聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

消化器・一般外科

消化器・一般外科のお知らせ

  • 読み込み中

診療内容・特徴

当科では、当院を始めとする国内有数の専門施設で研修を修了した各疾患の専門医が診療に当たっています。さらに米国、英国などで教育・研修を受けたスタッフも多く、我が国で培われた精巧な手術手技に欧米の合理性を活かし、手術後のQOL(生活の質)を常に念頭に置いて術後障害が軽くなるように心がけています。悪性疾患に対しては、進行程度に見合った適正手術が求められますが、早期の方には限りなく臓器の機能を残す方法を、進行した方には、他の診療科との集学的治療の一環としての安全性を十分に考慮した拡大手術を行っています。また当院は全室個室ですのでプライバシーの面でも十分な配慮を心がけています。

外来・救急受診から入院・手術の流れをご説明しています。消化器・一般外科を受診しようと思ったらここをクリック

最先端の医療器機

当院では2011年より手術支援ロボットda Vinciを導入しています。消化器・一般外科では、大腸がん・胃がん・食道がん手術に対して使用しています。ロボット支援手術の技術が進んでいる米国・韓国での研修など日々研鑽に努め、より精度の高い手術を実現します。

365日24時間の対応

都心の救急医療に占める当院の重要性が増す中で、当科でも救急の受入を推進しています。緊急内視鏡、虫垂炎、消化管穿孔なども24時間体制で対応しています。

症例検討会

週1回のペースで定期的に術前検討会、術後検討会を開催し、放射線診断部や病理部とともに詳細な検討を行っています。また複数の科(外科、消化器内科、放射線科、腫瘍内科、緩和ケア科、など)が一堂に会し、患者さんにとって最適な治療法を選択する検討会(Cancer Board)を開催しています。

症例検討会   症例検討会

入院期間の短縮

外科での入院は肉体的なストレスのみならず精神的、経済的な問題も無視できません。したがって入院期間は出来るだけ短いことが望ましく、そのためには様々な努力を試みています。

  1. 検査は必要最小限にし、手術に必要な検査は可能な限り外来で行います。
  2. 手術の日程はあらかじめ外来で決定した上で、原則として手術の前日に入院していただきます。
  3. 手術後は看護スタッフと協力してできるだけ早期からの離床、リハビリをはかっています。
  4. 希望に応じて日帰り手術を積極的に取り入れています。

トップへ

読み込み中...

トップへ

         
医師名
岸田 明博
AMのみ
     
AMのみ
 
小野寺 久          
柵瀨 信太郎   予約のみ   予約のみ   9:30〜11:30
大東 誠司        
久保田 啓介 PM         9:00〜11:30
嶋田 元          
鈴木 研裕         9:30〜11:30
武田 崇志           9:00〜14:00
藤川 葵          
山名 哲郎
肛門外科
         
