聖路加国際病院

St Luke's International Hospital

乳腺外科

乳腺外科のお知らせ

  • 読み込み中

診療内容

診療内容・特徴

ブレストセンターでは、質の高いエビデンスを元に、標準医療ガイドラインに沿った治療をベースにしながら、患者さんに寄り添って、最善・最良の医療の提供を目指しています。

その目標に向けて、様々な部署と定期的にカンファレンスを行いチーム体制で診療にあたっています。また、総合病院という特色を生かし、併発疾患を抱えた患者さんの受け入れも積極的に行っています。

治療を受けられる方へ

患者さん向け冊子「乳がんの治療を受けられる方へ」をダウンロードいただけます。

乳がんの治療を受けられる方へ

受診される方は、下記より問診票をダウンロードしてあらかじめ記入してご持参ください。

ブレストセンター問診票

対象症例・得意分野・専門分野

  • 乳癌検診の二次精査
  • 乳房腫瘤の良悪性鑑別診断(穿刺吸引細胞診、針生検、マンモトーム生検)
  • 早期乳癌の治療(乳房温存手術、センチネルリンパ節生検、乳房切除術、乳房再建)
  • 進行乳癌に対する術前化学療法
  • 再発乳癌の治療(外来化学療法、ペインコントロールなどにおける緩和医療チームとの連携)
  • 家族性乳癌カウンセリング(遺伝診療センター、女性総合診療部と連携)
  • 臨床試験、臨床治験などへの積極的な参加による先端医療の提供
  • 米国M.D.アンダーソン癌センターとの姉妹病院提携を通じたセカンドオピニオンの実施

当院における診療の流れ

当院では、医師とともに、看護師や薬剤師、他科のスタッフがチームを組み、それぞれの立場から乳がん患者さんのケアにあたっています。

初診

  • 問診
  • 視診
  • 触診
  • 超音波検査
  • マンモグラフィ
  • 細胞診
  • 組織診(コア針生検、バコラ生検、マンモトーム生検)

乳がんと診断

  • 治療法の説明
  • 治療に必要な検査は外来で行います
  • 家族歴のある方は、遺伝子カウンセリングを行います(遺伝子検査 → 術式の決定)
  • MRI
  • 超音波検査( CT / PET - CT、骨シンチ )

術前化学療法(外来)

術前内分泌療法(外来)

(3〜6ヶ月)

術前麻酔科診察(全身麻酔の場合)

手術療法(入院が主体)

  • 乳房部分切除術
  • 乳房切除術
  • 乳房再建術
  • センチネルリンパ節生検
  • 腋窩郭清

入院は手術前日です(当日のこともあります)
ドレーンがない場合には約4日間の入院
ドレーンが入った場合は抜去した翌日に退院可能(4~10日程度)

摘出した乳がん組織の検査

  • 腫瘍の大きさ
  • ホルモン受容体
  • HER2受容体
  • 核グレード
  • 腋窩リンパ節転移の有無
  • (多重遺伝子診断法)

追加切除術 
または
乳房切除術
+ / - 再建術

術後化学療法(外来)

(3〜6ヶ月)

放射線療法(外来)

(3~6週間・平日毎日 )
1日約5分

内分泌療法(外来)

(5〜10年)
症状が安定したら連携クリニック・紹介元クリニックでフォローアップ

AYAサバイバーシップセンター

AYA世代(15-39歳)患者さんが抱える身体的、精神的、社会的な悩みや相談を、病気の診断時から治療後にかけてサポートすることを目的としたセンターです。
AYA世代の方に積極的に利用していただくことで、患者さんにより充実した医療を提供するとともに、患者さんの自立性を高め、社会生活の維持を支援することを目的として設立されました。

「AYAサバイバーシップセンター」の詳細はこちら

診療実績

術式 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
総乳房手術 1072 1150 1018 990
乳がん手術 942 928 960 918
一期的乳房再建術 259 232 251 150
良性腫瘤切除術 54 59 51 65
35歳未満手術 54 48 62 45

Tokyo女子けんこう部(東京都福祉保健局保健政策部健康推進課)

東京都が発信する、女性が健康な生活や女性特有の病気について手軽に知ることができるポータルサイト「TOKYO#女子けんこう部」では、幅広い年代の女性へ向けた情報発信を行われています。

トップへ

スタッフ紹介

読み込み中...

トップへ

外来スケジュール表

※この表はスクロールします

医師名/曜日
山内 英子        
林 直輝        
吉田 敦        
竹井 淳子        
角田 博子     AM    
岩平 佳子       PM  
尹 玲花 ※1        
濱岡 剛 ※2        
梶浦 由香        

※1 尹先生 月~土(午前のみ、金曜を除く)mammaria(マンマリア) tsukijiにて診療

※2 濱岡先生 月~土(午前のみ、木曜を除く)桜新町濱岡ブレストクリニックにて診療

スタッフの詳細情報は名前をクリックしてください。

トップへ

連携クリニック

mammaria tsukiji (マンマリア ツキジ)

院長:尹玲花
女性スタッフによる乳腺専門クリニック 築地駅すぐ

私は聖路加国際病院で乳腺診療に約10年間携わり、たくさんの患者さまと諸先輩方に乳腺の専門家へと育てていただきました。
女性のお役に立ちたいと外科医を志し、2017年4月念願だった女性のためのクリニックを開設する運びとなりました。
かねてから、患者さまに『寄り添う』ことをキーワードに診療にはげんでまいりました。
悩みを抱える女性の側に寄り添えるようなクリニック作りをしてまいります。
スタッフ一同、皆様が笑顔になって頂けるように努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。(院長 尹 玲花)

当院は聖路加国際病院のパートナーズクリニックです

必要時には聖路加国際病院での検査や診療へスムーズにおつなぎいたします。また、聖路加国際病院での診療を受けられていた方は、これまでの診療内容をすべて引き継ぎますので、どうぞご安心下さい。

女性のための上質空間

診察や検診で訪れる方が、リラックスしながらも、上質な『特別感』を感じて頂ける空間作りを目指しています。落ち着いたインテリアと清潔な空間で皆様をお待ちしています。

ブレストクリニック築地

ブレストクリニック築地

院長:猿丸修平
聖路加国際病院よりすぐ

一人でも多くの女性が、乳がん術後の不安から解放されるように

乳がん術後のホルモン療法は、5年にも及ぶ長期の治療です。そのため、患者さまは長期、頻回の通院に耐えなければなりません。また、病院側も外来診療が混雑の一途をたどるという問題点を抱えることになります。
この問題を解決するための新しい試みとして、術後のホルモン療法、フォローアップを専門とするクリニックを2008年5月に立ち上げました。聖路加国際病院から徒歩1分のところにあります。聖路加国際病院ブレストセンターとの連携クリニックとして、同病院で手術を受けた患者さまのみを受け入れる完全予約制のクリニックです。

頻回の通院が苦にならないよう、待ち時間が生じないように工夫しています。必要な際には、直ちに隣の聖路加国際病院で検査が受けられるようなシステムになっています。乳がん術後の患者さまにとってのユートピア、オアシスとなるよう日々、努力しております(院長 猿丸 修平)。

<ブレストセンターとの連携チーム医療における役割>

  • 聖路加国際病院での手術、化学療法、放射線療法などを終えられた患者さまに対して、術後診察と、ホルモン療法剤の処方などを行っています
  • 術後経過に異常が生じた場合には、直ちに聖路加国際病院で診療が受けられるように連携をとっています

桜新町濱岡ブレストクリニック

桜新町濱岡ブレストクリニック

院長:濱岡 剛
東急田園都市線 桜新町駅よりすぐ

乳がんの早期発見、早期治療を目指して

聖路加国際病院との連携も順調に行っており、質の高い乳がん治療と共に、患者様が快適に暮らしていくお手伝いを行って行きます。
どうぞ宜しくお願いいたします(院長 濱岡 剛)。

イーク丸の内

院長: 野口 由紀子
JR東京駅 丸の内南口  徒歩約3分

イーク丸の内は女性のためのクリニックです

イークは、すべての女性の人生とライフスタイルを守るために、全人的な統合医療と心のこもったサービスを融合させます。

  1. すべての疾患の早期発見を実現するために、精度の高い検診と的確な結果報告を行います
  2. 患者様に穏やかな気持ちで受診をして頂くために、患者様視点のサービスを提供します
  3. 患者様を早期治療に導くために、迅速で丁寧な医療連携を行います

どうぞよろしくお願いいたします。

ブレストサージャリークリニック

ブレストサージャリークリニック

院長:岩平 佳子
*乳房再建 形成外科 都営浅草線泉岳寺駅A1出口より徒歩1分

一人でも多くの患者さんが、明るく前向きな人生を歩めるように

乳房再建はただ膨らんでいればいい、作ればいいというものではなく、より自然により対称的に再建することが目標です。なるべく体の負担を少なく、スポーツや趣味に支障がないようにするためには人工物再建が適しています。

しかし人工物は既製品の中から選択しますので、全く同じにはなりません。温泉に行って、隣の人に「あれっ?」と思われない程度と考えてください。それでもブラジャーにパットを詰める煩わしさから解放され、乳輪乳頭もきれいにできて、お風呂のたびに自分が乳がんであったことを思い出すこともなくなると再建した多くの患者さんは喜んでくださっています。

