聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

アフタービクス

利用者相談会

写真:和部屋

「利用者相談会~あなたの産み場所を決めるために~」

初診を受ける前に必ず利用者相談会に参加をお願いしております。当助産院の特徴や医療連携システムについてご説明します。

対象

  • 経産婦の方
  • 妊娠14週までの方
  • 合併症等のない方

*助産院ではお受けできない場合

  • 合併症がある:喘息(過去1年以内の発作・薬剤使用)、糖尿病、腎臓病、甲状腺異常、心臓病、血液疾患、子宮筋腫5cm以上、卵巣嚢腫6cm以上、精神疾患がある
  • 家族歴がある:両親ともに糖尿病である、両親または兄弟姉妹が40歳未満で突然死している、など
  • 子宮の形に特徴がある:双角子宮、双頚子宮など
  • 子宮の手術歴がある:3回以上の子宮内容掻爬術(人工妊娠中絶含む)の既往、子宮筋腫核出術後、円錐切除後、帝王切開で分娩をしたことがある、など
  • 過去に精神疾患の既往がある
  • 過去の妊娠・分娩・産後の経過に以下の事がある場合: 頚管無力症、妊娠高血圧症候群、子宮内反、子癇発作、産後出血1500ml以上、会陰裂傷Ⅳ度、妊娠糖尿病、早産(37週未満での分娩)、お子さんの出生体重が2500g未満である等
  • 血液型がRh(-)である、不規則抗体が陽性である
  • 感染症がある:B型・C型肝炎、HIV、梅毒など
  • 生殖医療技術による妊娠である:体外受精(IVF-ET)、顕微授精(ICSI)
  • ふたご、みつごなど多胎妊娠である
  • 初産婦である
  • 体格:非妊時体重80kg以上、BMI:非妊時25以上または17未満
  • 過去にアナフィラキシーショックの既往がある、または重症のアレルギー症状がある
  • 子宮頸癌検査の結果がクラスⅢ以上である

日程

毎週土曜日 15時~
受付は開始時刻の10分前より開始し、開始時刻になりましたら締め切ります。

場所

写真:産科クリニック

聖路加助産院 マタニティケアホーム

交通案内のページへ

内容

当助産院の紹介、助産師との個別面談
個別面談は受け付け順に行います。当日の参加人数によってはお待たせすることがありますので、あらかじめご了承ください。全体で1~1時間30分を予定しております。

持ち物

母子手帳(ご出産経験のある方は今までの母子手帳もお持ちください)

申込方法

事前の予約は不要です。上記の「■対象」をご確認の上、ご参加ください。
開催時間10分前に直接当助産院までお越しください。

利用者相談会についてご質問のある方は、事前にお電話にてご相談下さい。

03-5550-7177(月~土 13:00~15:00)

初診の際には、「初診問診票」と「診療申込書」をダウンロードし、ご記入の上ご来院下さい。
ダウンロードできない場合は、診察前にご記入いただくため、予約時間の30分前にお越し下さい。

初診問診票(和文)のダウンロードはこちらから

PDFファイルをダウンロード

初診問診票(英文)のダウンロードはこちらから

PDFファイルをダウンロード

診療申込書(和文)のダウンロードはこちらから

PDFファイルをダウンロード

診療申込書(英文)のダウンロードはこちらから

PDFファイルをダウンロード

妊婦健診

写真:診察

1回30分の助産師による健診です。
妊娠期の養生・出産や産後の準備をしていきます。

初診~中期、36週、40週は聖路加国際病院の医師による健診を受けて頂きます。

 まず、妊婦健診の受診票が交付される市区町村に、分娩を行わない助産院において妊婦健診の補助が出るかどうかをご確認ください。
(横浜市など、補助がでない市区町村があります)

聖路加助産院での妊婦健診費用は、償還払いとなります。
助産院では一旦全額を支払い、後日ご自身で各市区町村に補助額を請求していただきます。

外来健診 完全予約制

助産師による外来健診 休診 休診

原則として、月・水・金は妊婦健診、火・木は母乳外来

  • 診療時間:

    月・水・金 8:40~12:30、13:40~16:50
    火・木    9:00~12:00、13:00~17:00

  • 休診日:

    土・日・祝日

  • 予約受付時間:

    13:00~15:00(月~土)

  • 予約受付電話:

    070-6574-0381

出産

セミオープンシステムです。
聖路加国際病院での出産となります。
産後母子ともに経過に異常がなければ、助産院へ移動します。

産後

  • 産後は24時間母児同室(同床)、個室にてお過ごしいただきます。
  • 面会時間 10:00~22:00 (家族の宿泊はできません)。
  • 乳房マッサージをおこなうなど適宜授乳のアドバイスをいたします。

費用

セミオープンシステムの入院費用は、本院・助産院合わせ、母子合計で67万円~となります。
詳細は利用者相談会にてお問い合わせください。

食事について

入院中の食事は、産後の身体やおっぱいにやさしく、食事を楽しみに思えるよう工夫しています。食材の調達や調理法にこだわっている「自然回帰」さんに協力していただきお作りしています。贅沢な粗食を存分に味わって下さい。

お食事提供会社 (株)自然回帰 http://shizenkaiki.jp/

自然回帰の想い

人間の身体は、食物によって作られています。特に、お母さんの食習慣は、産まれてくる赤ちゃんに、大きな影響を与えます。砂糖や油を摂り過ぎたり、添加物まみれの食事が日常化していると、産まれてくる子供が将来成人病になるリスクが非常に高くなるという調査もあります。出産は、お母さんの食習慣を見直す、とても良い機会となります。では、何を食べれば良いのか?との質問の答えが、聖路加助産院のお食事に、全て凝縮されています。出産後、リセットされた身体に、美味しく・心地良く響き合うお食事を是非お楽しみください。そして、そこで感じ取った感覚を、是非ご家庭での食生活に活かし、大切な家族の健康を守ってあげてください。

自然回帰のお食事―コンセプトは、「贅沢な粗食」

  1. 基本、玄米菜食を軸にした和食です。
  2. 無肥料自然栽培・有機栽培・無農薬栽培の穀物・お野菜が中心です。
  3. 顔の見える生産者さんの食材が中心です。
  4. こだわりのお肉・お魚・デザートも楽しめます。
  5. 調味料も無添加にこだわります。
  6. 発酵の世界を大切にしています。
  7. 産後のお身体を労わる献立内容です。
  8. 愛情たっぷりの手作り料理で、厳選素材を一から全て現場調理します。
  9. 一流の職人が、専用厨房で調理し、作りたてをお届けします。
  10. 何よりも「美味しさ」を大切にしています。

是非、自然回帰の「贅沢な粗食」をお楽しみください。