渡辺 貴之          

スタッフの詳細情報は名前をクリックしてください。

トップへ

論文情報

日付 雑誌名 論題 発表者
2015年発行 学研 消化器ビジュアルナーシング:133-143 経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)と管理 久保田啓介
2015年発行 学研 消化器ビジュアルナーシング:105-106 食道ステント 久保田啓介
2015年発行 学研 消化器ビジュアルナーシング:101-104 内視鏡的吻合部拡張術 久保田啓介
2015年発行 J Med Case Rep. Perforation of the neovagina in a mali-to-femali transsexual:a case report Yuto Shimamura,Aoi Fujikawa,Keisuke Kubota,Naoki Ishii,Yoshiyuki Fujita,Keiichiro Ohta,
2015年発行 Oncology Geographic Distribution of Regional Metastatic Nodes Affects the Outcome of Trimodality-Eligible Patients with Esophageal Adenocarcinoma. Shiozaki H, Slack R, Sudo K, Elimova E, Wadhwa R, Chen HC, Skinner HD, Komaki R, Lee JH, Weston B, Bhutani MS, Blum MA, Rogers JE, Maru DM, Hofstetter WL, Ajani JA.
2014年発行 J Nutr Health Aging18巻4号:437-440 Preoperative oral supplementation support in patients with esophageal cancer Keisuke Kubota, Junko Kuroda, Masashi Yoshida, Akihiro Okada, Tomoaki Deguchi, Masaki Kitajima
2014年発行 World J Gastroenterol14巻20号:13637-47 Medical management of gastric cancer: a 2014 update. Elimova E, Shiozaki H, Wadhwa R, Sudo K, Chen Q, Estrella JS, Blum MA, Badgwell B, Das P, Song S, Ajani JA
2014年発行 J Clin Oncol20巻32号:3400-5 Importance of surveillance and success of salvage strategies after definitive chemoradiation in patients with esophageal cancer. Sudo K, Xiao L, Wadhwa R, Shiozaki H, Elimova E, Taketa T, Blum MA, Lee JH, Bhutani MS, Weston B, Ross WA, Komaki R, Rice DC, Swisher SG, Hofstetter WL, Maru DM, Skinner HD, Ajani JA.
2014年発行 Cancer120巻23号:3635-41 A validated miRNA profile predicts response to therapy in esophageal adenocarcinoma. Skinner HD, Lee JH, Bhutani MS, Weston B, Hofstetter W, Komaki R, Shiozaki H, Wadhwa R, Sudo K, Elimova E, Song S, Ye Y, Huang M, Ajani J, Wu X
2014年発行 Carcinogenesis35巻9号:2031-8 Potentially functional variants in the core nucleotide excision repair genes predict survival in Japanese gastric cancer patients. Li Y, Liu Z, Liu H, Wang LE, Onodera H, Suzuki A, Suzuki K, Wadhwa R, Elimova E, Sudo K,Shiozaki H, Estrella J, Lee JS, Song S, Tan D, Ajani JA, Wei Q.
2014年発行 Oncology86巻5-6号:336-9 Distribution and timing of distant metastasis after local therapy in a large cohort of patients with esophageal and esophagogastric junction cancer. Shiozaki H, Sudo K, Xiao L, Wadhwa R, Elimova E, Hofstetter WL, Skinner HD, Lee JH, Weston B, Bhutani MS, Blum MA, Maru DM, Ajani JA
2014年発行 Expert Rev Anticancer Ther14巻4号:367-79 Anti-angiogenic agent ramucirumab: meaningful or marginal? Wadhwa R, Elimova E, Shiozaki H, Sudo K, Blum MA, Estrella JS, Chen Q, Song S, Ajani JA.
2014年発行 JNCCN12巻8号:1139-1144 Post-Chemoradiation Surgical Pathology Stage can Customize the sueveillance Strategy in Patients With Esophageal Adenocaarcinoma Takashi Taketa,Kazuki Sudo,Arlene M Correa,oopma Wadhwa,Hironori Shiozaki Elena Elimova, Maria-Claudia Campagna,Mariela A Blum,Heath D Skinner, Ritsuko U Komaki,Jeffrey H Lee, Manoop S Bhutani, Brian R Weston,David C Rice,Stephen G Swisher,Dipen M Maru,Wayne L Hofstetter,Jaffer A Ajani
2014年発行 ACG Case Reports Journal2巻1号:11-12 Adult Duodenal Pleomorphic Rhabdomyosarcoma Yuto Shimamura,Fumio Omata,Kenji Nakamura,Seiji Ohigashi,Koyu Suzuki,Yoshiyuki Fujita
2014年発行 CRSLS MIS Case Reports SLS:1-5 Laparoscopic Repair of Bochdalek Hernia Into Contralateral Thoracic Cavity Yasoo Sugiura,Keisuke Kubota,Masayuki Kojima,Nobuhiro Nitori,Etsuo Nemoto,Toshinori Hashizume,Shizuka Kaseda,Yoshiaki Sugiura
2014年発行 Mol Oncol8巻1号.:142-149 ALDH-1 expression levels predict response or resistance to preoperative chemoradiation in resectable esophageal cancer patients Ajani JA,Wang X,Song S,Suzuki A,Taketa T,Sudo K,Wadhwa R,Hofstetter WL,Komaki R,Maru DM,Lee JH,Bhutani MS,Westen B,Baladandayuthapani V,ayao Y,Honjo S,Scott AW,Skinner HD,JohnsonRL,Berry D
2014年発行 Ann Surg Oncol.21巻1号:306-314 Factors associated with local-regional failure after definitive chemoradiation for locally advanced esophageal cancer Amini A,Ajani J,Komaki R,Allen PK,Minsky BD,Blum M,Xiao L,Suzuki A,Hofstetter W,Swisher S,Gomez D,Liao Z,Lee
2014年発行 薬局65巻9号:108-112 エキスパートに学ぶ!薬物治療における直腸投与製剤の位置づけと活用のポイント⑥ 排便障害 武田 崇志、太田 惠一朗
2014年発行 IVR会誌29巻:339-345 緩和ケア概論 櫻井 宏樹、太田惠一朗
2014年発行 日本大腸肛門病会誌67巻:158-167 大腸癌術後SSIの検討-SSI分離菌と術前後の腸内細菌叢の変化との関連- 大東 誠司、須藤 一起、大出 幸子、高橋 理、坂本 史衣、小野寺 久

関連著書

やさしくわかる手術看護

ナースのための やさしくわかる手術看護

価格:¥2,520

小野寺 久

ナツメ社 2011年12月

患者の不安に対処し、感染対策やリスクマネージメントに配慮しながら、医師と連携して円滑な看護に取り組めるよう、手術室看護のポイントを段階的・総合的に解説した本です。やさしい表現と詳細な図解、写真を満載し、新人ナースでも実際の手術室看護がイメージできるように工夫されています。

早引き 手術に役立つ基礎事典

早引き 手術に役立つ基礎事典

価格:¥2,100

小野寺 久

ナツメ社 2010年9月

医療・看護で求められる「膨大な専門知識」を体得し、臨床現場で生かすためには、体系だったコンパクトな教科書が必要です。そこで本書はその目的に沿うように、手術に関係する看護師が理解すべきアウトラインを簡潔に記述しました。その要点はQ&A方式で解説するとともに、各臓器の解剖や生理をわかりやすく図解し、臨床の現場で活用できるように工夫しました。

早引き 術前・術後ケア基礎事典

早引き 術前・術後ケア基礎事典

価格:¥2,100

小野寺 久

ナツメ社 2010年1月

手術をひかえた患者は、手術が初めての場合が多く、手術前後の動揺や不安は計り知れないものがあります。その中で看護師は、患者の不安を和らげ、安心して手術が迎えられるようにする役割があり、適切な看護のためには臨床現場で生かすことのできる知識の体得が必要になるのです。そこで本書は、外科全般にわたり、看護師として身に付けておきたい重要事項を分かりやすくまとめました。

メディア掲載情報

年で絞り込む

件中   件を表示
  • 日付 メディア・タイトル・概要 氏名

トップへ