ブレストサージャリークリニックの特徴は、個々に合った質の高い乳房再建を行うことに加え、お待たせしないこと、土日祝日にも手術、外来をしていること、担当ナースがカウンセリングを行うことです。また抗がん剤やホルモン剤の副作用による肌荒れ、しみなどに美容皮膚科も専門医が対応、治療しています。

<ブレストセンターとの連携>

  • 毎週木曜日午後にブレストセンターで診察を行っています。
  • ブレストセンターのサマースクールの講師をしています。
  • ブレストセンターの先生方も週何回かクリニックに手伝いにいらしてくださり、一緒に患者さんを診察したり、手術を行ったりしています。
  • 双方の休診日に互いに対応できるように連携を取り合っています。

トップへ

トピックス

  • 日付
  • お知らせ
  • 2019年9月27日

    2019年 第11回スマイルパーティーを開催いたします!
    恒例の皆様との交流の会。今年度のテーマは「Cheer up!」です。
    参加対象者:聖路加国際病院 乳腺外科に受診歴のある方、及びそのご家族
    日時:11月23日(祝・土) 12:30会場 13:00開始
    場所:聖路加国際大学 1階 アリス・C・セントジョン メモリアルホール
    参加費用:1000円(オリジナル記念品付きです!)
    *事前申し込みは必要ありません。
    詳細はこちらをご参照ください。
    スタッフ一同、皆様のご来場をお待ちしております!

  • 2018年10月24日

    今年も、スマイルパティ―を開催いたします! 恒例の皆様との交流の会。今年度のテーマは「空をみあげて、星に願いを☆」です。
    今年はプラネタリウムを行います!満点の星空を見上げ、癒しの空間を楽しみつつ、星空に願いを込めたいと思います。
    参加対象者: 聖路加国際病院 乳腺外科に受診歴のある方、及びそのご家族
    日時: 11月23日(祝・金) 12:30会場 13:00開始
    場所: 聖路加国際大学 1階 アリス・C・セントジョン メモリアルホール
    参加費用: 1000円(オリジナル記念品付きです!)
    *事前申し込みは必要ありません。
    詳細はこちらをご参照ください。
    スタッフ一同、皆様のご来場をお待ちしております!

  • 2018年6月14日

    【医療従事者向け】「第10回聖路加サマースクール ~NBOC and Beyond~」を9月8日、9日に開催いたします。がんのクリニカルシークエンスが国を挙げて行わるようになったり、コンパニオン診断に伴い見つかる遺伝性腫瘍について学ぶ予定です。詳しい講義内容は近日公開予定ですが、申込は、開始しておりますので、PDFをご参照ください。 PDFはこちら

  • 2018年2月19日

    聖路加国際大学で開発された、乳癌手術方法を決定するための意思決定支援のためのガイドをご紹介しています。リンクはこちら

  • 2018年2月19日

    乳腺外科部長・ブレストセンター長 山内英子の監修の、乳がん患者支援アプリ 『乳ガン♡リビング』アプリをご紹介しています。
    iOSはこちら
    Androidはこちら

  • 2014年8月29日

    ドクターズマガジン 2014年9月号に山内英子医師のインタビュー記事が掲載されました。

  • 2014年1月

    若年性乳がん体験者のためのコミュニティ「Pink Ring & Pink Ring Extend Anniversary Party」を2014年2月15日(土)13:00より開催します。場所は本館2階トイスラーホールです、詳しくはこちら。

  • 2013年11月27日

    【ラジオ放送】12/18(水) NHKラジオ第1 「午後のまりやーじゅ」に 尹 玲花 先生が出演いたします。テーマは「乳がん」についてです。詳しくはこちら

  • 2013年11月

    【テレビ放映】11/12放送のTBSテレビ「ニュース23」(夜のニュース)において、「遺伝性乳がん 母から子へ」(仮)が放映されます。乳腺外科 山内医師他、出演予定です。

  • 2013年11月

    【公開シンポジウム】「がんになっても暮らしやすい社会をめざして -働く世代と子供のサポート-」を 2013年12月21日(土)開催いたします。詳しくはこちらを参照下さい。

  • 2013年7月

    医療従事者向け「聖路加サマースクール」を開催いたします。詳しくはこちらを参照下さい。

  • 2013年5月

    中央公論新社「婦人公論」5/22号に、山内医師の特集記事が掲載されております。

論文・書籍・メディア

お知らせ

第27回日本遺伝性腫瘍学会学術集会で、喜多久美子医師の演題「聖路加国際病院におけるリスク低減乳房切除術の現状と課題」(演題番号:RT1-5、OPA-9)が優秀演題に選出されました。

第27回日本遺伝性腫瘍学会学術集会

2021ASCO(米国腫瘍学会)で、土田寧恵医師、林直輝医師らが中心になり、"A validated model to predict low recurrence risk distinguished by 21-gene recurrence score in hormone receptor-positive invasive breast cancer patients."の学会発表をいたしました。

2021 ASCO Anual Meeting
A validated model to predict low recurrence risk distinguished by 21-gene recurrence score in hormone receptor-positive invasive breast cancer patients.

