院長&先輩メッセージ

ジュニアレジデント(産婦人科プログラム)

冨村 華蓮

冨村 華蓮

卒業年:2016年 卒業大学:岡山大学 選択コース:産婦人科プログラム

冨村 華蓮

聖路加国際病院を選んだ理由

責任ある立場に成長できる教育制度

女性総合診療部の病院見学で、科の雰囲気のあたたかさや、研修医の先輩方がたくさんいて、忙しい中でも非常に活気にあふれている様子が印象的でした。特に、シニア1~3年目の先生方が手術の執刀やお産など活躍されている様子、チーフレジデントの先生が大きな責任を担い、上級医と研修医の間の橋渡しや、研修医の統率をされている姿をみて、このような責任ある立場に成長できる教育制度が実践されていることを実感し感銘を受けたのがきっかけで、私もこの病院で研修がしたいと思いました。

印象に残っているできごと

上級医の先生と「チーム」で長い時間を過ごしたこと

まだまだ経験も少なく患者さんの治療方針の重大な決定はできませんが、術後で食事をとれず辛い思いをされていた患者さんがおり、話を聞いて食べやすい内容のものにアレンジして変更したところ、とても喜んでくださり、食事がとれるようになって退院された方がいました。初めて患者さんのために何かしてあげられたという経験で、とても印象に残っています。
また、日々の業務で精一杯な毎日ですが、屋根瓦式で上級医の先生方とチームで長い時間を共に過ごし、たくさん指導していただいたり、忙しい合間にご飯に連れて行っていただいたり、日常生活の中にかけがえのない思い出がたくさん増えていく日々です。

後輩へのメッセージ

指導医がたくさんいる環境だから、学びの機会が多い

女性総合診療部の先生方に憧れて当院を受験しましたが、いざ研修が始まると、女性総合診療部だけでなく、内科、外科、どの科も指導熱心な先生方ばかりで、目標とすべき指導医がたくさんいる環境に恵まれていることを実感します。毎日レクチャーやカンファレンスなど学びの機会がたくさんあり、またかけがえのない同期の仲間からも日々様々な刺激を受け、共に成長していける環境だと思います。ぜひ病院見学に来て体験してみてください。

ページトップへ戻る