聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

神経血管内治療科

神経血管内治療科のお知らせ

  • 読み込み中

診療内容

神経血管内治療について

神経血管内治療科は、脳脊髄の血管撮影および、各種の血管性疾患を血管の中から低侵襲で治療する診療科です。一般に、出血を起こす疾患は異常血管を閉塞させ、脳梗塞を起こす血管閉塞性疾患に対しては、血管を開く治療を行います。また、頭頸部血管奇形などに対しては血管の中から病変を閉塞させたり、直接穿刺により病変を硬化させる硬化療法を行います。当科は、新見部長の長年にわたるアメリカでの臨床経験に基づいて、小児脳血管疾患、脊髄血管疾患、頭頸部血管奇形などを含めた多岐にわたる血管性疾患の血管内治療に対応できるのを特徴としています。

当科における神経血管内治療対象疾患は、以下のとおりです。

出血性疾患

  1. 脳動脈瘤
  2. 脳動静脈奇形
  3. 硬膜動静脈瘻
  4. 髄膜腫など脳腫瘍

閉塞性疾患

  1. 内頸動脈狭窄
  2. 鎖骨下動脈狭窄
  3. 頭蓋内動脈狭窄
  4. 急性期脳梗塞

脊髄・脊椎

頭頸部、顔面血管奇形、血管腫

小児

その他

頭頸部悪性腫瘍や血管病変に対する化学塞栓療法や頸動脈一時閉塞試験など

神経血管内治療科【脳神経外科】手術件数

脳動脈瘤治療件数
(未破裂、破裂)
2015年度件数 2016年度件数 2017年度件数
計 250 70 81 99
脳神経外科的手術の総数(分類) 2015年度件数 2016年度件数 2017年度件数
計 1303 393 419 491
脳腫瘍:(1)摘出術 21 22 39
脳腫瘍:(2)生検術(開頭術) 0 1 4
脳腫瘍:(3)生検術(定位手術) 0 1 0
脳腫瘍:(4)経蝶形骨洞手術 2 2 0
脳血管障害:(1)開頭クリッピング術(破裂動脈瘤) 13 16 13
脳血管障害:(2)開頭クリッピング術(未破裂動脈瘤) 4 22 36
脳血管障害:(3)開頭摘出術(脳動静脈奇形) 5 5 6
脳血管障害:(4)頸動脈内膜剥離術 1 11 7
脳血管障害:(5)バイパス手術(STA-MCA・OA-PICA) 11 17 21
脳血管障害:(6)高血圧性脳内出血(開頭血腫除去術) 24 32 38
脳血管障害:その他 11 17 30
外傷:(1)急性硬膜外血腫 4 9 2
外傷:(2)急性硬膜下血腫 9 19 8
外傷:(3)減圧開頭術 1 3 7
外傷:(4)慢性硬膜下血腫 37 32 34
外傷:その他 7 5 19
水頭症:(1)脳室シャント術 13 15 24
水頭症:(2)内視鏡手術 4 1 3
水頭症:その他 16 15 3
脊椎・脊髄:(1)腫瘍 3 2 3
脊椎・脊髄:(2)動静脈奇形 3 3 1
脊椎・脊髄:(3)変性疾患 30 9 0
脊椎・脊髄:(4)脊髄空洞症 0 0 0
脊椎・脊髄:その他 11 13 23
機能的手術:(1)不随意運動・頑痛症(破壊術) 0 2 0
機能的手術:(2) 1 2 2
機能的手術:その他 1 2 0
血管内手術:(1)動脈瘤塞栓術(破裂動脈瘤) 30 23 30
血管内手術:(1)動脈瘤塞栓術(未破裂動脈瘤) 23 20 20
血管内手術:(2)脳動静脈奇形 塞栓術 19 3 17
血管内手術:(2)脊髄動静脈奇形 塞栓術 7 11 4
血管内手術:(2)硬膜動静脈瘻 2 6 22
血管内手術:(2)その他動静脈瘻 4 0 2
血管内手術:(3)頸動脈ステント留置術 11 9 27
血管内手術:(3)急性期再開通療法 13 18 11
血管内手術:(3)その他閉塞性疾患(血管拡張・stent) 2 4 8
血管内手術:(4)頭頸部病変塞栓術 5 3 8
血管内手術:(5)その他塞栓術(直接穿刺・外傷) 22 10 11
血管内手術:その他(脳血管攣縮治療・腫瘍塞栓術など) 11 1 8

手術件数( 脳神経外科・神経血管内治療科)

2014年度 2015年度
総数 256件 415件

トップへ

外来スケジュール表

医師名/曜日
新見 康成          
劉 美憬            

※上記日時以外も診療に応じます。神経血管内治療科へお問い合わせ下さい。(病院代表番号:03-3541-5151)

トップへ

トピックス

  • 日付
  • お知らせ
  • 2012年10月24日

    11/6(火)より外来診療を開始しました。ご予約に関しては、予約センターまでお問い合わせください。(予約センター:03-5550-7120)

