聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

AYAサバイバーシップセンター

AYAサバイバーシップセンターのお知らせ

  • 読み込み中

AYA世代のがんとは?

AYAとは、15歳から39歳までの思春期・若年成人(Adolescent and Young Adult, AYA)のことです。現在日本では、毎年約2万人のAYA世代の若者が「がん」と診断されています。AYA世代のがんは、その他の世代と比べ、治療開発の遅れや、心理社会的支援体制の不足などが課題としてあげられています。当センターではAYA世代がん患者さんが抱える世代特有の悩みに応じた支援体制の確立を目指しています。

AYA世代のがんの種類

AYA世代に発生するがんは小児期に多い白血病や肉腫などの非上皮がんから、40歳以上の成人・高齢者に多い上皮がん(乳がん、大腸がん、子宮頸がんなど)が混在するのが特徴です。そのため、小児科と成人腫瘍科の連携が大切になります。当院では様々ながんの専門職が協力し、AYA世代のがん患者さんが最適な治療や療養が行えるよう支援しています。

1位 2位 3位 4位 5位
0〜14歳
(小児)
白血病
[38%]
脳腫瘍
[16%]
リンパ腫
[9%]
胚細胞腫瘍・
性腺腫瘍
[8%]
神経芽腫
[7%]
15〜19歳 白血病
[24%]
胚細胞腫瘍・
性腺腫瘍
[17%]
リンパ腫
[13%]
脳腫瘍
[10%]
骨腫瘍
[9%]
20〜29歳 胚細胞腫瘍・
性腺腫瘍
[16%]
甲状腺がん
[12%]
白血病
[11%]
リンパ腫
[10%]
子宮頸がん
[9%]
30〜39歳 女性乳がん
[22%]
子宮頸がん
[13%]
胚細胞腫瘍・
性腺腫瘍
[8%]
甲状腺がん
[8%]
大腸がん
[8%]

出典:国立がん研究センター がん情報サービス

AYA世代がん患者さんのための相談外来

がん患者さんのためのリプロダクション外来

がんの治療、特に化学療法(抗がん剤治療など)や放射線治療を行うことによる卵巣や精巣への影響、治療後の妊娠の可能性や影響に関して、ご相談をお受けしています。

がん患者さんのためのリプロダクション外来のお知らせ

遺伝外来

家族性腫瘍とや周産期(妊娠・出産)の遺伝、その他の遺伝性疾患に関する相談をお受けしています。

遺伝診療部

AYA世代にがん治療を受けた方の、治療終了後の相談窓口(がん長期フォローアップ相談)

AYA世代にがん治療を受けた方は、治療後の生活の中でも悩みを抱えることがあります。当センターではAYA世代にがん治療を受けた方の、治療後の身体的な悩みや、精神的な悩みに対する相談も承っております。当院でがん治療を受けたかどうかに関わらず相談可能です。

〈がん治療後の相談の例〉

  • がん治療後の妊娠や出産、子どもを持つことに関する相談
  • がん治療後の月経トラブル
  • がん治療後の晩期合併症(心疾患、肺疾患、免疫疾患等)に関する相談

問い合わせ先

AYAサバイバーシップセンター
03-5550-7098

(1F相談支援センター内)

*当院以外でがん治療を受けた方は、場合によってはがん治療を受けた医療機関からの紹介状が必要になる場合がありますのでご了承ください。

トップへ