論文情報

※この表はスクロールします

日付 雑誌名 論題 発表者
2021 Breast Cancer.
28(4):896-903.
Epub 2021 Feb 18.
Clinicopathological predictors of postoperative upstaging to invasive ductal carcinoma (IDC) in patients preoperatively diagnosed with ductal carcinoma in situ (DCIS): a multi-institutional retrospective cohort study. Tanaka K, Masuda N, Hayashi N, Sagara Y, Hara F, Kadoya T, Matsui A, Miyazaki C, Shien T, Tokunaga E, Hayashi T, Niikura N, Maeda S, Komoike Y, Bando H, Kanbayashi C, Iwata H.
2021 Breast Cancer.
28(4):838-847.
Epub 2021 Feb 9.
Accuracy of morphologic change measurements by ultrasound in predicting pathological response to neoadjuvant chemotherapy in triple-negative and HER2-positive breast cancer. Ochi T, Tsunoda H, Matsuda N, Nozaki F, Suzuki K, Takei H, Yamauchi H.
2021 Ann Transl Med.
9(7):535.
Oral care and oral assessment guide in breast cancer patients receiving everolimus and exemestane: subanalysis of a randomized controlled trial (Oral Care-BC). Umeda M, Ota Y, Kashiwabara K, Hayashi N, Naito M, Yamashita T, Mukai H, Nakatsukasa K, Amemiya T, Watanabe KI, Hata H, Kikawa Y, Taniike N, Yamanaka T, Mitsunaga S, Nakagami K, Adachi M, Kondo N, Shibuya Y, Niikura N
2021 BMC Cancer.
21(1):34.
Secondary endpoints analysis in patients with estrogen receptor-positive metastatic breast cancer treated with everolimus and exemestane enrolled in Oral Care-BC. Nakatsukasa K, Niikura N, Kashiwabara K, Amemiya T, Watanabe KI, Hata H, Kikawa Y, Taniike N, Yamanaka T, Mitsunaga S, Nakagami K, Adachi M, Kondo N, Shibuya Y, Hayashi N, Naito M, Yamashita T, Umeda M, Mukai H, Ota Y.
2021 Clin Breast Cancer.
2021 Jan 6:S1526-8209(21)00003-3.
Online ahead of print.
Long-Term Oncologic Safety of Nipple-Sparing Mastectomy With Immediate Reconstruction. Yamashita Y, Tsunoda H, Nagura N, Kajiura Y, Yoshida A, Takei J, Suzuki K, Watanabe T, Iwahira Y, Yamauchi H, Hayashi N.
2021 Breast Cancer.
28(4):985-986.
Correction to: The Japanese Breast Cancer Society Clinical Practice Guidelines for systemic treatment of breast cancer, 2018 edition. Shimoi T, Nagai SE, Yoshinami T, Takahashi M, Arioka H, Ishihara M, Kikawa Y, Koizumi K, Kondo N, Sagara Y, Takada M, Takano T, Tsurutani J, Naito Y, Nakamura R, Hattori M, Hara F, Hayashi N, Mizuno T, Miyashita M, Yamashita N, Yamanaka T, Saji S, Iwata H, Toyama T.
2021 Breast Cancer.
28(2):247-253.
Epub 2021 Feb 20.
Recommendations for the management of breast cancer patients during the COVID-19 pandemic from the Japan Breast Cancer Society. Kawate T, Yoshida A, Sugae S, Asaga S, Kaise H, Saji S, Yamauchi C, Miyoshi Y, Yamauchi H, Ishikawa T
2021 Ultrasound Med Biol
47(3):370-375.
Epub 2020 Nov 28.
Evaluation of Axillary Lymph Nodes in Breast Cancer Patients with Atopic Dermatitis. Yamashita Y, Tsunoda H, Nozaki F, Suzuki K, Yamauchi H.
2021 Ann Surg Oncol.
28(5):2545-2552.
Epub 2020 Oct 6.
Risk Factors for Ipsilateral Breast Tumor Recurrence in Triple-Negative or HER2-Positive Breast Cancer Patients Who Achieve a Pathologic Complete Response After Neoadjuvant Chemotherapy. Ishitobi M, Matsuda N, Tazo M, Nakayama S, Tokui R, Ogawa T, Yoshida A, Kojima Y, Kuwayama T, Nakayama T, Yamauchi H, Nakamura S, Tsugawa K, Hayashi N.
2020 BMC Palliative Care Validation of the Japanese version of the Barriers Questionnaire II in cancer pain management: a ross-sectional study Sakakibara N, Komatsu H,Takahashi M,Yamauchi H, Yamauchi T, A Z Doorenbos
2020 癌と化学療法 がん診療の現場からの働き方改革 山内英子
2020 癌と化学療法 一つになる医療へ―乳がん患者への切れ目ない医療― 尹玲花、山内英子
2020 Breast Cancer Research and Treatment Long‑term survival analysis of addition of carboplatin to neoadjuvant chemotherapy in HER2‑negative breast cancer Iwase M, Ando M, Aogi K, Aruga T, Inoue K, Shimomura A, Tokunaga E, Masuda N, Yamauchi H, Yamashita T, Iwata H
2020 Breast Cancer Breast reconstruction after risk-reducing mastectomy in BRCA mutation carriers Nagura N, Hayashi N, Takei J, Yoshida A, Ochi T, Iwahira Y, Yamauchi H
2019 家族性腫瘍 遺伝性乳がん卵巣がんにおける家系員の遺伝学的検査受検率および背景因子に関する分析-日本HBOCコンソーシアム登録事業における試験登録データより- 大川恵、横山士郎、渡邊知映、金井久子、青木美紀子、竹井淳子、吉田敦、山内英子(日本HBOCコンソーシアム登録委員会)
2019 Breast Cancer Res Treat A population-based recurrence risk management study of patients with pT1 node-negative HER2+ breast cancer: a National Clinical Database study Kubo M, Kawai M, Kumamaru H, Miyata H, Tamura K, Yoshida M, Ogo E, Nagahashi M, Asaga S, Kojima Y, Kadoya T, Aogi K, Niikura N, Miyashita M, Iijima K, Hayashi N, Yamamoto Y, Imoto S, Jinno H
2019 Breast Cancer Effects of a structured group intervention on obesity among breast cancer survivors Suzuki H, Seki A, Hosaka T, Matsumoto N, Tomita M, Takahashi M, Yamauchi H
2019 ESMO open Factors associated with treatment delay in women with primary breast cancer who were referred to reproductive specialists Kitano A, Shimizu C, Yamauchi H, Akitani F, Shiota K, Miyoshi Y, Ohde S
2019 Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy [Genetic Approach of Breast Cancer] Takei J, Yamauchi H
2019 Asia-Pacific journal of oncology nursing Falls and Functional Impairments in Breast Cancer Patients with Chemotherapy-Induced Peripheral Neuropathy Komatsu H, Yagasaki K, Komatsu Y, Yamauchi H, Yamauchi T, Shimokawa T, Doorenbos AZ
2019 Breast cancer Developing a checksheet for breast cancer patients receiving endocrine therapy-examining reliability and validity Iioka Y, Iwata T, Yamauchi H
2019 Breast Cancer Current conditions and issues of physicians and working conditions at institutions accredited by the Japanese Breast Cancer Society Kawase K, Yamashita H, Iwase H, Akashi-Tanaka S, Iijima K, Ishida T, Takeishi Y, Tanaka F, Doihara H, Nakano S, Yamauchi H, Masuda S
2019 European Journal of Cancer Predictive and prognostic value of stromal tumour-infiltrating lymphocytes before and after neoadjuvant therapy in triple negative and HER2-positive breast cancer Tomohiro Ochi, Giampaolo Bianchini, Michiko Ando, Fumi Nozaki, Daiki Kobayashi, Carmen Criscitiello, Giuseppe Curigliano, Takayuki Iwamoto, Naoki Niikura, Hiroyuki Takei, Atsushi Yoshida, Junko Takei, Koyu Suzuki, Hideko Yamauchi, Naoki Hayashi
2019 日本超音波医学会誌 エラストグラフィで乳癌を疑った濃縮嚢胞の1例 吉田泰子、角田博子、塚本徳子、向井理枝、剱さおり、森下恵美子、喜多久美子、山内英子、野嵜史、鈴木高祐
2019 Progress in Medicine 医療従事者の働き方改革の展望 山内英子
2019 医師・コメディカルのためのメディカルフィットネス 乳がん 山内英子
2019 内科 乳がんの遺伝子と予防手術 越智友洋、山内英子
2019 手術 術前化学療法後CR症例に対する手術省略のエビデンスはどこまで進んだか 林直輝、山内英子
2019 乳癌の臨床 乳輪部に発生した非浸潤性乳管癌が、術後7年で高度腋窩リンパ節転移再発をきたした1例 越智友洋、角田博子、遠藤芙美、利川千絵、野嵜史、鈴木高祐、山内英子
2019 Breast Cancer Symptoms and QOL in breast cancer patients receiving hormone therapy in Japan Yukiko Iioka, Takako Iwata, Hideko Yamauchi
2019 がん分子標的治療 がんのgermlineの変異と予防切除 山下祐司、吉田敦、山内英子
2019 J Jpn Surg Assoc Complete Response to Trastuzumab and Pertuzumab in Combination with Chemotherapy in HER2-positive Metastatic Breast Cancer—Case Series— Yasue TSUCHIDA, Naoki HAYASHI, Chie TOSHIKAWA, Yuji YAMASHITA, Koyu SUZUKI, and Hideko YAMAUCHI
2019 Ann Surg Oncol Role of Postmastectomy Radiotherapy After Neoadjuvant Chemotherapy in Breast Cancer Patients: A Study from the Japanese Breast Cancer Registry Miyashita M, Niikura N, Kumamaru H, Miyata H, Iwamoto T, Kawai M, Anan K, Hayashi N, Aogi K, Ishida T, Masuoka H, Iijima K, Masuda S, Tsugawa K, Kinoshita T, Tsuda H, Nakamura S, Tokuda Y
2019 Clin Breast Cancer The Loss of Lymph Node Metastases After Neoadjuvant Chemotherapy in Patients With Cytology-proven Axillary Node-positive Primary Breast Cancer Namura M, Tsunoda H, Kobayashi D, Enokido K, Yoshida A, Watanabe T, Suzuki K, Nakamura S, Yamauchi H, Hayashi N
2018 Breast Cancer Repeat recurrence and malignant transition of phyllodes tumors of the breast Wada A, Hayashi N, Endo F, Tsunoda H, Yoshida A, Suzuki K, Nakamura S, Yamauchi H
2018 Oncoplastic Breast Surgery 乳房再建を含む乳癌術式決定における患者中心の意思決定支援とディシジョンエイド活用の動向 大坂和可子、山内英子
2018 Breast Cancer Research and Treatment High rate of occult cancer found in prophylactic mastectomy specimens despite thorough presurgical assessment with MRI and ultrasound: findings from the Hereditary Breast and Ovarian Cancer Registration 2016 in Japan Yamauchi H, Okawa M, Yokoyama S, Nakagawa C, Yoshida R, Suzuki K, Nakamura S, Arai M
2018 臨床泌尿器科 遺伝性乳癌卵巣癌症候群 利川千絵、吉田敦、山内英子
2018 診断病理 Solid variant of mammary adenoid cystic carcinoma with basaloid featuresesの1例 内田史朗、鈴木高祐、宇野美恵子、阿部江利子、林透、林直輝、山内英子、角野博子、柏葉匡寛、秋山太
2018 Breast Cancer Effects of a combined exercise plus diet program on cardiorespiratory fitness of breast cancer patients Okumatsu K, Tsujimoto T, Wakaba K, Seki A, Kotake R, Yamauchi T, Hirayama S, Kobayashi H, Yamauchi H, Tanaka K
2018 Surg Today Prognostic impact of multifocal and multicentric breast cancer versus unifocal breast cancer Fushimi A, Yoshida A, Yagata H, Takahashi O, Hayashi N, Suzuki K, Tsunoda H, Nakamura S, Yamauchi H
2018 Clin Breast Cancer Magnetic Resonance Imaging Combined With Second-look Ultrasonography in Predicting Pathologic Complete Response After Neoadjuvant Chemotherapy in Primary Breast Cancer Patients Hayashi N, Tsunoda H, Namura M, Ochi T, Suzuki K, Yamauchi H, Nakamura S
2018 Clin Breast Cancer Randomized Multicenter Phase II Trial of Neoadjuvant Therapy Comparing Weekly Nab-paclitaxel Followed by FEC With Docetaxel Followed by FEC in HER2- Early-stage Breast Cancer Kuwayama T, Nakamura S, Hayashi N, Takano T, Tsugawa K, Sato T, Kitani A, Okuyama H, Yamauchi H
2018 Breast Cancer Repeat recurrence and malignant transition of phyllodes tumors of the breast Asaka Wada, Naoki Hayashi, Fumi Endo, Hiroko Tsunoda, Atsushi Yoshida, Koyu Suzuki, Seigo Nakamura, and Hideko Yamauchi