トップへ

メディア掲載情報

論文情報

※この表はスクロールします

日付 雑誌名 論題 発表者
2018年 脳血管内治療 vo3 No1 June 2018 内頚動脈海綿静脈洞瘻で発症した血管型Ehlers-Danlos症候群に対してTVEを施行した1例 佐藤慎祐
2018年 末梢血管疾患診療マニュアル 頚動脈狭窄症 内科治療 佐藤慎祐
2018年 The Mt.Fuji Workshop on CVD vol.36 頭部顔面血管奇形に対する血管内治療 小児・若年脳血管障害の現状と未来 佐藤慎祐
2018年 Acta Neurochir 160(9):1729-1735, Sep 2018 Long-term outcomes following thrombectomy for acute ischemic stroke in patients with a left ventricular assist device: A case series and literature review Ryu B, Tatsuya Ishikawa, Koji Yamaguchi, Go Matsuoka, Eguchi S, Kawamata T.
2017年 脳卒中 39-4, 2017 脳梁膨大部AVMに対する血管内治療、ガンマナイフ後に脳室内出血を繰り返した1例 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、島彰吾、茂木陽介、井上龍也、桑本健太郎
2017年 脳神経外科 No45.10, 2017 初回治療で右椎骨動静脈瘻を来し、左椎骨動脈経由でステント併用コイル塞栓術を行った破裂脳底動脈前下小脳動脈瘤の1例 佐藤慎祐、足立秀光、今村博敏、坂井信幸、谷正一、鳴海治、坂井千秋、有村公一、森本貴昭、柴田帝式、阿河祐二、清水寛平、菊池晴彦
2017年 形成外科 6(60): 604-614, 2017 頭頚部動静脈奇形に対する血管内治療 新見康成、佐藤慎祐、井上龍也、茂木陽介、桒本健太郎、島彰吾、岡田芳和、松井瑞子
2017年 医学の歩み 261 (7): 761-762, 2017 解離性椎骨動脈瘤に対する血管内治療 茂木陽介、新見康成
2017年 臨床アトラス 南江堂 Bonnet-Dechaume-Blanc (Wyburn-Mason Syndrome) 血管腫・血管奇形 新見康成、野崎太希
2017年 Pediatrics International 59: 247-257, 2017 Endovascular treatment of pediatric intracranial arteriovenous shunt. Niimi Y
2017年 Clinical Neuroscience 35: 1250-1253, 2017 脊髄硬膜動静脈瘻の血管内治療 佐藤慎祐、新見康成
2014年7月 Neurosurgical Emergency Vol.19 No.1 2014 聖路加国際病院における急性期脳卒中専門診療システム 藤井 本晴 その他
2014年 Journal of Neurology, Neurosurgery & Psychiatry Basilar extension and posterior inferior cerebellar artery involvement as risk factors for progression of the unruptured spontaneous intradural vertebral artery dissection. Hidetoshi Matsukawa, Masaki Shinoda, Motoharu Fujii, Osamu Takahashi, Akihiro Uemura,Yasunari Niimi.
2013年10月25日 Journal of Neurosurgery Morphological and clinical risk factors for posterior communicating artery aneurysm rupture. Matsukawa H, Fujii M, Akaike G, Uemura A, Takahashi O, Niimi Y, Shinoda M.
2013年 Brain Injury in press Acute alcohol intoxication, diffuse axonal injury, and intraventricular bleeding in patients with isolated blunt traumatic brain injury Hidetoshi Matsukawa, Masaki Shinoda, Motoharu Fujii, Osamu Takahashi, Atsushi Murakata, Daisuke Yamamoto, M.D.
2012年10月1日 Jpn J Radiol 30(8):624-7 Angiographic outcome after endovascular therapy for anterior communicating artery aneurysms: correlation with vascular morphological features Uemura A, Kamo M, Matsukawa H
2012年 Neurosurgery 70:1207-1214 Vein of Galen Malformations in Neonates: New Management Paradigms for Improving Outcomes Berenstein A, Fifi JT, Niimi Y, Presti S, Ortiz R, Ghatan S, Rosenn B, Sorscher M, Molofsky W
2012年 J Neurosurg Pediatr. 9: 331-4 Rare basal vein fistula with dilated vein of Galen Paramasivam S, Fifi JT, Ortiz RA, Niimi Y, Berenstein A
2012年 J NeuroIntervent Surg doi:10.1136/neurintsurg-2011-010241 Development, clinical presentation and endovascular management of congenital intracranial pial arteriovenous fistula Paramasivam S、Toma N, Niimi Y, Berenstein A
2012年 J NeuroIntervent Surg (2012). doi:10.1136/neurintsurg-2012-010318 De novo development of dural arteriovenous fistula after endovascular embolization of pial arteriovenosu fistula Paramasivam S, Toma N, Niimi Y, Berenstein A
2012年 J NeuroiIntervent Surg (2012). Doi:10.1136/neurointsurg-2011-010179 Onyx emolization of an extensive mandibular arteriovenous malformation via a dual lumen balloon catheter: a technical case report Fifi, J, Niimi Y, Berenstein A
2012年 Neuroradiology 2012, DOI: 10.1007/s00234-012-1059-z The persistent primitive marginal sinus-observation in children with vein of Galen malformation Meila D, Paramasivam S, Niimi Y, Brassel F, Berenstein A
2012年 JNET 6, 87-97 Embolization of intracranial aneurysms with the HydroFrame and HydroSoft Coils: A single- center experience Toma N, Niimi Y, Ortiz R, Fifi J, Paramasivam S, Berenstein A
2012年 AJNR Am J Neuroradiol, in press Spinal Arteriovenous Metmeric Syndrome (SAMS): Clinical Manifestations and Endovascular Treatment Niimi Y, Uchiyama N, Elijovich L, Berenstein A
2012年 Molecular cerebrovascular medicine 11(1):19-27 Advancements of endovascular treatment for cerebral aneurysms Niimi Y
2012年9月 Neurosurgical Emergency 軽症〜中等症頭部外傷における瀰漫性軸索損傷の損傷部位と転帰 松川東俊、篠田正樹、藤井本晴、高橋理、村形敦、山本大輔、住吉壮介、石川陵一
2012年7月 Japanese Journal of Radiology Angiographic outcome after endovascular therapy for anterior communicating artery aneurysns: correlation outcome after endovascular therapy for anterior communicating artery aneurysns: correlation with vascular after endovascular therapy for anterior communicating artery aneurysns: correlation with vascular morphological features 上村昭博、加茂実武、松川東俊
2012年 日本脳神経外傷学会『神経外傷』 軽症〜中等症鈍的単独頭部外傷患者におけるMRI上の脳梁損傷予測因子としてのCT上の脳室内出血 松川東俊、篠田正樹、藤井本晴、高橋理、村形敦、山本大輔、住吉壮介、石川陵一
2012年 Cerebrovascular Diseases Differences in vertebrobasilar artery morphology between spontaneous intradural vertebral artery dissections with and without subarachnoid hemorrhage 松川東俊、篠田正樹、藤井本晴、高橋理、村形敦、石川陵一
2012年 Journal of Neurosurgery Morphological and clinical risk factors for rupture of anterior communicating artery aneurysms 松川東俊、上村昭博、藤井本晴、加茂実武、高橋理、住吉壮介
2012年2月29日 小児の脳神経 vol. 37, p.45 1巻1976年〜36巻2011年 TOTALs TOP 100 Autours 全1,571論文のうち、第18位篠田正樹医師(7編)、第31位藤井本晴医師(5編) として紹介されました。  
2012年2月29日 小児の脳神経 vol. 37, p.18 第18回(2001年)「小児の脳神経」掲載年間最優秀論文“川淵賞”を藤井本晴医師が受賞しています。  
2012年 Journal of Neurosurgery Intraventricular hemorrhage on computed tomography and corpus callosum injury on magnetic resonance imaging in patients with isolated blunt traumatic brain injury 松川東俊、篠田正樹、藤井本晴、高橋理、山本大輔、村形敦、住吉壮介、石川陵一
