聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

ご挨拶

写真:センター長

聖路加スポーツ総合医療センターでは、スポーツ愛好家からプロ選手まで幅広い年齢層の様々なレベルのスポーツ選手の診療を行っています。
健康の維持増進、体力の向上、喜びや楽しみなどの精神的充足や生活習慣病の予防などスポーツには幅広い役割があります。

スポーツの普及は、競技能力や国際競争力の向上をもたらしただけでなく、子供から高齢者まで幅広い年齢層の参加を促し、いまでは一部の若者だけが行うものではなくなっています。

これらの役割がある一方で、スポーツ活動により生じた外傷(怪我)や障害は、スポーツの継続を困難にするだけでなく、スポーツの本質である喜びや楽しさをもたらす活動を制限することがあります。このような外傷や障害は競技種目やレベルにより多種多様であり、最適な検査法や治療法の選択において個々に合わせた専門的診療が必要となります。

また一つの外傷であっても、複数の診療科や部門の協力を要することもあります。
速やかかつスムーズな診断と治療を実践するには普段から関連する診療科や部門との密な連携が必要であり、当センターにおいては複数の診療科とコメディカルがチームを組むことによって、単に外傷や疾病を治すのではなく、スポーツ復帰を念頭に置いた総合的な診療体制を取っています。

怪我が良くならない、手術を含めた治療法を迷っている、原因不明の症状でスポーツの継続ができなくなっている、などスポーツに関連した外傷や障害でお困りの方はご相談ください。スポーツ活動への復帰と継続を目標に最新の医療機器を駆使した的確な診断とそれぞれの患者さんにあった適切な医療を提供します。

診療内容・特徴

当センターでは、地域のスポーツ愛好家からトップアスリートまで幅広く診療しています。プロ選手や日本を代表するトップアスリートの健康維持管理を医学的側面からサポートしてきた複数の医師やコメディカルスタッフが在籍しており、これまでに培ってきたスポーツ医学の経験を診療に役立てています。

  • 早期復帰、再発予防、そして長くスポーツを楽しめるような医学サポートを目的としています。
  • 種目、選手の特性に合わせた最適な治療法を選択します。必要に応じて院外の関連施設、専門家と連携して診療にあたります。
  • 身体に負担の少ない低侵襲手術(関節鏡手術など)も行っています。

スポーツ総合医療センターのお知らせ

  • 読み込み中