2018 Cancer Risk factors for locoregional recurrence after breast conserving therapy in breast cancer patients treated with neoadjuvant chemotherapy: An international collaboration and individual-patient meta-analysis Antonis Valachis,MD, PhD Eleftherios P. Mamounas, Elizabeth A. Mittendorf, MD, PhD, Naoki Hayashi, MD, PhD, Makoto Ishitobi, Clara Natoli, Florian Fitzal, Isabel T Rubio, Daniel G Tiezzi, Hee-Chul Shin,MD, Stewart J. Anderson, NSABP, Kelly K. Hunt, MD, Naoko Matsuda, MD, Shozo Otsumi, Athina Totomi, Cecilia Nilsson
2018 Clin Breast Cancer The Prognostic Effect of Changes in Tumor Stage and Nodal Status After Neoadjuvant Chemotherapy in Each Primary Breast Cancer Subtype Hayashi N, Takahashi Y, Matsuda N, Tsunoda H, Yoshida A, Suzuki K, Nakamura S, Yamauchi H
2018 Breast Cancer Risk factors for complications among breast cancer patients treated with post-mastectomy radiotherapy and immediate tissue-expander/permanent implant reconstruction: a retrospective cohort study Ogita M, Nagura N, Kawamori J, In R, Yoshida A, Yamauchi H, Takei J, Hayashi N, Iwahira Y, Ohde S, Fukushima S, Sekiguchi K
2018 日本医師会雑誌 妊娠期乳がんに対するマネジメント 山内英子
2018 Modern Physician あらためて、家族歴の大切さ 山内英子
2018 日本外科学会雑誌 理想の男女共同参画のためのみんなの働き方改革-タスクシフティング(業務委託)、タスクシェアリング(業務の共有化)をあらためて考える 山内英子
2018 体力科学 乳がんサバイバーの運動と服薬 山内英子
2018 体力科学 がんサバイバーシップ 山内英子
2018 J Cancer Somatic mutations, clinicopathologic characteristics, and survival in patients with untreated breast cancer with bone-only and non-bone sites of first metastasis Kono M, Fujii T, Matsuda N, Harano K, Chen H, Wathoo C, Joon AY, Tripathy D, Meric-Bernstam F, Ueno NT
2018 JAMA Oncology Safety and Efficacy of Panitumumab Plus Neoadjuvant Chemotherapy in Patients With Primary HER2-Negative Inflammatory Breast Cancer Matsuda N, Wang X, Lim B, Krishnamurthy S, Alvarez RH, Willey JS, Parker CA, Song J, Shen Y, Hu J, Wu W, Li N, Babiera GV, Murray JL, Arun BK, Brewster AM, Reuben JM, Stauder MC, Barnett CM, Woodward WA, Le-Petross HTC, Lucci A, DeSnyder SM, Tripathy D, Valero V, Ueno NT
2018 European Journal of Cancer Prior systemic treatment increased the incidence of somatic mutations in metastatic breast cancer Fujii T, Matsuda N, Kono M, Harano K, Chen H, Luthra R, Roy-Chowdhuri S, Sahin AA, Wathoo C, Joon AY, Tripathy D, Meric-Bernstam F, Ueno NT
2018 Breast Cancer Change in sonographic brightness can predict pathological response of triple-negative breast cancer to neoadjuvant chemotherapy Matsuda N, Kida K, Ohde S, Suzuki K, Yamauchi H, Nakamura S, Tsunoda H
2018 Clinical Breast Cancer 18(2) Discrepancies Between Pathological Tumor Responses and Estimations of Complete Response by Magnetic Resonance Imaging After Neoadjuvant Chemotherapy Differ by Breast Cancer Subtype Namura M, Tsunoda H, Yagata H,Hayashi N, Yoshida A, Morishita E, Takei J, Suzuki K, Yamauchi H
2017 癌と化学療法 HBOC症候群の診断と治療の現況 喜多久美子、村井美知子、山内英子
2017 日本臨床 乳癌学-最新の診断と治療- II. 乳癌の疫学と予防、(3)遺伝性乳癌の診療の現状と展望 村井美知子、吉田敦、喜多久美子、大川恵、山内英子
2017 Current Therapy PAM50、EndPredict-乳癌サブタイプと特に晩期再発の予測- 吉田敦
2017 乳腺甲状腺超音波医学 肉芽腫性乳腺炎の画像と臨床 南村真紀、角田博子、山内英子
2017 Breast Cancer Research and Treatment Identification of frequent somatic mutations in inflammatory breast cancer Matsuda N, Lim B, Wang Y, Krishnamurthy S, Woodward W, Alvarez RH, Lucci A, Valero V, Reuben JM, Meric-Bernstam F, Ueno NT
2017 Expert Opinion on Investigational Drugs Early clinical development of epidermal growth factor receptor targeted therapy in breast cancer Matsuda N, Lim B, Wang X, Ueno NT
2017 成人病と生活習慣病 【遺伝性がんはここまで解明された】遺伝性乳がん 越智友洋、山内英子
2017 J. Int J Clin Oncol Management for Hereditary breast and ovarian cancer syndrome Yamauchi, H. & Takei, J.
2017 Pathol Int Breast cancer with an extremely high Ki-67 labeling index despite a low nuclear grade Nakayama K, Yagata H, Hayashi N, Yoshida A, Takei J, Moriya T, Suzuki K, Yamauchi H
2017 Japanese journal of breast cancer Circulating tumor cells and disseminated tumor cells in primary and metastatic breast cancer Naoki Hayashi
Journal of clinical and experimental medicine Assessment of response to preoperative chemotherapy for primary breast cancer with aiming no surgery of the breast Naoki Hayashi
2017 J Cancer Bone metastasis-related signaling pathways in breast cancers stratified by estrogen receptor status Hayashi N, Iwamoto T, Qi Y, Niikura N, Santarpia L, Yamauchi H, Nakamura S, Hortobagyi GN, Pusztai L, Symmans WF, Ueno NT
2017 J Surg Oncol. Change in HER2 status after neoadjuvant chemotherapy and the prognostic impact in patients with primary breast cancer. Yoshida A, Hayashi N, Suzuki K, Takimoto M, Nakamura S, Yamauchi H.
2017 Breast Cancer  Breast reconstruction and postmastectomy radiotherapy: complications by type and timing and other problems in radiation oncology. Sekiguchi K, Kawamori J, Yamauchi H
2017 Cancer Science A randomized phase II study of nab-paclitaxel as first-line chemotherapy in patients with HER2-negative metastatic breast cance. Tamura K, Inoue K, Masuda N, Takao S, Kashiwaba M, Tokuda Y, Iwata H, Yamamoto N, Aogi K, Saeki T, Nakayama T, Sato N, Toyama T, Ishida T, Arioka H, Saito M, Ohno S, Yamauchi H, Yamada K, Watanabe J, Ishiguro H, Fujiwara Y
2017 Current Therapy 35(9):873-6 医療経済の視点を踏まえた乳癌ゲノム医療 中川千鶴子、山内英子
2017 Breast Cancer Cost-effectiveness of surveillance and prevention strategies in BRCA 1/2 mutation carriers Yamauchi H, Nakagawa C, Kobayashi M, Kobayashi Y, Mano T, Nakamura S, Arai M.
2017 Breast Cancer Research and Treatment. BMI change and abdominal circumference are risk factorsfor breast cancer, even in Asian women Suzuki Y, Tsunoda H, Kimura T, Yamauchi H
2017 Clin Breast Cancer Discrepancies Between Pathological Tumor Responses and Estimations of Complete Response by Magnetic Resonance Imaging After Neoadjuvant Chemotherapy Differ by Breast Cancer Subtype Namura M, Tsunoda H, Yagata H, Hayashi N, Yoshida A, Morishita E, Takei J, Suzuki K, Yamauchi H
2017 J. Int J Clin Oncol Management for Hereditary breast and ovarian cancer syndrome Yamauchi, H. & Takei, J
2016 Breast Cancer Research and Treatment Effect of ALDH1 on prognosis and chemoresistance by breast cancer subtype Kida K, Ishikawa T, Yamada A, Shimada K, Narui K, Sugae S, Shimizu D, Tanabe M, Sasaki T, Ichikawa Y, Endo I
2016 Clinical Journal of Oncology Nursing 20(1) Patients’ Perspectives on Creating a Personal Safety Net During Chemotherapy. Komatsu H, Yagasaki K,Yamauchi H, Yamauchi T
2016 EJSO - European Journal of Surgical Oncology (in press) Prognosis after mastectomy versus repeat lumpectomy inpatients with ipsilateral breast cancer recurrence: Apropensity score analysis Yoshida A, Takahashi O, Okumura Y, Arima N, Nakatsukasa K, Tanabe M, Shien T, Masuda N, Tanaka S, Komoike Y, Taguchi T, Iwase T, Nishimura R, Inaji H, Yamauchi H, Ishitobi M
2016 乳癌の臨床  31(4);271-7 日本の乳癌診療における社会経済的考察 中川千鶴子、山内英子、中村清吾
2016 Jpn J Clin Oncol 46(99);879-882 Evaluation of oral care to prevent oral mucositis in estrogen receptor-positive metastatic breast cancer patients treated with everolimus (Oral Care-BC): randomized controlled phase III trial. Niikura N, Ota Y, Hayashi N, Naito M, Kashiwabara K, Watanabe K, Yamashita T, Mukai H, Umeda M
2016 Springerplus 10(5);579 The optimal reconstruction size of nipple-areola complex following breast implant in breast cancer patients Nagura-Inomata N, Iwahira Y, Hayashi N, Komiya T, Takahashi O
2015 Cancer Board Square 1(1):58-61 2020年から「乳がん」を考える 山内英子
2015 Breast Cancer 22:462-8 Prevalence and differentiation of hereditary breast and ovarian cancers in Japan Nakamura S, Takahashi M, Tozaki M, Nakamura T, Nomizu T, Miki Y, Murakami Y, Aoki D, Iwase T, Nishimura S, Yamauchi H, Ohusumi S, Baba S, Shimizu T
2015 日本乳癌検診学会誌 24(3):362-8 ステレオガイド下吸引式組織生検で組織診断された異型病変の特徴とその対応 角田博子、森下恵美子、関根憲、矢形寛、南村真紀、山内英子、楊陽、阿部江利子、鈴木高祐
2015年 腫瘍内科 16(3):211-8 家族性乳がんの頻度・診断と治療 竹井淳子、山内英子
2015 臨床外科 70(9):1074-7 術後サーベランスの考え方と再発時の治療戦略 乳癌 吉田敦、山内英子
2015 産科と婦人科 6(35):627-31 妊娠期・授乳期のHBOCへの対応 北川瞳、秋谷文、塩田恭子、山中美智子、山内英子
2015 乳癌の臨床 30(2):155-160 異型を伴う閉塞性腺症と診断され10年間変化なく経過観察している石灰化症例の1例 関根憲、角田博子、本田聡、森下恵美子、山内英子、矢形寛、鈴木高祐
2015 pNF-H. AGING, Epub 7(5) A piece of the ‘chemobrain’ puzzle Natori A, Ogata T, Yamauchi H
2015 Cancer Board of the Breast 1(1):53-6 遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC) 山内英子
2015 乳癌の臨床 30(1):57-61 ステレオガイド下マンモトーム™生検時に留置したマイクロマーク™が皮内へ遊走した1症例 山中可南子、矢形寛、山内英子、鈴木高祐、角田博子
2015 腫瘍内科 15(3):273-278 BRCAness乳がんに対するPARP阻害剤の補助療法試験-遺伝カウンセリングが必要な治験とは- 身崎昌美、山内英子
2015 Clinical Cancer Research, 2015 Mar 15;21(6):1348-52 Epub Potential Role of pNF-H,a Biomarker of Axonal Damage in the Central Nervous System, as a Predictive Marker of Chemotherapy-Induced Congnitive Impairment Natori A, Ogata T, Sumitani M, Kogure T, Yamauchi T, Yamauchi H
2015 Pathol Int. Feb 2015; 65(2):81-8. doi: 10.1111/pin.12248. Epub The significance of combined CK5/6 and p63 immunohistochemistry in predicting the risks of subsequent carcinoma development in intraductal papilloma of the breast Yang Y, Suzuki K, Abe E, Li C, Uno M, Akiyama F, Yamauchi H, Kikuchi M, Ohde S, Deshpande G, Shibahara Y, Nakamura Y, Sasano H
2015 Anticancer Res 35(1):379-83 Differential impact of fosaprepitant on infusion site adverse events between cisplatin- and anthracycline-based chemotherapy regimens Fuji T, Nishimura N, Urayama K Y, Kanai H, Ishimaru H, Kawano J, Takahashi O, Yamauchi H, Yamauchi T