2012年 日本病院学会雑誌 59, p.327-330 健常成人におけるBody mass index (BMI)と血清アルブミン値との関係:肥満女性では血清アルブミン低値を、肥満男性では高値を呈する 篠田正樹、飯田正子、長谷川由美、青木光広、松本由美、柴崎祥子、河北俊子、高橋理、大出幸子
2012年 神経外傷 脳梁膝部はびまん性軸索損傷患者における転帰不良因子である 松川東俊、篠田正樹、藤井本晴、高橋理、山本大輔、村形敦、石川陵一
2011年 J Neuirointervent Surg doi: 10.1136/neurointsurg.2011-010103 Iatrogenic dissection during neurointerventional procedures: a retrospective análisis Paramasivam S, Leesch W, Fifi J, Ortiz R, Niimi Y, Berenstein A
2011年12月 World Neurosurgery Impact of Body Mass Index on the Location of Spontaneous Intracerebral Hemorrhage. 松川東俊、篠田正樹、藤井本晴、高橋理、山本大輔、村形敦、石川遼一
2011年12月 周産期医学2011年41巻増刊号 周産期医学必修知識第7版 PartⅤ新生児編 p. 638-645 新生児疾患 胎児水頭症および先天性水頭症 篠田正樹、他
2011年11月 Journal of Neurosurgery Vol. 115 No. 5, Pages 1019-1024 Genu of corpus callosum as a prognostic factor in diffuse axonal injury 松川東俊、篠田正樹、藤井本晴、高橋理、山本大輔、村形敦、石川陵一
2011年10月27日 Chiid's Nervous System vol. 27, p. 1563-1570 Guideline for management and treatment of fetal and congenital hydrocephalus: Center Of Excellence-Fetal and Congenital Hydrocephalus Top 10 Japan Guideline 2011. 篠田正樹、他
COE-Fetal and Congenital Hydrocephalus Top 10 Japan Study Group
2011年7月 Journal of Neurosurgery Vol. 115 / No. 1, Pages 108-112 Comparison of clinical characteristics and MR angiography appearance in patients with spontaneous intradural vertebral artery dissection with or without subarachnoid hemorrhage 松川東俊、藤井本晴、篠田正樹、高橋理、山本大輔、村形敦、石川陵一
2011年 小児の脳神経 vol. 36, p.403-405 発達期水頭症における髄液内chemokineの検討 篠田正樹、石川陵一、藤井本晴、村形敦、山本大輔、松川東俊、住吉壮介
2011年 小児の脳神経 vol. 36, p. 151-161 胎児水頭症・先天性水頭症ガイドラインCOE-Fetal & Congenital Hydrocephalus Top 10 Japanガイドライン2011*Oxfordエビデンスレベル:Level 2b(Grade II) 篠田正樹、他
日本トップ10施設前方視的共同調査ガイドライン作成委員会
2011年 静脈経腸栄養 vol. 26 p.985-990 PEGが予定される水頭症症例に対するVPシャント術の工夫 篠田正樹, 藤井本晴, 村形敦, 石川陵一 , 青木光広, 青木和裕, 長谷川由美, 柳父香澄, 飯田正子, 鈴木園子
2011年 小児の脳神経 vol. 36, p. 12-18 二分脊椎の臨床ガイドライン COE-Spinal Lipoma Top 7 Japanガイドライン2011 *Oxfordエビデンスレベル:Level 2b(Grade II) 篠田正樹、他
日本トップ7施設前方視的共同調査ガイドライン作成委員会
2011年発行 Acta Neurochir Vol153 P1687-1693 Genu of corpus collosum in diffuse axonal injury induces a worse 1-year outcome in patients with traumatic brain injury 松川東俊、篠田正樹、藤井本晴、高橋理、山本大輔、村形敦、石川陵一
2011年発行 World Neurosurg in press relationships between hematoma diameter, location categorized by vascular territory, and 1 year outcome in patients with cerebellar hemorrage. 松川東俊、篠田正樹、藤井本晴、高橋理、山本大輔、村形敦、石川陵一
2011年発行 Acta neurol Scand Factors associated with lobar vs. non-lobar intracerebral hemorrhage 松川東俊、篠田正樹、藤井本晴、高橋理、山本大輔、村形敦、石川陵一
2010年 日本脳神経外傷学会『神経外傷』 びまん性軸索損傷患者における脳梁傷害部位の検討:臨床的特徴と転帰 松川東俊、篠田正樹、藤井本晴、高橋理、山本大輔、村形敦、石川陵一
2010年 交通事故医療研究助成(社団法人 日本損害保険協会) びまん性軸索損傷における免疫学的因子の動向と予後決定因子としての損傷部位検討 松川東俊、篠田正樹、藤井本晴、高橋理、山本大輔、村形敦、石川陵一
2010年発行 Journal of stroke and cerebrovascular diseases Antiplatelet Agents Are Risk Factor for Cerebellar Hemorrhage in Patients with Primary Intracerebral Hemorrhage 松川東俊1),篠田正樹1),藤井本晴1),村形敦1),石川陵一1),小俣富美雄2),山本大輔1)
2009年 Neurosurgery 64:367-373 Treatment of experimental aneurysms with an embolic-containing device and liquid embolic agent: Feasibility and angiographic and histological results Berenstein A, Song JK, Tsumoto T, Namba K, Niimi Y
2009年 Interventional Neuroradiology 15:67-72 Use of Dyna-CT angiography in neuroendovascular decision-making. A case report Namba K, Niimi Y, Song JK, Berenstein A
2009年 J Neurosurg 111:11-16 Evaluation of the new HydroSoft coil in a canine model of bifurcation aneurysm Tsumoto T, Niimi Y, Berenstein A
2009年 JNET Journal of Neuroendovascular Therapy 3: 174-180 Onyx transarterial embolization of dural arteriovenous fistula for failed N-butyl cianoacrylate treatment: case report Namba K, Niimi Y, Song JK, Berenstein A
2008年 AJNR Am J Neuroradiol 29:603-607 Cortical blindness, transient and otherwise associated with detachable coil embolization of intracranial aneurysms Niimi Y, Kkupersmith MJ, Ahmed S, Song J, Berenstein A
2008年 JNET:Journal of Neuroendovascular Therapy 2:29-33 Cavernous dural arteriovenous fistula completely occluded by transarterial NBCA embolization with balloon assisted technique. Case report Niimi Y, Song JK, Berenstein A
2008年 The Neuroradiology Journal 21:729-732 Internal Carotid Bifurcation Aneurysms: Anatomical Features and Outcome of Endovascular Treatment Uemura A, Musacchio M, Cardoso M, Tournad A
2008年 J Neurosurg Pediatrics 1:79-82 Treatment of a complex posterior fossa aneurysm in a child using side-to-side posterior inferior cerebellar artery-posterior inferior cerebellar artery bypass. Case report Chandela S, Alzate J, Sen C, Song JK, Niimi Y, Berenstein A, Langer D
2008年 AJNR Am J Neuroradiol 29:603-607 Cortical blindness, transient and otherwise associated with detachable coil embolization of intracranial aneurysms Niimi Y, Kkupersmith MJ, Ahmed S, Song J, Berenstein A
2008年 AJNR Am J Neuroradiol 29: 1067-1070 Interval changes in size of venous pouch canine bifurcation aneurysms over 10 month period Tsumoto T, Song JK, Niimi Y, Berenstein A
2008年 Interventional Neuroradiologuy 14(4): 397-402 Rate of recanalization and safety of endovascular embolization of intracranial saccular aneurysms framed with GDC 360 coils Ortiz R, Song JK, Niimi Y, Berenstein A
2008年 JNET Journal of Neuroendovascular Therapy 2:50-55 Endovascular treatment of a C2-5 spinal arteriovenous metameric syndrome Namba K, Niimi Y, Song JK, Berenstein A
