 望月俊明
    2012年 メディカ出版 EMERGENCY CARE(エマージェンシー・ケア) 夏季増刊
    救急看護に必要な疾患の知識
    宮道亮輔
    2012年 照林社 クリティカルケア実践の根拠 望月俊明
    2012年 医学書院 救急レジデントのTIPS 望月俊明
    2012年 医学書院 救急レジデントのTIPS 大谷典生
    2012年 医学書院 今日の治療方針 大谷典生
    2011年 エルゼビアジャパン Procedures CONSULT 望月俊明
    2010年 インターメディカ Quality Indicator 2010 大谷典生
    2010年 医歯薬出版 当直医マニュアル2011 本間洋輔
    2010年 医歯薬出版 研修医手技マニュアル 本間洋輔
    2010年 医学書院 今日の診断指針 石松 伸一
    2010年 医学書院 今日の治療指針 石松 伸一
    2009年 メヂカルフレンド 新体系 看護学全書37看護の統合と実践① 看護学実践マネジメント 医療安全 青木光広

    論文情報

      
    日付 雑誌名 論題 発表者
    2014年 腎と透析 外傷と水電解質異常 宮道 亮輔*1
    2014年 日本医事新報 wsalk-in受診した救急患者の傾向と対策
    JTASを用いた緊急度評価
    宮道亮輔*1; 石松伸一*1, 綾部晶子*2
    2014年 Modern Physician カフェイン中毒 大谷典生
    2013年 小児内科 サリチル酸中毒 望月俊明
    2013年 呼吸器ケア 胸部X線写真の見かた 望月俊明
    2013年 日本救急医学会雑誌 震災支援者のストレスマネージメントおけるSignificant Event Analysisの有用性について 非盲検化ランダム化比較試験 宮道亮輔*1, 石川鎮清, 尾身茂
    2013年 レジデントノート ERで決めたい!脱臼整復のあれこれ 宮道亮輔*1
    2013年 レジデントノート 特集にあたって 宮道亮輔*1
    2013年 レジデントノート 動きながら判断する!内科エマージェンシー 宮道亮輔*1
    2013年 救急・集中治療 症例から学ぶ急性中毒:アセトアミノフェン 大谷典生
    2012年 救急・集中治療 蘇生のゴールとしての乳酸値 望月俊明
    2012年 Emerg Med J Evaluating patient self-assessment of health as a predictor of hospital admission in emergency practice: a diagnostic validity study. Miyamichi R*1, Mayumi T*2, Asaoka M*3, Matsuda N*4.
    2012年 EMERGENCY CARE 【何を検査する?データはどう見る?事例で学んで流れで理解!救急初療で必須の臨床検査】
    呼吸困難を訴える患者
    宮道亮輔*1、石松伸一*1
    2012年 日本救急医学会関東地方会雑誌 関東地方のER 現状と明日 聖路加国際病院ERの現状と課題 大谷典生、石松真一、三上哲、田中太郎、伊藤恭太郎、高林健、本間洋輔、佐久間麻里、望月俊明、青木光広
    2011年 医学のあゆみ 大災害時にライフラインを維持するために 大谷典生
    2011年3月 救急・集中治療23巻3.4号 ER・ICUで知っておきたい外科手技と処置 胸腔穿刺と胸腔ドレナージ 本間洋輔 大谷典生
    2010年7月 救急・集中治療22巻7・8号 徹底ガイドアナフィラキシー&A-研修医からの質問226- ヒスタミン様症候群 本間洋輔 大谷典生
    2010年6月 American Journal of Emergency Medicine Reliability of anion gap calculated from data obtained using a blood gas analyzer Norio Otani, M.D.; Sachiko Ohde, Ed.M.; Toshiaki Mochizuki, M.D.; Shinichi Ishimatsu, M.D., Ph.D.
    2010年5月 Emergency care バイタルサインはここをこうみる! 佐久間麻里
    2009年 地域医学 自治医大卒業生のジェネラリストとしての教育についての考察 ジェネラル医アンケートより 宮道亮輔
    2009年 救急看護学会雑誌 救急医療・救急看護における「差」 現状とその要因 救急医療の「差」は地域の体力の「差」である 宮道亮輔
    2009年 レジデントノート 【救急外来で軽症にみえる重症患者を見抜く】 人生最悪の頭痛と、頭が痛くて人生最悪 宮道亮輔
    2008年 ERマガジン 【ERと整形外科のコラボレーションによる まちがいのない軽症外傷の評価と処置の進め方】 RICEってエビデンスがあるんですか? エビデンスと臨床とわたしとあなた 宮道亮輔
    2007年 プレホスピタル・ケア 【病院外意識障害患者へのアプローチ】 全身疾患と意識障害 現場で見逃してはいけない病態とは 宮道亮輔
    2007年 レジデントノート 【救急からの入院治療】 「糖尿病ケトアシドーシス、高血糖高浸透圧昏睡」の入院へのアプローチ 糖尿病緊急症の鑑別とインスリンの使い方、いろはの「い」 宮道亮輔

    講演・学会情報

    日付 学会・講演会名 論題 発表者
    2014.05.31-06.01 日本臨床救急医学会総会・学術集会 トリアージナースの成長過程についての質的研究 宮道亮輔,石松伸一,綾部晶子,藤原薫, 佐野成美,加藤佐知子,前嶋亜希子,奥山智子
    2014.05.31-06.01 日本臨床救急医学会総会・学術集会 地域医療と救急医療の信念対立を解明し、これからの救急医療を考える 宮道亮輔,石松伸一,大谷典生, 望月俊明,伊藤恭太郎,三上哲,三谷英範, 田中裕之, 今野健一郎
    2014.05.10-11 日本プライマリ・ケア連合学会学術集会 外来の待合室トリアージでアンダートリアージをする要素についての探索的研究 宮道亮輔, 石松伸一,綾部晶子, 藤原薫,佐野成美, 加藤佐知子, 前嶋亜希子, 奥山智子
    2013.07.12-13 日本臨床救急医学会総会・学術集会 当院救急外来におけるwalk-in患者の緊急度と入院の内訳 宮道 亮輔,井原 千絵,小野 ちさ登 ,奥山 智子 ,前嶋 亜希子
    佐野 成美,香取 雅美 ,高林 健,綾部 晶子 ,石松 伸一
    2012.11.13-15 日本救急医学会総会・学術集会 震災支援者のストレスマネージメントにおけるSignificant Event Analysisの有用性について: 非盲検化ランダム化比較試験 宮道亮輔,石川鎮清,尾身茂
    2012.06.16-17 日本臨床救急医学会総会・学術集会 日本救急医学会BLSコースアンケートの質的検討 宮道亮輔
    2012.06.16-17 日本臨床救急医学会総会・学術集会 日本救急医学会BLSコースアンケートの量的検討 宮道亮輔
    2012.06.16-17 日本臨床救急医学会総会・学術集会 救急救命士が持ち寄った急性心筋梗塞との鑑別に苦慮した症例の検討 宮道亮輔,加納秀記,坪内宏樹,稲田眞治

    トップへ