学会・講演情報(一部抜粋)

※この表はスクロールします

学会・講演会名 論題 発表者
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
BRCA陽性乳癌の治療について理解する 山内照夫(パネリスト)
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
乳癌画像検査、どこまで必要で、何が不要か? 林直輝(パネリスト)
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
遺伝性乳がん診療の現状と今後取り組むべき課題 山内英子(座長)、大川恵(パネリスト)
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
乳癌個別化検診に向けて~検診の功罪~ 角田博子 (座長)
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
明日から役立つ遺伝 大川恵(司会、講師)
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
シェアして解決、その悩み 山内英子(司会)
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
ホルモン療法の副作用マネージメント ~現場での具体的な対応~ 金井久子(パネリスト)
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
遺伝性乳癌卵巣癌症候群(Hereditary Breast and Ovarian Cancer Syndrome:HBOC):韓国と日本の現状と課題 山内英子(座長)、竹井淳子(演者)
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
日本における乳癌治療による経済的負担への意識に関する研究 大野真司、岩谷胤生、北野敦子、桜井なおみ、田辺裕子、山内智香子、五十嵐中、久芳さやか、原文堅、佐伯澄人
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
日本乳癌学会誌「検診カテゴリーと診断カテゴリーに基づく乳がん検診精検報告書作成マニュアル」のPros(良い点)and Cons(改善点) 角田博子(乳がん検診精検報告書作成マニュアルのCons(改善点))
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
NCD乳癌登録を用いた非浸潤性乳管癌に対する外科治療および乳房温存術後の補助療法に影響する因子の検討 四元大輔、隈丸拓、宮田裕章、新倉直樹、神林智寿子、岩田広治、津田均、山本豊、青儀健二郎、久保真、田村研治、林直輝、宮下穣、角舎学行、神野浩光、佐治重衡、戸井雅和、井本滋、相良安昭
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
乳がん患者の心身を支える医療の立場からの就労支援-社会につなぐ7つのサバイバーシッププログラムの実践 橋本久美子、金井久子、山内英子
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
当院と聖路加国際病院間での術後フォローアップ患者の病診連携 尹玲花、山内英子
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
HBOC診療の臨床環境の変化に伴うトリプルネガティブ乳癌の遺伝学的検査実施状況 笠原里紗、竹井淳子、鈴木美慧、吉田敦、林直輝、山内英子
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
当院における小児・思春期における乳房腫瘤の検討 亀岡泰幸、松田直子、竹井淳子、吉田敦、山内英子、林直輝
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
「定期的な」検診受診によって進行乳癌を減らすことができるのか? 松本綾希子、笠原善郎、角田博子、鈴木昭彦、植松孝悦
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
インプラント挿入後長期経過中にBIA-ALCLと鑑別を要した異物肉芽腫の2症例 竹原侑里、吉田敦、林直輝、竹井淳子、喜多久美子、角田博子、八木下和代、鈴木髙祐、鹿股直樹、野嵜史、岩平佳子、中村清吾、山内英子
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
硬化性腺症を背景に発症する非浸潤性乳管癌の臨床病理学的特徴 吉田敦 、角田博子、林直輝 、梶浦由香、竹井淳子 、八木下和代 、野嵜史、鹿股直樹、鈴木高祐、山内英子
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
乳がん術後補助化学療法中の爪障害とその影響 逢阪美里、善家由香理、新井達、金井久子、細川恵子、山内照夫、山内英子
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
乳がん患者における過活動膀胱とホルモン治療との関連 金井久子、奥松功基、固武利奈、立花夏子、細川恵子、山内英子
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
乳癌における化学療法誘発性認知機能障害(ケモブレイン)と脳MRIによる脳容積変化についての検討 喜多久美子、住谷昌彦、固武利奈、下川敏夫、山内英子、山内照夫
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
センチネルリンパ節生検マクロ転移陽性乳癌例での腋窩郭清省略例に対する術後照射の検討 河守次郎、板澤朋子、柏山史穂、中島直美、秋本裕義、山内英子、関口建次
2020年10月9日~31日
第28回日本乳癌学会学術総会
診断(画像検査) 角田博子
2020年10月10日
第28回日本乳癌学会学術総会
共催セミナー
HBOC保険診療からのmulti gene panel活用 山内英子(演者)
2020年10月10日
第28回日本乳癌学会学術総会
共催セミナー
HR陽性・進行再発乳癌の一次内分泌療法 林直輝(座長)
2020年10月14日
第28回日本乳癌学会学術総会
ポスターツアー
専門分野:外科治療 林直輝
2020年10月14日
第28回日本乳癌学会学術総会
ポスターツアー
硬化性腺症を背景に発症する非浸潤性乳管癌の臨床病理学的特徴 吉田敦
2020年10月14日
第28回日本乳癌学会学術総会
ポスターツアー
乳がん術後補助化学療法中の爪障害とその影響 逢阪美里
2020年10月15日
第28回日本乳癌学会学術総会
ポスターツアー
当院における小児・思春期における乳房腫瘤の検討 亀岡泰幸
2020年10月15日
第28回日本乳癌学会学術総会
ポスターツアー
専門分野:メディカルスタッフ 大川恵
2020年10月15日
第28回日本乳癌学会学術総会
ポスターツアー
HBOC診療の臨床環境の変化に伴うトリプルネガティブ乳癌の遺伝学的検査実施状況 笠原里紗
2020年10月15日
第28回日本乳癌学会学術総会
ポスターツアー
乳がん患者における過活動膀胱とホルモン治療との関連 金井久子
2020年10月15日
第28回日本乳癌学会学術総会
ポスターツアー
乳癌における化学療法誘発性認知機能障害(ケモブレイン)と脳MRIによる脳容積変化についての検討 喜多久美子
2020年10月15日
第28回日本乳癌学会学術総会
ポスターツアー
硬化性腺症を背景に発症する非浸潤性乳管癌の臨床病理学的特徴 吉田敦
2020年5月
ASCO Annual Meeting.
Can sentinel node biopsy after neoadjuvant systemic therapy be safely omitted in selected patient with Early Breast Cancer? Atsushi Yoshida, Yasuyuki Kojima, Mizuho Tazo, Naoko Matsuda, Koichiro Tsugawa, Hideko Yamauchi, Seigo Nakamura, Naoki Hayashi
2019年12月
San Antonio Breast cancer symposium
Validation of Prognostic Stage and Anatomic Stage in the American Joint Committee on Cancer 8th Edition for Inflammatory Breast Cancer Kumiko Kida, Kenneth R. Hess, Bora Lim, Toshiaki Iwase, Sudpreeda Chainitikun, Maryanne E. Sapon, Vicente Valero, Anthony Lucci, Carisa Le-Petross, Wendy A. Woodward, Savitri Krishnamurthy, Gabriel N. Hortobagyi, Debu Tripathy, Naoto T. Ueno
2019年12月
San Antonio Breast cancer symposium
Risk factors of ipsilateral breast tumor recurrence in primary breast cancer patients who achieved pathological complete response after neoadjuvant chemotherapy Matsuda N, Hayashi N, Tokui R, Nakayama T, Yamauchi H, Ishitobi M
2019年12月
日本乳癌学会関東地方会
乳癌温存療法後に発症したデスモイド型線維腫症の1例 笠原里紗、吉田敦、沼田亜希子、松田直子、尹玲花、竹井淳子、林直輝、角田博子、伊豆麻未、鹿股直樹、鈴木高祐、山内英子
2019年11月
日本マイクロサージャリー学会学術集会
Proactiveな治療へのパラダイムシフト―再建の進歩とともに 山内英子
2019年10月
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
当院におけるリスク低減乳房切除後の乳房再建 名倉直美、岩平佳子、竹井淳子、吉田敦、林直輝、松井瑞子、山内英子
2019年10月
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
遺伝性乳がんに対するリスク低減手術の取り組みについて 竹井淳子、吉田敦、林直輝、山内英子
2019年10月
日本美容外科学会総会
アクアフィリング豊胸術後に授乳を契機に感染をきたした3例 名倉直美、松井瑞子、山内英子
2019年8月
World Congress of Surgery WCS 2019
SPECIAL CONSIDERATIONS IN ADJUVANT TREATMENT IN PREMENOPAUSAL WOMEN 山内英子
2019年8月
関東産婦人科乳腺医学会
妊娠期乳がん~ふたつの命を守るために~ 山内英子
2019年7月
臨床薬学研究会
チームで寄り添う尊いいのち~妊娠期乳がん、乳がんの個別化治療へのチーム医療 山内英子
2019年7月
日本在宅医療連合学会大会
ひとつになる医療へ~乳がん患者への切れめない医療~ 山内英子
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
乳がんチーム医療における看護師による患者の潜在的問題の拾いあげ 金井久子、細川恵子、黒柳貴子、大川恵、岩田多加子、橋本久美子、山内英子
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
arboplatin併用術前化学療法の長期予後の検討 岩瀬まどか、安藤正志、青儀健二郎、有賀智之、井上賢一、下村昭彦、徳永えり子、増田慎三、山内英子、山下年成、岩田広治
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
治療医と会社(産業医)チームで取り組む乳がん患者の仕事と治療の両立支援~相談支援センターの役割~. 橋本久美子、金井久子、山内英子
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
照射歴のある温存乳房内再発に対する乳房切除術後人工乳房再建TE挿入中の経過 名倉直美、林直輝、吉田敦、竹井淳子、松井瑞子、岩平佳子、山内英子
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
妊娠関連乳癌(PABC)171例における妊娠期乳癌と出産後授乳期乳癌の比較と長期治療成績 片岡明美、阿部朋未、武田美鈴、植弘奈津恵、佐伯澄人、森園英智、伊藤良則、上野貴之、大野真司、山内英子