2008年 Neurosurgery;62(6 Suppl 3):1538-51 Aneurysm rupture during coiling: low incidence and good outcomes at a single large volume center Brisman JL, Niimi Y, Song JK, Berenstein A
2008年 Vasc Health Risk Manag. 2008;4(4):805-12. Review TNF-alpha-mediated inflammation in cerebral aneurysms: a potential link to growth and rupture Jayaraman T, Paget A, Shin YS, Li X, Mayer J, Chaudhry H, Niimi Y, Silane M, Berenstein A
2007年8月1日 Radiat Med. 2007 Aug 1;25(7):325-8. E-pub Preprocedural MR imaging for percutaneous vertebroplasty: special interest in contrast enhancement Uemura A, Kobayashi N, Numaguchi Y, Fuwa S, Saida Y
2007年7月1日 画像診断 27巻8号:969-979 【骨腫瘍とその周辺トピックス】脊椎腫瘍に対する経皮的椎体形成術 上村昭博、沼口雄治、小林信雄、藤井本晴、石山光富、篠田正樹
2007年5月1日 AJNR Am J Neuroradial 28(3):567-9 Effect on Partial Pressure of Oxygen in Arterial Blood in Percutaneous Vertebroplasty Uemura A, Numaguchi Y, Matsusako M, Kobayashi N, Saida Y, and Rahman M
2007年5月1日 Neuroimaging Clinics of North America, 17(2): 223-237 Current Endovascular Management of Maxillofacial Vascular Malfromations Niimi Y, Song JK, Berenstein A
2007年5月1日 Neuroimaging Clinics of North America, 17(2): 165-173 Endovascular treatment of hemangiomas Song, JK, Niimi Y, Berenstein A
2007年 J Neurosurg (5 Suppl Pediatrics) 106:384-387 Postnatal growth and development of a cerebral arteriovenous malformation on serial magnetic resonance imaging in a child with hemangiomatosis. Case report Song JK, Niimi Y, Kupersmith MJ, Berenstein A
2007年 Interventional Neuroradiology 13: 51-53 A new hemostasis valve for neuroendovascular procedures Namba K, Song JK, Niimi Y, Heran NS, Berenstein A
2007年 J Neurosurg 106:968-975 Large ophthalmic segment aneurysms with anterior optic pathway compression: assessment of anatomical and visual outcome after endosaccular coil therapy Heran NS, Song JK, Kupersmith MJ, Niimi Y, Namba K, Langer DJ, Berenstein A
2007年 Neuroradiology 49:231-235 Assessment of Matrix coils in a canine model of a large bifurcation aneurysm Song JK, Niimi Y, Yoshino Y, Khoyama S, Berenstein A
2006年12月1日 画像診断 27巻1号:76-79 画像診断のkey words Intravertebral cleft 上村昭博
2006年4月1日 IVR: Interventional Radiology 21巻2号:174-179 経皮的椎体形成術における画像診断 上村昭博
2006年 Stroke 37: 1028-1032 Endovascular treatment of intracranial aneurysms using Matrix coils: Early experience and mid-term follow-up Niimi Y, Song JK, Madrid M, Berenstein A
2006年 J Neurosurg (1 Suppl Pediatrics) 104:41-45 Transarterial embolization of vein of Galen malformations: the use of magnetic resonance imaging noninvasive optimal vessel analysis to quantify shunt reduction. Report of two cases Langer DJ, Song JK, Niimi Y, Chwajol M, Lefton DR, Brisman JL, Molofsky W, Kupersmith MJ, Berenstein A
2006年 AJNR Am J Neuroradiol 27:330-332 The utility of DynaCT in neuroendovascular procedures Heran NS, Song JK, Namba K, Smith W, Niimi Y, Berenstein A
2006年 Neurosurgery 58:528-533 Hemispheric revascularization in the setting of carotid occlusion and subclavian steal: A diagnostic and management role for quantitative magnetic resonance angiography? Langer DJ, Lefton DR, Ostergren L, Brockington CD, Song J, Niimi Y, Bhargava P, Berenstein A
2006年 AJNR Am J Neuroradiol 27:1834-1840 Kupersmith MJ: Treatment of cerebral aneurysms with Hydrogel-coated platinum coils (HydroCoil): Early single-center experience Berenstein A, Song JK, Niimi Y, Namba K, Heran NS, Brisman JL, Nahoum MC, Madrid M, Langer DJ
2006年 Neurosurgery Supplment 59:53-15-53-21 Personal accounts of the evolution of endovascular neurosurgery Berenstein A, Song JK, Niimi Y
2005年12月1日 治療学 39巻12号:1323-1326 【癌局所療法 局所制御の役割と重要性】インターベンショナル 悪性腫瘍に対する経皮的椎体形成術 上村昭博
2005年7月1日 Neurological Surgery 33(7): 661-671 米国における脳血管内治療の現状(解説) 新見康成
2005年5月1日 AJNR Am J Neuroradiol 26(3):493-5 Percutaneous sacroplasty for hemorrhagic metastases from hepatocellular carcinoma Uemura A, Matsusako M, Numaguchi Y, Oka M, Kobayashi N, Niinami C, Kawasaki T, Suzuki K
2005年 J Neurosurg (Pediatrics 1) 102:81-85 Multiple cerebral aneurysms in a neonate: occlusion and rupture Song JK, Niimi Y, Brisman JL, Fernandez PM, Berenstein A
2005年 Journal of Neurosurgery (Pediatrics 2) 103:156-162 Pediatric Non-Vertebral Paraspinal Arteriovenous Fistulas along the Segmental Nerve: Clinical, Imaging, and Therapeutic Considerations Niimi Y, Berenstein A, Fernandez, PM, Brisman JL, Song JK
2005年 AJNR Am J Neuroradiol 26:1237-1240 Treatment options for wide-necked intracranial aneurysms using a self-expandable hydrophilic coil and a self-expandable stent combination Brisman JL, Song JK, Niimi Y, Berenstein A
2005年 AJNR Am J Neuroradiol 26: 1363-1365 Preventing spontaneous thrombosis of experimental sidewall aneurysms: The oblique cut Yoshino Y, Niimi Y, Song JK, Khoyama S, Shin YS, Berenstein A
2005年 AJNR Am J Neuroradiol 26:1764-1767 Creation of four experimental aneurysms with different hemodynamics in one dog Shin YS, Niimi Y, Yoshino Y, Song JK, Silaine M, Berenstein A
2005年 Neurosurgery 57:1103-1109 Aneurysmal rupture during coiling: Low incidence and good outcomes at a single large volume center Brisman LJ, Niimi Y, Song JK, Berenstein A
2005年 Neurosurgery 57, 850-857 Presentation, natural history, and management of carotid cavernous aneurysms Stiebel-Kalish H, Kalish Y, Bar-on RH, Setton A, Niimi Y, Berenstein A, Kupersmith MJ
2005年 Neurosurgery 57, 558-564 Tumor necrosis factor alpha is a key modulator of inflammation in cerebral aneurysms Jayaraman T, Berenstein V, Li X, Mayer J, Silane M, Shin YS, Niimi Y, Kilic T, Gunel M, Berenstein A

