聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

リエゾンセンター(心療内科・精神科・精神腫瘍科)

写真:センター長

ご挨拶

心のケアを提供する心療内科・精神科・精神腫瘍科が、この度、「リエゾンセンター」として新たな連携体制をつくりました。
3つの科はこれまで同様にそれぞれが独立して診療に当たりますが、連携をさらに強めるために同じ場所で診療を開始することになりました。

「リエゾン(liaison)」とは「連携」を意味するフランス語です。内科や外科など各診療科との連携のもとチーム医療の一員として加わり、心も身体もトータルで診ていく機能のことです。

同じ心のケアを提供する科であっても、心療内科・精神科・精神腫瘍科は独自の見方で診察し、独自の方法で心のケアを提供しています。リエゾンセンター開設により、3つの科とリエゾンナース・臨床心理士・ソーシャルワーカーなどの多職種がそれぞれの意見を出し合い連携していく診療体制が、心のケアによりよい効果をもたらします。

リエゾンセンター長 保坂 隆

リエゾンセンターのお知らせ

  • 読み込み中