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
トリプルネガティブ乳癌における術前化学療法抵抗性に関する因子と予後の検討 村田友美、木村武志、竹井淳子、吉田敦、山内英子、林直輝
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
日本人女性の乳房構成と乳癌罹患リスクの関連 難波俊文、松田直子、角田博子、マハブブール ラーマン、林直輝、吉田敦、竹井淳子、山内英子
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
HBOCから何を学ぶべきか 山内英子
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
トリプルネガティブ乳癌、HER2陽性乳癌における術前化学療法後の超音波検査によるpCR評価について 越智友洋、角田博子、松田直子、野嵜史、鈴木高祐、山内英子
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
術前化学療法施行閉経前リンパ節転移陽性ER陽性HER2陰性乳癌における晩期再発のリスク因子 文亜也子、越智友洋、梶浦由香、竹井淳子、吉田敦、三好康雄、山内英子、林直輝
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
妊娠期乳癌の診療体制に関するアンケート調査 坂東裕子、山内英子、片岡明美、玉城研太朗、小林真理子、田村宣子、川野純子、深津裕美、北野敦子、塩田恭子
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
乳房温存術後寡分割照射に伴う放射線皮膚炎に対する、保湿剤塗布によるQOL改善 河守次郎、板澤朋子、福島祥子、伊藤亮子、羽賀千織、山内英子、関口建次
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
妊娠期乳がん体験者の心理的影響に関するインタビュー 小林真理子、深津裕美、山内英子、坂東裕子、片岡明美、玉城研太朗、田村宣子
2019年7月
日本乳癌学会学術学会
乳癌における化学療法による神経系合併症(ケモブレインと末梢神経障害)についての検討 喜多久美子、山内英子、住谷昌彦、名取亜希奈、固武利奈、矢崎秀、橋本淳、緒方徹、下川敏雄、山内照夫
2019年7月 日本乳癌学会学術学会 班研究研究成果報告 妊娠期乳がんーふたつの命を守るためにー 山内英子
2019年7月
日本創傷外科学会総会学術集会
人工物による乳房再建術後の手術部位感染対策 名倉直美、松井瑞子、吉田敦、林直輝、竹井淳子、山内英子
2019年6月
日本家族性腫瘍学会
医療経済の観点からPRMを再考する 山内英子
2019年5月
日本形成外科学会総会・学術集会
授乳期乳腺炎を契機にアクアフィリング®による豊胸術後感染をきたした3例 名倉直美、松井瑞子、山内英子
2019年5月
日本形成外科学会総会・学術集会
当院におけるリスク低減乳房切除術後の乳房再建 名倉直美、岩平佳子、松井瑞子、林直輝、吉田敦、竹井淳子、山内英子
2019年4月
Global Breast Cancer Conference 2019
In Whom, When and How Do We Provide Risk Reduction Surgery? Hideko Yamauchi
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
BRCA1/2変異陽性乳がん患者に対する適切なマネージメント―リスク低減乳房切除術の意義を含め― 吉田敦
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
外科専攻医のためのドライボックスを用いた内視鏡手術トレーニングプログラム 鈴木研裕、宮坂清之、嶋田元、砂川宏樹、三隅寛恭、山内英子、板東徹、岸田明博、松藤凡
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
女性外科医の妊娠出産の現状と問題点、改善点は何か 川瀬和美、野村恭子、田口智章、野村幸世、明石定子、小川朋子、柴崎郁子、島田光男、竹下惠美子、冨澤康子、花崎和弘、葉梨智子、山内英子、山下啓子、中村清吾
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
乳癌ゲノム医療の進歩と共に患者に寄り添うために 竹井淳子、大川恵、鈴木美慧、山中美智子、山内英子
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
総合病院における働き方改革―外科修練と勤務体制―. 松藤凡、三隅寛恭、板東徹、山内英子、砂川宏樹、鈴木研裕、岸田明博
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
外科労働環境に関する医学科学生の意識調査からみた今後の働き方改革のあり方 吉田枝里、山内英子、袴田健一
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
Less invasive surgery for primary tumor and axillary lymph node after neoadjuvant chemotherapy 林直輝、越智友洋、山内英子、中村清吾
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
Predictive and prognostic value of tumor-infiltrating lymphocytes before and after neoadjuvant therapy in triple negative and HER2-positive breast cancer 越智友洋、林直輝、野嵜史、鈴木高祐、山内英子
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
当院におけるリスク低減乳房切除の現状と課題について 吉田敦、利川千絵、竹井淳子、大川恵、鈴木美慧、山内英子
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
一般市中病院における新外科専門医制度の現状と課題 板東徹、松藤凡、岸田明博、山内英子、三隅寛恭、砂川宏樹、嶋田元、鈴木研裕
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
The Japanese Breast Cancer Society QI committee striving to improve the quality of medical care through NCD breast cancer registration 日本乳癌学会QI委員会におけるNCD乳癌登録による医療の質の改善の試み Ide Y, Watanabe C, Masuoka H, YoshidaA, Sasaki M, Yotsumoto D, Otani S, Kataoka A, Nakamura S, Imoto S, Yamauchi H
2019年4月
日本外科学会定期学術集会
ロールモデルを意識して 山内英子、鈴木研裕、岸田明博、坂東徹、三隅寛恭、砂川宏樹、嶋田元、松藤凡
2018年12月
San Antonio Breast cancer symposium
Changes in the expression of HER2 and other genes in HER2-positive metastatic breast cancer induced by treatment with ado-trastuzumab emtansine and/or pertuzumab/trastuzumab Kumiko Kida, Jangsoon Lee, Huey Liu, Bora Lim, Rashmi K. Murthy, Aysegul Sahin, Debu Tripathy, Naoto T.Ueno
2018年12月
日本乳癌学会関東地方会
過大診断の可能性があった、硬化性腺症を伴う微小浸潤性小葉癌の一例 文亜矢子
2018年12月
日本乳癌学会関東地方会
大胸筋原発の脱分化型脂肪肉腫の一例 沼田亜希子
2018年12月
日本乳癌学会関東地方会
乳房温存術後の放射線治療後に発症した 乳腺血管肉腫の一例 竹原侑里
2018年12月
日本乳癌学会関東地方会
術後6年3か月でドレーン刺入部に局所再発したトリプルネガティブ乳癌の一例 難波俊文
2018年12月
Taiwan Oncoplastic Breast Surgery Sosiety (TOPBS) 2018
Surgery for BRCA 1/2(+) Young Breast Cancer Yamauchi H
2018年12月
日本乳癌学会近畿地方会 看護セミナー
遺伝性腫瘍と診断された方々に寄り添う 山内英子
2018年12月
San Antonio Breast cancer symposium
Clinicopathological characteristics and prognosis of young patients with ductal carcinoma in situ Seki A, Matsuda N, Kajiura Y, Kobayashi D, Hayashi N, Tsunoda H, Suzuki K, Yoshida A, Takei J, Yamauchi H
2018年12月
San Antonio Breast cancer symposium
Long-term oncologic safety of nipple-sparing mastectomy with immediate reconstruction Yamashita Y, Hayashi N, Nagura N, Kajiura Y, Yoshida A, Takei J, Suzuki K, Tsunoda H, Yamauchi H
2018年12月
San Antonio Breast cancer symposium
Predictive and prognostic value of stromal tumor-infiltrating lymphocytes before and after neoadjuvant therapy in triple negative and HER2-positive breast cancer Ochi T, Giampaolo B, Murai M, Nozaki F, Kobayashi D, Iwamoto T, Niikura N, Suzuki K, Yamauchi H, Hayashi N
2018年12月
San Antonio Breast cancer symposium
Oral care evaluation to prevent oral mucositis in estrogen receptor positive metastatic breast cancer patients treated with everolimus (Oral Care-BC): A randomized controlled phase III trial Niikura N, Nakatukasa K, Amamiya T, Watanabe K-i, Hata H, Kikawa Y, Taniike N, Yamanaka T, Mitsunaga S, Nakagami K, Adachi M, Kondo N, Horii K, Hayashi N, Naito M, Kashiwabara K, Yamashita T, Umeda M, Mukai H, Ota Y
2018年12月
2018 San Antonio Breast cancer symposium
Different predictive and prognostic impact of intra-tumor heterogeneity, tumor biology, and microenvironment in triple negative breast cancer Hayashi N, Nakamura M, Kobayashi D, Suzuki K, Yamauchi H
2018年11月
第80回日本臨床外科学会総会
当院における遺伝性乳癌卵巣癌(HBOC)未発症変異保有者のマネージメントの現状と課題について 利川千絵
The 3rd Asia Breast Cancer Symposium Vaccum-assisted breast biopsy for local management of primary breast cancer Naoki Hayashi
Local management of clinical complete response after Neoadjuvant chemotherapy ~marking of the lesion~ Naoki Hayashi