書籍情報

脳血管内治療の進歩2012, Enterprise VRD支援脳動脈瘤塞栓術─覚えておきたいテクニック─

脳血管内治療の進歩2012, Enterprise VRD支援脳動脈瘤塞栓術
─覚えておきたいテクニック─

価格:¥5,040

新見康成、他

診断と治療社 2012年

脳血管内治療の進歩2013,脳動脈瘤塞栓術の今後

脳血管内治療の進歩2013,脳動脈瘤塞栓術の今後

価格:¥5,040

新見康成、他

診断と治療社 2012年

血管内治療にかかわる医師必携 硬膜動静脈婁のすべて

血管内治療にかかわる医師必携 硬膜動静脈婁のすべて

価格:¥12,600

新見康成、他

メディカ出版 2011年

脳血管内治療の進歩2011: 48-55, 症例から学ぶEnterprise assist embolization

脳血管内治療の進歩2011: 48-55,
症例から学ぶEnterprise assist embolization

価格:¥5,040

新見康成、他

診断と治療社 2011年

硬膜動静脈瘻塞栓術ハンドブック: 213-223, OnxRによる経動脈的塞栓術

硬膜動静脈瘻塞栓術ハンドブック: 213-223,
OnxRによる経動脈的塞栓術

価格:¥5,985

新見康成、他

診断と治療社 2011年

NS NOW No. 12 初歩から学ぶ脳血管内手術―エキスパートからのアドバイス: 118-129, 脳動静脈奇形―最新の塞栓術の実際:Onyx

NS NOW No. 12 初歩から学ぶ脳血管内手術―エキスパートからのアドバイス: 118-129,脳動静脈奇形―最新の塞栓術の実際:Onyx

価格:¥10,500

新見康成、他

メディカルビュー社 2010年

今回のNS NOWは「脳血管内手術」をテーマとし,セットアップから治療の実際までをエキスパートたちによって詳述されている。本書では"初歩から学ぶ"ことをコンセプトとして,ビギナーでも理解しやすいように写真や表を多く用いている。また画像の基礎的な読み方やカテーテルの順序,コイルの挿入法などをシェーマを用いて解説。最近認可された器具や最新血栓溶解法,最新のトレーニング方法,最適な手術室レイアウトなども図示されており,脳血管内手術の背景とともに治療の実際もしっかり学ぶことができ,これから脳血管内手術を学ぼうという脳外科医に最適な解説書である。

今日の治療指針2009年版―私はこうして治療している: 667-668, Spinal vascular disorders

今日の治療指針2009年版―私はこうして治療している: 667-668,
Spinal vascular disorders

価格:¥19,950

新見康成、他

医学書院 2009年

 
脳神経外科エキスパート 血管内治療: 133-145, 脊髄血管障害

脳神経外科エキスパート 血管内治療: 133-145, 脊髄血管障害

価格:¥9,240

中外医学社 2009年

合併症例から学ぶ脳神経血管内治療: 235-243, 脊髄動静脈奇形

合併症例から学ぶ脳神経血管内治療: 235-243, 脊髄動静脈奇形

価格:¥9,450

新見康成、他

メディカ出版 2009年

脳血管内治療が成功するか否かの鍵は、いかに「落とし穴」にはまらず、合併症を回避できるかである。本書は、脳血管内治療のオーソリティが、各デバイスや手技のピットフォールについて、多くの症例から詳細に解説。さまざまな合併症を知ることで、その回避のテクニック、対処法を学ぶことができる。専門医を目指すドクター必読の一冊。

Principles and Practice of Pediatric Neurosurgery, 2nd edition: 1014-1028, Vein of Galen Aneurysmal Malformation

Principles and Practice of Pediatric Neurosurgery, 2nd edition: 1014-1028, Vein of Galen Aneurysmal Malformation

価格:$314.36

新見康成、他

Thieme 2008年

Principles and Practice of Pediatric Neurosurgery, 2nd edition: 1029-1041, Vascular Malformations of the Spinal Cord&Dura

Principles and Practice of Pediatric Neurosurgery, 2nd edition: 1029-1041, Vascular Malformations of the Spinal Cord&Dura

価格:$314.36

新見康成、他

Thieme 2008年

神経疾患最新の治療〈2006-2008〉: 195-196, 脊髄血管障害

神経疾患最新の治療〈2006-2008〉: 195-196, 脊髄血管障害

価格:¥8,400

新見康成、他

南江堂 2006年

Controversies in Neurological Surgery: Neurovascular Diseases (A Co-Publication of Thieme and the American Association of Neurological Surgeons): 157-173, Endovascular management of dural arteriovenous fistulas.

Controversies in Neurological Surgery: Neurovascular Diseases (A Co-Publication of Thieme and the American Association of Neurological Surgeons): 157-173, Endovascular management of dural arteriovenous fistulas.

価格:$106.60

新見康成、他

Thieme 2006年

脳血管内治療のDo's&Don'ts 第2版: 165-192, Endovascular treatment of spinal cord AVMs

脳血管内治療のDo's&Don'ts 第2版: 165-192, Endovascular treatment of spinal cord AVMs

価格:¥12,600

新見康成、他

医学書院 2006年

脳神経外科 脳動脈瘤の血管内治療―最新症例集: 34-38, 塞栓物質3

脳神経外科 脳動脈瘤の血管内治療―最新症例集: 34-38,塞栓物質3

価格:¥11,000

新見康成、他

先端医療技術研究所 2005年

全症例を豊富な画像で供覧。研修医から専門医まで役立つ情報。使用デバイス一覧、方法のポイント、Lessonなどを掲載。

脳神経外科 脳動脈瘤の血管内治療―最新症例集: 242-243, hydrogel coilを用いた塞栓術

脳神経外科 脳動脈瘤の血管内治療―最新症例集: 242-243, hydrogel coilを用いた塞栓術

価格:¥11,000

新見康成、他

先端医療技術研究所 2005年

全症例を豊富な画像で供覧。研修医から専門医まで役立つ情報。使用デバイス一覧、方法のポイント、Lessonなどを掲載。

脳神経外科 脳動脈瘤の血管内治療―最新症例集: 244-245, neuroform stentを用いた塞栓術

脳神経外科 脳動脈瘤の血管内治療―最新症例集: 244-245,
neuroform stentを用いた塞栓術

価格:¥11,000

新見康成、他

先端医療技術研究所 2005年

全症例を豊富な画像で供覧。研修医から専門医まで役立つ情報。使用デバイス一覧、方法のポイント、Lessonなどを掲載。

日付 書名 題名 著者
2012年 メディカルビュー社 小児脳神経外科診療ガイドブック 新見康成
2011年 Elsevir Saunders Youmans Neurological Surgery 6th edition,
vol.2: 2150-2165, Vein of Galen Aneurysmal Malformation
新見康成、他
2008年 Elsevier Handbook of Clinical Neurophysiology Volume 8: 651-670,
Neurophysiological monitoring during spinal endovascular procedures
新見康成、他

学会発表

※この表はスクロールします

学会・講演会名 論題 発表者
第5回Hybrid Neurosurgery 研究会 April 1, 2017 Tokyo Japan 紡錘形椎骨動脈瘤に対してSemi-jailing techniqueを用いたLVIS併用コイル塞栓術 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
Asian-Australasian Society for Pediatric Neurosurgery, March 25-26, 2017, Mumbai India Endovascular treatment of pial AV Fistula 新見康成(Invited lecture)
12th Delhi course o Neurointervention, March 22-25, 2017 Mumbai India Emboization of brain AVM using Onyx: Technique and Results 新見康成(Invited lecture)
12th Delhi course o Neurointervention, March 22-25, 2017 Mumbai India Functional vascular anatomy of the spine and spinal cord 新見康成(Invited lecture)
第9回山梨脳血管内治療研究会学術講演会 March 10, 2017 Kofu Japan 脊髄シャント疾患の診断と血管内治療 新見康成(Invited lecture)
Lunch Seminar 第46回日本神経放射線学会 February 17-19, 2017 Tokyo Japan 脳血管内治療の進歩:黎明期から現在まで 新見康成(Invited lecture)
第6回Interventional Anatomy in Neurovascular Systen (IANS) seminar January 28, 2017 Fukuoka Spinal AV shunt: diagnosis and embolization 新見康成(Invited lecture)
Plenary Session III: Vascular MalformationGlobal Embolization Symposium and Technologies (GEST) Asia 2016, December 16-17, 2016 Tokyo Japan Embolization of Head and Neck AVM 新見康成(Invited lecture)
Plenary Session III: Vascular MalformationGlobal Embolization Symposium and Technologies (GEST) Asia 2016, December 16-17, 2016 Tokyo Japan Material Selection: What do you use for vascular malformation? 新見康成(Invited lecture)
第3回東京脈管神経血管内治療学セミナー November 5, 2016 脊髄動静脈奇形に対する血管内治療 新見康成(Invited lecture)
第4回金沢サミット September 16, 2016 LVIS stentの使用経験 新見康成(Invited lecture)
第4回金沢サミット September 16, 2016< 脊髄硬膜動静脈瘻の血管撮影と血管内治療 新見康成(Invited lecture)
第4回Hybrid Neurosurgery研究会 September 3, 2016 脊髄血管造影の実際と読影の基本 新見康成(Invited lecture)
The 10th Niche Neuro-Angiology Conference, June 4, 2016, Osaka Japan 小児の頭蓋内シャント疾患と血管内治療 新見康成(Invited lecture)
Luncheon seminar at The 36th annual meetin of the Japanese Congress of Neurological Surgeons, May 20-22, 2016, Osaka Japan Hybrid ORにおける血管撮影装置の先進利用 新見康成(Invited lecture)
第58回北関東頭頚部血管内手術懇話会 April 30, 2016, Maebashi Japan 脊髄シャント疾患の診断と血管内治療 新見康成(Invited lecture)
Stroke 2017, March 16-19, 2017 Osaka Japan 形状記憶材料の脳神経外科手術器具への応用 岡田芳和
Stroke 2017, March 16-19, 2017 Osaka Japan 当院における頭蓋内出血性病変に対するHybrid手術室を用いた手術戦略 井上龍也
Stroke 2017, March 16-19, 2017 Osaka Japan ハイブリッド術者施設における破裂脳動脈瘤の治療成績 佐藤慎祐
Stroke 2017, March 16-19, 2017 Osaka Japan 脳梗塞で発症した優位側椎骨動脈解離性動脈瘤の膨隆拡大変化に対してwaffle cone techniqueをもちいてstent併用コイル塞栓術を施行した1例 桑本健太郎
Stroke 2017, March 16-19, 2017 Osaka Japan 原因不明のくも膜下出血の機能予後の予測因子についての検証 島省吾
Stroke 2017, March 16-19, 2017 Osaka Japan Hybrid ORを用いた急性期主幹動脈閉塞症に対する血栓回収療法の治療成績と時間短縮の取り組み 佐藤慎祐
第40回CI学会 March 3, 2017, Kagoshima, Japan 脊髄硬膜動静脈瘻におけるCone beam CTの利用 佐藤慎祐
第40回CI学会 March 3, 2017, Kagoshima, Japan 頭蓋内動静脈瘻におけるCone beam CTの利用 井上龍也
聖路加アカデミア  March, 5 ,2017, 東京 The workflow using a Hybrid operation room for reducing door to puncture time in acute stroke intervention in St. Luke’s international hospital. (oral) Shinsuke Sato
Stroke April 16, 2017 Sapporo , Japan Vein graft bypassの工夫 単純CT 3D-venographyによる適切なsaphenous vein graft選択を中心に 岡田芳和
Stroke April 16, 2017 Sapporo, Japan 脳卒中における低Na血症 島彰吾
Stroke April 16, 2017 Sapporo , Japan 当院におけるHybrid手術室の利用 井上龍也
Stroke April 16, 2017 Sapporo , Japan 急性期主幹動脈閉塞に対する血管内治療(他施設合同) 佐藤慎祐
第20回日本栓子検出と治療学会 2017年10月1日 補助人工心臓による頭蓋内塞栓症に対し血栓回収デバイスで急性期血栓回収を行った症例 劉美憬
Stroke 2017, March 16-19, 2017 Osaka Japan Hybrid ORを用いた急性期主幹動脈閉塞症に対する血栓回収療法の治療成績と時間短縮の取り組み 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
第26回脳神経外科手術と機器学会 2017. 4.14 当院におけるHybrid 手術室の利用と問題点 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
Stroke 2017, March 16-19, 2017 Osaka Japan ハイブリッド術者施設における破裂脳動脈瘤の治療成績 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
第45回日本小児神経外科学会 June 2-3, 2017, 神戸 Parachordal AVFの一例 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
第6回Hybrid Neurosurgery研究会 September 2, 2017, Yokohama Parasplenial AVMの一例 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
Joint Neurological conference 2017.12.9 当院における様々な急性期脳卒中診療の取り組み 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
第33回日本脳神経血管内治療学会 November23-25, 2017. Tokyo Japan 出血発症乳児spinal vascular malformationの一例 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
第33回日本脳神経血管内治療学会 November23-25, 2017. Tokyo Japan LVIS/LVISjr併用コイル塞栓術の治療成績 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
14th Congress of the World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology October 16-19, 2017 Budapest, Hungary A case of paraspinal AVF with double holes of fistula. Sato S, Niimi Y, et al.