Surgical technique and criteria for the better cosmetic outcome of breast-conserving surgery for primary breast cancer patients Naoki Hayashi, Hideko Yamauchi, and Seigo Nakamura
2018年10月
World Congress of Psycho-Oncology and Psychosocial Academy
Psychological Factors for Pedigrees with BRCA1/2 Yamauchi H
2018年10月
日本癌治療学会学術集会
Challenges and Prospects for Risk-reducing Surgery 山内英子
2018年10月
日本癌治療学会学術集会
HER2陽性早期乳癌の治療戦略 林直輝
2018年10月
第41回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会
共催シンポジウム 術前化学療法の意義と今後の展望 林直輝
2018年9月
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
一次二期再建における、晩期エキスパンダー感染のリスク因子の検討 吉田敦
2018年9月
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
人工物による乳房再建後感染症例へのエキスパンダー再留置の是非 利川千絵
2018年9月
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
当院における若年患者の人工物での乳房再建 名倉直美
2018年9月
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
乳頭乳輪温存乳房切除術を施行した血性乳頭分泌を伴う原発乳癌3例 山下祐司
2018年9月
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
上内側乳癌に対する乳房温存術 林直輝
2018年9月
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
Precision Medicine and Pre-emptive Surgery for Breast Cancer Yamauchi H
2018年9月
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
<パネルディスカッション>進行乳癌に対するTisseu Expander(TE)を用いた一次二期再建例への試み 山内英子
2018年6月
日本スカンジナビア放射線医学会
Change in sonographic features can predict pathological response to neoadjuvant chemotherapy among triple-negative and HER2-positive breast cancer 越智友洋
2018年6月
MYONGJI INTERNATIONAL CANCER SYMPOSIUM
Recent Treatment of Breast Cancer Patient with BRCA 1.2 mutation Yamauchi H
2018年5月
神奈川乳房画像研究会
遺伝性乳がん-不安に寄り添う医療- 山内英子
2018年5月
日本乳癌学会学術総会
術前化学療法後にSNB 省略が可能な患者を見つけることは可能か? 吉田敦
2018年5月
日本乳癌学会学術総会
リンパ節転移陽性原発性乳癌患者における術前化学療法後腋窩リンパ節転移消失予測因子の検討 南村真紀
2018年5月
日本乳癌学会学術総会
乳房再建が乳癌治療に与えたもの 〜乳腺外科の立場から、看護師の立場から〜 山内英子
2018年5月
日本乳癌学会学術総会
妊娠期乳がんーふたつの命を守るためにー 山内英子
2018年5月
日本乳癌学会学術総会
妊娠期乳癌~当院における取組~ 深津裕美
2018年5月
日本乳癌学会学術総会
ホルモン受容体陽性早期乳癌患者におけるOncotypeDX追加の臨床的有用性の検討 土田寧恵
2018年5月
日本乳癌学会学術総会
当院における高齢者乳癌診療の現状 梶浦由香
2018年5月
日本乳癌学会学術総会
TNBC乳癌における、stromal TILs低発現の術前化学療法治療効果及び予後予測 越智友洋
2018年5月
日本乳癌学会学術総会
術前化学療法後原発乳癌に対する乳房非切除及び腋窩手術省略の可能性 林直輝
2018年2月
第9回DCIS研究会
乳輪部に発生した非浸潤性乳管癌が、術後7年で腋窩再発を来した1例 越智友洋
2018年2月
第14回中部乳がん会議
臨床医が研究をするということ 林直輝
2018年1月
第14回乳房MRI研究会
基調講演 術前化学療法後非切除を目指した完全消失判定精度向上 林直輝
2017年12月
San Antonio Breast cancer symposium
Effect of a combined diet plus exercise intervention on weight loss, physical fitness, and cancer-related fatigue among Japanese women with breast cancer Okumatsu K, Tsujimoto T, Seki A, Yamauchi T, Yamauchi H, Tanaka K
2017年7月
第27回日本乳癌画像研究会
セミナー:非切除治療に寄与する乳癌画像診断 外科医が求める術前化学療法後原発乳癌非切除を目指した画像診断 林直輝
2017年6月2日
ASCO
Cost-effectiveness of surveillance and prevention strategies in BRCA 1/2 mutation carriers Yamauchi H, Nakagawa C, Kobayashi M, Kobayashi Y, Mano T, Nakamura S, Arai M
2017年
遺伝カウンセリング学会
Li-Fraumeni 症候群サーベイランス構築の取り組み 竹井淳子
2016年12月16日
Tx, USA, San Antonio Breast cancer symposium
Clinicopathological predictors for low recurrence risk distinguished by 21-gene recurrence score in estrogen receptor-positive invasive breast cancer patient Tsuchida Y, Hayashi N, Omata F, Yamauchi, H
2016年11月24日
日本臨床外科学会総会
当院で施行しているリスク低減乳房切除術の実際と問題点(ワークショップ) 吉田敦
2016年6月16日
日本乳癌学会総会
治療とお金と人生プランを考えるサバイバーシッププログラム 『おさいふりんぐ』活動の報告と今後の課題 橋本久美子、山内英子
2016年6月16日
日本乳癌学会総会
乳癌術後のホルモン療法患者への減量指導 松元紀子、北川瞳、岩間達子、山内英子
2016年6月3日
ASCO
Phase II study of panitumumab, nab-paclitaxel, and carboplatin followed by FEC neoadjuvant chemotherapy for patients with primary HER-2 negative inflammatory breast cancer Matsuda N, Krishnamurthy S, Willey JS, Xiaoping W, Lim B, Parker CA, Wood AL, Alvarez RH, Booser DJ, Murray JL, Arun BK, Brewster A, Reuben JM, Woodward W, Lucci A, DeSnyder SM, Tripathy D, Valero V, Ueno NT 
2016年6月3日
Chicago USA, 2016 ASCO Annual Meeting
Prognostic impact of pre- and postoperative chemotherapy in various breast cancer subtypes considering nodal status Naoki Hayashi, Madoka Iwase, Atsushi Yoshida, Yuko Takahashi, Junko Takei, Koyu Suzuki, Seigo Nakamura, Hideko Yamauch
2016年6月
日本緩和医療学会学術大会
家族性腫瘍の不安と選択に寄り添って 山内英子
2015年12月
San Antonio Breast cancer symposium
CD44v as a potential predictive biomarker for pathologic complete response in primary HER2+ breast cancer: utility of adaptive response biopsy in preoperative therapy Yamauchi T, Imamura C, Yamauchi H, Jinno H, Takahashi M, Kitagawa Y, Nakamura S, Lim B, Krishnamurthy S, Reuben M, Lidu, Tripathy D, Zujewski J, Chen H, Takebe N, Saya H, Ueno N
2015年12月
San Antonio Breast cancer symposium
Effect of a structured group intervention on obesity in breast cancer survivors Kitagawa H, Hosaka T, Takeda N, Matsumoto N, Tomita M, Takahashi M, Yamauchi H
2015年12月
San Antonio Breast cancer symposium
Association between rim enhancement on magnetic resonance imaging and response of chemo therapy Motonari T, Yoshida A, Tsunoda H, Hayashi N, Yagata H, Yamauchi H
2015年11月
第77回日本臨床外科学会総会
女性外科医の感性と順応性をいかして 山内英子
2015年10月
第39回日本死の臨床研究会年次大会
患者就労支援-自分らしく、いきるを支えるために 山内英子
2015年9月
第3回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
巨大乳腺過誤腫に対し、腫瘤摘出術と乳房縮小術を同時に施行した一例 和田朝香、名倉直美、吉田敦、林直輝、竹井淳子、岩平佳子、山内英子
2015年9月
第3回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
センチネルリンパ節転移偽陰性患者に対する人工乳房再建 林直輝、吉田敦、名倉直美、河守次郎、竹井淳子、岩平佳子、山内英子
2015年9月
第3回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
温存乳房内再発に対する術式選択~照射後乳房に対する全摘後人工物による再建の選択肢~ 吉田敦、名倉直美、竹井淳子、林直輝、山内英子、岩平佳子
2015年7月
第23回日本乳癌学会学術総会
がん薬物療法を受ける女性患者の外見変化に対する看護支援プログラム介入がもたらす効果について 大畑美里、金井久子、細川恵子、山内英子、北野敦子、玉井奈緒、池田真理
2015年7月
第23回日本乳癌学会学術総会
妊娠期乳癌 ~チーム治療の実践と経過~ 北川瞳、林直輝、吉田敦、秋谷文、塩田恭子、山中美智子、矢形寛、山内英子
2015年7月
第23回日本乳癌学会学術総会
エキスパンダーを用いた人工乳房再建時の感染リスク因子の検討 吉田敦、猪股直美、尹玲花、竹井淳子、岩平佳子、磯村智子、林直輝、矢形寛、中村清吾、山内英子
2015年2月
Seoul International Symposium of Surgical Oncology 2015
Hereditary Breast and Ovarian Cancer Syndrome(HBOC)-Support for One's Medical Choice Yamauchi H
2015年1月
第4回日本がんリハビリテーション研究会
がんサバイバーシップとリハビリテーション 山内英子

関連著書

聖路加国際病院 乳がん術後の心と体をまもるダイエット

乳がん (よくわかるがん治療)

山内英子

主婦の友社(2020/10/28)

ISBN:9784074432172

聖路加国際病院 乳がん術後の心と体をまもるダイエット

聖路加国際病院 乳がん術後の心と体を守るダイエット

山内英子(監修)

女子栄養大学出版部(2020/4)

ISBN:9784789519205

乳がん治療をのりきる生活・食事・お金

乳がん治療をのりきる生活・食事・お金

山内英子(監修)

主婦の友社(2019/10/11)

ISBN:9784074393978

遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)診療の手引き 2017年版

遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)診療の手引き 2017年版

「わが国における遺伝性乳癌卵巣癌の臨床遺伝学的特徴の解明と遺伝子情 報を用いた生命予後の改善に関する研究」班 (編集), 竹井淳子

金原出版(2017/10/27)

乳がん薬物療法副作用マネジメント プロのコツ

乳がん薬物療法副作用マネジメント プロのコツ

増田 慎三 (編集), 林 直輝, 山内英子

メジカルビュー社(2017/9/11)

実践! 遺伝性乳がん・卵巣がん診療ハンドブック: HBOC管理とがん予防のためのネクストステップ (女性ヘルスケアpractice 2)

実践! 遺伝性乳がん・卵巣がん診療ハンドブック: HBOC管理とがん予防のためのネクストステップ (女性ヘルスケアpractice 2)

山内 英子 (編集)

メディカ出版 (2017/8/4)

外科レジデントマニュアル第4版

外科レジデントマニュアル第4版

松藤凡、山内英子、岸田明博、鈴木高祐

医学書院(2017/7/17)

がんの理学療法

がんの理学療法

井上順一朗 神津 玲 (252-6)

三輪書店(2017/5/19)

マンガでわかる乳がん (主婦の友実用No.1シリーズ)

マンガでわかる乳がん (主婦の友実用No.1シリーズ)

山内 英子 (監修)

主婦の友社 (2017/3/10)

乳がん (よくわかる最新医学シリーズ)

乳がん (よくわかる最新医学シリーズ)

山内 英子

主婦の友社 (2016/12/17)

ISBN:9784074193257

サバイバーを支える 看護師が行うがんリハビリテーション

サバイバーを支える 看護師が行うがんリハビリテーション

喜多久美子/一般社団法人日本がん看護学会

医学書院

新乳房画像診断の勘ドコロ

新乳房画像診断の勘ドコロ

高橋 雅士 (監修)、角田 博子 (編集)、山内英子(359-362)

メジカルビュー社

心臓外科診療にみる医学留学へのパスポート (シリーズ日米医学交流)

心臓外科診療にみる医学留学へのパスポート (シリーズ日米医学交流)

津久井 宏行 (著)、山内英子(著)、山内照夫(著)

はる書房  2015年10月30日

あなたらしく生きる

あなたらしく生きる

山内英子(著)

日本キリスト教団出版局 2015年9月25日

実践 がんサバイバーシップ 患者の人生を共に考えるがん医療をめざして

実践 がんサバイバーシップ 患者の人生を共に考えるがん医療をめざして

日野原 重明(監修) 山内英子 松岡 順治 (著)

医学書院 2014年4月

乳がんって遺伝するの? 遺伝性乳がん 卵巣がんのすべて

乳がんって遺伝するの? 遺伝性乳がん 卵巣がんのすべて

山内英子 吉野美紀子 (著)

主婦の友社 2013年9月

がん化学療法看護テキストブック

よくわかる最新医学 乳がん

山内英子 (著)

主婦の友社 2012年11月

乳がん診療 聖路加スタイル 最高のチーム医療をめざして

乳がん診療 聖路加スタイル 最高のチーム医療をめざして

山内英子(監修)、北野敦子 (編集)

中外医学社 2012年6月

遺伝性乳がん・卵巣がんの基礎と臨床

遺伝性乳がん・卵巣がんの基礎と臨床

中村清吾 (編集)

篠原出版新社 2012年6月

がん化学療法看護テキストブック

がん化学療法看護テキストブック

小松 浩子 (編集), 畠 清彦 (編集)

真興交易医書出版部 2010年7月

乳癌診療ポケットガイド

乳癌診療ポケットガイド

聖路加国際病院ブレストセンター・オンコロジーセンター(編集)

医学書院 2014年7月

乳癌診療に携わるすべてのプロフェッショナル必携の書。患者中心のチーム医療を実践するために。(第2版)

乳癌薬物療法ポケットブック

乳癌薬物療法ポケットブック

中村清吾 監修/中野絵里子 編著

中外医学社 2010年6月

がん外来化学療法マニュアル

がん外来化学療法マニュアル

国立がんセンター中央病院通院治療センター (編集)

南江堂 2009年7月

怖さを知って使いこなす向精神薬—処方のDo & Don't

怖さを知って使いこなす向精神薬—処方のDo & Don't

朝田 隆 (編集), 川西 洋一 (編集)

メジカルビュー社  2009年5月

メディア掲載情報

年で絞り込む

件中   件を表示
  • 日付 メディア・タイトル・概要 氏名