October 27-29. 2017. Nagoya, Japan Endobascular therapy of pediatric intracranial arteriovenous shunts. Sato S, Niimi Y
WICH 2017.5,1-3, Baltimore Single-Center Experience of Surgical and Endovascular Treatment of Ruptured Intracranial Aneurysms. Sato S, Niimi Y
Mt.Bandai, 2018.1 Hawaii A case of parachodal arteriovenous fistula. Sato S, Niimi Y
第76回脳神経外科学会総会 2017.11 名古屋 LVIS/LVISjr併用コイル塞栓術の治療成績 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
第51回西関東 NeuroIVRセミナー December 2, 2017 大宮 出血発症 乳児spinal vascular malformationの一例 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
聖路加アカデミア 2018.1 当院における急性期脳卒中診療の新たな取り組み 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
第20回日本栓子検出と治療学会 2017.9 東京 StandardA型急性大動脈解離の人工血管置換術における頚部HITSモニタリングの初期経験 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
脳神経超音波学会 2017.6 香川 StandardA型急性大動脈解離の人工血管置換術における頚部HITSモニタリングの初期経験 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
第14回日本脳神経血管内関東地方会 2017.4 東京 stent retrieverの収納シースの代替方法について 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
老年学会2018.2 東京 75歳以上の頚動脈狭窄症に対する頚動脈ステント留置術の治療成績 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
脳卒中の外科.2018.3 福岡 当院におけるAVMに対する複合治療の治療選択と治療成績 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
脳卒中学会. 2018.3 福岡 経口避妊薬内服後に発症した静脈洞血栓症に続発した多発性硬膜動静脈瘻に対するOnyx塞栓術の一例 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
第41回CI学会 2018.3 新潟 乳児出血発症perimedullary AVFにvertebro-vertebral AVF、muscular AVMを合併した一例 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
第26回CNTT 頭蓋内・脊髄シャント疾患に対するCone Beam CTの有用性 井上龍也、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、佐藤慎祐、桑本健太郎
第76回脳外科総会 当院におけるHybrid手術室の初期成績 井上龍也、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、佐藤慎祐、桑本健太郎
第47回脳卒中の外科学会 脳卒中に対するHybrid手術室を用いた手術戦略 井上龍也、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、佐藤慎祐、桑本健太郎
脳神経外科学会第76回学術総会 2017.10 脊髄硬膜外血腫で発症した Spinal epidural AVF の1例 島省吾、新見康成、岡田芳和、望月達城、望月悠一、佐藤慎祐、桑本健太郎
第57回 日本定位・機能神経外科学会 2018.1 ボツリヌス治療抵抗性の眼瞼痙攣に対する片側 pallidotomy の有用性 島省吾、新見康成、岡田芳和、望月達城、望月悠一、佐藤慎祐、桑本健太郎
A Systematic Review and Meta-Analysis 2018.1 Joint Neurosurgical Convention 2018 Hyponatremia in Acute Stroke Shima S
第14回日本血管腫血管奇形学会学術集会 July 14-15, 郡山 ブレオマイシンによる顔面のmicrocystic lymphatic Malformationの治療経験 新見康成、佐藤慎祐、岡田芳和、望月達城、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
第6回Hybrid Neurosurgery研究会 September 2, 2017、Yokohama AVM塞栓術におけるNBCAの役割 新見康成、佐藤慎祐、岡田芳和、望月達城、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
14th Congress of the World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology October 16-19, 2017 Budapest, Hungary Usefulness of 3D rotational angiogram with MIP slab images for pre-embolization assessment of spinal dural AVFs. Niimi Y, Sato S, et al.
14th Congress of the World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology October 16-19, 2017 Budapest, Hungary Small head and neck AVMs treated with preoperative embolization and surgery. Niimi Y, Sato S, et al.
14th Congress of the World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology October 16-19, 2017 Budapest, Hungary The consideration of the risk factors and the frequency of ocular symptoms accompanied with ruptured vertebral artery dissecting aneurysm. Moteki Y, Niimi Y, Sato S, et al.
第6回Interventional Anatomy in Neurovascular Systen (IANS) seminar January 28, 2017 Fukuoka Japan Spinal AV shunt: diagnosis and embolization Niimi Y, Sato S, et al.
第33回日本脳神経血管内治療学会 November23-25, 2017. Tokyo Japan 本邦における毛細血管奇形―動静脈奇形症候群の遺伝要因の解明 茂木陽介、新見康成、佐藤慎祐 岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
第33回日本脳神経血管内治療学会 November23-25, 2017. Tokyo Japan 静脈3D-DSAとCBCTのfusion画像が後頭蓋窩外科手術の術前評価として有用であった一例 橋本舞、新見康成, 佐藤慎祐、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
第33回日本脳神経血管内治療学会 November23-25, 2017. Tokyo Japan 3次救急病院における急性期主幹動脈閉塞症に対する血栓回収療法の治療成績と時間短縮の取り組み 望月悠一、新見康成、佐藤慎祐、岡田芳和、望月達城、島彰吾、井上龍也、桑本健太郎
第76回脳神経外科学会総会 2017.11 名古屋 脳梁膨大部AVMに対して血管内治療、ガンマナイフ後に脳室内出血を繰り返した一例 山畑勇人, 佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
第76回脳神経外科学会総会 2017.11 名古屋 上行頚動脈に対して超選択的塞栓術を施行した後咽頭間隙血腫の2例 望月達城、佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
第76回脳神経外科学会総会 2017.11 名古屋 3次救急病院における急性期主幹動脈閉塞症に対する血栓回収療法の治療成績と時間短縮の取り組み 望月悠一、新見康成、佐藤慎祐、岡田芳和、望月達城、島彰吾、井上龍也、桑本健太郎
関東地方会 2017.7東京 軸椎骨折にて発見され腫瘍塞栓術後に後方固定を施行した多発性骨髄腫の一例 望月達城、佐藤慎祐、新見康成、岡田芳和、島彰吾、望月悠一、井上龍也、桑本健太郎
第76回脳神経外科学会総会 2017.11 名古屋 当院に置ける脳出血患者の検討 桑本健太郎、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、佐藤慎祐、井上龍也
第33回日本脳神経血管内治療学会 November23-25, 2017. Tokyo Japan 総頚動脈瘤に対する血管内治療の一例 桑本健太郎、新見康成、佐藤慎祐、岡田芳和、望月達城、島彰吾、井上龍也、桑本健太郎
第45回日本救急医学会総会・学術集会 3次救急病院に置ける急性期主幹動脈閉塞症に対する血栓回収療法の治療成績と時間短縮の取り組み 桑本健太郎、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、佐藤慎祐、井上龍也
第47回日本脳卒中の外科学会 抗血栓薬服用中に発症した脳出血の検討 桑本健太郎、新見康成、岡田芳和、望月達城、島彰吾、望月悠一、佐藤慎祐、井上龍也
JKW:2017.4 脂肪由来間葉系幹細胞シートを用いた脳梗塞モデルに対する血管再生研究 劉美憬
Brush-up Seminar of Neuroendovascular Therapy: 2017.7 Proton MRSでreversible cerebral metabolism changeを認めた症候性硬膜動静脈瘻の症例 劉美憬
神経放射線学会: 2017.2 動静脈奇形、硬膜動静脈廔におけるarterial spine labeling法を用いた非造影 4-D MRAとDSAの比較検討 劉美憬、阿部香代子
日本脳神経外科学会 第75回学術総会: 2017.10 Eloquent brain AVMに対するガンマナイフ先行照射後の開頭摘出術:有効性の検討 劉美憬
日本脳神経血管内治療学会第32回学術総会: 2017.11 AVMへのガンマナイフ照射後変化に対する塞栓術の検討 劉美憬
日本脳神経血管内治療学会第31回学術総会: 2016.11.25 Extremely rare persistent primitive artery passing through the jugular foramen with symptomatic ipsilateral carotid artery stenosis Byu B
第20回日本栓子検出と治療学会:2017.10.1 左室補助人工心臓による頭蓋内主幹動脈塞栓症に対し ステント型デバイスで急性期血栓回収を行った症例 劉美憬
International Stroke Conference 2018: 2018.1.1 Adipose Derived Mesenchymal Stromal Cell Sheet Transplantation Induces Functional Angiogenesis and Enhances Endogenous Neurogenesis in a Rat Stroke Model Byu B
日本脳卒中学会 第43回総会:2018.3.1 ペリサイト含有間葉系幹細胞シートを用いた脳梗塞モデルに対する細胞療法研究 劉美憬
日本脳卒中学会 第43回総会 2018.3.1 埋め込み型左室補助人工心臓による急性期頭蓋内主幹動脈塞栓症に対する血栓回収療法 劉美憬
日本脳卒中の外科学会 第47回総会: 2018.3.1 Spetzler-Martin grade 2, 3 脳動静脈奇形に対する外科的介入治療:単施設報告 劉美憬
第46回日本神経放射線学会 February 17-19, 2017 Tokyo Japan 脳血管内治療の進歩:黎明期から現在まで in Lunch Seminar Recture(新見康成)
第9回山梨脳血管内治療研究会学術講演会 March 10, 2017 Kofu Japan 脊髄シャント疾患の診断と血管内治療 Recture(新見康成)
12th Delhi course o Neurointervention, March 22-25, 2017 Mumbai India Functional vascular anatomy of the spine and spinal cord Recture(新見康成)
12th Delhi course o Neurointervention, March 22-25, 2017 Mumbai India Emboization of brain AVM using Onyx: Technique and Results Recture(新見康成)
at Asian-Australasian Society for Pediatric Neurosurgery, March 25-26, 2017, Mumbai India Endovascular treatment of pial AV Fistula Recture(新見康成)
第2回Dural Shunt & Anatomy道場West, May 27, 2017, Nagoya 脊髄硬膜動静脈瘻の血管撮影と血管内治療 Recture(新見康成)
The 11th Niche Neuro-Angiology Conference. June 17, 2017 Osaka Japan Vein of Galen aneurysmal malformation: 疾患概念と治療 Recture(新見康成)
金沢Neuro Summit, September 15, 2017 Kanazawa Japan 脊髄硬膜動静脈瘻の血管解剖と血管内治療 Recture(新見康成)
第56回多摩脳神経外科懇話会 November 2, 2017 Tokyo Japan 脳動静脈奇形の血管内治療 Recture(新見康成)
第4回東京脈管神経血管内治療学セミナーNov. 11, 2017, Tokyo Japan Pial AVF (Part1), spinal AVM (Part2) Recture(新見康成)
第49回西関東Neuro IVRセミナー December 3, 2016 Tokyo Japan Parachordal AVFの一例 佐藤慎祐
第32回日本脳神経血管内治療学会総会 November 24-26, 2016, Kobe Japan 上行頸動脈仮性動脈瘤に対し、超選択的塞栓術を施行した後咽頭間隙血腫の1例 島彰吾
第32回日本脳神経血管内治療学会総会 November 24-26, 2016, Kobe Japan 急性期主幹動脈閉塞症に対する血栓回収療法の治療成績と術後抗血栓療法の検討 佐藤慎祐
第32回日本脳神経血管内治療学会総会 November 24-26, 2016, Kobe Japan 破裂椎骨動脈解離に合併する眼症状における危険因子の検討 茂木陽介
第32回日本脳神経血管内治療学会総会 November 24-26, 2016, Kobe Japan くも膜下出血にて発症したtentorial dural AVFに対し、NBCAを用いたTAEのみで治療しえた一症例 井上龍也
第32回日本脳神経血管内治療学会総会 November 24-26, 2016, Kobe Japan 頭部顔面の小動静脈奇形に対する術前血管内塞栓術 新見康成
13th international Symposium on Thrombolysis Thrombectomy and Acute Stroke Thearpy(TTST) 10, 2016, Kobe Japan The workflow using a Hybrid operation room for reducing door to puncture time in acute stroke intervention. (oral poster) Shinsuke Sato
第33回東京脳血管内治療研究会 October 8, 2016, Tokyo Japan LVIS併用脳動脈瘤コイル塞栓術におけるSemi-jailing techniqueの有用性について 佐藤慎祐
第4回Hybrid研究会 September, 2016, Tokyo Japan 多房性破裂前交通動脈瘤にクリッピング術を施行した1例 佐藤慎祐
第57回日本脈管学会総会 October 4, Nara, Japan 頭頚部AVMに対する血管内治療 新見康成
第75回日本脳神経外科学会総会 October, 2016, Fukuoka, Japan ハイブリッド術者による破裂脳動脈瘤の治療成績 佐藤慎祐
第75回日本脳神経外科学会総会 October, 2016, Fukuoka, Japan 当院におけるHybrid手術室の利用 井上龍也
第44回日本小児神経外科学会 June 23-24, 2016, Tsukuba, Japan Hybrid ORを活用した小児脳動静脈奇形の血管内・開頭同時手術の経験 藤井本晴
第44回日本小児神経外科学会 June 23-24, 2016, Tsukuba, Japan 乳児pial arteriovenous fistulaに対する血管内治療の一例 佐藤慎祐
第19回日本臨床脳神経外科学会 July 24, 2016, Saitama, Japan 超高齢者に対するCEA 岡田芳和
第13回日本脳神経血管内治療学会関東地方会 July 9, 2016, Tokyo, Japan 浅側頭静脈を介して、経静脈的塞栓術を施行した海綿静脈胴部硬膜動静脈瘻の一例 茂木陽介
第13回日本脳神経血管内治療学会関東地方会 July 9, 2016, Tokyo, Japan で発症し、経静脈的塞栓術を行ったエーラスダンロス症候群の一例 佐藤慎祐
第13回日本脳神経血管内治療学会第3回CVSS June 9, 2016, Kobe Japan 内頚動脈海綿静脈洞瘻で発症し、経静脈的塞栓術を行ったエーラスダンロス症候群の一例 佐藤慎祐
第31回日本脊髄外科学会 June 9-10 2016, Tokyo, Japan Retrocorporeal artery動脈瘤破裂が疑われた脊髄硬膜外血腫の一例 茂木陽介
第13回日本血管腫血管奇形学会学術集会 May 20-21 2016 石垣島 摘出前に塞栓術を行った頭部顔面の小動静脈奇形:5例報告 新見康成
第48回西関東IVRセミナー April 23 2016 大宮 シャント疾患に対するIVRにおけるcone beam CTの利用 新見康成

メディア掲載情報

年で絞り込む

件中   件を表示
  • 日付 メディア・タイトル・概要 氏名

トップへ